So-net無料ブログ作成

秩父の昭和レトロ パリー食堂 [カツ唐揚(Fried meat炸肉)]

この週は秩父で仕事
この日はちょっと早めに終わったので夕刻から街散歩
秩父鉄道の秩父駅から西武鉄道の西武秩父駅の間には大正末期から昭和初期にかけて建てられた古い建物が数多く残っていてレトロな雰囲気
大正の雰囲気を適度に残した昭和初期レトロな風情漂う町角の風景を探しながら、のんびりと気の向くままに彷徨います
iPhoneで少しだけ撮ってみたのでご紹介


1s500_IMG_3590_584.JPG


しかもそんな建物がさり気なくあるのがいい
この建物は 煙草屋さん
二階の窓枠の装飾がしゃれています
アール・デコかな 


2s500_IMG_3593_585.JPG


開店当時は専売公社からモデル店舗に指定されて写真入りで宣伝されたそうです
今は営業していないのが残念


3s500_IMG_3594_586.JPG


この窓口で煙草を売っていたのですね
頭上のランプがいい味ですねぇ
体をカウンターに対して斜めに置きながら短く銘柄を呟くのが似合いそう
銘柄は「敷島」・「大和」・「山桜」かな^^
もし今も営業していたら買っていたかも(って、煙草をやめて15年ぐらい経つけれど^^;) 


s500_IMG_3595_1187.JPG


その煙草屋さんの向かいにはカクテルバーsnob(旧大月旅館別館)
アール・デコ調の大正モノです

旅館当時は1階が遊技場 2階は従業員の部屋だったそう 


4s500_IMG_3598_588.JPG


こちらは旧片山医院、なんと 明治モノ 

s500_IMG_3620_602.JPG

秩父銘仙の取引所として昭和初期に建てられた長屋
今はカフェになっています

行きたかったけれど定休日で・・・・orz


5s500_IMG_3600_589.JPG


そしてめっちゃ気になるものを見つけてしまいました
パリー、その味わいある雰囲気に一旦通り過ぎましたが戻って来ました
(隣は大正モノの建物で安田屋さん、味噌漬けのお店です) 


6s500_IMG_3586_582.JPG


パリー食堂 (カフェパリー)は昭和2年モノ
開業当初はカフェでしたが、現在は食堂として営業
パリじゃなくて、パリーな所に味を感じます


7s500_IMG_3601_590.JPG


藍に白抜き暖簾がさがっているのもいい
しかも右から左への横書きというのが痺れます(アサヒビールは逆だけれど^^;)
   

s500_IMG_3602_591.JPG


壊れたネオン管が 泣かせます
カフェの頃はどんな感じだったのかな 


s500_IMG_3604_592.JPG


食品サンプルがまた昭和っぽくていい
しかも並ぶ品々は洋食から丼物、そしてラーメンまであるという渋さ
これぞ昭和レトロな大衆食堂
こうなったら此処で晩ご飯にしてしまいましょう
このまま中を見ないで済ます気にはなれません 


s500_IMG_3609_594.JPG


と、言う訳で入店
期待通りの昭和レトロな大衆食堂  


s500_IMG_3610_595.JPG


さて、何にしようかな
大好きなオムライス?
いや、此処は秩父
わらじカツ丼が名物です
わらじカツ丼はメニューに無いですが、近いものでソースカツ丼がありますからソースカツ丼にしてみます  


s500_IMG_3612_596.JPG


それにビールを飲みたかったし^^;
ビールにはオムライスよりソース味のカツの方が合うからね 


s500_IMG_3608_593.JPG


まずはビール
ビールを飲みながらソースカツ丼の到着を待ちます
厨房の方からカツを揚げるいい音
早くこないかな^^  


s500_IMG_3613_597.JPG


そしてソースカツ丼の着丼
蓋と器にはひらがなで”ぱりー”と店名が描かれています
ひらがなというのが渋い
でも”巴里ー”でもよかったかな  


s500_IMG_3614_598.JPG


蓋を取ってカツとご対面
わらじ程ではありませんが、そこそこのサイズのカツが3枚収まっています 


s500_IMG_3615_599.JPG


ソースも極スタンダード
とろりとした感じはなくウスターソース的なシャビシャビ感
それが揚げ油と絡みご飯に浸みています
ソース自体の旨味は薄めでスパイス感は強め
初期のソースカツ丼って感じなのかな 


s500_IMG_3616_600.JPG


柔らかく揚げられたヒレ肉にサクッとした衣
そして辛口のソース
カツの下にキャベツとか野菜が無いのも潔くていい  


s500_IMG_3618_601.JPG


登録は料亭なんだ@@)  


パリー食堂
0494-22-0422
埼玉県秩父市番場町19-8
11:3020:30
不定休


s500hoshi .jpg
後で調べたらオムライスが人気だったらしい
オムライスも食べに行かないとね
 boeder-001.gif 


摂取カロリー制限の身の上で、コンビニスイーツを封印していたのですが・・・・
ローソンが今年も夏のスヌーピーフェアをやり始めたので封印を解きました  


s500_IMG_4008.jpg


タオルじゃなくクッションが欲しいけれど、間に合うかなぁ  


s500_IMG_4010.jpg


今回はサクバタなるものを購入
ようはバタークリームをクッキーでサンドしたもの
2種類の焦がしキャラメルを使ったバタークリームの中にはキャンディングアーモンドを加えてあります 


s500_IMG_4012.jpg


これ、美味しいよ
美味しいけれど・・・クッキーが硬い^^;
噛むとクッキーが硬くて直ぐに割れず、押されて中のバタークリームがはみ出ます
それを避けるには購入して直ぐ食べることだけれど
冷えたままのバタークリームって硬くて食感が良く無いしーー;)
クリームを柔らかく美味しく食べようと少し放置してから食べるとクリームがはみ出すし
クリームが硬いまま食べると美味しさ半減だし
食べ方に悩みます^^; 


boeder-003.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(110)  コメント(37) 

コメダじゃないよカメダだよ カメダ珈琲いわき泉店 [気になる一品(Delicious)]

北茨城に出張した時の常宿は いわき市の泉駅前
その日の仕事を終え宿に向かうのに6号BPを走るのですが、泉駅に向かうインターの一つ手前のインターを過ぎたところに”カメダ珈琲”とかかれた看板があるのです
えっ?カメダ?コメダじゃなくて?カメダ?えっ?
パクリなお店?それともインスパイア系のお店?
そこを通るたびに気になっていたのです


s500_IMG_3460.jpg


この日、晩御飯でカフェメニューもいいかなと一つ手前のインターで降りてついにカメダ珈琲に訪問  


s500_IMG_3461.jpg


おぉ、カメダ、マークがカメだ
パンが甲羅から生えてるし^^;
コメダのような店なのかなと思いながら入店  


s500_IMG_3462.jpg


店内は木を多く用いた落ち着く雰囲気の空間
でもコメダとはまた違う雰囲気
そして広いキッズスペースもあって、ターゲットにしている客層は異なるようです
ちびっこ連れのママさんに嬉しいお店
幼稚園のお迎えの帰りの寄り道用って感じ
と、なると。。。該当する時間帯はかなり騒がしそうだ
いえ、子供の遊ぶ声じゃなくて・・・その、あの、わかるでしょ^^;
ほら、水曜日午後のファミレス店内の騒音、あれですよ


s500_IMG_3463.jpg


品書きを確認します
いやこれは・・・コメダとは全く違う方向ですね
ファミレスに近い感じ  
いやぁ、パクリでもインスパイアでもなんでもなかったのですね
(*_ _)人ゴメンナサイ
ただ単に名前が似ていただけで

でもカメダとコメダって似過ぎじゃね?^^;


s500_IMG_3464.jpg


調べてみると、本社が福井県のお店
社長が無類の亀好きなのでこの名になったとか(ネットの情報なので真偽は定かではありません)
現在日本国内に5店舗(多分)
ここ、いわき市以外には山形の米沢市、鹿児島の鹿屋市 、千葉の香取市
そして福井県越前市の本店


s500_IMG_3467.jpg


オムライスをオーダーしました
夕刻はドリンクがサービスとのことで紅茶をチョイス

s500_IMG_3466.jpg

そしてドリンクがサービスならばとチーズケーキもオーダー  


s500_IMG_3468.jpg


まずはオムライスと紅茶の到着  


s500_IMG_3469.jpg


薄焼き玉子で巻かれたオーソドックスなオムライス
ケチャがたっぷりかかっているのが嬉しいです  


s500_IMG_3470.jpg


丸く形どられたポテサラの上に半分にカットされたミニトマト
なんだかポチッと押したくなります  


s500_IMG_3471.jpg


オーソドックスな外観にふさわしく、包まれるライスはケチャップライス
具もしっかり入って良心的  


s500_IMG_3472.jpg


卵の絡み具合がいい感じ
意外と美味しい
大盛りサイズを設定してほしいな  


s500_IMG_3473.jpg


ニューヨークスタイルのチーズケーキも到着  


s500_IMG_3474.jpg


ちょっと食感に円やかさ不足
値段的に仕方ないですかね 


カメダ珈琲 いわき泉店
0246-88-9066
福島県いわき市泉町下川字薬師前75-1
8:0024:00(L.O.23:30)


s500hoshi .jpg


特徴が今ひとつはっきりしないなぁ


boeder-001.gif 


夏になるとどうしても氷菓が食べたくなります
セブンの果肉を凍らせたようなシリーズは好きでよく食べていますが、その中でもマンゴーは一番のお気に入り  


s500_IMG_4005.jpg


マンゴーの味にねっとりした食感がよく合います  


s500_IMG_4006.jpg


アイスクリームに比べてカロリーが低いのもいい  


boeder-003.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(101)  コメント(35) 

ふんわり柔らか、バランスのいいタレで楽しむ鰻重 浜松の鰻 うな光 [鰻(鳗鱼 eel)]

急遽浜松に出張
新横浜から新幹線を利用します
指定券を券売機で購入するのですが・・このすぐ後のこだまは空席はあるのですが三人がけの真ん中しか空いていません
窓側か通路側じゃないとね
席が空いているのを選んだら1時間以上あとの列車になってしまいました


s500_IMG_4014_1013.JPG


それまでの時間は仕事でもしていましょう
PCとネットワークがあれば何処でも仕事ができるのですから、便利といえば便利
いつもはスタアバックス珈琲を利用するのですが、偶には他のとこにも行ってみようと今回はプロントへ
アイスティとイチゴとチェリーのカスタードタルトを頼みました
仕事をする時は甘いものが欲しくなるのでついついケーキを頼んじゃいます  


s500_IMG_4018_1014.JPG


ダマンドは軽め、とろりとしたチェリーのカスタードはチェリーが良く香ります
イチゴはTOPにゼリーの色が鮮やか

イチゴの甘酸っぱさとチェリーの風味を楽しみながら書類をタイプ
甘いものを食べながらだと捗ります^^ 


boeder-003.gif 


浜松に到着
昼ごはんは何にしましょう
浜松ですからね、さわやかのハンバーグ?それとも餃子? 
いや、夏になったことだし、ここは鰻というのもいいかも


s500_IMG_4052_1035.JPG


鰻と決めましたが、何処の店にするのかが問題です
浜松は鰻屋さんが多いですからね
ただ此れから客先に入りますから客先へ向かうコースから大きく外れるわけにはいきません
コース上またはコース近くの鰻屋さんを調べてみると、そのなかに見覚えのある名前がひとつ
うな光、たしか客先に向かうコース途中に見た記憶が
行ってみることにしました 


s500_IMG_4024_1015.JPG


11時半に到着
炭火焼のお店のようです 


s500_IMG_4026_1017.JPG


入店
店内は入り口入って左右にこあがり、中央はカウンター席になっています  


s500_IMG_4031_1020.JPG


カウンター席に陣取ります
茶は緑茶、おしぼりはちゃんと布でした  


s500_IMG_4030_1019.JPG


品書きを確認します
うな重と蒲焼き定食がありますが、基本はそれぞれ一種類のみ
うなぎの量は選べません
ならば、うな重でいいかな
肝焼きセットも捨てがたいけれど肝焼きは日本酒が欲しくなっちゃいますからねぇ 


s500_IMG_4028_1018.JPG


おすすめの品はうな重に蒲焼き(または白焼き)がセットになったもの
5900円は流石に乗れません^^;
このところお小遣いがピンチですから無駄遣いは避けなければ(←じゃあ、鰻なんか食べるなよという指摘は・・・・・ (∩゚Д゚) アーアー キコエナーイ)
うな重をオーダーしました
 


s500_IMG_4034_1022.JPG


うな重の着重  


s500_IMG_4035_1023.JPG


ごぉたぁいめーん^^ 


s500_IMG_4037_1025.JPG


みるからにふんわり焼きあがった関東風
焦げもなく丁重な焼き具合  


s500_IMG_4036_1024.JPG


肝吸い
これが好きなんだなぁ^^  


s500_IMG_4041_1028.JPG


漬物は白菜に胡瓜、そして沢庵
奈良漬を出してくれる鰻屋さんって見なくなりましたね
鰻には奈良漬のイメージがあるのになぁ  


s500_IMG_4040_1027.JPG


ではいただきます
まずは鰻だけで
ふんわりふわふわに蒸しあがった鰻は柔らか、口の中でとろけるかのよう 
脂は抜け過ぎず残り過ぎずで丁度いい 
脂を抜き過ぎた鰻は頼りないですからね
かと言って脂が残り過ぎの鰻は後味が脂っぽくていけません
タレの甘辛さもいい感じ
甘過ぎないのがいい 


s500_IMG_4043_1029.JPG


ご飯はやや硬めでタレのご飯への絡み具合もいい感じ
不足に感じることなく、また多過ぎてくどく感じることもなく、いいバランス
柔らかな鰻とご飯を一緒に頬張るとご飯の甘みと鰻の旨みの相乗効果
何物にも代えられない美味しさ
鰻重って最高だなぁ・・・・==) 


s500_IMG_4044_1030.JPG


ただ、鰻の食感として、頬張った時に表面にパリッとした感じはほとんど無かったのです
蒸しの入る関東風でも、炭火焼の場合は表面にパリッとした食感を感じます(関西焼きのパリッとはまた違います 関西焼き(地焼き)は蒸さないから強めにパリッとした感じですが、関東風の蒸した鰻は仄かに感じる感じ)
焦げやすい皮側も焦げは少なめ
焦げを嫌って焼きが少なめなのかもしれません  


s500_IMG_4045_1031.JPG


鰻のタレご飯って何故こうも美味しいのでしょう
鰻の脂の混ざったタレ、コクがあって旨みもたっぷり
子供の頃は鰻を食べないでタレご飯ばかり食べていたなぁ==)トオイメ  


s500_IMG_4047_1033.JPG


半分はそのままで、残り半分は山椒をふって
山椒をふりかけたタレご飯がまた好きで^^

と、隣に座ったお兄さん
鰻重をオーダーしたのですが、一言添えました
蒸さないでください
お店のおばさん、厨房に向かって

鰻重一丁〜、関西焼きで〜

@@)えっ、そんなオーダーもできるんだ
関東焼きと関西焼きで食べ比べてみたいな
この場合、タレはどうなるのでしょうね
別々なのでしょうか
それとも一緒?
関東焼きと関西焼きでは合うタレの味は違いますからね
関東焼きは蒸して脂を落としますからタレはスッキリ辛口がいい
関西焼きは蒸さず脂がたっぷり残っていますから、タレは脂に負けないよう濃いめ、(関東風に比べ)甘さがあるのがいい
蒸して脂が抜けた鰻に関西焼き用のタレを使ったらクドイでしょうし、蒸さずの脂たっぷりの鰻に関東焼き用のタレを使ったら脂が気になってしまうでしょう
これは気になります
もう一度来て関西焼きで頼んでみようかな^^


うな光 (うなみつ)
053-464-8834
静岡県浜松市東区西町1319
[火・水・金~日]11:0014:0017:0020:30


[木]11:0014:00
定休日 月曜日




s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(109)  コメント(35) 

そうだ鎌倉、行こう。 紫陽花の花、北鎌倉 最後は円覚寺 [そうだ鎌倉、行こう。(KAMAKURA)]

前記事からの続きです 


s500_DSC_9929_932.JPG


東慶寺から円覚寺へ
再び線路を渡ります 
明月院行列はここまで続いています
この位置から明月院の紫陽花の参道まで一体どのくらい時間がかかるのでしょう 


s500_DSC_9930_933.JPG


北鎌倉駅はすぐそこ
行列が駅にタッチするのももう僅か
あと二、三本列車が来たらタッチかな
尤も午後になれば北鎌倉で降りる人もピークを過ぎますから実際にタッチするかは微妙かもしれません
タッチしてしまったら改札を抜けることもできなくなって、さらに酷くなると電車から降りられないわけですからね
さすがにそこまではいかないでしょう(と、思う^^;)  


s500_DSC_9931_934.JPG


拝観料は300円、パスモやスイカでも納められますから便利です
この広さで300円はリーズナブルかも  


s500_DSC_9934_936.JPG


お出迎えは円覚寺の看板猫
しいちゃん?かなちゃん?どちらでしょうね   


s500_DSC_9937_938.JPG


真夏じゃないの?と、言いたくなるようなコントラスト
とても梅雨には思えません
モノクロで撮りたくなります 


s500_DSC_9939_939.JPG


紫陽花の季節に円覚寺に来ると思い出す事がひとつ
娘たちが小学生の頃、彼女たちを初めて鎌倉に連れてきたのが此処、紫陽花の季節の円覚寺
絵画教室に通っていた彼女たちに紫陽花を描きたいと言われて思いついたのは北鎌倉
でも明月院ではスケッチする場所はありません
円覚寺はスケッチしている人たちをよく見かけますから円覚寺に連れてきたのです 


s500_DSC_z0025_997.JPG


お父さんも描くようにと言われて持ってきたのは三冊のスケッチブックと24色の色鉛筆 
でも自分は少し描きかけただけで終わり
絵心がないですから^^;
描き込んでいったら娘たちとのデキの差は歴然
ここはお父さんの威厳を守らねば ( ・`ω・´)キリッ


s500_DSC_9942_941.JPG


出張が多く、平日は滅多にウチに帰って来ないこともあって、休日は娘たちと一緒にいる事が多かったのです
二人一緒の時もあればどちらか片方の時も
当然娘たちは友達と遊びに行く方が多いですから、一緒に遊ぶのはどちらか片方の場合が多かったけれど


s500_DSC_9946_945.JPG


そんなふうに休みごとに一緒に遊んでいたのも今となっては昔のこと 
もう遊んでくれません^^;
二人ともバイトに忙しいようです 
特に下の娘は理系なのでレポートにも追われて休日も大変そう


s500_DSC_9949_947.JPG


遊んでくれないどころか、食事も一緒じゃないことが多くなってきました
朝ごはんを一緒に食べていたのは高校生の頃まで
大学生になると朝イチからの講義がない限りは朝寝しているし^^;
晩御飯は晩御飯で、これも時間が合わない
彼女たちは二人とも飲食店でバイトをしているので晩御飯を一緒に食べる事が少なくなってしまったのです
そうなると給食当番にも力が入らなくなるわけで・・・・ ^^; 


s500_DSC_9951_949.JPG


平日の朝ごはんは奥さん自身の弁当を作る理由もあって奥さんが作ります
でも朝ごはんが終わっても片付けずそのままのことが多い
ウチの給食当番は作るところから食器や鍋を洗い終えるまでが当番
作る以上片付けろ、片付けられないのならば作るな
そう言ってあるのですが、まず洗い物は無視で、汚れた食器などはキッチンに重ねて放置
そのまま出かけてしまいます
指摘しても時間がないと言い張って・・・
時間がないのなら時間内でフィニッシュできるように内容を考えればいいのですが
奥さんの使った後のキッチンを見ると、一体何を作ったの???状態
品数と汚れ物のボリュームが合わないし^^;
で、そのまま放置して出かけてしまいますから自分が洗うことに・・・
当番じゃないけれど、自分は汚れたものをそのままでウチを出るのは耐えられないから
きっと奥さんは自分の性格を見越しての確信犯だじゃないかな
解っているけれど・・・言ってもヌカクギ
あっ、そんな奥さんでも洗う日もありますよ
バトルして口きかない時は洗ってるような・・・

奥さんも晩御飯を作りますが、それは自分が出張でいない時

休日や、自分の方が奥さんより早く帰ってくる時(出張の無いオフィス仕事の日)は自分が晩御飯の給食当番なのです
(奥さんの勤務先は都内の祐天寺、自分は市内、みなとみらい、しかも駅から雨の日も傘なしでOKな場所ですから当然自分の方が帰りが早いのです)  


s500_DSC_9952_950.JPG


で、仕事が終わると家族LINEにメッセージ
”今日、晩御飯いる人〜挙手(^-^)/ ”
誰が挙手したかによってメニューが変わるのです
例えば上の娘が挙手すれば唐揚げとか、下の娘が挙手したらハンバーグとか
で、二人が挙手したらメンチカツ^^;
そして、挙手したのが奥さんだけだったら・・・
 


s500_DSC_9967_964.JPG


あ゛〜、君だけかぁ
やる気しねー((ミ ̄エ ̄ミ)) 
残り物のご飯でいい?
 


s500_DSC_9958_956.JPG


”さるくん、最近年寄りみたいだね”
介護職の奥さんはいいます
ご飯の用意とか、食にやる気なくなってめんどくさがるのは年寄りの特徴だと 
いや、やる気なくなった訳じゃないのだけれど・・・(食べるの好きだし)
ただ単に君だけじゃ、作る気にならないだけで^^; 
”あの子達が独立したら毎日がこうよ”
確かに・・・

多分、面倒で毎日が納豆ご飯と冷奴かもねー(ー'`ー;)う~ん

s500_DSC_9956_954.JPG

奥さんが言うには、子供達が独立して二人だけになると週末などは二人で外食とか飲みに行っているウチが多いのだとか
まぁ、二人だけだと作るのも面倒に思えるからね
じゃぁ外で済まそうかってなるのも理解できるな
でもウチは二人で行動よりも別行動になるな、きっと


s500_DSC_9959_957.JPG


なので最近の給食当番は手抜きが多いです
品数も減って、量も減って・・・

あっ!! Σ(o・o・o)

ひょっとしたら摂取カロリー制限中の身の上には丁度いいかも(摂取カロリー制限、最近はあまり厳格に守っていないですが、一応ご飯のお代わり禁止とか、大盛り禁止とかの程度ではやってます^^;) 
 


s500_DSC_9965_962.JPG


上の娘は今度の春に卒業、下の娘も三年半後には卒業 
その後は一体どんな生活になるのでしょうね
子供が親と一緒に居てくれる時間って振り返るとほんと短いですね、あっという間に過ぎた感じ


s500_DSC_9960_958.JPG


この日、円覚寺に来た目的の一つがこの木彫りの仏像
takenokoさんの記事で、この木彫りの仏像の顔が消えた日があったそうな
画像もUPされているのですが、とても不思議な事
顔が消えていた時は仏像が倒れていた時というのもあって、撮った時の角度の問題ではないかと思っていたのですが・・・  


s500_DSC_9962_960.JPG


どの角度から見ても顔は消えないし
どう見ても顔の彫りはしっかりしています
別の木彫りの仏像があって、その日はその仏像に置き換わっていた?
それにしては木片の形や大きさが同じと思えるし・・・
う〜ん、謎は深まりましたーー;) 


s500_DSC_9966_963.JPG


最後に龍隠庵の方にあがってみます
居士林の脇の小道から石段を登ってゆくのですが、何かを踏みそうになって立ち止まると 


s500_DSC_9975_967.JPG


あらま、でっかい蛇だし^^;  


s500_DSC_9976_968.JPG


アオダイショウ君だね
小道を横断するところだったようです
もう少しで渡りきるところに踏まれそうになって驚いて固まっていた様子^^;  


s500_DSC_9978_970.JPG


しばらく睨めっこ^^
はっと気づいた様子でUターンしてゆきましたが・・・渡りきった方が早くね?^^;  


s500_DSC_9985_975.JPG


ここからの眺めが最近のお気に入りなのです
ここまで来る人も少なくて静かなのもいい  


s500_DSC_9987_977.JPG


涼しげな白い和服のお嬢さんがいい雰囲気で
やはりお寺には和服が似合いますねぇ  


s500_DSC_z0009_986.JPG


さて、戻りましょう
石段を降りてゆくと何やら視線を感じます
思わず キョロ((( ̄- ̄ )(  ̄- ̄)))キョロ 


あ゛ 


s500_DSC_z0015_990.JPG


さっきのアオダイショウ君でした
可愛いな♪ 
マムシの目は怖いけれどアオダイショウの目はクリクリで愛らしい(マムシも夜はクリクリな目になります) 


s500_DSC_z0012_988.JPG


意外と人慣れしているのか、根性座っているのか、悠々として逃げません
ヤマカガシなどはさっと逃げてゆくのにね 
毒のない蛇の方が根性があるのかも


s500_DSC_z0020_992.JPG


ゆっくりと龍隠庵の方に登ってゆきました
太くてでっかいなぁ^^  


s500_DSC_z0024_996.JPG


この日はここまで
風も強いし暑過ぎだし、それにお腹も空きました
潔く撤収します
今から鎌倉に行ってもね、江ノ電に乗るのも混雑で大変だろうし
極楽寺へは別の日で 


s500_DSC_z0027_999.JPG


お腹は空きましたが、北鎌倉では食べる場所はあまりありません 
なので乗換駅周辺で適当に済ませました
餃子定食^^;
チェーン店のだけれど安くて満腹になるのがいい
味は・・・それなりだったけれど(詳細は別記事で) 
 boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(102)  コメント(34) 

そうだ鎌倉、行こう。 北鎌倉の花寺 東慶寺の紫陽花 [そうだ鎌倉、行こう。(KAMAKURA)]

明月院に向かう行列の最後尾を見届けたら踏切を渡って東慶寺に向かいます
北鎌倉の花の寺、東慶寺
ここの紫陽花も見事です


s500_DSC_9736_815.JPG


山門に向かう階段、ここは楽しみにしている場所の一つ
紫陽花たちは両脇に並んで出迎えてくれるのです
でも今年はお出迎えが寂しいような・・・
今年は裏年(?)なのでしょうか
それともメンテアンスの関係で?


s500_DSC_9738_817.JPG


ゆっくり紫陽花を愛でるのならば明月院よりも東慶寺の方がいい
行列もありませんし、思う存分楽しめます
あっちの紫陽花、こっちの紫陽花と、好きに行ったり来たりできるのもいいですね 
明月院だと人混みをかきわけないといけませんから疲れます 


s500_DSC_9762_828.JPG


実は山門前の階段ですら昇ったり降りたり、三往復^^;
昔は明月院だってこんな感じで、のんびり撮る事ができたのですよ
それが今ではあの混雑
一体何がきっかけで混むようになったのでしょうね  


s500_DSC_9768_832.JPG


三往復して山門前の紫陽花を楽しんだ後は拝観料を納めて中へ
拝観料は200円とリーズナブル
パスモやスイカが使えるのが便利です  


s500_DSC_9782_835.JPG


う〜ん、いい天気だ
梅雨には思えない空の色
強い日差しに暑さもぐっと加わってきて、色づきの早かったガク紫陽花はちょっとヘロヘロ、お疲れモード

s500_DSC_9795_846.JPG

まずは本堂に向かいます
その訳はイワガラミ
先月の末に来た時はまだ咲き始め、見頃では無かったのです
この日はイワガラミの公開期間の最終日
見ておかないとね

s500_DSC_9818_858.JPG

本堂脇の紫陽花たちも今年はちょっと少なめ
ボリュームがなく、小ぶりのものばかり
葉っぱの存在感が妙に強く感じてしまいます

s500_DSC_9866_887.JPG

お気に入りの本堂塀前の八重のガクアジサイもボリューム感は今ひとつ
やはり今年は裏年なのでしょうか
紫陽花に裏年というものがあるのかは知りませんが^^;

s500_DSC_9820_859.JPG

イワガラミは見事に咲いていました
本堂裏の岩肌にびっしり張り付いたイワガラミ
これは一本の苗木が成長したものなのです
このイワガラミ、丁度見頃な感じ
この日で公開を終えてしまうなんて何だか勿体無い

s500_DSC_9828_862.JPG

イワガラミのリベンジをコンプリートしたあとは境内をのんびりと散策 
白蓮舎には抹茶の立て看板
そうでした、東慶寺は6月だけは白蓮舎でお茶が飲めるのです
忘れていました

s500_DSC_9830_863.JPG

一年でこの時期だけの茶房ですからね、貴重です
菖蒲を眺めながら飲むお茶もいいもの
でも。。。。

s500_DSC_9836_869.JPG

う〜ん、抹茶はさっき明月院で飲んでしまったし・・・・ーー;)
今年は諦めましょう 


s500_DSC_9787_840.JPG


今の季節、紫陽花や菖蒲と共に忘れてはいけないものがもうひとつ
先月の末に来たときにはまだ咲いていませんでした
ちょっと不思議な形の花 

s500_DSC_9841_874.JPG

イワタバコ

s500_DSC_9862_885.JPG


イワタバコを見るたびに、岡本太郎の”宇宙人”が頭に浮かぶのです
”パイラ人”にしか見えない^^; 


s500_DSC_9801_850.JPG


天気予想に”風マーク”が付いていただけあって、だんだん風が強くなってきました
暑さもあって、この先の予定をどうするのか悩みます
明月院と東慶寺の後は鎌倉まで行き江ノ電で極楽寺へ
御霊神社と成就院、できれば長谷寺(無理だろうけれど)を巡ろうと考えていましたが  


s500_DSC_9879_900.JPG 


風が強いと撮り辛いし・・・
それに午後は混雑はもっと凄くなるでしょう
土曜日が雨だった分、日曜日に集中しますからね  


s500_DSC_9804_852.JPG 


ならば二回に分けましょう
今日は北鎌倉のみに絞って、東慶寺の次は円覚寺へ
そして極楽寺方面は来週に  


s500_DSC_9910_924.JPG 


そう決めてこの日は北鎌倉だけにしました
天候は大丈夫かな、週が明けて天気予想をチェックすると土日とも雨マーク・・・orz 
今年は江ノ電と紫陽花のコラボは撮れないのか (_ _|||); 


s500_DSC_9824_860.JPG


でも天気予想は変わることもあるし
金曜日の夜に再度チェックするも、やはり雨
傘マークが並んでいます  


s500_DSC_9909_923.JPG 


平日には晴れた日が多くて、週末になると崩れるのは何故だぁ〜><  


s500_DSC_9839_872.JPG


と、記事をタイプしながら念のためと天気予想をチェックしてみると・・・
傘マークが消えている@@)
本当?
本当なの?
信じていいの?  


s500_DSC_9871_892.JPG


日頃はあてにしない天気予想ですが、今回は信じましょう^^
明日は早起きで朝イチで極楽寺
朝なら江ノ電も空いているでしょうからね  


s500_DSC_9881_902.JPG


でも長居は禁物
昼頃になれば凄く混んでくるでしょうから
それにお昼ご飯の場所がない
何処も長い行列でしょうから、とても食べられません 


s500_DSC_9878_899.JPG


なので午前中のみ
成就院と御霊神社だけで
長谷寺は・・・先週の明月院状態でしょうからねぇ 
とても行かれないでしょう
6月は紫陽花で有名なお寺は近づかないようがよさそうです
行くなら朝イチで 


s500_DSC_9901_915.JPG


行かれるかも
そう思ったらウキウキし出して^^;  


s500_DSC_9904_918.JPG


遠足前の子供状態
寝られそうにありません
ここで寝酒をやってしまうと起きられなくなるでしょうね
なのでグッと我慢  


s500_DSC_9916_926.JPG


江ノ電に乗るのも久しぶり
これも楽しみ♪  


s500_DSC_9923_931.JPG


あっ、そうそう東慶寺の記事^^;
風も出てきて東慶寺は終了
最後に円覚寺に向かいます
目的は紫陽花・・・ですが、それ以上に木彫りの仏像が気になったから
takenokoさんの記事によると何やらミステリーがあるそうなので 


s500_DSC_9915_925.JPG 


東慶寺の階段の麓の池にはでっかいオタマジャクシ
ザリガニも居るんだ
懐かしいな
最近こういうの見ていなかったなぁ

つづく・・・


boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(102)  コメント(29) 

そうだ鎌倉、行こう。 北鎌倉の紫陽花寺で明月院ブルーに染まる [そうだ鎌倉、行こう。(KAMAKURA)]

5月の末に紫陽花の色付き加減を偵察に来た時は、まだ数輪が淡い青に染まっていただけ
そんな状態でも開門前から行列でした
6月、梅雨に入れば紫陽花も本番、雨ごとに色を深めます
週末の天気を気にしながら過ごす日々
6月最初の週末は未だ早いでしょう
二週目の週末は誕生日ケーキを焼いていて鎌倉に行く余裕はありません
で、三週目の週末
6月の真ん中という絶好のタイミング、用事も全てクリアにしてその日を待つのですが
なんと土曜日の天気予想は雨
日曜日は晴れなのが救いですが、強風のマークが付いているのが気になるところ


s500_DSC_9524_666.JPG


日曜日、朝6時前にうちを出て、北鎌倉は明月院に到着したのは7時 
開門は8時半ですから開門1時間半前の到着です
ポールポジションは無理でもシングルグリッドはGETできると考えていたのですが・・・・
甘かったorz
得られたポジションからは門は見えません
1時間半行列に加わって待つのですが、それほど苦痛ではありません
実に爽やかで気持ちいい風が頬を撫でてくれるから
梅雨とは思えない心地よさ
日差しもクリア
前日の雨で空が綺麗に洗い流されて光がピュアなまま地上に降り注ぐのです
木漏れ日が気持ちいい
鶯や鳥たちの囀りを聴きながら待っていると時間もあっという間に過ぎてしまいます 


s500_DSC_9525_667.JPG


えっ?もう開門?
もっと並んでいてもよかったのに^^;
って思うぐらい気持ちよかったです
門前の紫陽花はしっかりと明月院ブルーに染まっています
門を入って両脇にも紫陽花たちが出迎えてくれているのですが、立ち止まる余裕はありません
拝観料500円を納めたら早歩きで向かう先は  


s500_DSC_9528_669.JPG


山門前の参道
紫陽花で青い壁になっていて、それは見応えがあるもの
開門して10分ぐらいは参道の階段は通行止めになっていて綺麗に青い壁が撮れるのです
つまり、開門して10分間しかチャンスは無いということ
そう、これが開門前から並ぶ理由
開門前から並んでいてもポジションによっては此処に到着した時には通行止め解除になっていることも考えられます
いかに前方の位置で並ぶか、それが重要
此処に来るのにラインどりを間違え、右側の壁に近い位置になってしまいました
今年は右壁側の紫陽花は中程で張り出ていて、右側からだと山門が見えません
しまった・・・しかし並び直す時間は無いし 


s500_DSC_9532_673.JPG


低い位置から腕を伸ばして何とか撮ります
もはや構図とかかまってられません
絞りの設定も一回勝負
いつまでも場所をキープしているわけにはいきません
(スマホで撮っている人のほうが長居してるのは何故???しかも連写しているし^^;)  


s500_DSC_9540_679.JPG


さくっと撮ったら場所を譲って上に行きます
参道は通行止めですから脇道で
山門前から参道に合流でいるのです
参道に合流した時に”通行止めを解除します” との声が聞こえ、下からどっと人があがってきました
ギリギリ間に合ったようです
開門1時間前に来てギリギリ、来年は開門2時間前に来ないと安心できないなぁ
って、6時半に此処に来いということなのか^^; 


s500_DSC_9546_683.JPG


あと、丸窓も急がないといけません
開門から30分もしたら丸窓の奥の庭(本堂後庭園)が解放されるのです
今の季節は奥の庭の花菖蒲が見頃ですからね
(秋、紅葉の季節も奥の庭は解放されます)  


s500_DSC_9553_686.JPG


空が綺麗でクリアな日差し
青一色、透明な空は気持ちいいのですが、今は6月
日差しが強い
強く、ピュアな光に生ずる影は濃く、コントラストもしっかり強め
こうなると撮り辛いですね 


s500_DSC_9555_688.JPG


もう、飛ぶ飛ぶ^^;
日陰に入ると今度は木の葉のフィルター
しっかり緑に染まります   


s500_DSC_9567_695.JPG


奥の庭にも行ってみましょう
庭園への入園料は別に500円
”昨日の雨で見頃が終わってしまったのですがよろしいですか?”
あぁ、昨日の雨は強かったからねぇ
梅雨の降りかたじゃなかったですから
昔の梅雨はしとしと降っていたものですが、最近は降りかたが激しい
風情がなくていけません  


s500_DSC_9571_698.JPG


明月院は何故か兎と亀がいっぱい  


s500_DSC_9577_703.JPG


まずは赤地蔵さんにご挨拶をしていると
背後から呼ばれました  


s500_DSC_9579_705.JPG


遊ぶのですね
はい、お相手を務めさせていただきます
しばらく遊んで腕が泥だらけ^^;
明け方まで降っていたからねぇ  
気が済んだのか、ぷいっと向こうに行ってしまいました


s500_DSC_9586_711.JPG


こちらは青地蔵さん
最近、出張が無いですね
(数年前までは紫陽花の季節は門前に出張してお出迎え係を務められていました)  


s500_DSC_9592_714.JPG


花菖蒲ですが、見頃が終わってしまってとの言葉に期待していなかったのですが
まだ十分に見頃な感じ
開き過ぎな感じはありますが、悪くありません
まだまだ見頃
入園して良かったね、そんな声が周りから聞こえます^^  

s500_DSC_9627_739.JPG

奥の庭の一番奥には若い紫陽花たち
来年の参道メインステージへの出番を待つ紫陽花たちが栽培されています
此処で育てた後さし木をして毎年新旧の交代をするのだとか
明月院の拝観料は鎌倉の寺院としては高めですが
手間を考えたら仕方ないかな


s500_DSC_9597_717.JPG


混雑の凄い境内ですが、奥の庭は人も少なくのんびり寛げます
入り口で”見頃も終わって・・・”なんて言っていますから、それもあって人が少ないのでしょうが
なので紫陽花を見に来ましたが花菖蒲を眺めている時間の方が長かったかも  


s500_DSC_9605_724.JPG


と、花菖蒲を思い出しながらタイプしていると何やら騒音が
ああこれは・・・
奥さんの鼾
今日もまたリビングで寝落ちしているようです
そういえば今朝も因縁つけられたんだった^^;  


s500_DSC_9611_728.JPG


朝ごはんのときに取り皿を用意して食べていたら
何故自分の取り皿しか用意しないのか私の分は?とキーキー大騒ぎ
そもそも用意しても使わないし、使わないとテーブルの上に放置したまま片付けないから奥さんの分を用意するのをやめたのです 
そう言っても
”さるくんは意地悪だ”とキーキー 


s500_DSC_9618_733.JPG


で、晩御飯
作ったのはハンバーグ定食
サラダは大皿で取り皿も用意しました
奥さんの分もね
で、奥さんを見ていると・・・ハンバーグの皿にサラダを乗せて用意したサラダ用取り皿を使わないしーー;) 


s500_DSC_9620_735.JPG


ほら、用意しても使わないじゃん
で、どうせ皿はそのまま放置だろ
(使わないと食べ終えても皿はそのままでキッチンまで持ってゆかない奥さんなのです)
  

s500_DSC_9635_745.JPG


そう指摘すると慌ててハンバーグの皿に乗せたサラダを用意した取り皿に移し替えるのです
用意すると使わず、用意しないと文句を言う
この天邪鬼、なんとかならないものなのかな
しかも本人に自覚は全く無いときたもんだ 


s500_DSC_9640_749.JPG


おっと、鼾で話が逸れてしまいました^^;  


s500_DSC_9646_754.JPG


開門から1時間、奥の庭から本堂前に戻ってくると凄い混雑
御朱印の行列に丸窓の行列
いつもは空いている明月院なのですが、紫陽花の季節はラッシュ時の駅のよう 


s500_DSC_9651_758.JPG


明月院ブルーに染まった境内
どこもかしこも人がいっぱい  


s500_DSC_9653_760.JPG


山門前の参道はもう身動きも取れない状態
こうなっては写真など撮ることも叶いません
開門から1時間でこれですよ
撮りたかったら開門前から並ぶしか無いのです  

s500_DSC_9691_783.JPG

朝でこんな状態
一番混む昼頃は一体どうなってしまうのでしょうね

s500_DSC_9696_787.JPG

明月院ブルー、吸い込まれそうな程に澄んだ青色
2500株の紫陽花たち


s500_DSC_9656_763.JPG


通路は橋以外は特に一歩通行にはなっていませんが(桂橋だけはのぼりだけの一方通行)山門前の参道はのぼり専用な状態になってしまっています
おりてゆくには竹林側の通路を使うしかありません 
 

s500_DSC_9661_767.JPG


境内のほとんどは青い紫陽花ですが、休憩所のある一画には紫色の紫陽花も 
この一画のみガク紫陽花や柏葉紫陽花など、姫紫陽花以外の紫陽花が楽しめます
天気が良過ぎたのかガク紫陽花はお疲れ気味でした^^; 


s500_DSC_9669_774.JPG


まぁ、何にせよ今年も明月院ブルーが見られて良かったです
このところ休日出勤も多かったのでちょっと心配していました
梅雨ですから雨の可能性も高いですし
(でも今日はちょっと晴れ過ぎ^^;)  


s500_DSC_9703_791.JPG


下までおりてきましたが、このまま出るのも勿体無い
月笑軒で一休みしてから次の東慶寺に向かうことにしました 
水琴窟の音を聴きながらお茶を飲むのが好きなのです 


s500_DSC_9704_792.JPG


拝観口を抜けたすぐの月笑軒前の庭も参道に向かうための行列で身動きできない状態
しかもあまり進んでいる様子はありません
参道の混みかたを考えれば当然ですが・・・  


s500_DSC_9707_795.JPG


行列を強引に突破して月笑軒へ
迎え花は花菖蒲  


s500_DSC_9713_798.JPG


何時もの水琴窟の音が聞こえる場所に座ったのですが、流石に今日は耳を澄ませても水琴窟の微かな音は聞こえません 


s500_DSC_9716_800.JPG


お菓子はいつもと一緒、出雲三昧  


s500_DSC_9718_802.JPG


青で染まる明月院ですが、出口手前には数輪の赤い紫陽花
境内で赤い紫陽花があるのは此処だけ


s500_DSC_9719_803.JPG


青に染まりきった目に赤が一層鮮やかに感じます  


s500_DSC_9728_810.JPG


総門を出ると外は長い行列が続きます 
東慶寺に向かうには横須賀線の線路沿いの道に出たら左に曲がるのですが、行列が何処まで続いているのか気になって右に曲がると・・・・ 


s500_DSC_9733_813.JPG


線路沿いの道もしっかり行列が続いて、北鎌倉の駅まで50mの地点が最後尾でした
恐るべし、紫陽花の季節の鎌倉@@)  
6月は一年のうちで鎌倉が最も混む季節

つづく・・・


boeder-001.gif 



m_emoji-1.gif


 


nice!(107)  コメント(39) 

野毛の行列のスープカレー屋さん kikuya curry [カレー(Curry)]

この日は珍しくオフィス仕事
なのでランチは みなとみらい・・・じゃなく野毛に向かいます
みなとみらいは何処も混むからね
野毛なら比較的すいていますから最近はずっと野毛遠征
多少距離があっても並ばなくていいので十分ランチタイム内で戻ってこられるのです

s500_IMG_3949.jpg
 


で、野毛は何処のお店にしましょうか
この日は暑い日だったこともあってスパイスを体が求めています
ならばカレーがいいでしょう
野毛でカレーとなると36スパイスかkikuya curryが頭に浮かびます
インドカレーな気分でなかったのでkikuya curryにしてみました
野毛二丁目の交差点を曲がって坂道を登って・・・・行列しているし@@;)
ランチタイムの時間、大丈夫かなぁ
今更戻るのもなんだし・・・・並んじゃえ^^;
 


s500_IMG_3954.jpg


12時15分に到着したのですが、入店できたのは13時^^;
完全にランチタイムをオーバーしてしまいました
たまさかの事だし・・・・まぁ、いいかぁ^^; 


s500_IMG_3955.jpg


店内は5卓で17席 
かなり窮屈空間


s500_IMG_3964.jpg


まずは冷たい水が供されます  


s500_IMG_3965.jpg


卓上には福神漬けと  


s500_IMG_3971.jpg


大っ嫌いな落橋
自分、これだけは食べられないのです  


s500_IMG_3957.jpg


品書きを確認しますが・・・・さて、どれにしましょうか 


s500_IMG_3958.jpg


何を頼むか悩んだ時は左上に記載されているものを選べば間違いがない
そう、左上の法則に頼ります
見開きの品書きの左上にあるものは  


s500_IMG_3963.jpg


The Curry
これに決めたものの、次なる難関は何カレーにすべきか
チャナ豆、ローストチキン、牛リブ
気になるのはこの三つ
そしてルーの辛さも選びます
スリランカ風、和風、バターマサラ、それに新たに設定されたカシミール 


s500_IMG_3968.jpg


カシミールが一番辛いそうですが、激辛ではないそう
壁に貼られた案内書によると痺れに期待できそうな感じです
暑い辛さは苦手ですが痺れる辛さは大好き
これはカシミールしかないでしょう
そしてオススメは牛とありますから牛リブでオーダー
ご飯の量は大、中、小から選べます
その量は150g、200g、300g
大盛りで300gって少なくない?
確かココイチの普通盛りって300gだったよね
300gでオーダーしました


s500_IMG_3970.jpg


まずサラダの到着 
ドレッシングは適量、ここがインド式と違うところ
インドカレー屋さんのサラダはドバドバドレッシングですから^^; 


s500_IMG_3973.jpg


続いてご飯大盛りの到着
やはり少ない・・・・大盛りに見えないよね  


s500_IMG_3974.jpg


カシミール、牛リブカレーの到着  


s500_IMG_3975.jpg


まずはカレーを一口味わいます
スパイシーで辛さも丁度いい
コクは厚すぎず薄すぎず
スッキリした後味の食べやすいカレー  


s500_IMG_3979.jpg


肉が沢山入っているのは嬉しい
軽く救ってこれだけ
野菜の下にもいっぱい隠れています  


s500_IMG_3980.jpg


ご飯との絡み具合
まぁ、スープカレーですから^^;  


s500_IMG_3981.jpg


スープカレーって食べ方に悩みます
スープにご飯を投入するべきか、ご飯にスープをかけるべきか
いつも悩みますが毎回答えは一緒
ご飯にスープをかけています
この方が食べやすいから  


s500_IMG_3984.jpg


後半は目玉焼きも載せ、半熟の黄身を崩していただきます
黄身のコクが辛さをマイルドにしてくれ、更に旨みもUP
美味しいです
量が少ないけれど・・・・・  


s500_IMG_3985.jpg


食べ終えたら13時半過ぎ
外に出るとまだ長い行列が@@;)  

Kikuya Curry (キクヤ カリー)
045-231-0806
横浜市中区野毛町4-173 天悦ビル 101
[月~金]11:00~14:30(L.O)&17:00~20:00(L.O)

[土・日・祝]11:00~20:00(L.O)
定休日 月曜日


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg

もっと量が欲しいなぁ

boeder-001.gif
 



m_emoji-1.gif


 


nice!(114)  コメント(36) 

誕生日ケーキはカナリア諸島のタルト Take2 Tarte aux îles Canaries [スイーツを作ろう(making sweets)]

6月5日は下の娘の誕生日
当日ではなく最寄りの週末にケーキを焼くのがウチのスタイル 
さて、今年はどんなケーキにしようかな
彼是考えていると下の娘がどんなケーキを作るのかと訊いてきます
何にしようか
そう問うと即座に帰ってきた答えは


s500_ROQQ9646.jpg


2年前に作ったカナリア諸島のタルト、紅茶とオレンジのタルトです
このとき、黄色いケーキがいいとのリクエストでオレンジを使うことにしました
で、オレンジで連想したのが紅茶
その訳は

薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて海に向いたテラスでペンだけ滑らす夏の影が砂浜を急ぎ足に横切ると生きる事も爽やかに視えてくるから不思議だ〜

って”カナリア諸島にて”が頭の中でグルグル回り出したから 
あまり濃厚なのは好まない下の娘なのでタルトに詰めるのはクレームダマンドではなくジェノワーズ
このジェノワーズは紅茶入りにしてクレームシャンティイも紅茶をたっぷり加えました
それが気に入ったようで、今までで一番気に入っていると
そう言われたら作らないわけにはいきません
でも全く同じでは芸がないのでバージョンアップしたTake2で

2年前はクリームを山に盛ってドーム状にしていましたが、今回は表面は平らで
平らでもクリームをたっぷり詰めたいのでタルトの壁を高めに作ってみます
あとジェノワーズも改良
ジェノワーズにアーモンドパウダー使ってクレームダマンドに少し近づけてみましょうかね
やりすぎると前と違うってクレーム来ちゃいそうですから少しだけ


boeder-003.gif


さぁ、作り始めましょう 


s500_IMG_3787.jpg


まずはパート・シュクレ(タルト台)を作ります

用意したのは粉糖を80g、薄力粉(バイオレット)を200g、室温に置いて十分に柔らかくした無塩バターを100g、卵黄を1個分、そしてバニラオイル (残った卵白一個分は別の工程で使います)  


s500_IMG_3789.jpg


そして薄力粉200gを三度ほど篩っておきます  


s500_IMG_3790.jpg


柔らかくなった無塩バター100gをボールに入れよく混ぜて  


s500_IMG_3791.jpg


そこに粉糖80gを篩い入れたら  


s500_IMG_3795.jpg


白っぽくなるまでホイッパーでよく混ぜます  


s500_IMG_3796.jpg


卵黄を投入  


s500_IMG_3798.jpg


よく混ぜて  


s500_IMG_3800.jpg


バニラオイルも適量加えてよく混ぜます  


s500_IMG_3802.jpg


そこに篩っておいた薄力粉200gを篩い入れて  


s500_IMG_3804.jpg


捏ねないように混ぜます 
ヘラの動きは一方向だけ、混ぜると言うより、バターに粉を絡ませる感じかな
混ぜの方向は上から下、下から上にはすり混ぜません

5回繰り返したらボールを120°回転、再び混ぜ、更に120°回して・・・を繰り返します  


s500_IMG_3806.jpg


粉けのない、ボロボロの状態になればOK  


s500_IMG_3808.jpg


ヘラで生地を集め一塊に
   

s500_IMG_3809.jpg


それをへらで押しつぶすようにボールの底に押し付けて
 

s500_IMG_3810.jpg


押し付け終わったらヘラで生地をひっくり返して再びまとめて押しつぶして

これを10回ぐらい繰り返します   


s500_IMG_3812.jpg


生地が白っぽくキメが細かくなったら一塊にして 
ラップを巻いて冷蔵庫で二時間寝かせます  


s500_IMG_3815.jpg


同時にタルト型(今回は直径24㎝を使用しています)に無塩バター(分量外)を塗って  


s500_IMG_3816.jpg


強力粉(分量外)を茶漉しで降らせ、余分な粉をはたいたら  


s500_IMG_3820.jpg


ラップを巻いて冷蔵庫で冷やしておきます  


s500_IMG_3821.jpg


寝かしている間に”薄く切ったオレンジ~♪”

薄切りオレンジのコンポートです
用意したのはオレンジを三個(画像は4個ですが使ったのは3個です)、グラニュー糖を50g、100%オレンジジュースを300cc、白ワイン200cc、水100cc   


s500_IMG_3822.jpg


オレンジを5mm幅にスライス、鍋に並べ、材料を全部投入
 

s500_IMG_3823.jpg


オーブンシートを被せて  


s500_IMG_3825.jpg


蓋をして中火に置きます
沸騰しかけたら弱火にして1時間煮て、そのまま放置冷却  


s500_IMG_3827.jpg


2時間後 
作業台に強力粉の打ち粉を撒き、そこに生地をセット
麺棒で伸します  


s500_IMG_3829.jpg


型にセットして・・・
このとき深さを稼ごうと型の高さよりも壁をちょっとだけ高くしてみました
以前、パンプキンタルトを作ったとき壁をちょっと高くして上手くいったので 
(でも・・・ちょっとだけのつもりがついつい高く盛りすぎていたのはこの時は認識していなかったのです) 


s500_IMG_3831.jpg


ピケを打ったらラップして冷蔵庫で1時間寝かせます  


s500_IMG_3833.jpg


寝かし終えたらオーブンを180℃に余熱
予熱完了したら冷蔵庫からパート・シュクレを取り出し作業再開
パート・シュクレにオーブンシートを敷いて、浮き上がり防止の錘を乗せたら180℃で27分焼きます
焼けたら型のまま放置冷却
 


s500_IMG_3835.jpg


パート・シュクレが焼きあがったらジェノワーズを作ります
オーブンは160℃に余熱
用意したものはアールグレーの紅茶パック1パック分の茶葉、卵一個とパート・シュクレの制作で余った卵白

グラニュー糖を55g、薄力粉(バイオレット)を35g、アーモンドパウダーを15g、無塩バターを13g、牛乳を20g、オレンジピール15g、そしてバニラオイルとオレンジリキュールCOINTREAU 
(追加で紅茶リキュールも使いました)
 


s500_IMG_3836.jpg


薄力粉35gとアーモンドパウダー15gを3度程篩っておきます  


s500_IMG_3837.jpg


湯煎に無塩バター13gと牛乳20gを置き、バターが溶けたら合わせておきます 

s500_IMG_3844.jpg


そこにバニラオイルを適量加え、そのまま出番まで湯煎放置 


s500_IMG_3838.jpg


40℃の湯煎にボールを浮かべ  


s500_IMG_3841.jpg


卵(一個+卵白)を割り入れ混ぜたらグラニュー糖55gを投入  


s500_IMG_3842.jpg


よく混ぜ溶かします
溶けたら湯煎から外して  


s500_IMG_3843.jpg


ハンド聞きサーで泡だて
高速で5分、低速に切り替えて3分  


s500_IMG_3846.jpg


そこに篩っておいた薄力粉35gとアーモンドパウダー15gを篩い入れて  


s500_IMG_3848.jpg


捏ねないよう注意深く混ぜます
40回ぐらい 


s500_IMG_3849.jpg


そこに牛乳+バターを数回に分けて加え、都度混ぜて  


s500_IMG_3850.jpg


更に混ぜて・・・合計100回ぐらい  


s500_IMG_3851.jpg


紅茶葉を加えて  


s500_IMG_3853.jpg


オレンジピールも加えたら  


s500_IMG_3854.jpg


混ぜます  


s500_IMG_3857.jpg


それをパート・シュクレに流し入れて、落下ショックを一回
実はこのパート・シュクレ、壁が・・・orz
高くし過ぎて焼いたら壁が垂れてしまったのです

それを修正しようとしたら一部壊れてしまって(涙

このとき丁度下の娘が学校から帰ってきました
パート・シュクレの壁が歪になってしまった経緯を話すと

あなたは何時も欲張るから・・・欲張っちゃダメなんだよ^^;


\(_ _ ;)ハンセイ 


s500_IMG_3864.jpg


160℃に余熱したオーブンで25分焼きました  


s500_IMG_3865.jpg


焼きあがったらCOINTREAUを打ち込みます  


s500_IMG_3866.jpg


気分で紅茶リキュールも追加
たっぷり打ち込みました  


s500_IMG_3867.jpg


シートを被せて放置冷却  


s500_IMG_3868.jpg


さて、全てが冷えたら仕上げです
オレンジコンポートを取り出し水気を切っておきます(残った煮汁は残ったオレンジコンポートと共にゼリーにしました)  


s500_IMG_3869.jpg


そして紅茶のクレームシャンティイ
用意したものは乳脂肪47%の生クリームを200cc、乳脂肪35%の生クリームを200cc、グラニュー糖50g、アールグレーのテイーパックを4袋、それに紅茶リキュール15g


s500_IMG_3871.jpg


まずは乳脂肪35%の生クリーム200ccを鍋に入れ、沸騰直前まで温めテイーパック4袋を投入
ヘラで押したりしながらしっかり色を出します 

5分程格闘、袋は破れてもOK
どうせ濾すから  


s500_IMG_3872.jpg


それを濾し、さらに茶葉を絞って  


s500_IMG_3874.jpg


氷水にボールを浮かせて冷却  


s500_IMG_3875.jpg


冷えたら乳脂肪47%の生クリームを加えて  


s500_IMG_3876.jpg


紅茶キリュールを15g入れ  


s500_IMG_3877.jpg


グラニュー糖50gを加えたら  


s500_IMG_3878.jpg


ホイップ〜♪  


s500_IMG_3880.jpg


それをタルト台に塗って均します 
タルトの壁にもアラ隠し、丸口を装着した絞り袋に紅茶クリームを詰めて外周をデコって誤魔化します
これでバレないね 


s500_IMG_3881.jpg


オレンジを並べたら 


s500_IMG_3882.jpg


艶出しのゼリーを作ります
用意したものは水を200㏄、アガーを6g、白砂糖を40g、紅茶リキュールを30g、それにアールグレーのテイーパックを一袋  
あらかじめアガーと白砂糖は混ぜておきます


s500_IMG_3885.jpg


紅茶をよく煮出して  


s500_IMG_3886.jpg


そこにアガー6g+白砂糖40gを加え、よく煮溶かしたら 


s500_IMG_3888.jpg


急速冷却
冷やし過ぎると固まるから適度に  


s500_IMG_3890.jpg


オレンジに塗って艶だし  


s500_IMG_3892.jpg


真ん中にも紅茶ゼリーを流し込んで  


s500_IMG_3894.jpg


ゼリーの上にプレート固定用のクリーム(紅茶クリームの残り)を絞りお誕生日プレートを置いたら完成  


s500_IMG_3895.jpg


おっと、これを忘れてはいけません  
もう19になるんだなぁ
早いなぁ ==)トオイメ


boeder-004.gif


12時間ほど冷蔵庫で寝かせたら食べましょう 


s500_IMG_3901.jpg


ちゃんと灯します
合わせる飲み物は薄く切ったオレンジを浮かべたアイスティ
このタルトには絶対これ  


s500_IMG_3907.jpg


さてTake2のカナリア諸島のタルトですが 、2年前のと比べてみると・・・・
クリームは平より山に盛った方が見た目が派手でいいかもね 
2年前の初号機、意外と完成度が高かったんだ


s500_IMG_3908.jpg


オレンジピールは2年前より増量したけれど、これは正解
もっと多くてもいいかな  


boeder-001.gif


今朝は北鎌倉に紫陽花撮りに行ってきました

7時に明月院に到着したのですが

既に長い行列

 (゜ロ゜)ギョェ

開門1時間半前だというのに得られたポジションは門の見えない距離

年々混み方が酷くなってゆく・・・

開門から1時間もすれば境内は身動きできないような状態

10時前に明月院から撤収、東慶寺に向かいますが

外に出ると入山待ちの長い行列

どこまで続いているのかなと辿ってゆくと

最後尾は北鎌倉駅まで50mの位置

ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

この位置から明月院までどれくらい時間がかかるのだろう

来年は開門2時間前に来なければ・・・って6時半だし

ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエー


m_emoji-1.gif


 


nice!(108)  コメント(37) 

とろとろなもつ煮込みに震える 柏インター出口 噂のもつ煮込み 噂の太郎 [気になる一品(Delicious)]

この日は千葉は野田に出張
車で行くときは常磐道柏インターで降りるのですが、料金所を過ぎてR16と合流するたびに気になってしまうお店があるのです
出口正面にあるお店ですが、野田方面に向かうと反対車線側で行くことができません
そもそも合流レーンに入ってR16に合流したときには行きすぎてしまっているのです
ならば柏方面に出れば行かれるのかというと、これも行かれません
合流レーンに入ってR16に乗ったときにはお店は既に後ろ、バックミラーでしかその姿を確認できません
そんな訳でとても入り辛いお店なのです
でも駐車場には車がいっぱい
ちょっと怪しげな雰囲気を漂わせる看板に店構え
並んでいる人の多くはザ・漢って感じの人たち
こりゃ美味しくて盛りがいいに決まっています


s500_IMG_3931_659.JPG


予想外に首都高の渋滞がなく、予定より早く柏インターを通過したこの日、R16に合流してからUターン
ようやく行くことができました

11時半に到着、それでも駐車場は車がいっぱいで空くのを待っての駐車


s500_IMG_3911_644.JPG


店内はテーブル席が三つにカウンター席の合計25席
全面喫煙可なのですがタバコを吸ってのんびりしている人は見かけません
皆、ただひたすら食べています  


s500_IMG_3917_646.JPG


順番が来て席に向かいながら品書きをチェック
品書きのトップにあるのは煮込み定食
大盛りの設定が細かいです
両方大盛に目がいきましたが・・・・医者の顔が目に浮かんで煮込み大盛にしました
炭水化物を減らせと言われたけれど脂肪(モツは脂肪がいっぱい)を減らせって言われなかったからね (ひょっとして常識すぎてあらためて言わなかっただけ?) 


s500_IMG_3918_647.JPG


自分は煮込み定食の煮込み大盛りをオーダー
隣に座った男性は単品の煮込大盛に半ライスをオーダー
この方も医者から炭水化物を減らすように言われているのかな^^;  


s500_IMG_3915_645.JPG


モツ煮込みだけでなく、ラーメン類もあるのですが誰も頼んでいません
皆、黙々とモツ煮込みを頬張っているのです
(ラーメンの文字が小さくて目立たないし^^;) 


s500_IMG_3919_648.JPG


注文してから出てくるまでの時間も短い
ほんの2 分で料理が出てきます
もつ煮は大鍋で常にスタンバイ、注文が入ると大鍋の中からよそい、ご飯と味噌汁と漬物を盆の上に
その流れるようなオペレーション、動きに無駄がありません  


s500_IMG_3920_649.JPG


目の前に置かれたもつ煮込み
湯気のたつ煮込み、その香りとappearance
食欲に一気にスイッチが入ります  
黄色い沢庵がいいな♪
この手の定食には上等な漬物より黄色い沢庵が似合いますね


s500_IMG_3922_651.JPG


まずはそのままで
もつ肉を一つ頬張ります

ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

おぉ、ぷるっぷるのトロトロ
なんて柔らかなんだろう
もつ特有の香りはしますが丁重に煮込まれ臭うことはありません
これぐらいがいい
臭みはダメですが、もつの香りが無さ過ぎるのはそれはそれで物足りない
ちょうどいい塩梅 


s500_IMG_3921_650.JPG


ご飯はちょっと柔らかめ 
黄色い沢庵にはこれ位の方が合いますね 


s500_IMG_3925_654.JPG


味噌汁の具はワカメ 


s500_IMG_3924_653.JPG


もつ煮はトロトロ、それと対比させるようにゴボウやこんにゃくのしっかりした噛みごたえ
主役のもつのぷりぷりとろとろな食感を引き立てつつ、脇役の節度のある主張
そのコントラストが素晴らしい
たっぷりと載ったネギ独特の辛味がもつの脂をマイルドにしてくれます
 


s500_IMG_3926_655.JPG


一味を加えてみました(辛いのは苦手なので何時もは入れていません) 
入れると脂がサッパリするのですね 


s500_IMG_3927_656.JPG


さすが煮込み大盛、食べても食べても下から湧き出てきます^^;
ご飯の配分を考えながら食べているのですが・・・・  


s500_IMG_3928_657.JPG


ご飯が残り僅かだというのにもつ煮はまだ沢山残っています
やはり両方大盛にすべきだったのか・・・
それかノーマルがご飯ともつ煮のバランスがいいのかも

Σ(・o・;) ハッ!

お隣さんは確か半ライスにもつ煮大盛だったはず
どんな配分で食べていたのだろう 


s500_IMG_3929_658.JPG 


トロトロプルプルのもつ
これだけを食べるのは辛いかも

麦酒が無性に欲しくなります


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


噂の太郎
04-7131-1443
千葉県柏市大青田706-5
11:30~もつ煮が売り切れ次第閉店
定休日 水曜日
 


boeder-001.gif 


満足満足、でも流石にもつの脂が気になるなぁ
それに口の中をサッパリしたいし
って事で・・・ 


s500_IMG_3932_660.JPG


特茶^^;
ジャスミン茶は好きなんだよね
それにガツンとダブルグレープフルーツ
ガツンと系は好きなのです(ガツンとみかんが一番好き)  


s500_IMG_3934_662.JPG


ダブルグレープフルーツは黄色とルビー
しっかり二色を期待したのですが  


s500_IMG_3935_663.JPG


黄色も下はルビーでした^^; 


boeder-003.gif

m_emoji-1.gif


 


nice!(111)  コメント(28) 

諏訪出張は温泉と蕎麦呑み 上諏訪 そば介 [信州の蕎麦]

この日は諏訪に出張
諏訪出張の時は上諏訪を定宿にしています
どうせなら温泉に入りたいからね
温泉があれば出張だって温泉旅行気分〜♪
初日は早めに終わらせて宿にチェックインしたら直ぐに温泉に
サッパリしたら駅方向へ散歩に出かけます
上諏訪駅の陸橋を渡り線路沿いの道を歩くと”十割そばや”の看板


s500_IMG_3742_478.JPG


風呂上がり散歩の目的地は此処、そばすけ
諏訪出張の楽しみは此処で蕎麦飲みをすることなのです
当然出張日はこのお店が定休日でない日に調整しました ((^┰^))ゞ テヘペロ


s500_IMG_3744_479.JPG


諏訪出張はそれ程頻繁にあるわけではありません
年に1〜2回程度
なので当然このお店に来るのは年に一回か二回 
今回は半年ぶりでの再訪です


s500_IMG_3745_480.JPG


入店、戸を開けカウンター内のお兄さんに会釈
”いらっしゃいませ 半年ぶりですよね”
と、店のお兄さん
覚えていてくれたんだねぇ
それにしても即座に思い出せるなんて凄い
自分は人の顔と名前をなかなか覚えられないので、こういうふうに直ぐに思い出せる人は感心します


s500_IMG_3747_481.JPG


陣取ったのはカウンター席の中央
いつも同じ席 


s500_IMG_3748_482.JPG


まずは飲み物
此処で飲むのはいつも日本酒、地酒 
蕎麦飲みは日本酒、そんなイメージを持っているから
風呂上がりですから爽やかな口当たりのがいい
なので純米吟醸、真澄からスタート 


s500_IMG_3762_493.JPG


アテはそばみそをオーダー 


s500_IMG_3749_483.JPG


真澄の到着
写真撮りますよね?
と、ボトルを横に
ブロガーってこと覚えていてくれてるんだねぇ^^;  


s500_IMG_3751_484.JPG


まずは一口
(≧ω≦)クー
吟醸の爽やかな香りとともに身体中に染み渡ります

温泉で乾いた体にはたまりません 


s500_IMG_3752_485.JPG


お通しは厚揚げ
天かすも入っていて、汁がかけられています
甘汁(かけ蕎麦の汁)かな 
天かすが美味しい
ヌキを頼みたくなる味
この天かすでちびちび飲み始めます 


s500_IMG_3753_486.JPG


と、ここで大好きなそばみその登場
蕎麦の実がたっぷり入って、炙ってあります
香ばしい蕎麦の実と香ばしく焼けた味噌
口の中に入れると蕎麦の香りが溢れ、味噌の旨みがどっしりと
酒を呼ぶ味
はい、おかわりですね  


s500_IMG_3755_487.JPG


ここで真打、大信州
プレミアムの方です
前回飲んでお気に入りになったお酒 


s500_IMG_3756_488.JPG


すごく円やかで優しい味わい
旨みもしっかりと厚みがあります
 
  

s500_IMG_3757_489.JPG


そばみそ、まだ余っていますか?
と、お兄さん
蕎麦がきを追加してくれました
これは嬉しい^^
そばみそと蕎麦がき、この組み合わせはめっちゃ美味しいですよね
品書きに無いのが本当に残念
メニューに載せてくれたら毎回頼むだろうなぁ(まぁ、サービスでいただけるからいいけれど^^;)
ねっとり、ふわっとした食感と蕎麦の香り
これも酒が進む一品
そんなことされたら・・・・ 


s500_IMG_3758_490.JPG


当然おかわり^^;
今度は斬九郎、特別純米
吟醸とは違う重みのある味
しっかり旨味を味わって飲みます  


s500_IMG_3763_494.JPG


かき揚げもオーダー
汁をかけていただきます
サクッとした衣に汁をかけ染みたところで口のなかへ
油のコクと汁の旨み
こりゃこう一杯欲しくなりますねぇ  


s500_IMG_3764_495.JPG


オススメのがあったら頂戴とリクエスト
出てきたのは御湖鶴、純米吟醸
下諏訪の銘酒だそうです
2年ぶりに復活したブランドだそう 


s500_IMG_3761_492.JPG


そろそろ〆にいきましょう
あまり飲みすぎると2回目の温泉に入れなくなってしまいますからね 


s500_IMG_3760_491.JPG


当然冷たい蕎麦
もりそばをオーダーしました 


s500_IMG_3765_496.JPG


もりの到着
上の盆(蓋?)には汁と薬味 


s500_IMG_3768_499.JPG


盆の下は蕎麦
きしめん率(蕎麦の断面の縦横比)は3ぐらいでしょうか
平打ちの蕎麦でエッジはしっかりしています
表面は艶やかで星は適度
まずは蕎麦のみで手繰るのはお約束
飲んでいても何時もの手順は守ります
(結構酔っ払っていますが^^;)  
まずは蕎麦のみて手繰ります
蕎麦の端を咥え一気に啜ると、啜った瞬間から立ち上がる蕎麦の香り
流石信州、蕎麦が美味い
喉越しは幅広だけにそれ程良くはありません
噛んで食べる蕎麦
噛むごとに蕎麦の香りと甘みが口いっぱいに広がります


s500_IMG_3767_498.JPG


汁は柔らか
若干甘さが先に来ますが、香りはしっかりしています

旨味も十分厚い  


s500_IMG_3769_500.JPG


蕎麦を汁に浸けていただきます
蕎麦の半量を浸ける位が一番蕎麦の甘味を引き出せます


s500_IMG_3766_497.JPG


薬味は葱と山葵
今回の葱は今までで一番頼りない感じ
いい葱が手に入らなかったのでしょうか


s500_IMG_3771_501.JPG


〆は蕎麦湯


そば介
0266-75-1022
長野県諏訪市諏訪1-2-3
[
火~土]11:0014:0017:0022:30(LO )


[日]11:00~20:00


定休日 月曜日  


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


ごちそうさま〜♪ (((\(@v@)/))) ヒック
お見送りに出てくてくれたお兄さん
”実は6月で此処を退職することになりました”と
@@)なっ、なんと
蕎麦みそに蕎麦がきサービスがもう期待できないなんて残念過ぎる〜><


boeder-001.gif


翌朝、客先に入る前に行かねばならない場所が 


s500_IMG_3772_502.JPG


諏訪に来たら此処はスルーできません
諏訪大社、まずは下社  


s500_IMG_3774_503.JPG


ここの柔らかな雰囲気は好きなのです  


s500_IMG_3778_504.JPG


雨の日の神社はしっとりしていていいですね  


s500_IMG_3779_505.JPG


下社の次は上社へ
ここは下社と違っって厳かな雰囲気  


s500_IMG_3784_506.JPG


ピシッと背筋が伸びる感じがありますね  


boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(114)  コメント(34) 

がツンと胡麻油香る天丼 銀座天一 タカシマヤフードメゾン新横浜店 [気になる一品(Delicious)]

実は最近、妙に揚げ物が食べたくて仕方ありません
トンカツ、唐揚げ、天麩羅・・・・高カロリーの食べ物って何故こうも美味しいのでしょう
15年前、ほぼ毎日トンカツを食べていたら20kgも体重が増加してしまい揚げ物を封印
封印の成果か25kgの減量を達成
減量の達成に封印を解きましたが、揚げ物の恐ろしさが身に染みて、昔ほど頻繁に食べなくなりました
そう、偶にしか食べていなかったのですが・・・
ジムに通いを始めたら食欲増進(トレーニングの後のご飯が美味しくて^^;)
しかも揚げ物を体が欲しがるのです
エネルギーを欲しているのでしょうね 


s500_IMG_3437.jpg


そんな訳で今ハマっているのが天丼
でも昔のように毎日揚げ物は食べません
週に一度か二度(HOTELの朝食は除く)ぐらい
この日は出張に行くのに新横浜から新幹線を使いました
ちょうどランチタイムでしたので駅ビルの中の高島屋にあるイートインの天丼 
銀座天一


s500_IMG_3438.jpg


席に座る前にレジでオーダー、支払いを済ませるシステム
今回は松をオーダーしてみました
違いが良く解らなかったので真ん中のを^^;  


s500_IMG_3439.jpg


イートインスペースはカウンター席のみの7席 
惣菜売り場の一角
隅とはいえ落ち着きません 


s500_IMG_3440.jpg


茶と福神漬けが置かれます
天丼にも福神漬けなんだ
福神漬けはカレー専用かと思っていました^^;
到着を待っていると天麩羅の揚る軽やかで美味しそうな音が聞こえてきます
そしてごま油の香りが漂ってくると  


s500_IMG_3441.jpg


天丼”松”の着丼  


s500_IMG_3442.jpg


胡麻油のいい香り
ちょっとくどい位に香ります
見るからにからりとした感じの衣に期待感UP 


s500_IMG_3444.jpg


海老が二本にキス、シシトウにイカにアスパラにかき揚げ
アスパラがでっかい@@)  


s500_IMG_3445.jpg


では、いただきま〜す
タレをくぐらせたタイプでしっかり味が付いています
辛口でピシッとした後味
後味に甘さはありません
ちょっとしょっぱさが気になるぐらいの辛口
その塩気が素材の味を際立たせ、素材の旨みと甘さが良くわかります
でもやっぱりバランス的にちょっと塩気が強いなぁ^^; 


s500_IMG_3447.jpg


ご飯の炊き方は普通
丼物のご飯は柔らかくないのがいいですね  


s500_IMG_3449.jpg


揚げ油とタレの染みたご飯、これぞ天丼の楽しみ
天麩羅を一口頬張って、タレの染みたご飯をかきこむこの美味しさ
その快感は至福のひとときなのです  


s500_IMG_3450.jpg


ただ・・・海老が痩せてるなぁ
美味しいけれどCP的にはさして良くはないなぁ
イートインで1500円の天丼となればCPをもうちょっと頑張って欲しいな


銀座 天一 タカシマヤフードメゾン新横浜店
横浜市港北区新横浜2-100-45キュービックプラザ新横浜4F
10:00~20:00
 


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


胡麻油の香りが強いですが胸焼けはしなかったです 


boeder-001.gif 


新幹線の時間までもうちょっとあります
イートインじゃ時間が潰せないですからね
スタアバックス珈琲で紅茶を^^; 


s500_IMG_3735.jpg


紅茶と珈琲ゼリーケーキをオーダーすると
”紅茶派なんですねー私もです” と、レジのお姉さん
珈琲屋さんで働いているのにね^^; 


s500_IMG_3736.jpg


珈琲は苦手ですが、モカアイスや珈琲ゼリーは大好き
なので珈琲ゼリーケーキが気になっていたのです 
チョコブラウニーがベースで、その上にはコーヒーゼリーの入ったコーヒームース
ムースをコートするのはホイップクリーム 


s500_IMG_3739.jpg


これは好みの感じです♪
真似して作ってみなければ^^  


boeder-003.gif


 


m_emoji-1.gif


 


nice!(123)  コメント(33) 

見事に香る十割 ただ蕎麦と汁の相性は 河口湖大石公園前 みずの風 [山梨の蕎麦]

前記事の補記事です 


s500_IMG_3535.jpg


楽しみにしていた日本一上げ底のソフトクリームが普通の良心的なソフトクリームに変わってしまっていてちょっと肩透かし 
そんなソフトクリームで一息ついた後は昼ごはんです
河口湖湖畔の大石公園の入り口から見える蕎麦屋さん
存在に気がついたのは一昨年ぐらいだったでしょうか
何時もランチタイム前に河口湖に到着してしまっているので入る機会がなかったのです
今回は逆回りの富士五湖巡り
河口湖に到着したのは丁度ランチタイム
この機会を逃す手はありません


s500_IMG_3536.jpg


通りからはちょっと奥まったところにお店があります
通り沿いには幟と品書き看板があるだけ
運転しながらだと気をぬくと見過ごしてしまう感じです 
でも大石公園への出入りだと幟が目につきますから解りやすい 


s500_IMG_3538.jpg


通りから少し入るとお店
暖簾は白、これはアタリな予感
(自分の今までの食べ歩きの経験より、白暖簾の蕎麦屋さんはアタリの可能性が高いのです) 


s500_IMG_3539.jpg


蕎麦は福井産だそう  


s500_IMG_3541.jpg


入店
天井は高く、広々とした空間
結構席数は多いですね
完全禁煙なのが嬉しいです  


s500_IMG_3544.jpg


おぉ、おしぼりが布だ!
これはポイント高いです
紙おしぼりって、それだけで全てが安っぽく感じてしまうので好きじゃ無い  


s500_IMG_3542.jpg


初めての訪問では”もり”と決めていますが、一応品書きを確認
品数が少ないのがまたいいですね
冷たい蕎麦も温かな蕎麦も、天麩羅の有無の違いだけのようです
(冷たい蕎麦は大根蕎麦もありますが) 


s500_IMG_3543.jpg


蕎麦は石臼挽きの十割、これは大盛りにするしかないでしょう
もりは870円で大盛りは350円増し  


s500_IMG_3545.jpg


おおもりの到着
スクエアな断面の細打ちの蕎麦
エッジもしっかりして見るからに美味しそうです  


s500_IMG_3546.jpg


まずは蕎麦のみで手繰りましょう
3本ほど箸で持ち上げ、唇に咥えたら一気に啜ります
啜った瞬間に立ち昇る蕎麦の香り
今の時期にこんなにも香るとは!
さすが十割
噛み応えも心地よい
適度なコシを感じさせながら潰れてゆきます
そして噛むごとに溢れる蕎麦の香りと湧き出す甘み
見事な蕎麦に思わず唸ります 


s500_IMG_3552.jpg


次に汁を味わいます
少量唇に含んで舌先へ
スッキリ辛口の汁
出汁の香りが広がり、その後はしっかりした輪郭が感じられます
円やかさもありますが、シャープさが先に来る感じ
旨味の厚みはやや薄め
どちらかと言うと喉越し優先な二八に合いそうな感じ
十割蕎麦との相性はどうかな、と、そんな感想


s500_IMG_3547.jpg


蕎麦を汁に漬けていただきます
やはり相性はちょっと疑問
それぞれが別々に美味しい感じで相乗効果は薄め
なので蕎麦のどれくらいを汁に漬けるかが決め辛い
もっと重い感じの汁がいいな  


s500_IMG_3553.jpg


薬味は葱と山葵
葱は細くスライスされ、透明感があります
山葵も香りよく瑞々しい
味覚が飽和したら山葵を少量舐めて味蕾をリフレッシュ  


s500_IMG_3548.jpg


美味しい蕎麦ですが汁の漬け方に四苦八苦
なかなか決まりません  


s500_IMG_3550.jpg


小鉢には冷奴  


s500_IMG_3556.jpg


蕎麦湯は早い段階で到着しますが、ポット入り
これなら早い段階で来ても冷めなくていいですね
ビジュアル的には微妙だけれど^^;  


s500_IMG_3557.jpg


最初は残った汁を蕎麦湯で割って  


s500_IMG_3559.jpg


二杯目は蕎麦湯のみで 


みずの風 蕎麦処
0555-76-5151
山梨県南都留郡富士河口湖町大石1461 
11:00~15:00


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpgs500hoshi .jpg
見事な香りに星三つ


boeder-001.gif



m_emoji-1.gif


nice!(114)  コメント(30) 

温泉ライダーが行く 困った時は富士山 富士五湖巡り逆回り [車とバイク(car and bike)]

久しぶりに温泉ツー
5時に布団から出てGosoGoso
ツーに行く準備を始めます
リビングで寝落ちした奥さんが朝風呂に入っている隙に^^;


s500_IMG_7992_449.JPG


朝ごはんはベーコンエッグを作って、それに晩御飯の残りの冷えたご飯と味噌汁 
温めません、冷えたご飯と味噌汁も何気に好きだから
あの侘しさがまたいいのです^^;
食べ終えたら出かけましょう
新調した革パンツを履いて・・・・今までの革パンツに比べてゆったりしたデザインで、何となくしっくり来ません
今までのは凄くタイトで、トイレに行ってもずり下ろさないと用を足せなかったのですが、今回のは履いたままでもOK
便利なのですが今までのフィット感が懐かしい

出ようとすると風呂上がりの奥さんがやってきて

”クラブ活動?”

”いや、ソロ”

”何処に行くの?”

”さぁ、風に訊いてくれ”

”そういうのヤメてよね、バカちゃう? 何処に行くかちゃんと言ってくれないと困るでしょ”

”だって本当に知らないんだから・・・”

何がどう困るのか知らないけれど、行く先は本当に知らないのだから仕方ない
だってまだ何も決めていないのだから
出発時間と帰着予定時刻を決めて、気の向くまま、走りながら気分で決めるのが自分流

”どうせ信州方面でしょ”

信州もいいかな
と、奥さんの言葉に信州気分になりながら出発
環状二号から保土ヶ谷BPへ入り東名へ
大好きな八ヶ岳周辺を走るつもりになっていましたが・・・・表示板には八王子JCの渋滞情報
かなりの渋滞で中央道に抜ける気が失せました 


s500_IMG_7993_450.JPG


じゃぁ何処に?
東名に乗って西に向かっていますから箱根、伊豆か富士山周辺が妥当なところ
行き先に困った時は・・・・そう、困った時は富士山、手軽に富士五湖巡り 
道志みちで山中湖に出て、五湖を巡り、新富士ICから東名で戻るのがいつものパターン
今回は逆回りをしてみましょう
新富士ICで降り、R139で本栖湖から山中湖に向かかいます 


s500_IMG_7998_451.JPG


で、最初は本栖湖  


s500_IMG_8000_452.JPG


湖底の掃除なのでしょうか
ご苦労様です   


s500_IMG_8003_454.JPG


そして精進湖、富士山が綺麗に見えないのが残念  


s500_IMG_8005_455.JPG


頭だけだし^^;  


s500_IMG_8008_457.JPG


西湖に来る頃には黒い雲が完全に富士山を隠してしまって  


s500_IMG_8011_458.JPG


河口湖、ここには楽しみにしているものがあるのです
それは日本一上げ底のソフトクリーム 
どれくらい上げ底かというと・・・・こんな感じ↓↓↓(昔の記事より) 


boeder-001.gif  


s500DSCN1370.jpg


オーダーはブルーベリーソフト、350円
富士山とコラボで^^
かろうじて頭が見える富士山^^;


実はこのソフトクリームが凄いのです
何が凄いって・・・・  


s500DSCN1372.jpg


見事な上げ底
コーンの中にアイスはありません
うまいことコーンのTOP部に乗って盛られています
証拠写真がこれ、下は空洞でしょ
その秘密は・・・・ 


s500DSCN1378.jpg


コーンの形状にあります
二重構造になっているコーン
内側のコーンと外側のコーンの間にソフトクリームを乗せる形で盛って行くのです
上げ底は腹が立ちますが、ここまで見事に上げ底だと逆に認めます^^; 


boeder-003.gif


と、こんな感じ
コーンのツライチでソフトクリームを乗せているのです
こんな上げ底は此処以外ではみたことはありません
見事な上げ底みたさにソフトクリームの売り場へ^^;  


s500_IMG_8022_463.JPG


あれ?値あがっているし
350円だったのに一気に500円に値あがっています
500円で上げ底かぁ
ソフト屋、お主も悪よのぉ〜 


s500_IMG_8014_459.JPG


あれ?コーンが変わっているし
しかも富士山クッキーが横に刺さっています  


s500_IMG_8015_460.JPG


では富士山に敬意を込めて・・・・富士山が見えませんから富士山の位置に富士山クッキーを  
一日一ソフトをコンプリート
ツーでは一日一ソフトがお約束


s500_IMG_8020_461.JPG


この富士山クッキー、なかなか美味しかったです
お土産に買おうかと思ったぐらい  


s500_IMG_8021_462.JPG


コーンが変わっても上げ底かなって思ったのですが・・・ちゃんと中までしっかり詰まっていました
なんだ、普通のソフトクリームになってしまったんだ
嬉しいような、つまらないような^^;  

s500_IMG_3562.jpg

ランチはここ、十割蕎麦のお店(詳細は別記事で)


s500_IMG_8024_464.JPG


そして最後に山中湖  
ここも富士山が見えません


s500_IMG_8025_465.JPG


早く帰らないと雨が来そうな雰囲気
山中湖からは下道、道志みちで戻ります  


s500_IMG_8027_466.JPG


そして道志みちでは・・・・ 


s500_IMG_8029_467.JPG


一日一カッパも達成^^ 


s500_IMG_8031_468.JPG


そして忘れてはいけないのが温泉
温泉ライダーですからね  


s500_IMG_8032_469.JPG


道志温泉、横浜市民は割引になるのです(横浜市の水道は道志の水なのです) 
温泉のこの像、日本髪と腰の布があっていないような 


s500_IMG_8035_472.JPG


内湯はちょっと熱め   


s500_IMG_8038_474.JPG


露天風呂はいい湯加減
いつまでも浸かっていられそう
温泉に火照った肌に薫風が気持ちいい  

s500_IMG_8039_475.JPG


風呂上がりにはコーヒー牛乳
これは瓶でないといけません
パックでは興ざめです


s500_IMG_8034_471.JPG


風呂上がりは汗がひくまで昼寝して  


s500_IMG_8043_476.JPG


明るいうちに帰着  


s500_IMG_8046_477.JPG


夏のツーの楽しみはこれ、スイカ(実は果物で一番好きなのがスイカで)
前日から冷やして楽しみにしていたのです
夏のツーは喉が乾きますからね
3Lサイズ
昔なら一個一気食いもできたのですが、今はさすがにできません^^; 


boeder-001.gifm_emoji-1.gif


 


 


nice!(123)  コメント(40) 

そびえ立つ穴子と軍港と 横須賀・天丼の岩松 [気になる一品(Delicious)]

五月の最後の金曜日のこと
休日出勤の代休がもう一日分ありましたので休みを取りました
例によって奥さんには休むことは内緒です
下手に休みだと言うと、奥さんは用事を勝手に作って押し付けて来ますからね
休みは内緒にしておくのが一番 (◜◡◝)ヘヘッ

そんな訳で仕事に行くようなふりをして朝を過ごします
奥さんは自分より先にウチを出るので、それまでの演技
今回も頑張って芝居をします(ヤクシャヤノー
\( ̄∀ ̄*)

朝ごはんは奥さんが給食当番
そして食べ終えたら自分は仕事のメールチェックと仕事に行く準備(フリだけね^^;)
その後はいつものように食器洗い
(平日朝は弁当を作る都合もあって奥さんが給食当番なのですが、洗い物は自分なのです
作った以上最後までやれと言うと”出来ない!!!”ってキーキー
時間がないって叫びながら汚れ物をそのままに出て行ってしまうので、仕方なく洗い物は自分が担当することに・・・・給食当番をやる以上、洗い物片付けまで終えることが約束なのですが、平日朝だけは有耶無耶のうちに例外にされてしまいました)
食器を洗おうとキッチンに行くと

(ー△ー;)エッ、 マジ?

奥さんが食器を洗っている
雨が降るのか、嵐にでもなるのか????
なにやら悪い予感
その後も妙にのんびりな奥さん
8時近くなっても焦る様子もありません

”ひょっとしてさぁ、今日は休みなの?”

”うん、休み この前の休みの日に出たからね”

( ̄△ ̄;)ゲゲッ

”どっ、どこかに行くのかなぁ〜” (⌒_ ⌒; 

”友達とバーゲンに行ってくる”

”そっ、そう、よかったねー” (⌒_ ⌒;A

奥さんも出かけるようです
これならこっちの休みの邪魔にはなりません
奥さんも仕事が休みになっても内緒にして何も言わないのです^^;
さるくんは何時もだまっていて何も言わないって人を非難しますが、自分だっってこれなんだからね

で、安心して休みに突入
今日は横須賀気分、なので横須賀に向かいます
横須賀だと何時もベスちゃんと行くのですが、バイク置き場が心配
何時もベスちゃんを駐輪していた軍港の前のSCが改装工事中だとTake-Zeeさんの記事で読みました 
何処に置けばいいのかな・・・場所を探すのも面倒そう
それに空模様が心配
黒っぽい雲が低く垂れ込めて今にも降り出しそうな雰囲気(奥さんが食器を洗ったから???)
天気予想では降水確率はそれほど高くはありませんが、最近の天気予想はあてにならないですからね
そんな訳で電車で横須賀へ向かいます


s500_IMG_3500_415.JPG 


折角の休みなので済ませたかった用事を片付けてから横須賀へ
久々の京急、赤い弾丸、爆走電車〜♪
あっという間に横須賀に到着
横須賀には行きたかった天丼屋さんがあるのです
10時50分、ちょっと早いですが天丼屋さんに到着
CPの高さからランチどきは行列ができるそうですので開店時刻に合わせて開店時刻10分前に到着したのですが、すでに換気扇越しに天麩羅のいい匂い
暖簾も出ています
覗くと既にお客さんが一名

s500_IMG_3501_416.JPG


まずは入口脇の品書き看板でメニューチェック  


s500_IMG_3502_417.JPG


穴子が大海老か・・・いやいや一番オススメと書いてある海鮮丼か  


s500_IMG_3509_419.JPG


とりあえず入店
中はカウンター席のみで10席
流れる曲は
Beatles
厨房は、おばさまお二人でのオペレーション 


s500_IMG_3507_418.JPG


店内の品書きで再度検討
店内の品書きは内容が書いてあり、解りやすい
穴子丼には海老がないんだ・・・大海老丼には穴子がないんだ
なるほど、海鮮丼は両方入っていて一番オススメと書かれていたのも納得です
しかも1000円を切る価格なのも嬉しい  


s500_IMG_3510_420.JPG


海鮮丼をオーダー
まずは漬物と大根おろしの小皿が置かれます
そして天麩羅の揚がるいい音
音だけで涎が溢れます
そして・・・・  


s500_IMG_3515_422.JPG


海鮮丼の着丼 オオーw(*゚o゚*)w
たってる〜  


s500_IMG_3516_423.JPG


こういう立体的な盛り付けは大好きです^^  


s500_IMG_3517_424.JPG


イカに椎茸、エノキ、海老、ナス、南瓜、穴子、そして玉ねぎと人参のかき揚げ  


s500_IMG_3519_426.JPG


いっただきまぁ〜す
まずはイカから
さくっとした食感のあとはイカの香りと旨味
油に癖はなくさっぱりといただけます
次は椎茸、今度は大根おろしを少量乗せて
これがまた美味しい
天麩羅と大根おろしの相性は神ですねぇ
いくらでも食べられる気になります 
そしてナス、南瓜と食べ進み・・・って、自分って置かれてる順番に従って食べる性格だったんだ
今、画像を見ながらタイプしていて気づきました^^; 


s500_IMG_3521_428.JPG


タレは辛口、すっきりした後味
甘ったるさはありません
かき揚げは家庭的なスタイル
タレが染みすぎてご飯がめちゃ進む感じな仕上がり
海老と穴子を最後の楽しみにして、ゆっくり味わいます
CP、すごい
めっちゃお得な天丼です 


s500_IMG_3523_430.JPG


ご飯の炊き加減もいい感じ
柔らかでないのがいい

天丼の岩松
046-825-0128
神奈川県横須賀市大滝町2丁目14
11:00(?)準備が出来次第開店~18:00(?)売切れ次第終了
  
 
s500hoshi .jpgs500hoshi .jpgs500hoshi .jpg
穴子二本に大海老二本が入った丼も設定して欲しいなぁ
Beatlesを聴きながら食べる天丼もいいね 


s500_IMG_7978_439.JPG


この後は猫気分で横須賀の路地を散策
そしてドブ板通りへ
迷彩服の米軍人が普通に歩いているのが基地の街らしい雰囲気  


s500_IMG_7980_440.JPG


この家具屋さん、危険かも  


s500_IMG_7981_441.JPG


入ったら最後、出てこられなくなりそう
面白げなものがいっぱい  


boeder-001.gif 


そしてやってきたのは軍港 


s500_IMG_7983_443.JPG


流石に薔薇はもう終わりでした 


s500_IMG_7987_445.JPG


横須賀に来た時は必ずここに寄っています 
軍港の脇にあるStarbucksで軍港を眺めながらお茶するのが楽しみなのです
今日は自衛艦が少なかったけれど
 


s500_IMG_3524_431.JPG


紅茶(珈琲が苦手なので) とチーズケーキを・・・の予定でしたが、プリン アラモード フラペチーノが気になって^^;
プリン アラモード なんて書かれたら甘党としては気になるに決まっています 


s500_IMG_3526_432.JPG


で、プリン アラモード フラペチーノ  


s500_IMG_E3530_447.JPG


軍艦を眺めながらのプリン アラモード フラペチーノ
一味違うかも^^;  


s500_IMG_3532_436.JPG


このさくらんぼってさぁ、いつ食べればいいの?
最後までとっておくと大変です
ストローでさくらんぼ掬い、これがなかなか掬えない^^; 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


 


 


nice!(114)  コメント(32) 

そうだ鎌倉、行こう。 北鎌倉へ紫陽花偵察 [そうだ鎌倉、行こう。(KAMAKURA)]

s500_DSC_9382_337.JPG 


月に一度は鎌倉に行っています
GWあけぐらいに新緑の鎌倉を散歩しようと考えていたのですが
最近仕事が忙しく、特にこの五月は週末も仕事になることも多くて行かれなかったのです
でも、五月最後の週末にようやく行くことができました 
新緑と呼ぶにはちょっと遅すぎな色濃くなった葉
新緑散歩ではなく紫陽花偵察に行ってきましょう


boeder-001.gif 


紫陽花もそろそろ色付いてきているのでしょうか
六月が近づくとソワソワしてきます
色付き始めの紫陽花を五月の末に撮って六月の中旬以降に濃く染まった紫陽花を楽しむのが毎年のお約束 


s500_DSC_9348_314.JPG


紫陽花の季節の鎌倉を舐めてはいけません
一年中で鎌倉が一番混む季節なのです
紫陽花の本格的なシーズンは六月ですが、五月も六月に近くなると気の早い人たちがやってきます
♪~( ̄。 ̄) ←ココニモヒトリ
特に紫陽花の名所と言われるお寺には気合が必要、開門前に行くのが必須 


s500_DSC_9356_319.JPG 


明月院の開門は九時(六月は八時半開門)、まだ六月ではないですから開門の三十分前に行けばいいかな
8時15分に北鎌倉に降り立ちます
この時間だと高校生も多くて改札が混みますから先頭車両に乗らないと行けません
北鎌倉に来たら最初にまず円覚寺の山門を撮るのがお約束(中に入らなくても山門だけ撮ります)
撮った画像を確認してカメラの動作や設定をチェック
そしてゆっくり歩き、明月院に着いたのは8時25分
この時間ですが、かろうじてポールポジションが取れました
いえね、6人ぐらいかたまって歩いていたのですが、他の人は門脇の紫陽花の所に行ってしまったのです
でも行列に指定されている場所は門前の銀杏の樹の下
そこから並ばないと行けません
自分はさっさと行列の先頭に指定されている銀杏の樹の下へ
で、ポールポジション(いつも来ているから慣れたもの^^;) 


s500_DSC_9355_318.JPG


門脇の紫陽花、思った以上に染まっていません
殆どがまだ緑のまま
一輪だけ仄かに染まりかけていました 
ちょっと早過ぎたようです 


s500_DSC_9357_320.JPG 


並んでいるとどんどん行列が長くなっていきます
緑の、まだ染まっていない紫陽花ばかりなのにね 
皆、物好きだなぁ^^;
開門時刻の行列はこんな感じ
染まる前でこれですよ
六月の見頃の頃の行列はとんでもないことになります
開門1時間前ではポールどころか、この行列の最後尾ぐらいかも
開門時刻だと線路沿いの曲がり角ぐらいかな
10時とかだと行列は北鎌倉駅にタッチする勢い 


s500_DSC_9353_316.JPG 


開門〜
見事なまでに緑一色 


s500_DSC_9360_322.JPG


どこにも明月院ブルーは見当たりません  


s500_DSC_9364_325.JPG


紫陽花の季節は青の壁となる山門前もこの通り 
昨年とかはもうちょっと色付いていたのですが・・・・
今年は遅めなのでしょうか 


s500_DSC_9374_331.JPG


おぉ、明月院ブルー^^
あと二週間もすれば境内は明月院ブルーに埋め尽くされます
通路に人も埋め尽くされるけれど^^;   


s500_DSC_9384_339.JPG


お約束の丸窓
六月からは丸窓の奥の庭が解放されます
奥の庭には菖蒲園があり、ちょうど花菖蒲が見頃
六月の初旬は半菖蒲と紫陽花の両方が楽しめるというお得な時期  


s500_DSC_9396_348.JPG


奥の庭の解放時刻は九時半から
なので人のいない丸窓を撮りたかったら九時半前に丸窓を撮らないといけません
でも丸窓撮りも凄い行列になりますから(大抵山門まで行列)早めに行かないと奥の庭の解放時刻になってしまうのです 


s500_DSC_9397_349.JPG

それに九時半開門ということになっていますが、その日の混み方によって(気分によって???)早めに奥の庭を解放することもあるので毎年結構ヒヤヒヤもの 
なんとかギリギリで丸窓を撮っています^^;

s500_DSC_9402_354.JPG


花地蔵さんにもご挨拶しないとね
今は赤の耳飾りですが、紫陽花が色づくと青い耳飾りに変わります
結構おしゃれに気を使うお地蔵さんなのです 


s500_DSC_9398_350.JPG


境内の紫陽花は殆どこんな感じでした(五月二十五日)
この感じだと見頃は八日以降ですかね  


s500_DSC_9412_363.JPG


折角来ましたから色が載っている紫陽花を探し出して撮るのですが
この日も見事なまでの青空で、日差しも強烈
紫陽花には似合わない空  


s500_DSC_9426_376.JPG


やはり紫陽花は雨を予感させるような空模様の方が似合います
(雨も似合うけれど撮るのが難しいから却下^^;)  


s500_DSC_9429_378.JPG


まだまだ白いところがいっぱいの紫陽花
これはこれで涼しげ
初々しさもあっていいかもね  


s500_DSC_9434_380.JPG


明月院に来ると境内にある茶屋、月笑軒で抹茶を飲むのが常
室内ではなく庭先の傘の下に座して、水琴窟の音を聴きながらお茶を飲むのが好きなのです
でも、数ヶ月前から水琴窟の音は止まったまま
井戸の故障で水が来なくなったのだとか  


s500_DSC_9438_383.JPG


水琴窟の音が聴かれぬのなら、まぁいいか
そんな感じでここしばらくはお茶なし
先日は久しぶりにお茶を飲みましたが、やはり水琴窟の音が無いのは寂しい 
水琴窟は何時直るのでしょうか
このまま直さないつもりなのか???
と、あまりも長い間の放置に心配していました 


s500_DSC_9450_393.JPG


水琴窟、どうかな
直ってなかったらスルーしようと考えながら柵越しに覗いてみると・・・
水が出ている!!!  


s500_DSC_9454_396.JPG


と、いう訳で月笑軒でお茶
水琴窟の透明な音が微かに聴こえるのを楽しみながらお茶をいただきます
(本来は竹筒に耳を近づけて音色を楽しみます)
座している場所からは聴こえるか聴こえないかギリギリの音量
でも風が葉を揺らす音や水路を流れる水の音の中でも鮮明に響いてくるのです 


s500_DSC_9456_398.JPG


お茶を飲んで一休みした後は東慶寺へ向かいます
東慶寺の紫陽花は明月院とはまた違った雰囲気
ガク紫陽花が多いのです
石段の両脇は矢張りまだ緑 


s500_DSC_9458_400.JPG


ここは拝観料をパスモ(スイカも)で納める事が出来るから便利
小銭を用意しなくていいですからね 


s500_DSC_9463_405.JPG


ここでバッタリとtakenokoさんに会いました
円覚寺から東慶寺にまわってきたそうです 
円覚寺はイワタバコも一部咲いていたそうですが、東慶寺のイワタバコはまだまだな感じ 


s500_DSC_9465_406.JPG


この時期の東慶寺は本堂裏手にある岩がらみが公開されています
岩一面に張り付いたつる性の紫陽花
これを見にきたのです   


s500_DSC_9466_407.JPG


いつもは入れない本堂の裏手
そこに行くと・・・・まだ僅かしか咲いていないし
いやぁ、こっちも早かったかぁ  


s500_DSC_9467_408.JPG


まだそれほど咲いていなかった岩がらみとか、ガクアジサイとか、東慶寺でも沢山撮ったのです 
でも写真がないorz 


s500_DSC_9468_409.JPG


実はウチに戻って画像をMacBookAirに転送したのですが
転送途中でエラーが発生してしまい、メモリー内にあったデーターが吹っ飛んでしまいました
エラーが出たのは転送の後半
なので前半のデーターは転送を終えていて画像全滅は避けられたのが救いでした  


s500_DSC_9471_410.JPG


今まで使っていたDELLは本体にカード用のスロットがあったのですが、MacBookAirにはありません
なのでカードリーダーを買ってきましたが、1000円のじゃ信頼性が無いのかな^^;
それ以降はエラーは出ていないし(それ以降はコンデジしか使っていないのでデーター量は少ないですが)
偶々だったのでしょうか
デジイチで撮った大量のデーターなど容量が大きいとエラーが出やすいとか?  


s500_DSC_9476_414.JPG


ちょっと怖いから二枚のメモリーカードで同じのを記録する設定にしておこうかな
これならカードがエラーで中のデーターが死んでもバックアップがある訳だから  


boeder-001.gif 


東慶寺から北鎌倉駅へ
そして駅のロータリー(になるのかな?)横にある「光泉」で稲荷寿司を買って帰りました 


s500_IMG_3337.jpg


稲荷寿司、好きなんだよね
甘辛の汁が染みた油揚げ、美味しいよね
噛むとジュワーっと滲み出る汁
たまりません^^ 


s500_IMG_3338.jpg


長い棒状のお寿司を真ん中でカットして詰められています
油揚げは甘辛い濃いめの味付け


s500_IMG_3339.jpg


汁は創業時からの注ぎ足してきた秘伝の汁を使用とか
中身の酢飯は酢が控えめ

油揚げの甘みが際立ちます   


s500_IMG_3341.jpg


揚げがしっかり大きいのがいいね^^  


boeder-004.gif

毎日リビングでTV見ながら寝落ちの奥さん

今日も朝風呂

毎日明け方になってすっかり冷えた風呂を追い焚き

ガスの無駄使い

ガス代もバカにはできません

かと言って、起こして夜中に風呂に入らせれば

(起こすと切れて鬱陶しいけれどね)

そのまま風呂の中で朝まで爆睡するのは確実

それはそれで、こっちが寝られなくなってしまいます

(鼾が聞こえるから起こしに行くと、これまたキレて鬱陶しい)

いい加減イライラ

今朝も明け方に追い焚き

ところが奥さんはそのまま二度寝

折角追い焚きしたのに勿体ないと起こすと

わかってる!

わかってるならさっさと風呂入ればいいのに、わかってないんだろ

風呂から出たら三度寝

朝ごはんを作る気配はありませんので自分が給食当番に

出来上がった頃にむっくり起きて一言

なにこの目玉焼き、硬すぎでしょ

・・・・・ーー;)

文句があるのなら自分が作れよな

なにをどう作るのかは給食当番の権限なんだから

(自分はベーコンエッグの目玉焼きは固焼きが好き ベーコンを黄身で汚したくないから)

”さるくん、なにを怒ってるのよ!私怒られるような覚えないよ”

いや、朝風呂とか、三度寝とか、いっぱいあるけれど・・・

と、散々文句を言ったのですが

今日も奥さんはリビングで寝落ちしています

また朝風呂だね ーー;)

ダメだこりゃ

┐( ̄ヘ ̄)┌

m_emoji-1.gif


 


nice!(112)  コメント(45)