So-net無料ブログ作成
オムライス&ナポリタン (omletrice& ブログトップ

藤田嗣治展とオムライス さくらい [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

本当は昨晩UPする予定の記事でしたが^^;
下書を済ませ後は帰ってから仕上げようと、そのまま夕刻から飲みに行きました
三軒ハシゴ、気付いたら終電の時間^^;
つまり帰着したのは真夜中、しこたま飲んだのもあって帰ってから仕上げなんて出来るはずもなく
一日遅れのUPです^^;


0s500IMG_7212.jpg


この日は藤田嗣治展
会期も終盤、週末は混みそうなので金曜日に行ってきました
その前の土曜日は休日出勤だったからね、だから平日休みをGET  


0s500IMG_7217.jpg


初来日作品を含む約20点が、欧米から里帰りを果たしているそう
量だけでなく、質も過去最大規模の藤田嗣治展
展覧会この九つの章に分けられていました
 Ⅰ 原風景―家族と風景
 Ⅱ はじまりのパリ―第一次世界大戦をはさんで
 Ⅲ 1920年代の自画像と肖像―「時代」をまとうひとの姿
 Ⅳ 「乳白色の裸婦」の時代
 Ⅴ 1930年代・旅する画家―北米・中南米・アジア
 Ⅵ-1「歴史」に直面する―二度目の「大戦」との遭遇
 Ⅵ-2「歴史」に直面する―作戦記録画へ
 Ⅶ 戦後の20年―東京・ニューヨーク・パリ
 Ⅷ カトリックへの道行き  


1s500l藤田嗣治<cafe>.jpg


<cafe> 

フジタの乳白色で描かれた肌
ドレスの黒は肌の色や質感を際立たせその肌に目が吸い寄せられます
アンニュイな雰囲気が漂うのもいいな


1s500x藤田嗣治<フルール河岸 ノートルダム大聖堂>.jpg


<フルール河岸 ノートルダム大聖堂> 

藤田嗣治と聞くと乳白色の裸婦画と猫を連想します
でも自分は彼の風景画が結構好きで 


1s500x藤田嗣治<ホテル・エドガー・キネ>.jpg


<ホテル・エドガー・キネ> 

思わず彷徨ってみたくなる風景
今回の風景画の中ではこの絵が一番好み 


1s500藤田嗣治<パリ風景>.jpg


<パリ風景> 


決して華のある絵ではないけれど妙に心惹かれます
この絵は藤田がまだ成功をつかむ前に描かれた1枚 


2s500x藤田嗣治<私の夢>.jpg


<私の夢> 


いわゆる乳白色の下地が何を使って描かれているのかは長年謎とされていましたが、キャンバスに硫酸バリウムを塗り、その上に炭酸カルシウムと鉛白を混ぜた絵具を重ねていたことが近年の調査で分かっています
下地からは滑石が原料のシッカロールが検出され、それが乳白色の独特な肌合いを生んでいるとか
でもその特殊な技法は経年劣化しやすいそう 


2s500x藤田嗣治<争闘(猫)>.jpg


<争闘(猫)> 


藤田嗣治の絵を見るとまずは猫を探してしまいます
自画像の中で藤田になつく猫、裸婦の横で寛ぐ猫、猫同士喧嘩する姿、娼館の女たちの横で佇む猫、飲み屋の椅子の下にいる猫
リアルでイキイキとした表情の猫たちがいっぱい
藤田嗣治展に行くと絵をパッと見て何秒で猫を見つけられるか、動体視力ならぬ猫体視力が養われるかも^^
散歩で猫との遭遇率があがるかもね


2s500x藤田嗣治<夢>.jpg


<夢>

美しい女性の肌の描写、ジュイ布の細かい模様
そして猫、そのいたずらっぽい表情がまたいいですね 


s500IMG_7222.jpg


見応えあって大満足
藤田嗣治展の後はランチタイム   


boeder-001.gif


金曜日のランチは洋食な気分^^
で、向かった先は・・・


s500IMG_7230.jpg


キッチンさくらい  


s500IMG_7231.jpg


待っているグループもあって、時間がかかるかなと思いましたが
お一人様ジャンプが適用され、すんなり着席^^
こういうときお一人様は強いです  


s500IMG_7232.jpg


さて、品書きを確認しましょう

s500IMG_7236.jpg


ビーフカツが気になります
今迄、美味しいと思うビーフカツ(牛カツ)に出会ったことが無く、揚げるのなら豚に限ると思うようになりました
しかし、洋食屋さんでビーフカツの名を見ると気になってしまいます
そういえば今迄洋食屋さんでビーフカツを食べた事はありません
いつも牛カツ屋さんで牛カツ食べていたのですが・・・それが間違いだったのかも^^; 
ビーフカツと牛カツは違うのかもしれません
確かめるためにも一度は洋食屋さんでビーフカツを食べるべきでしょうね
でもランチに2600円+αはねぇ・・・・最近ちょっとお小遣いがショートなので厳しいなぁ

s500IMG_7235.jpg

牛ヒレカツサンドもおいしそうだぁ~≧≦q
いやいや、
今日は2000円ぐらいに抑えなきゃね^^;


s500IMG_7233.jpg


オムライス~♪ 
オムライスとナポリタンは見ると無性に食べたくなります
ビーフオムライスは1300円、スペシャルビーフオムライスは1800円
ノーマルは粗挽き牛肉、スペシャルは牛ヒレのソテーが入っているそう
まぁノーマルでいいです
そのかわり・・・ 


s500IMG_7239.jpg


ナポリタンのハーフサイズを付けようかな^^  
W炭水化物、なんて魅力的なのでしょう
これで注文は確定のはずでしたが・・・・


s500IMG_7238.jpg


スイーツを見た途端心揺れます 
クラシックカスタードプリン
最近、ソフトなとろりプリンの多いなか、昔ながらのしっかりしたプリン
これは食べたい~≧≦q


s500IMG_7241.jpg


しかし、オムライスとハーフナポリで1800円、それにプリンが400円は予算オーバー
悩んだ末、W炭水化物は諦めました
オムライス(1300円)とプリン(400円)をオーダーしましょう
オムライスはサラダセット(300円増し)にすれば丁度2000円です  
オムライスはトマトソースかデミグラソースかを選べますから、トマトソースにしました 
ケチャは無いんだ・・・残念ーー;)


s500IMG_7242.jpg


まずはセットのサラダの到着  


s500IMG_7243.jpg


オムライスのトマトソースの到着 


s500IMG_7245.jpg


そしてオムライスも到着しました
卵の厚みは均一
薄焼きではなく、やや厚みを持っています
色も綺麗  
でも大きさが小さいなーー;)
フルサイズでこの大きさ、ハーフサイズだとかなり物足りなさそう


s500IMG_7248.jpg


そこにトマトソースを流します
卵の黄色にトマトの赤が映えますね  


s500IMG_7249.jpg


ではいただきます~♪
ご飯はケチャップライスではなくデミライス
味は濃くしっかりした旨味があります
美味しい・・・でもオムライスはケチャップ味のライスの方がいいなぁ  


s500IMG_7251.jpg


お米はちゃんとした形
炊き方も硬めでいい感じ
牛肉の重い旨味を纏って、しっかりした美味しさ 
トマトソースの酸味が重さを消し去って爽やかな後味にしてくれます


s500IMG_7252.jpg


美味しいけれど・・・・ケチャ味じゃないとオムライスを食べている気分になれないなぁ^^;
やはりオムライスはケチャ味のご飯を薄焼き卵で包んで、その上には甘さと酸味と旨味が絶妙にバランスした 真っ赤なケチャ
そんなイメージがあって^^;


s500IMG_7253.jpg


オムライスを楽しんだ後はデザート
クラシックカスタードプリン、飲み物はアイスティにしました  


s500IMG_7255.jpg


しっかりした形なのがいいね  


s500IMG_7257.jpg


濃く、甘いプリン~♡  


s500IMG_7258.jpg


トロリではなく、しっかり存在感のあるプリン
やはりプリンはこうでないとね^^

キッチンさくらい
03-6240-1648
東京都台東区上野3-27-3 ハトヤビル3 6F
[月〜金]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:45(L.O.22:00)
[土・日・祝]11:30~16:00(L.O.15:30) 17:30~21:45(L.O.21:00)
定休日 火曜日 


boeder-003.gif


今日は鎌倉に彼岸花を撮りに行ってきました

なので今日の晩御飯の給食当番は奥さん

帰ってくると

”おかずは鯵でいいよね、解凍してあるし”

まぁ、好きにどうぞ

メニューを決めるのは給食当番の権限だからね

”どうやって食べよう”

まぁ、塩焼きでも煮魚でも、アジフライでも

”じゃぁ、楽に塩焼きで”

へぇ、塩焼きが一番楽なんだ

自分はフライが一番楽だな、だってグリル洗うの面倒だし^^;

って言うと

”だって三枚におろせないし”

えっ@@;)おろせないの?その歳でおろせないなんて恥ずかしくない?

主婦歴何年?

”できるよ、人聞きの悪い・・・本を見ればちゃんとできるんだから”

そう言ってキッチンに向かった奥さん鯵と格闘を始めました

結局アジフライにしたんだ


・・・・・・・・・

”さるく~ん、ちょっとぉ~”

?????

”このままだと晩御飯の準備に三時間ぐらいかかりそうだから^^;”

見るとまな板の上には頭が落とされた鯵

その切り口はガタガタで・・・かなりの苦戦の跡

頭落としただけで挫折したようですーー;)

この無残な切り口、活鯵でなくて良かったよ

活鯵だったらかなりの苦痛を鯵に与えていただろうなぁ

仕方ない・・・・

三枚におろすのだけは手伝ったけれど

しかし、主婦歴20年以上で魚を三枚におろせないってどうよーー;)


m_emoji-1.gif


 


nice!(101)  コメント(42) 
共通テーマ:グルメ・料理

金沢、昭和チックな洋食屋さんで食す発祥のハントンライス グリル オーツカ [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

今回の出張は金沢
北陸も新幹線ができてからは近くに感じますね
金沢でのランチ、何を食べましょうか
気分はオムライス、オムライスのお店をググります
自由軒・・・でも、オムライスのご飯がケチャップライスじゃないらしい
これは自分の求めるスタイルではありません
オムライスはケチャップライスじゃないとね
百歩譲ってもデミグラライスかな
で、ケチャップライスのオムライスを探していると、ふと頭に浮かんだ金沢名物の料理
それは・・・・・


s500IMG_4352.jpg


金沢といえば、加賀百万石の城下町
豊富な日本海の海の幸と加賀野菜を使った懐石料理、美しい和菓子など雅な美食文化の息づく街
その金沢に「ハントンライス」と呼ばれる洋食があると某TV番組で紹介されていたのを見て気になっていました
その「ハントンライス」が急に頭に浮かんだのです
オムライスの上にフライをトッピング、ケチャップにタルタルソースがかかっているという不思議な料理
「ハントン」の「ハン」は、ハンガリーのハン、「トン」はフランス語でマグロを意味するそうで、この2つ合わせて「ハントンライス」
調べると、コストダウンで
現在ではマグロではなく白身魚やエビなどのフライを乗せる店もあるそうで、トンカツを乗せているお店もあるとか(←それはそれで魅力的♪) 


s500IMG_4353.jpg


どこの「ハントンライス」がいいのかな
急に思いつきましたから、事前調査はしていません
ならば「ハントンライス」発祥のお店にすればいいと、やってきたのは「グリルオーツカ」 


s500IMG_4357.jpg


凄く昭和的な香りが漂うお店
これは期待が持てそう^^ 


s500IMG_4355.jpg


「ハントンライス」発祥のお店と言われる「グリルオーツカ」
「オーツカ」のチーフシェフが、東京での修行時代にまかないで食べた味を友人シェフと再現
近所の別の洋食店のオープニングメニューとして出されることになりましたが、そのあとすぐ「オーツカ」のメニューとしても並んだそうです
つまり、発祥のお店は二軒あるということ  


s500IMG_4359.jpg


あまりの昭和チックな雰囲気にナポリタンや普通スタイルのオムライスも気になりますが、ここは初志貫徹


s500IMG_4358.jpg


ランチセット類
入口ドアの扉が渋いです^^
実はドアの内側には数人の行列、その行列が無くなるまで暫し待機


s500IMG_4360.jpg


ドアの内側の待ちが無くなったようですので、入店
ドアを一歩入ると・・・そこは昭和の世界 


s500IMG_4361.jpg


広めのテーブル席のエリアもあるようですが、おひとり様は狭いカウンター席に通されます  


s500IMG_4374.jpg


ちょっと自閉症になりそうな狭さですが、厨房をガラス越しに見られますから、それはそれで楽しい 

s500IMG_4364.jpg


さて、あらためて品書きを確認します


s500IMG_4363.jpg


当然ハントンライス
流石発祥のお店、ちゃんとマグロを使っています
ハントンライス930円とハントンライス小880円がありますが、さらに150円増しで大盛りもできるそう
ならば大盛りで確定です  


s500IMG_4365.jpg


やはりナポリタンも気になります
これも頼もうかと一瞬考えましたが、健康診断が近い事を思い出しグッと我慢  


s500IMG_4366.jpg


ちゃんと布おしぼりなのが嬉しいです^^  


s500IMG_4367.jpg


テーブルの上には・・・・この醤油と爪楊枝に震えます
ああ、昭和だ・・・・ノスタルジックだなぁ==)  


s500IMG_4373.jpg


当然ハントンライスの注文は多いわけで、大きなフライパンでケチャップライスを豪快にあおっています
これを一日やっている訳ですから、腕の筋肉は凄いでしょうねぇ@@;) 


s500IMG_4376.jpg


兎に角色紙がいっぱい
この自閉症になりそうなカウンター席の梅にも色紙
発祥のお店ですから取材が多いのでしょうね  


s500IMG_4385.jpg


ハントンライス、大盛りの到着
揚げ物にタルタル、ああああっ、このカロリー
これは美味しいに決まっています♪  


s500IMG_4379.jpg


オムライスの上に乗るのはマグロフライが二個に海老フライが二個  


s500IMG_4380.jpg


玉子は薄焼きスタイルですが、ケチャップライスを包むスタイルではなく乗せるスタイル
玉子の向きも焼き面が下側です  

s500IMG_4395.jpg


なので玉子の厚さは一部重なっているところも
これはこれで玉子の旨さを味わえていいけれど

s500IMG_4387.jpg

フライに自家製タルタルをたっぷり付けて口の中へ
途端、タルタルの濃い旨味が広がります
噛むと鮪の柔らかななこと
美味しいフライ^^


s500IMG_4382.jpg


いや、このタルタル、めっちゃ好み~♪ 
唐揚げにつけたら最高だろうなぁ==) 


s500IMG_4390.jpg


ケチャップライスも味を確認
さっぱりした味で、上のフライ&タルタルとバランスを取っている感じ
でも、個人的にはケチャップライスも濃厚な味のがいいな
自分にはちょっとアッサリ過ぎ 
でもタルタルと一緒に食べるといい感じ 


s500IMG_4392.jpg


タルタルで食べたら次はケチャで
二つの味が楽しめていいかも  


s500IMG_4394.jpg


ケチャップライスの炊き加減は普通
硬くも無く柔らかくも無く、万人受けな感じです(自分は硬めが好き)
目立つ具は無く、当然ライスの味はあっさり
ケチャの絡み具合は丁度よく、全体に良く絡み、かつクドくもありません

美味しいです
でも、ケチャップライスが物足りない
自分の理想のハントンライスを考えてみました
例えば・・・
ケチャライスに具をしっかり入れて、玉子は薄焼きでライスを包むスタイル

そしてその上にフライとこのタルタル&ケチャ 
そんなハントンライスが自分の理想 
でも、かなりクドくなるかも^^;(←濃厚な味が好きなのです)


s500IMG_4396.jpg


さくっと完食 
でも、食べている時は落ち着かなかったです
何故なら隣に座っていた、既に食べ終えている男女の話が聞こえてきて^^;


XXXは・・・○○だからねぇ
まぁXXXは


XXXって△△△で


って、XXXって俺の名前なんだけれど^^;
他人の事って解ってはいても、自分の名を呼ばれると気になります
何だか変な気分

どうやら女性の彼氏がXXX君で、その男性にXXX君の事を相談しているみたい
こんなとこでする話じゃないっしょーー;)
行列できているんだからさ、食べ終えたらさっさと出ないと
まぁXXX君、いろいろ大変だねぇ^^;


s500IMG_4398.jpg


グリルオーツカ
076-221-2646
石川県金沢市片町2-9-15
〔月〜金〕11:00~16:00&17:00〜19:50
〔土日祝〕11:00〜19:50
定休日 水曜日 


boeder-001.gif

ハントンライスを楽しんだあとはお茶でも。。。と、商店街を歩きましたが、よさげな喫茶店は見つけられず(それ程探す時間的余裕も無かったので)
なら此処でいいや、と 
 


s500IMG_4408.jpg


バックス^^;
SAKURAが気になっていたのです
桜もちをイメージした、今までにない食感って言われたら気になって気になって 


s500IMG_4405.jpg


自分、この味好き♪
桜餅は好きなのです
特に道明寺が  


s500IMG_4407.jpg


でもこのドリンク、ちょっと欠点があるのです
それは・・・・
餡子を期待しちゃうこと
舌が、味覚が、餡子を待ち侘びてウズウズ
でも結局現れないので欲求不満・・・--;) 


boeder-003.gif


 m_emoji-1.gif


 


nice!(104)  コメント(39) 
共通テーマ:グルメ・料理

KITANACHELINなお店で食べるオムライス 大井町の洋食屋さん ブルドック [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

この日のランチは大井で 


s500IMG_3754.jpg


向かったのはこの裏路地  


s500IMG_3756.jpg


こういう路地探索は楽しいです
何だか猫になったような気分^^ 


s500IMG_3762.jpg


そして今日の目的地、ブルドッグに到着 


s500IMG_3763.jpg


日に焼け色褪せたサンプルが昔ながらの街の洋食屋さんな雰囲気をを漂わせます  


s500IMG_3773.jpg


こんな路地にある洋食屋さんですが、お客さんがいっぱい
到着した時は満席でした 
お客さんが出てきたタイミングを狙って入店 


s500IMG_3780.jpg


案内されたのはカウンター席
しかも一番ドア側の端っこ
お客さんの出入りの度に、ちょっと背中が寒い
この端っこの席、ちょっと問題があるのです
汚いお店なのですが、端っこ席の汚さはまた別格
席が汚いのじゃなく、その席は汚いものがよく見える席
油にまみれ、固まり付着した埃
錆びと油汚れで真っ黒になったものたち
そして・・・シンガポールの屋台を思い出すような臭い
時々、風向きの関係なのでしょうか、すえた臭いが漂ってくるのです
その時は息を止めてやり過ごして^^;


s500IMG_3786.jpg 


でも、自分の座った席以外は普通な感じでした
今回、ちょっとアタリを引いたみたいです^^;
KITANACHELINのオジサンがカウンターに
汚いけれど美味い店で有名なこのお店、TVにもよく出ていて芸能人の色紙もいっぱいありました 


s500IMG_3774.jpg


品書きを確認します
日替わりとサービス定食  


s500IMG_3775.jpg


有名な、やたら大きいメンチカツや5段重ねのハンバーグも食べたいのですが、 今日はオムライスな気分 


s500IMG_3776.jpg


オーダーはオムライス(900円)の大盛りにしました
大盛りは150円UPだそう  


s500IMG_3777.jpg


ハンバーグは次回の楽しみにとっておきます  


s500IMG_3778.jpg


ナポリタンも要チェックかな  


s500IMG_3781.jpg

テーブル(カウンター)の上には七味とうがらしや醤油、胡麻塩など、およそ洋食屋さんには似合わないようなアイテムも
カウンター席は作るのを見ることができるので飽きません
フライパンの上で踊っているケチャップライス、あれが自分のオムライスなのかな♪
オムライスをオーダーしている人は結構多く、人気のようです 


s500IMG_3783.jpg


そして・・・オムライス(大盛り)の到着
このお店、ケチャで何かを描いてくれるのですが、何故AKBかは不明
無論AKBだけじゃなく、いろいろ描いているようです
二つ隣に座ったお爺ちゃん、オムライスをオーダーし、来たオムライスの絵に、何が描いてあるのか訊いていました
で、納得したようで、大きく頷きながらオムライスを一口
何だか微笑ましかったです 


s500IMG_3785.jpg


フライパンの形そのまま
円く盛られたオムライスはそこそこの大きさ
もっと大きいと予想したのですが^^;
いやぁ、高崎のメガ盛りオムライスを食べてからというもの、どこの大盛りオムライスを見ても物足りなく感じてしまいます  


s500IMG_3787.jpg


ケチャップライスを薄焼き卵で包んだオーソドックスなスタイル
黄色にケチャの赤がよく映えます 
ご飯粒はしっかり形があっていい感じ 


s500IMG_3788.jpg


まず一口
絡むケチャも適度でクドくなく、意外に美味しい
ちょいと汚いお店で美味しいオムライス、このミスマッチが楽しいな
この美味しさならば、この量のオムライスは楽勝です
ベルトを緩める必要もないでしょう
ただ・・・ご飯が柔らかめなのが好みとは違うところ
でも、柔らかめですがべチャッとしていないのは素晴らしい  


s500IMG_3789.jpg


具は鶏ムネと玉葱
このシンプルさがいいね  


s500IMG_3790.jpg


卵もいい感じの焼き具合  


s500IMG_3793.jpg


美味しいけれど・・・・化学調味料が多いのかな
ちょっと舌が痺れるような感覚も
それに、食べている時にシンガポールの場末の屋台のような臭いはちょっといけませんーー;)
折角のオムライスの味が半減してしまいますから
この店のカウンターの一番端っこには座ってはいけない
この日学んだ教訓でした 


s500IMG_3795.jpg


さくっと完食

ブルドック
03-3471-6709
東京都品川区東大井5-4-13
11:40~21:00
定休日 水曜日&第3木曜日  


boeder-001.gif


お腹が膨れたら甘いもの♪  


s500IMG_4493.jpg


ローソンのチョコボンブケーキ 
ええ、シールが三つ付いていたのに惹かれたのです^^;
お皿GETまで頑張るzo~♪ 


s500IMG_4495.jpg


チョコは4層仕立てとなっています
底にはココアスポンジ
その上にチョコソース入りのチョコムース
そのムースを覆うのははドーム状のチョコクリーム
その上にはチョコチャンクとココアパウダーが乗っています
いやこれ、自分好みなんだけれど^^ 


s500IMG_4496.jpg


まずチョコクリームを味わいます
ちょっと軽めのチョコクリームな感じ  


s500IMG_4497.jpg


チョコムース層に到達
チョコムースは結構チョコがしっかりしていい感じ
クリームと合わせて食べると丁度いい  


s500IMG_4498.jpg


埋蔵されていたチョコソースのを発掘
何だか探検気分♪


s500IMG_4500.jpg


全部を合わせて食べるといい感じ
いいねこれ、真似して作ってみようかな
でっかいサイズで^^  


boeder-003.gif


 <告知>オフ会のお知らせ


2月11日日曜日

mozさん&さる1号がご案内する

鎌倉・梅散歩オフ会

を実施いたします

北鎌倉は梅の名所の東慶寺

鎌倉の瑞泉寺や荏柄天神、浄妙寺、宝戒寺、海蔵寺(このうちの三か所)

を散策します(コースは検討中)

集合場所 北鎌倉 円覚寺前の踏切付近

集合場所 10:00

この他、鎌倉駅周辺でも12:00ぐらいに集合場所を設定する予定

食事 昼 仕立て屋小町通り店 (予約11:30~)

予算 2200円+飲み物代


食事 夜 希望者のみ 


と考えています

詳細は決まり次第、都度ブログ上で掲載します

参加いただける方は本ページ左側の”しろたま さる1号Mail Box”にて参加の旨を連絡くださいませ

(集合時刻は10時ですので、早めに北鎌倉に入り、10時までの間に円覚寺や明月院に行っておくのもオススメ)

現在、参加表明いただいている方々

YUTAじいさん
green_blue_skyさん
横濱男さん
kinkinさん
katakiyoさん
きよたんさん
ken_jpさん
えーちゃんさん
ponntaさん
moonshinerさん
kick_driveさん
パラソルペインさん
mozさん
さる1号


以上、14名です


m_emoji-1.gif


nice!(102)  コメント(33) 
共通テーマ:グルメ・料理

上野 三代目たいめいけん のオムライス & 北斎とジャポニスム展 [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

北斎とジャポニスム展に行った日の事
上野に行くには東横線を中目黒で日比谷線に乗り換えますが、この日はJRで行きました
何故ならば・・・・ 


s500IMG_3314.jpg


上野駅の中にある三代目たいめいけんのオムライスを食べる為^^
ちょうど昼時にいったせいか、行列もできていました 


s500IMG_3316.jpg


ショーウィンドウをチェック
ハンバーグも食べたいから、オムライスとハンバーグのセットがよさそう^^ 


s500IMG_3318.jpg


店内はテーブル席メインなレイアウト 


s500IMG_3319.jpg


品書きを確認します
オムライスのコンビセットは四種類
やはり、オムライスとハンバーグのセットが一番魅力的 


s500IMG_3320.jpg


ランチメニューもありましたが、平日限定でした 

s500IMG_3326.jpg


オムライスは単品もありますが、ここはやはりハンバーグも試したい 


s500IMG_3323.jpg


オムライスとハンバーグのセットに確定したかと思われましたが・・・・


s500IMG_3332.jpg


期間限定ですってぇ@@)
うっ、これは頼むしかない
限定と言う言葉に弱い自分、罠と解っていても自らハマる性格^^;  


s500IMG_3329.jpg


コールスローやボルシチが50円という破格な価格
当然オーダーします  


s500IMG_3331.jpg


洋食屋のらーめん@@;)
その味、想像つきませんーー;)どんな味なんだろう・・・・やはりビーフコンソメ味とか?


s500IMG_3333.jpg


オムライス&タンシチュー、それにボルシチをオーダー 


s500IMG_3334.jpg


飲み物も・・・・限定と言う言葉についふらふらとビールをオーダー^^;(どこまで限定に弱いんだーー)  


s500IMG_3336.jpg


まず、ボルシチが到着


s500IMG_3338.jpg


続いて麦酒も登場 


s500IMG_3339.jpg


50円のボルシチ、これがなかなか美味しい^^ 


s500IMG_3341.jpg


そしてオムライス&タンシチューの登場 


s500IMG_3342.jpg


タン肉も大きくて美味しそう♪ 


s500IMG_3343.jpg


サラダ
サラダはしっかり冷たくて美味しい


s500IMG_3347.jpg


オムライスの大きさは普通
卵は薄焼きではなく、少し厚みを感じるタイプ
その表面は美しく、見事に黄色
ケチャの赤がよく映えます
シンメトリックな外観が美しい


s500IMG_3348.jpg


オムライスを割ってライスを確認
ご飯はしっかりしていい感じ 


s500IMG_3349.jpg


ただ、ご飯の炊き方が柔らかめだったのは残念
オムライスのライスは硬めが好き
ケチャの絡み具合は適度、くど過ぎず、薄すぎず
しっかり旨味を感じます 


s500IMG_3350.jpg


卵のふんわり感が見事
オムレツが食べたくなる食感でした 


s500IMG_3352.jpg


タンシチューのタン肉の柔らかな事
ふわりと口の中で崩れ、崩れると同時に旨味がどっしりと舌の上に
ワインが欲しくなります 


s500IMG_3353.jpg


苦みと旨味のバランスも良く、どんどん食べ進みます 


s500IMG_3355.jpg


実験で、タンシチューをオムライスの端にかけてみました 


s500IMG_3356.jpg


シチューかけオムライス
なかなか美味しいです 


s500IMG_3357.jpg


その後、普通のオムライスを一口
比べると断然こっちがいい
旨味が重すぎず、ケチャの酸味と合わさって後口がいい
シチュー掛けも美味しいですが、舌が疲れるのも事実 


s500IMG_3358.jpg


サクッと食べ終えました
オムライスはメガ盛りじゃないと満足できないなぁーー)


洋食や 三代目 たいめいけん
03-5826-5622
東京都台東区上野7-1-1 エキュート上野 3F
7:00~23:00(月~土)/7:00~22:30(日・祝)  


boeder-001.gif


オムライスを楽しんだ後は北斎とジャポニスム展 


s500IMG_3360.jpg


入場制限がかかって若干行列していました 


s500IMG_3364.jpg


30分待ちぐらいで入場 


s500IMG_3382.jpg


画集は標準サイズとミニサイズと がありましたのでミニサイズを購入
(標準サイズが3000円でミニサイズが1300円)


s500IMG_3383.jpg


北斎が西洋絵画に与えた影響について説明しながらの展示 
構図とか真似たのとか、絵そのものを西洋風に解釈して描かれたものとかあって興味深い内容でした


s500IMG_3384.jpg


展示室は
第一章 北斎の浸透
第二章 北斎と人物
第三章 北斎と動物
第四章 北斎と植物
第五章 北斎と風景
第六章  北斎と富士
の6章に分かれます


s500IMG_3385.jpg


北斎漫画がそのまま描かれていたりするのですが、顔がローカライズされているのが面白い 


s500IMG_3651.jpg


富士山を真似て描くのはいいですが・・・何故トナカイ??? 


s500IMG_3652.jpg


その構図が影響を与えた例とか 


s500IMG_3653.jpg


これの共通点解ります?
両方共三十六景
右はエッフェル塔の三十六景だそうです 


s500IMG_3656.jpg


これは見事に同じ構図 


s500IMG_3657.jpg


似ているような、似ていないような・・・・
でも構図は同じような感じ 


s500IMG_3658.jpg


これは唸りました
富士が湖に変えてあるとは 


s500IMG_3659.jpg


こうして見ると、木の扱い方が特徴的
日本人は木が好きだそうで、絵を描くときに木が目立つ場所に来るそう
(下の娘が授業でそう聞いたと言っていました) 


s500IMG_3660.jpg


出かける前に下の娘に、その日の用事を訊いたら、”用事で出かける” と言っていたので自分だけで展覧会に行ったのです
帰って画集を見せると、”行くなら行くって言ってよ!行きたかったのに”って怒られました^^;
用事は変更可能なものだったらしい^^; 


boeder-003.gif


この日のおやつはこれ 


s500IMG_3431.jpg


セブンでアイスを物色していたら、妙にチョコモノが食べたくなって・・・  


s500IMG_3432.jpg


蓋を取ってフィルムを剥がしたら・・・フィルムの下側が張り付いてしまって^^;
何とか剥がして 


s500IMG_3434.jpg

そこそこ苦みがあって美味しい
コクもいい感じ
やはりチョコは苦みがないとね^^


boeder-003.gif


 <告知>オフ会のお知らせ


2月11日日曜日

mozさん&さる1号がご案内する

鎌倉・梅散歩オフ会

を実施いたします

北鎌倉は梅の名所の東慶寺

鎌倉の瑞泉寺や荏柄天神、浄妙寺、宝戒寺、海蔵寺(このうちの三か所)

を散策します(コースは検討中)

集合場所 北鎌倉 円覚寺前の踏切付近

集合場所 10:00

この他、鎌倉駅周辺でも12:00ぐらいに集合場所を設定する予定

食事 昼 3000円ぐらい(変動の可能性あり)


食事 夜 希望者のみ 


と考えています

詳細は決まり次第、都度ブログ上で掲載します

参加いただける方は本ページ左側の”しろたま さる1号Mail Box”にて参加の旨を連絡くださいませ

(集合時刻は10時ですので、早めに北鎌倉に入り、10時までの間に円覚寺や明月院に行っておくのもオススメ)


m_emoji-1.gif


nice!(111)  コメント(44) 
共通テーマ:グルメ・料理

菊名の昭和の香りの洋食屋さん サンロード [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

最近、昔ながらの”街の洋食屋さん”にハマっているのです
今回は地元にある昔ながらの洋食屋さんに行ってきました


s500IMG_2619.jpg

四半世紀前、独身時代は菊名駅から徒歩2分の場所に住んでいました
あまりの駅近の便利さに、結婚を機に今のところに引っ越す時に抵抗を感じたほど(今のところだって駅から近いのですが^^;)
その頃、偶にこの洋食屋さんに行っていました 当時の彼女とね==)トオイメ
今回、25年ぶりの訪問です
当時はこんなに綺麗じゃなかったな
もっと寂びれた感じでした
椅子にも破れがあって、それをテープで補修してあったのが何とも味があったな^^;

四半世紀ぶりといっても、別に引っ越して菊名から遠くなったわけではないのです
今も利用駅の一つなのですが、ついつい1分ほど近く、座れる可能性の高い大倉山駅ばかり利用して行く機会が無くて(各駅停車しか停まらない大倉山駅は電車が空いていますが、菊名駅は急行&特急待ち合わせがあるので混んでいて^^;)


s500IMG_2620.jpg


日に焼けたサンプルが並ぶのが街の洋食屋さんな感じでいいですね 


s500IMG_2621.jpg


入り口脇にはランチとオススメの品
ハンバーグかオムライスか
これまた迷う組み合わせ
ドアを開けるまで、1分間はその看板の前で迷っていました^^;←優柔不断


s500IMG_2626.jpg


入店
昔と雰囲気が変わったように感じるのはレイアウトのせいかな


s500IMG_2622.jpg


オーダーは”本日のおすすめ”のオムライスに確定していますが、久しぶりなので品書きもチェック 


s500IMG_2623.jpg


でも、肉料理のとこしか見ていないし^^; 


s500IMG_2624.jpg


”本日のおすすめ”のオムライスはサラダとドリンクが付いて950円
単品オムライスはサラダが付いて900円
”ランチ”のボロニアハンバーグは900円
ランチじゃない(メニューに記載される)ボロニアハンバーグ、サラダ&ライス付きは1200円
”本日のおすすめ”より”ランチ”のほうがお得ですね


s500IMG_2625.jpg


テーブルの上にはタバスコやソースとともに醤油差しもあるのが街の洋食屋さん 
海老フライには醤油の方々も多いですからね


s500IMG_2628.jpg

”本日のおすすめ”のオムライスの到着
ケチャップライスを包む薄焼き卵にかけられるケチャ
黄色に赤が美しい
その美しさを押し上げるのがケチャの位置
シンメトリックにな美しさがあります 


s500IMG_2629.jpg


サラダはキャベツの千切りにスライスオニオンと胡瓜にプチトマト
キャベツが美しい  


s500IMG_2630.jpg


見事なまでの正統派
やはりオムライスはこうでなくっちゃね
フワトロオムライスやデミグラのかかったオムライスなど自分は好みじゃない
薄焼き卵にケチャ、これぞオムライス  


s500IMG_2631.jpg


オムライス、最初に何処にスプーンを入れるか
自分はまずケチャのかかるちょっと手前で割ります
そして最初はケチャップライスだけで
二口目は薄焼き玉子と共に 
そして三口目にケチャを少量加えて^^

ケチャップライスは上品な味
年配の方でも難なく食べられます
バランスや塩加減は程よく、旨味もしっかりありました
でも自分はもっとケチャが強くてもいいかな 


s500IMG_2632.jpg


ご飯の硬さも良好、いい感じの硬さ
ケチャップライスの柔らかいのはいけません
口の中に入れて、一粒一粒が感じられるくらいじゃないとね 


s500IMG_2633.jpg


サラダが懐かしい味
ノスタルジックなドレシング  


s500IMG_2634.jpg


ドリンクは紅茶
ミルクティを頼みました
でもこれはミルクティじゃないし・・・^^;
コーヒーフレッシュが添えられただけ
これは街の洋食屋さんではよくあること
いまさら言うのもなんですが、コーヒーフレッシュはミルクではありません
ミルクに似せて作られたものであって、実際の成分はミルクとは全く異なります
長期間常温の場所に置いておいても腐らないコーヒーフレッシュ
ミルクが含まれていたら、そんなことは絶対にあり得ません、必ず腐りますから
コーヒーフレッシュの成分は水と油と添加物、これじゃぁミルクティとは言えません
ミルクティにはミルクが入っていないとね

サンロード(Sun Road)
045-431-2576
横浜市港北区菊名6-1-11
11:30~15:00&17:30~21:30
定休日 火曜日 


boeder-001.gif


ザッハトルテ 、時々無性に食べたくなるのです^^
でも正統派のザッハトルテにはなかなかお目にかかれません
表面のチョコレートがつやつやのグラサージュだったり
柔らかなチョコガナッシュな場合が多いのです
そう言う自分も作るのは”なんちゃってザッハトルテ”
ガナッシュをかけて誤魔化したもの
正統派のザッハトルテの表面はザッハグラズール
チョコレートと砂糖を混ぜて煮詰めて結晶化させて作るのです
なのでその食感はザラザラ、ジャリジャリ
 

今度、正統派ザッハトルテにも挑戦しないとね

と、最初から話が横道にそれてしまいましたが、この日のおやつはザッハトルテ


s500IMG_4400.jpg


無性に食べたくなって飛び込んだのはバックス
無論、正統派スタイルではない事は承知のうえ (表面はザッハグラズールじゃなく、ジャリジャリ感はありません) 


s500IMG_4403.jpg


ホイップクリームを添えてもらいます  


s500IMG_4405.jpg


チョコはめちゃ硬めで割るのも一苦労^^;
冷蔵庫から出してそのまま供するから当然のこと
甘党にとってチョコレートは常温に戻していただくのは当たり前も当たり前
食べる一時間前には冷蔵庫から室温に出さないとチョコは美味しくありません
生地が若干パサっているはザッハトルテの生地らしくはありますね


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(118)  コメント(36) 
共通テーマ:グルメ・料理

コルセットに苦しむ 富山 島田食堂超特大オムライス [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

富山出張最終日
この日はアサイチの打ち合わせが終わればオフィスに戻るだけ
昼ご飯に使える時間はたっぷりあります 


0s500IMG_2875.jpg


この日の昼ごはんは大衆食堂島田
大きな”めし”の看板が男前です 


0s500IMG_2876.jpg


実は此処、あるものが有名なのです
自分一度はそれを食べてみたいと思っていました
丁度いい機会なので行ってみましょう 


1s500IMG_2881.jpg


店内はいかにも大衆食堂って感じでお洒落な雰囲気はありません
でもかなりの人気店のようで、入店した時は満席でした


2s500IMG_2901.jpg


若いサラリーマンや作業着姿の、”ガッツリ食べます”って雰囲気の方々がほとんど
八割がたの客さんは同じものを頼んでいました
そう、それが今回のターゲット 


2s500IMG_2882.jpg


壁には色紙もいっぱい
この色紙の中の一枚で、この店のコンセプトが解ります^^;
解ったかなぁ~  


1s500IMG_2884.jpg


大衆食堂的に、お茶はセルフサービス
この水玉模様の湯呑が昭和の大衆食堂的でいいな


s500IMG_2880.jpg


オーダー品は此処に来ようと思ったときから決まっていますが、一応品書きを確認しましょう
麺類に・・・


s500IMG_2879.jpg

定食類と丼類
丼類はまぁ普通な感じですが、定食類は大衆食堂と言う割にはお値段が高め
餃子定食が1200円とは@@;)
リーズナブルなはずの鳥唐定食だって1300円
富山でも、中心地にあるわけではなく、R41沿いの、しかも片側一車線になったあたりにあるお店
それなのに・・・・定食、ちょっと高いんでね?
定食の値段は大衆食堂ではないような・・・--;)

定食と丼物以外に、独立した項目があります
それはオムライス
オムライスが一つのジャンルとして記載される品書き
そう、ここ大衆食堂島田はオムライスが名物
現に、常連さんらしいスーツや作業着姿の方々の殆どはオムライスをオーダーしています
サイズはそれぞれまちまちですが

このオムライス、サイズが中、大、特大、超特大とあります
超特大なんて・・・・・挑戦状をたたき付けられているような^^;
この挑戦、受けて立ちましょう
でも・・・朝ごはんはHOTELのバイキングでしこたま食べてしまい、それ程お腹は空いていません
大丈夫かな・・・遭難なんて恥ですから残すような真似は厳禁
でもオムライスは好物
食べ始めれば何とかなるでしょう


オムライス、超特大でください


はい超特大ですね
ちょうとく、ひとつー


特に制止されることも無く、すんなりオーダーは通りました
辺りを見渡すと、殆どはオムライスの大、偶に特大のオーダーが入る程度
超特大ってどれくらいあるのだろう・・・--;)う~ん 


1s500IMG_2885.jpg


オムライスを頼むとコップに入った水が供されます
そのコップにはスプーンが入っていて、これがまたノスタルジックな雰囲気 


s500IMG_2887.jpg


そして・・・オムライス、超特大の登場 
黄色い薄焼き卵で真っ赤なケチャップライスを優しく包み込んだオムライス
薄焼き卵にはケチャがかけられ、それは正統派の証 


s500IMG_2888.jpg


ケッチャップライスが収まりきれず、はみだしています 
高さもしっかりあって、まるでオームの如し 


s500IMG_2890.jpg


ご飯に白い所が残っているのは御愛嬌
殆どの人が頼むオムライス
ケッチャップライスの生産が追い付かないのでしょうね  


s500IMG_2891.jpg


さて、戦闘開始
オムライスと向き合って真剣勝負
しかし・・・枕だね^^;  
でもこれ位の量でしたら問題はありません
ウチで作るオムライスの大きさだって負けていませんから^^


s500IMG_2895.jpg


一口食べると・・・脂の強さを感じます
肉は豚、それもバラ肉
なので豚の脂がしっかりとご飯に絡んでいて、ちょっとクドイ
それに負けないようにケチャは濃いめ
なので余計重さを感じます 
atuatuで、どっしり
気合を入れて食べ進めます


s500IMG_2896.jpg


ご飯の炊き方と粒感は合格ライン
玉葱は多めで、ちょっと甘めな後味 
味は超美味しいという感じではなく、程よく美味しい感じ
お店のオムライスというより家庭のオムライス
程よい美味しさがそう感じさせるのでしょうね


s500IMG_2898.jpg

残り僅か、でも凄く苦しく感じます
何故?????
これ位の量は楽勝なはずなのに・・・

あっ@@;)・・・・コルセット

ギックリをやらかして、まだ腰が痛いのです
なのでコルセットがガシガシに締め付けて仕事に行くのですが・・・
当然、今もそのまま
腹をガシガシに締められ、胃が膨れたくても膨らまないのです
でも遭難する訳にはいきません
掟破りの水の登場です
水を飲みながら残りはやっつけました 


s500IMG_2902.jpg


完食
スプーンの大きさがお皿の大きさを物語っています^^

オムライスの肉は鶏肉の方が好きだな 


島田食堂
076-467-1255
富山県富山市上大久保1342
10:00~21:00
定休日 月曜日


ただ・・・全席喫煙可なところは残念


zs500IMG_2874.jpg


食後はバックスでお茶
モカホイップラテ
コルセットを巻いたままですので流石にケーキは食べなかったです
コルセットを外したいな~  


boeder-001.gif


満腹のお腹をかかえて新幹線に乗車
当然爆睡^^;
気が付いたら大宮辺り
 


s500IMG_2908.jpg


ウチに戻ったら、なかちゃんからのお土産をいただきます
玉天、富山は八尾、おわらの名物 


s500IMG_2909.jpg


周りは、こんがりと香ばしく、中はふわふわ
軽く柔らかな食感 


boeder-003.gif


今日はクリスマスイブ

娘たちはそれぞれお出かけで、奥さんと二人だけ

二人だけで何かを作る気にもなれず

ずっと気になっていた大倉山駅前のワインパルに行ってきました

奥さんと二人で外食なんて20年ぶりかも

そういえば最近、喧嘩していないなぁ

どうしたんだろう

不思議なーー;)う~ん

m_emoji-1.gif


nice!(103)  コメント(50) 
共通テーマ:グルメ・料理

ノスタルジックな味のオムライス 保土ヶ谷 ビストロ・ひまわり [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

自分の仕事は出張がメイン
なので出先で美味しいものを食べるのが楽しみ
出張の楽しみってそれくらいだから^^;
その代り、オフィス周辺で食べる事機会は少なく、なかなかお店の開拓ができません
でもオフィス近辺の店は急がなくてもいつでも行かれるから、焦る必要はないよね^^
などと思っていたのです・・・・


ところが・・・・


何と勤務先が引っ越しをすることに
今度のオフィスは何処になるかちょっと心配しましたが、みなとみらいに引っ越しと聞いてガッツポーズ
しかも駅から徒歩2分で、雨の日も傘不要とか
みなとみらいなら美味しいお店もいっぱいだし~♪
何だか出張仕事をしたくなくなりそう^^;


とにかく、引っ越しまでの残された期間に今のオフィス周辺のお店に行っておかないとね 


s500IMG_1654.jpg

と、言うわけで今のオフィス近所のお店が今日のターゲット
向かった先はここ
開いているのを見たことが無い蕎麦屋さんの隣の 


s500IMG_1655.jpg


ビストロ・ひまわり
最近、昔ながらの洋食屋さんや、街の洋食屋さんにハマっているのです  


s500IMG_1660.jpg


一寸遅めのランチタイムに訪問したら貸切状態
庶民的な雰囲気で、いかにも街の洋食屋さん
流れる曲はMozart、内装の雰囲気とミスマッチですが、それがまたいい^^  


s500IMG_1658.jpg


品書きを確認します
品数は多くはありません 
何にするか迷いますが・・・・オムライス・ナポセットがいいかな
左上の法則にも適合しているし 


s500IMG_1659.jpg


でも人気メニューはこの4点らしい  


s500IMG_1661.jpg


オムライスナポセットとスペシャルオムライス
一瞬、スペシャルオムライスに心が動きました
スペシャルオムライスの方が大きいから魅力なのです
しかし、良く見てみると・・・・オムライスにかかるのがケチャじゃない
玉子もフワトロな感じです
それはいけません
なのでオムライスナポセットをオーダー

自分にとってオムライスとは、昔ながらのオムライスでないといけないのです
薄焼き卵でケチャップライスを包んでいなければいけません
フワトロ玉子を乗せただけのものは違う
そして玉子の上にはケチャ
デミグラソースなんて邪道です(あくまで個人的な感覚です) 


s500IMG_1663.jpg


まずスープが到着
オムライスナポセットを作る音を聞きながら味わいます「
濃い目で、こってり、リッチな味


s500IMG_1664.jpg


続いてオムライスナポセットが 到着
白い大きなお皿にオムライスの薄焼き卵の黄色が眩しい
その黄色にケチャックの赤のアクセント
やはりオムライスはこうでなくっちゃね^^
オムライスに添えられるのはハーフサイズのナポリタンスパゲッティとサラダ 


s500IMG_1666.jpg


大きさは極普通で無理なく食べられる量
自分にはちょっと物足りないけれど、体にはこれ位の方がいいかな  


s500IMG_1667.jpg


まずは開腹
ケチャップライスにはしっかりケチャップが絡んでいます
オムライスらしいオムライス
オムライスと聞いてイメージする、あの懐かしい思い出のオムライスそのもの
そのノスタルジックな気分に浸れます  


s500IMG_1668.jpg


つけあわせのナポリタンもしっかり濃いケチャ味
強めに炒めたそのスパゲッティは香ばしく、懐かしい味
塩、胡椒は控えめでケチャの味が立っていました  


s500IMG_1669.jpg


ケチャックライスの味も同じセッティング
塩胡椒は控えめで、味は薄く感じますがケッチャは濃い
それは懐かしく、目を閉じて、うんうんとうなずきたくなる味  


s500IMG_1670.jpg


具はタマネギと豚肉
ケチャの甘味と酸味を纏ったご飯の硬さは丁度よく、食感もいい 
めちゃ美味しい味ではないですが、落ち着く美味しさ、懐かしい味わい
これぞ正統派オムライス 


s500IMG_1672.jpg


セットのドリンクはアイス珈琲をオーダー
最初からシロップが入った状態で出てくるのもノスタルジック
タイムマシーンに乗った気分^^


ビストロひまわり
045-331-3888
横浜市保土ケ谷区岩間町2丁目114
11時~15時 & 17時~20時
定休日 日曜日  


boeder-001.gif


北茨城に出張
常磐道を走っていると、凄い眠気
実は風邪気味で市販薬を飲んだのですが、その影響か睡魔が襲ってきます
これは寝ないと収まりません
15分ほど寝ようかと東海PAに寄って休憩
そこには眠気が吹き飛ぶ衝撃が待っていました 
 


s500IMG_4225.jpg


ソフトクリームに納豆????
今迄こんなソフトがあるとは知らなかったです 
”実に美味しい”なんて書かれたら食べてみないとね 


s500IMG_4226.jpg


納豆ソフト最初のひと口を乗り越え・・・・・・、こんなの見たら笑いが治まりません
食券を購入し、カウンターのおばちゃんへ渡します


s500IMG_4228.jpg


暫く待つと番号が呼ばれ、納豆ソフトが渡されます
”醤油を少しずつ垂らしながら食べると美味しいですよ”と、おばちゃん
醤油ソフトなるソフトクリームは聞いたことがあります
それはきっと美味しいのでしょう
納豆に醤油は当然美味しい
ではソフトクリームに納豆は・・・・   


s500IMG_4236.jpg


まずは醤油無しで試してみます
ソフトクリームと納豆を絡めて・・・トッピングのチョコも絡ませましょう


( '༥' )ŧ‹”ŧ‹”. 


(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!
普通に美味しい
不味くは無いです
お互いを引き立てあう感じは無いですが、邪魔もしていない
でも仲がいい感じを受けます
意外な物の組み合わせで普通に美味しい時は、其々が別々に美味しい感じがします
喧嘩はしていないですが、お互いがシラーっとした感じで、互いに興味なしって言っているかのよう
でもこの納豆ソフトクリームは一寸違う
別々に美味しいのですが、互いがシラーッとした感じは無く、結構仲良し
仲良しなのですが引き立てあわない
お互いを尊重しあうけれど助けもしない
ちょっと不思議な関係 


s500IMG_4238.jpg


醤油を少しずつ垂らしてみます  


s500IMG_4241.jpg


なるほど、こうきたかと頷く味^^
でもわざわざこれ目的にこのPAにPINする程じゃない
一度味わえばOKかな 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(100)  コメント(39) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハロウィンだからパンプキン 高崎のメガ盛り店 パンプキンでオムライス [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

今日は高崎に出張
関越道の前橋ICで降りました
客先に入る前に腹ごしらえ
向かった先はここ  


s500IMG_1833.jpg


何の目立つ看板もない地味な店構え
でもここは高崎では有名なお店


s500IMG_1834.jpg


パンプキン
実は入ろうかどうしようか結構悩みました
ここは盛りの良さで有名なお店
そんなお店でランチを食べたらこれからの仕事に支障が出るのは確実です
しかし、一度は来てみたかったお店
なぁに、大盛りにしないで普通盛りならば大丈夫でしょう
と、入店することに 


s500IMG_1837.jpg


店内はお洒落さはありません
まさに大食いの戦場といった、事務的な雰囲気も漂います
パイプ椅子の現場の食堂的雰囲気、ある意味味があります  


s500IMG_1851.jpg


そんなお店ですから取材も結構多いようで色紙もいっぱい  

s500IMG_1850.jpg

テーブルの上には塩、胡椒、タバスコとウスターソースかな


s500IMG_1836.jpg


品書きを確認しましょう 
ランチメニューから


s500IMG_1846.jpg


ナポリタンが気になりますが
サイズはSとレギュラーが表示されています

s500IMG_1849.jpg


テーブルの上にはスパゲッティのSSサイズもあると案内がありました
つまりSサイズでもかなりの量ということ
ナポリタンを頼みたいですが、Sサイズを頼むのは抵抗があります
かといってレギュラーの量が解りません
SSサイズの案内があった事に一寸ビビりモード
午後から仕事ができなくなるような量を食べるわけにはいきません
(出されたものは絶対残したくないのです)


s500IMG_1847.jpg


で、サイズ表示のないご飯ものに逃げました
やはりオムライスだね~♪
オムライスランチ、780円をオーダー 


s500IMG_1848.jpg


その他、ランチメニュー 


s500IMG_1839.jpg


オムライスの到着を待つ間、グランドメニューもチェック
Sサイズの値段はランチタイムと変わりません
レギュラーサイズの値段は100円UP 


s500IMG_1840.jpg


何だか、添えられているパンの厚さが半端じゃないような^^; 


s500IMG_1841.jpg


写真はさりげなく写されていて、左程量が多いように見えません
レギュラーサイズのナポリタンかにんにくトマトスパゲッティにしても良かったかな


s500IMG_1844.jpg


デザートも巨大
パン三斤を丸ごと使ったハニートーストですってぇ@@;) 
これ、食べる自信はありません
それでいて値段が普通なんだから凄い 


s500IMG_1852.jpg


と、品書きを眺めながら楽しんでいるとオムライスが到着
いやぁ~、この大きさ^^;
思わず笑みがこぼれます 


s500IMG_1854.jpg


枕にしたくなるような大きさに気分はハイテンション
いやぁ~、これは楽しい♪
ケチャがたっぷりかかっているのがいいね
豆腐と玉葱の味噌汁が付いてきます 


s500IMG_1855.jpg


このオムライス、レギュラーサイズです
大盛りなんかではありません
品書きに大盛りの案内はありませんでしたが、なんでも大盛りはこのレギュラーサイズの三倍あるそうです@@;)
大盛りにしなくて良かった・・・・--;)


s500IMG_1857.jpg


さぁ、いただきましょう
ふっくら枕のオムライスに優しくスプーンを入れケチャップライスとご対面
色が薄い・・・・ 
しかも具がほとんどありません
偶に姿を見せる玉葱に、薄切りロースハム
つまり、ご飯だけと言っても過言ではありません
一口食べてみると、味が無い
バターのコクは無く、塩、胡椒は少な目でスプーンが進みません
隠し味的に使っているメキシカンな風味のスパイスを感じるものの、味が足らない
具が無いので、旨味も乏しい
しかも、ご飯が柔らかめ

こっ、これは・・・・

めっちゃ強敵であることを悟りました
ケチャップライスの味がしっかりして、旨味も厚いとどんどん食べられます
しかし味が薄いと途中で飽きることは確実
しかもこの量ですから、遭難の予感・・・・
いや、遭難する訳にはいきません
レギュラーサイズで遭難とあっては恥ですから 


s500IMG_1861.jpg


そうだ、ケチャ!
たっぷりかかっているケチャップをご飯に混ぜながら食べ進みます
でもケチャップだけの単調な味、ゆっくり食べていたら、それでも味に飽きるのは確実
なので一気に食べる作戦です
ハイスピードでガツガツ食べ進んで・・・・
でも調子に乗ってケチャを絡め過ぎてはいけません
食べきる前にケチャが無くなってしまったら遭難してしまいます
慎重にケチャの量を調整しながら・・・・


s500IMG_1858.jpg


時々味噌汁で喉の詰まりを軽減
味噌汁が美味しく感じます 


s500IMG_1862.jpg


さすがに味に飽きてしまって一寸苦しい
この薄味、なかなかの強敵です
(記事をタイプしながら気付いたのですが、自分でテーブル上の塩や胡椒、タバスコにソースを使って味変を楽しめって事だったのかな)

このまえ、若い女の子が大盛りをぺろりと食べて、更にデザートも平らげたのですよ

お店の方の言葉に奮い立ちます
この三倍の量の大盛りをぺろりだってぇ@@;)

三倍の量をぺろりとは凄い
しかもデザートも・・・・
この盛りのいいパンプキンのデザートです
デザートだって並の量ではありません 


s500IMG_1863.jpg


飲み物はアイスティを頼みました
デフォルトで甘いアイスティ
一口飲むと、あら不思議
苦しさが消えて一気にフィニッシュ
どうやら苦しかったのは味に飽きていたからかな 


s500IMG_1866.jpg


ご馳走様
でもこの三倍の量は無理、大盛りはトライしません^^; 

パンプキン
027-253-7023
群馬県前橋市元総社町950-6
ランチ11:30~15:00
ディナー18:30~22:00
定休日 月曜日&木曜日 


boeder-001.gif


ハロウィンスイーツにパンプキン二階建てタルトを作ったわけですが(前記事参照)
その南瓜と一緒に買った無農薬野菜がこれ、”もものすけ”という名の蕪


s500IMG_1595.jpg


赤い皮が手で剥けるそうで、剥いてみたかったのです^^; 
でも剥くと普通に白い蕪
一個は剥いて塩かけてかぶりついて楽しみました
でも赤い皮があった方が見た目がいいような 


s500IMG_1829.jpg


と、言う訳で食卓に出す時は赤い皮ごと使いました(軽く剥いていますが) 
味はシンプルにワインビネガーとワイン、塩胡椒にオリーブオイルで 


boeder-003.gif


山手洋館のハロウィンデコの記事の予定でしたが

写真現像が間に合わずオムライス記事に差し替えです^^;


m_emoji-1.gif


 


nice!(89)  コメント(37) 
共通テーマ:グルメ・料理

OTTO NEBEL展 と特大オムライス むさしや [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

OTTO NEBEL、mozさんの記事でこの画家を知りました
その記事に掲載された絵は自分の好み、ど真ん中
これは実際に見てみなければ  


0s500IMG_1598.jpg


その翌週、本来は勤務先のバイク部主催のツーリングに参加する予定でした
しかし秋の長雨と台風のW攻撃に延期となり予定はフリー
雨の週末はスイーツ作りか展覧会に行くのが自分の過ごし方
早速Bunkamuraに向かいます  


0s500IMG_1604.jpg


この展覧会はネーベルが後半生を過ごしたスイス・ベルンのオットー・ネーベル財団の全面協力で行われる、日本初の回顧展だそう


0s500IMG_1602.jpg


OTTO・・・そういえばOTTOというオーディオブランドがあったなぁ==)←関係ないって^^;    


boeder-001.gif


マルク・シャガールやワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーの影響を色濃く受けたオットー・ネーベル 
この展覧会には彼等の作品も一緒に来ています


0s500マルク・シャガール「街を越えて」.jpg


<マルク・シャガール「街を越えて」 >

この展覧会、ガラガラ^^;
土曜日の昼近くというのに空いているのです
台風の接近と秋雨のせい?
でも台風が接近していると言っても、来るのは日曜日の夜中の予想
台風が理由で空いているとは思えないのですが・・・
まぁいいや、絵を好きな位置から思う存分みられるのでラッキーかも^^


0s500マルク・シャガール「私と村」.jpg


<マルク・シャガール「私と村」 >


で、気に入った絵と好きなだけ対話
周りの人を気にする必要はありません
だって周りに人が居ないから^^;
混んでいる展覧会だとこんな贅沢な見方はできないからね


0s500ワシリー・カンデンスキー「三つの楕円」.jpg


<ワシリー・カンデンスキー「三つの楕円」 >


オットー・ネーベル展はプロローグと11の章で構成されます
プロローグ:シュトゥルムとバウハウス時代の芸術家
1章:初期作品
2章:建築的景観
3章:大聖堂とカテドラス
4章:イタリアの色彩
5章:千の眺めの街 ムサルターヤ
6章:音楽的作品
7章:抽象/非対称
8章:ルーン文字の言葉と絵画
9章:近東シリーズ
10章:演劇と仮面
11章:リノカットとコラージュ ネーベル技法の多様性 


0s500ワシリー・カンデンスキー「複数のなかのひとつの像」.jpg


<ワシリー・カンデンスキー「複数のなかのひとつの像」 >


プロローグでは、当時のバウハウスの様子も紹介されています
バウハウスの校長室がまた素敵
あの椅子、欲しい^^  


0t1s500オットー・ネーベル《アスコーナ・ロンコ》.jpg


<オットー・ネーベル「アスコーナ・ロンコ」>

第1章の初期作品からノックアウト
なんとも素敵な絵が並びます
カラフルで幻想的な小さな作品は、テーブルに作品を置いて絵本を読むように指で指し示しながらお話ができるように作られたそう
すっかり惹きつけられてしまい何時まで見ていても飽きません
飽きないどころか吸い込まれてしまい、近づき過ぎと注意されてしまいました^^;
これらネーベルの初期の作品には、シャガール作品に見られる幻想的なモチーフや鮮やかな色彩の影響が色濃く感じられます
特にこのアスコーナ・ロンコはシャガール風の幻想的な風景  


0t2s500オットー・ネーベル《避難民》.jpg


<オットー・ネーベル「避難民」>

油彩、水彩、版画、コラージュなど、技法も画風も多岐にわたる作品を制作したオットー・ネーベル
建築的な視点で画面を構築したり、音楽を感じさせる絵画を目指したり、と、バラエティ豊かな作品が並びます
章ごとに作風ががらりと変わるのが面白い


0t3s500オットー・ネーベル《聖母の月とともに》.jpg


<オットー・ネーベル「聖母の月とともに」>


建築的景観は元々は建築を学んでいたネーベルだけに特徴的
都市の建築物の輪郭を単純な立方体や結晶体の形にあてはめ、色彩のコントラストによって捉える試みが楽しい 

0t6s500オットー・ネーベル《ドッピオ・モヴィメント(二倍の速さで)》.jpg

<オットー・ネーベル「ドッピオ・モヴィメント(二倍の速さで)」 >


カンディンスキーの影響を受けたネーベルは音楽を感じさせる作品も制作
”ドッピオ・モヴィメント(二倍の速さで)”、このタイトルはまさに音楽用語そのもの
眺めていると楽しくなってきます
そしていつの間にか頭の中には旋律が^^


0t4s500オットー・ネーベル《地中海から(南国)》.jpg


<オットー・ネーベル「地中海から(南国)」 >


ゆっくり時間をかけて、いろいろな距離から作品を眺めたり、貸切状態の展示室の長椅子に座りながら楽しんだり
思う存分作品と対話、すっかり満足して出口へ^^
あまりに好みな作品がいっぱいでしたので画集を購入


0t5s500オットー・ネーベル《ムサルターヤの町 Ⅳ 景観B》.jpg


<オットー・ネーベル「ムサルターヤの町 Ⅳ 景観B」>


この展覧会、どう?行かない?
下の娘を誘ったのですが、彼女はこの週末は忙しいから行かれないと
週明けは火曜日からは修学旅行、でも彼女はまだ準備は何もしていないそう
いろいろと買いにゆかないといけない物もあるそうなので今回は別行動
それに彼女は月曜日に怖い絵展に行く予定
月曜日は授業は午前中だけだそうで、午後は上野に行くそうです
台風、月曜日に来るんじゃね?  


0t7s500オットー・ネーベル《コン・テネレッツァ(優しく)》.jpg


<オットー・ネーベル「コン・テネレッツァ(優しく)」>


彼女に画集を見せると行かなかった事を凄く後悔
彼女にとってもストライクな絵だったようです
彼女が特に興味を持ったのは
2章:建築的景観
3章:大聖堂とカテドラス
4章:イタリアの色彩
5章:千の眺めの街 ムサルターヤ
のあたり
自分が特にハマったのは
6章:音楽的作品
7章:抽象/非対称
8章:ルーン文字の言葉と絵画
9章:近東シリーズ
ですから微妙に違う^^; 


0t8s500オットー・ネーベル《叙情的な答え》.jpg


<オットー・ネーベル「叙情的な答え」>


一緒に行かなかったことが悔しかったのか、東京都美術館のゴッホ展、国立西洋美術館の北斎とジャポニスム展の開催期間を確認
いつ行くのか?と
上野が続くようなので美味しい店をチェックしておかなきゃね^^ 


0t9s500オットー・ネーベル 《赤く鳴り響く》.jpg


<オットー・ネーベル 「赤く鳴り響く」>


日曜日夜は台風が来襲、月曜日の早朝も時々強い雨が降っていました
電車の運行状態はめちゃめちゃで彼女の通う高校からは早々と休校の情報
でも彼女は結局怖い絵展には行かなかったそう
絶対空いていたのにね 


0u1s500オットー・ネーベル 《明るい黄色の出来事》.jpg


<オットー・ネーベル 「明るい黄色の出来事」 >


火曜日、彼女は修学旅行に行きました
向かった先は広島、しかも二回目
中学校の時の修学旅行先は広島
前の学年までは京都に行っていたので京都に行かれるものと楽しみにしていたのですが、彼女の年は何故か広島と長崎
翌年の行き先は再び京都に戻ったそうで、めっちゃ怒っていました
高校の説明会では修学旅行先は沖縄と聞いて楽しみにしていたのですが、今年の旅行先は何故か広島と岡山、松江に変更
また広島・・・・TДT 広島の呪いかぁ~ (_ _|||)
と、泣いていました^^;
そりゃ原爆ドームを二回見てもねぇ・・・つまらなそう^^;
教師に何故広島に変更になったか訊いたところ、”沖縄に飽きたから”だそう
私は飽きていない!って爆発していました
修学旅行先ってどうやって決めるのでしょうね
担当教師の好み?


boeder-003.gif


Bunkamuraを出て昼ごはん先を探します
一人飯が似合うお店を探しますが、ピンとくる店がありません
というのは、自分が食べたいものが見つからない
今日の気分はオムライスかナポリタン
ケチャップ味のものが無性に食べたいのです
ありますよね、オムライスやナポリタンが何故か無性に食べたくなる時って


1s500IMG_1607.jpg


オムライスもフワトロ玉子が乗っているのはいけません
正当な薄焼き卵でケチャップライスを包んでいないとダメなのです
そして黄色い玉子の上には真っ赤なケチャップ
このコントラストがいいのです
玉子の上にホワイトソースやデミグラスソースなどはもってのほか
正当なオムライスはケチャップ、これしか許しません

そんな正統派のオムライスを探しましたが、意外と見つかりません
このまま探すのに時間をかけるのも無駄な事
みつからないのならば、それがある場所に移動すればいいじゃないか
その方が結果的に早い、絶対早い 


1s500IMG_1634.jpg


で、山手線に飛び乗ってやってきたのは新橋
渋谷と違って実に落ち着く雰囲気
オヤジ年代いっぱいな場所だからね^^;

新橋のオムライスと言えば此処、むさしや
新橋駅すぐそばの古びたビル、ニュー新橋ビルの一階にあります
お店と通路の境は糸状に垂れ下がったカーテンのみで、シースルー
食べている背中を人が行きかうという、なんともカード下的と言うか昭和チックと言うか、そんな雰囲気
土曜日の14時ですが行列が少々
平日の昼時だったら凄い行列でしょうね 


2s500IMG_1608.jpg


目的はオムライス、ナポリタンにも目が行きますが、オムライスの付け合せにナポリタンが乗っていますから目的はオムライスでぶれません  


3s500IMG_1612.jpg


特大があるんだ
じゃぁ特大で^^;

行列に加わっていると、すだれのカーテン越しに注文を訊かれます
オムライスの特大で!
オーダーを伝え、待つこと10分、席が空き案内されました
カウンターだけで、しかもシースルーな店ですから回転が速いです
オーダーも並んでいるうちから伝え、いいタイミングで作りはじめていますから注文品が出てくるまでが短い  


4s500IMG_1619.jpg


座ると同時に水と味噌汁が到着
味噌汁の具はワカメ
オムライスに味噌汁・・・なんだか家庭的^^;  


5s500IMG_1617.jpg


カウンターに品書きが置かれていましたが、並んでいるうちにオーダーを伝えるこのお店
カウンターの品書きに出番はあるのでしょうか^^;  


6s500IMG_1616.jpg


パスタではなくスパゲッティーなのがいい
この中ではナポリタンかな  


6s500IMG_1618.jpg


ご飯類
この中では絶対オムライス~♪
などと品書きを眺めていたら・・・・  


6s500IMG_1623.jpg


@@;)
オムライス特大の到着
このボリューム、思わず笑みが溢れます
いや、これ・・・・・付け合せのナポリタン、これっ、もはや付け合せという量じゃないのですが^^; 

オムライスも特大の名に恥じない大きさ
普通、皿に野菜や付け合せを持ってからメインのオムライスを乗せると思います
でもこのオムライスは一番下にオムライス
オムライスの上に乗せるようにして野菜と付け合せのナポリタンが盛られます

オムライスの玉子の黄色にケチャの赤が綺麗
黄色を両方から赤で締めこの配色は最早アート 


s500IMG_1625.jpg


ではいただきま~す
ケチャップライスのご飯粒はしっかりしていて食感も良好
やはりケチャップライスのご飯粒はこうでないとね
割れたご飯粒のケチャップライスは哀しいですから
バターの効いたケチャップライスの味付けは濃いめ
しっかりした重さの味わいです
それに絡む酸味の効いたケチャップが重さを感じさせません
具は鶏肉に玉葱、そしてグリンピース


s500IMG_1627.jpg


くぅ~っ、懐かしい(感涙
ただ旨いだけじゃないのです
ケチャップの味とともに蘇るそれは自分の子供頃の姿、懐かしさ
オムライスができあがるのをワクワクしながら待つその"期待”と”高揚"が蘇るのです
そして懐かしい"味"の記憶がこのオムライスにオーバーラップ
めちゃ美味いのではなく、家庭的な程々な美味さと優しい味わい
ノスタルジックな気分に浸れます    


s500IMG_1628.jpg


ナポリタンはスプーンでは無理^^;
でも辺りを見回してもフォークはありません
あるのはお箸^^;
お箸で食べるナポリタン
それもまたよし^^


麺はもっちり
アルデンテ?何それ強いの?って感じの食感はナポリタンなればこそ
麺に焦げはなく、いい炒め具合
このナポリタンも正統派  


s500IMG_1631.jpg


サラダにはマヨ
ドレッシングではなくマヨを乗せているのが痺れます  


s500IMG_1632.jpg


完食
美味しかったです、また来ます


むさしや
03-3501-3603
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 1F
[月~金]10:30~20:00 頃
[土]11:00~15:00 頃
定休日 日曜日&祝日 


s500IMG_1635.jpg


雨に煙るskyscraperと 


s500IMG_1639.jpg


裏路地、この対比が面白い
コンデジで街撮りを始めましたが雨が降ってきて断念  


s500IMG_1645.jpg


ふと甘いものが食べたくなり、オムライスの余韻をお茶しながら楽しもうとセルフのカフェにIN 
お腹が膨れると甘いものが食べたくなるのです
きっと別腹が騒ぎ出すのでしょうね^^;


s500IMG_1647.jpg


モンブランかショコラ系と考えていましたが、林檎とシナモンのケーキが目に留まって^^;
シナモン、好きなんです
シナモンですから紅茶であわせます
アールグレイで 


s500IMG_1648.jpg


シナモンがあまり効いていなくて残念
もっとしっかり香って欲しいな 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(103)  コメント(43) 
共通テーマ:グルメ・料理

このオムライスは(涙 上野の洋食 黒船亭 [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

ボストン美術館の至宝展に行こう
そう誘われてOKしたものの、忙しさにそのまま忘れてしまっていて、思い出したのは9月も中を過ぎた頃
確か10月の9日までだったはずです、急がねば・・・・
と、9月の最後の週末に行こうと考えていたのですが、何と土日とも休日出勤ーー;)
その翌週も用事が入って、行かれたのは会期末も末
最終日にこそならなかったものの、最終日前日の事


s500IMG_1155.jpg


下の娘が何を使って上野まで行くのか尋ねます
まぁ、電車かべすか何れかだね
と、答えながら電車で行くつもりになって昼ごはん先を考えます
電車だと飲めるから、ガッツリバーガーにビール、蕎麦飲みもいいな、天麩羅でのむのもいいし・・・・
と、彼是考えていると
じゃぁべすがいい、電車嫌いなんだよね
そうでした、下の娘は電車とかは苦手なのです(乗り物酔いしやすい)
車も好みません
唯一平気で乗れるのがバイクなのです^^;
できればべすよりZZRがいいと言いますが(速い方がいいらしい)、大きなバイクは街中では車より不便
街中最強はスクーターなのです  


s500IMG_1157.jpg


と、言う訳で上野までべすでツーリング
上野駅前のバイク駐輪場に駐車
30分100円だったかな 
到着したのは11時20分、このまま美術館に行っても腹の虫が途中で騒ぎ出しそう
なので先に昼ご飯 


s500IMG_1158.jpg


向かったのは黒船亭
オムライスが食べたくて、前々から気になっていたお店が黒船亭だったのです
11時半開店で、到着したのは11時35分
既に満席で、待ちが一組
ちょっと時間がかかりそうですが、なぁに、急いじゃいません
じっくり待ちましょう

シートに座って待っていると、次から次へとお客さん
あっという間に店内に入りきれずエレベーター前、そして階段へと行列が@@;)
美術館を後回しにしてよかった^^; 


s500IMG_1168.jpg


30分程の待ちで席へ
店内は天井が高く開放的
でも横のスペースは広くはありません
場所柄、そんなものかな 

s500IMG_1164.jpg


品書きを確認します
(自分はオムライスで確定ですが^^;)
ハンバーグ好きの下の娘ですが、ロールキャベツも気になる模様


s500IMG_1163.jpg


グラタンもいいな・・・と、次々目移り
ここはハーフサイズも設定されていて、気になるものを半々でオーダーする事も可能です
しかもハーフサイズの価格はレギュラーサイズの価格の丁度半分という良心的な設定なのも嬉しい   


s500IMG_1166.jpg


彼女が最終的に選んだのは一週間以上かけて仕込むデミグラスソースで作るハヤシライス (1700円) 
自分はオムライス(1450円)


s500IMG_1165.jpg


其々サラダAセット(+600円)で
これにケーキを付けました(+400円) 


s500IMG_1170.jpg


オムライスにはスプーンだよね^^ 


s500IMG_1175.jpg


下の娘のハヤシライスの到着、ハヤシソースとライスは別々で供されます
この器、素朴な感じがいいな
付け合せの漬物は三種類
野沢菜に福神漬け、そして落橋・・・・・(うわぁ~、落橋は嫌いなんだぁ><) 


s500IMG_1173.jpg


しっかり重いソースですが、後味は優しげ
重さが残りません
なのでどんどん食べられます  


s500IMG_1174.jpg


ご飯の硬さは普通
硬すぎず、柔らかすぎずな炊き方でした  


s500IMG_1172.jpg


野沢菜でご飯が食べたくなる炊き加減^^  


s500IMG_1177.jpg


と、やや遅れてサラダが到着^^;  


s500IMG_1178.jpg


これがハヤシライスAセット  


s500IMG_1179.jpg


サラダのドレッシングは適度 


s500IMG_1182.jpg


続いて自分のオムライスも到着
綺麗な表面を持つ薄焼き玉子に包まれたオムライスはオーソドックスなスタイル
やはりオムライスはこうでなくてはいけません
シンメトリックにかけられたケチャ、白い皿に黄色と赤の配色が美しい
その上、ケチャのセンター軸線上に緑が覗いているところなんぞ、憎すぎです
この計算され尽くしたレイアウト、なんとも美しい
料理は見た目は重要、まず最初に目で味わうのですから 


s500IMG_1184.jpg


では、いただきましょう
まずは玉子にケチャを絡ませて一口

ふんわり焼かれた玉子は口の中でどこまでも優しく、柔らかな旨味に溢れます
手作りケチャの酸味と旨味のバランスが絶妙で、玉子の柔らかな美味しさに力を添え、玉子とケチャの相性の良さを再認識
ニコニコしながら次はご飯・・・・ 


s500IMG_1186.jpg


むむむっ、なんじゃこりゃ~

(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙

ご飯が、ご飯粒が・・・・原型を留めていない


s500IMG_1189.jpg


殆どのご飯粒が半分に割れて、粒の形がキープされているのは僅か
これはいけません
ご飯もの料理に於いてはご飯粒は重要、粒はキープして欲しい
自分がオムライスや炒飯などを作る時は、粒のキープにかなり注意を払います
粒をキープできないというのはご飯を重要に思っていないのか~(怒


s500IMG_1192.jpg


ブイヨンで炊いたご飯
味は良いのですが、見た目が・・・・そして食感が><
半分に割れたご飯粒では食感は期待できません 


s500IMG_1187.jpg


大きな海老も入っていて美味しかっただけに、食感の悪さは凄く残念

ねぇ、思ったような味じゃなかったの?

えっ?
急な下の娘からの問いかけに我に返ります

そんな険しい顔をして食べなくても・・・^^;

いやぁ。。。。ついーー;)
心の中の卓袱台返しが顔に出ていたようです^^;

s500IMG_1190.jpg 


玉子もいい感じに美味しいのだけれどね
ご飯粒がちょっとね、割れちゃって食感が悪いんだ・・・・ほら、あ~ん

と下の娘に一口プレゼント
成程と彼女も納得したようです 


s500IMG_1188.jpg


で、自分もハヤシライスを一口
優しいソースでいくらでも食べられそう
肉も柔らかくて美味しい
オムライスだけがハズレ??? 


boeder-001.gif


食後に甘いものは欠かせません 


s500IMG_1199.jpg


自分はチーズケーキをチョイス  


s500IMG_1195.jpg


シンプルだけどしっかり美味しい
でも美味し過ぎないのが食後にぴったり
料理の記憶を飛ばすような重さはありません
これ位が丁度いいのでしょうね 


s500IMG_1200.jpg


久しぶりのチーズケーキにチーズケーキを焼きたくなりました
勿論、自分は濃厚にしちゃいますが^^;  


s500IMG_1196.jpg


下の娘がチョイスしたのはベリーのタルト
これ以外にはガトーショコラがありました  


s500IMG_1198.jpg


ほら、クレーム・パテシエールの層ってこんな感じが普通でしょ
お父さんの作るタルトってクレーム・パテシエールに乗せたフルーツが沈むからね
層が厚すぎだし


いやぁ、クレーム・パテシエールが大好きだからね、つい男盛りにするのさ^^;
豪快男盛りなケーキが大好きなのです 


s500IMG_1202.jpg


食後は公園を散歩しながら美術館に向かいます 


s500IMG_1205.jpg


何だろう?この行列は・・・・怖い絵展だって
70分待ちなんだ@@;)


あっ、これ見に行きたいんだ
行こうよ


えっ、ああ・・・そっ、そうだね

行く気ないみたいね?


いやぁ。。。だって怖いんだろ?

そういう怖さじゃないって
この怖い絵の裏側にある人間の深い部分がね、云々~・・・いいよ、学校帰りに一人で行くから^^;


・・・・・--;)う~ん 


s500IMG_1207.jpg


つづく・・・・  


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(103)  コメント(50) 
共通テーマ:グルメ・料理

軽く食べられるスーパージャンボオムライス 横浜・日吉 レストラン白鳥  [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

やたらハードだった出張を終えた金曜日、週末の予定をあれこれ考えながら眠ります
奥さんは例によってリビングで爆睡
奥さんの使う予定のベッド(いつもリビングが風呂で寝てしまい、ベッドなんて使っていないけれど)には上の娘
自分の布団を敷くのが面倒になってベッドに寝てしまった模様
そして四時前
リビングで爆睡していた奥さんが目覚めベッドに来ましたが其処には上の娘

何故ここで寝ているの!

お母さん、何時もベッドで寝ていないでしょ!

自分の部屋で寝なさい!

お母さんは未だ「お風呂も入っていないでしょ!さっさとお風呂はいりなよ!

と、バトル勃発
そのバトルで目覚めましたが、何故か悪寒に包まれます
ガタガタガタ・・・震え
布団の中でもメチャ寒い
悪寒と倦怠感も・・・・
風邪か?
本来なら自分の起床時間、エクササイズをする時間なのですが、とても寒くて起きられません
重ね着をして布団の中で丸まり、そのままブランチの時間まで布団の中
とても遊びに行かれる体調ではありません
週末はおとなしくウチの中で過ごしましょう

s500IMG_3430.jpg

土曜日はおとなしく凄し、夕刻には倦怠感も少なくなりました
これなら日曜日は遊びに行かれるかも^^
と、期待しましたが、日曜日は朝から雨
体を休めろと言われているのかな・・・

日曜日も朝からまったり過ごします
奥さんは仕事、上の娘は遊びに行っていますのでウチには下の娘と二人
体調はイマイチ、なので昼ごはんを作るのもかったるい
二人だけなら外で食べましょう
オムライスを食べに行こうと下の娘を誘いました

s500IMG_3431.jpg

向かったのは日吉にある”レストラン・白鳥”
ブリザドさんの記事で知ったオムライスのお店
ネットで場所をチェックしてアクセスしたものの、何故か見つかりません
たしかこの辺りのはず・・・三周目で見つけました
なにこれ?看板も無く全く目立たないし^^;
看板で目立つのは鶏
白鳥も居たのに気づきませんでした^^;
でも・・・営業しているの?

s500IMG_3432.jpg

奥に小さく”OPEN"の文字
時刻は14時、昼ごはんには遅い時間とはいえ誰も客が居ないのは一寸入り辛い^^;

s500IMG_3443.jpg

でも入店^^;
店内はこんな感じ
シンプルで飾り気はありません

s500IMG_3442.jpg

品書きをチェック
さすがは学生街・日吉、良心的すぎるプライス(しかも税込)!
エンドウスペシャルや、状況限定のアサヒナスペシャルを除けば、1,000円以下で楽しめるのですから素晴らしい

自分のオーダーは既に決まっています
”スーパージャンボオムライス”、これを食べに来たのです
下の娘が選んだのは”オムライス”
大きさの比較になるようにと気を利かせたのかも
でも・・・状況限定のアサヒナスペシャルが気になるなぁ
エンドウやアサヒナの名の由来も気になります

s500IMG_3439.jpg

それにしてもこのお店
白鳥の名なのに店内にあるイラストは雄鶏ばかり
何故???

s500IMG_3440.jpg

偶に白鳥が混ざっていますが^^;

s500IMG_3444.jpg

まずは下の娘のオムライスが到着
丸いお皿にオムライス盛られていますが、そのレイアウトは縦位置
ちょっと不思議な感じです(横にレイアウトされるイメージがあったので)
オムライスの上にはトラ柄状にかけられたソース
ケチャップではなく、かといってデミグラでもなく
その中間といった感じのソースがかかっています

お皿のTOPには洋食白鳥の文字と電話番号
でも電話番号は四桁だけ@@)
昭和32年創業のこのお店
お皿もその時代のものなのでしょうか

s500IMG_3447.jpg

自分のスーパージャンボも到着
流石にこれはオーバル型のお皿に横向きに盛られていました
以外に小さいな^^
スーパージャンボの名にもっと大きいかと構えていましたが、これ位なら楽勝でしょう

s500IMG_3451.jpg

ノーマルの三倍ぐらいでしょうか

s500IMG_3452.jpg

さぁ、いただきま~す^^

s500IMG_3453.jpg

中のチキンライスの味付けはも玉子の上のソースの味
若干薄口で、あっさり上品な味わい
自分としてはもっとリッチさが欲しいくらい
このあっさりした味なら二皿いけそう
(自分の好みとしてはコッテリとケチャップ味の方が好きだな、当然玉子の上にもケチャたっぷりで^^)

s500IMG_3456.jpg

チキンライスの具は目立ちません
ひき肉?な鶏肉がはいるだけで味はシンプル
ライスはパラパラ感が強く、家庭で作るようなもっちり感はありません
さらりと食べられます

s500IMG_3454.jpg

オムライスの卵は、厚焼きで少し甘め
こういう卵も悪くないね
ホイッパーの音がしていたと下の娘
ちょっと泡立てて焼くのでしょうか

s500IMG_3457.jpg

付け合せの千切りキャベツに何もかかっていないのがいい
ドバドバとドレシングがかかっていたら興醒め
ここはウスターソースをかけて食べたい^^

s500IMG_3458.jpg

ウスターソースのツンとくる味があうんだよね^^
でも・・・スプーンしか無いのでキャベツが食べ辛かったです 

スーパージャンボ、思ったより軽かったけれど、この時間だから丁度良かったかも
直ぐに晩御飯の時間だからね^^

s500IMG_3435.jpg

ここ、テーブルの上にはウスターソースと塩のみ
紙ナフキンがないので口を拭く物がありません
スプーンが乗っていた紙ナフキンのみです

レストラン 白鳥 (レストラン・ハクチョウ)
045-561-2448
横浜市港北区日吉2-2-10
11:00~16:00
定休日 木曜日、金曜日

boeder-001.gif

食事の後は甘いモノ
と言う訳で向かった先はエスプレッソ・アメリカーノ
エスプレッソ推しのお店ですが選んだのは二人とも紅茶^^;
自分も下の娘も珈琲が苦手なのです

s500IMG_3467.jpg

下の娘はアイスティ、自分はアールグレイ
Tea bagなのは仕方ないかな

s500IMG_3464.jpg

二人ともケーキセット
下の娘は苺、ジェノワーズとクレームシャンティイのオーソドックスな組み合わせ

s500IMG_3463.jpg

自分はマロン

s500IMG_3468.jpg

ショコラジェノワーズとマロンクリーム
でもマロンの風味は無いなぁ^^;

エスプレッソ・アメリカーノ 東急日吉店
045-560-1673
横浜市港北区日吉2-1-1 日吉東急アベニュー 3F
10:00~21:00

boeder-003.gif

4月1日の結婚記念日を忘れ、遊びに行く約束をしてきた奥さん

この時とばかりに奥さんを責めに責め

大きな見返りを目論んでいました

が・・・・・

さるく~ん、1日の約束、キャンセルしたから

Σ( ̄Д ̄ノ)ノエッ!!!!

えっ?キャンセルしちゃったんだ

大きな見返りを目論んでいたのに残念

ちょっと責め過ぎたのかなぁーー;)う~ん

・・・・

ま・て・よ・・・・

キャンセルしたという事は

1日の日に何かやらなくちゃいけなくなったって事?

ケーキは作るつもりだったから良いけれど

食事は何も考えていないし

これって・・・・

 返り討ち???

m_emoji-1.gif


nice!(116)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

健康診断の後はガッツリなオムライス 馬車道 グリル・エス [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

行事ネタはタイムリーにUPしないと締りません
なのでクリスマスネタを先にUPしましたが、その二日前のこと
健康診断&ドックに行ってきました

また変な数値が出ていると、産業医から総務経由で業務命令的呼び出しになって面倒です
日頃もコントロールしているのですが(これでもやっているのです)、二週間前からは更にハードにコントロール
昨年に比べ増加していた体重も何とか昨年同等にもってこられました ε-(´∀`*)ホッ.
(本当は更に3kg落とし、ここ10年での最軽量値と同じ値にもってゆきたいのですが・・・^^;)

検査の都合で朝はご飯抜き
朝どころか一昨日の晩御飯から何も食べていません
前日の朝ごはんは寝坊してしまい食べる時間はありませんでした
HOTELの珈琲を一杯カップに注いで車に乗り込み運転しながら飲んだだけ
昼ごはんは仕事のキリが悪く、ずるずるしているうちに・・・食べ損ねましたーー;)
晩御飯は帰着が遅くなってしまい気付いた時はリミット時間を過ぎて・・・・
と、めちゃ空腹で挑んだ健康診断
検査の間中頭の中は食べ物でいっぱい^^;
終わったら何を食べようかな~、メガ盛りがいいな~♪
あーだ、こーだと、ずっと食べ物の事ばかり考えていました^^;

でも、バリウムを飲んだら流石に腹が重くて^^;
これではメガ盛りは無理
諦めてちょっと多めという感じのものに抑えておこうかな

検査の最後は早くDATAが出たものだけを使って内科医の問診
産業医が大騒ぎするようなDATAは無かったものの、何やらひっかかる値もあったようです
糖尿病を示すDATAは出ていないけれど、ここの値が高いと将来糖尿病になるリスクが高いですから気を付けてくださいと

摂取カロリーが多過ぎかもしれませんね
ナッツとか高カロリーなものは好きですか?
沢山食べるるほうですか?
カロリー摂取に気を付けてくださいね

はぁ、・・・(やはり今日はメガ盛りは止めておこうーー;)

s500_IMG_1084.jpg

検査も終わって昼ごはん
検査を受けながら昼ごはん先を検討し、候補にあがったのは馬車道にあるお店
牛カツの黒船かオムライスのグリル・エス

最後の最後まで悩みますが・・・オムライスに決めました
決め手は下剤
バリウムを飲み検査を終えた後で下剤が渡されたのですが、それを直ぐ飲んでしまいました
胆嚢を切除した自分の体に揚げ物は楽ではありません
そこに下剤ですから・・・ちょっと危険かも
なので安全にオムライス

健康診断の施設のある場所は横浜駅東口
空は気持ちよく晴れ渡って暖かで穏かな日
こんな日に電車に乗るのは勿体ない
歩いて馬車道に向かいます

s500_IMG_1087.jpg

グリル・エスに到着
昔ながらの洋食屋さん的雰囲気が漂います

s500_IMG_1089.jpg

ボリューム満点と評判の店
開業は昭和29年、日本郵船のシェフを招いてはじまったそうです

s500_IMG_1088.jpg

今日のターゲットはオムライス
自分にとってのオムライスは・・・
オムライスはふわとろのじゃなくオーソドックスな昔ながらのスタイルが好き
そして卵の上にデミソースをかけるのもいけません
卵の上には絶対にケチャ
これは譲れません
卵の優しい黄色の上にはケチャの赤が似合うのです

s500_IMG_1103.jpg

入店
ランチタイム終了近い時間でしたので空いていました

s500_IMG_1096.jpg

お絞りがちゃんと布なのが嬉しい^^

s500_IMG_1093.jpg

さて、オーダー品は既に決まっていますが品書きを確認します
あっ、折角健康診断が終わったし、飲んじゃおうかな
そもそも、今日は健康診断&ドックの為に休みを取りました
なので今日はもう仕事に復帰する気なんてサラサラありません
今、皆は仕事をしているのです
こういう時に飲むビールは格別
注文しない手は無いでしょう

s500_IMG_1097.jpg

スープ、サラダ、デザート、ドリンクのセットで2000円増し・・・
いつもファミレスばかりに行っているとちょっと高く感じます^^;

s500_IMG_1094.jpg

500gのサーロイン、食べてみたいな

s500_IMG_1090.jpg

パスタではなく、スパゲッティとなっているのがいいな^^
こっちの方が洋食屋さんっぽくていい

s500_IMG_1099.jpg

当然ビールをオーダー^^

s500_IMG_1100.jpg

ランチタイムはサラダが付いてきます
サラダと一緒に到着したのは・・・

s500_IMG_1101.jpg

福神漬けとラッキョウ
カレー頼んだ訳じゃないけれどなぁ・・・・
オムライスには合わない気がします
漬物を付けてくれるのならピクルスのほうがいいな
麦酒にもあうし・・・
福神漬けを食べながらビールをいただきます(あまり合わないような気が^^;)
ラッキョウ?、いやこれ・・・大っ嫌いで><
自分が絶対に食べられない物は二つ、それはラッキョウとキムチ
この二つ、匂いも味もダメ><

s500_IMG_1102.jpg

ランチサラダは普通な感じ
ドレッシングは美味しかったな
そこはカレー屋さんとは違います^^;

s500_IMG_1105.jpg

オムライスの到着
見事な卵の焼き具合
うっとりするほど綺麗な黄色をしています
中央にかけられるケチャの赤が黄色に映えて見事なコントラスト
白い皿がそれを引き立てます
卵の色、焦げの色は皆無
こんなふうに焼いてみたいな

s500_IMG_1107.jpg

大きさの比較にビールを置いてみました
メガ盛りというほどの大きさはありませんが、そこそこ大きい
使う卵は4個
そういえば問診でDrから一日に食べる卵の量が云々とか、ご飯の量が云々とか言われていたような気が・・・
まぁ、いいか^^;
ここはお得意の
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい
作戦で^^;

s500_IMG_1112.jpg

いただきま~す
うわぁ、卵がふんわり
ちゃんと焼かれてトロトロな卵ではないのですが、しっとり、ふんわりした食感
卵の優しい旨味が口いっぱいに広がります
こんなふうに卵を焼いてみたい・・・

s500_IMG_1111.jpg

ライスは当然ケチャップ味
オムライスの味付けはこうでなくっちゃいけません
味も見た目もイメージ通り、まさにオムライス!でした
甘味、酸味、凄く絶妙なバランス
ちょっと足らないようで、でもしっかり味を感じます
これだけの大きさなのにもかかわらず、不思議なことに食べていてぜんぜん飽きません
二皿ぐらいいけそう
また、油のギトギトがお皿に残ることもありませんでした
値段は若干高いけど、かなり美味い!
これは自分の理想のオムライスかも

s500_IMG_1114.jpg

具は角切りハムと海老がごろごろ入っています
ハムの旨味と噛み応え
海老の旨味と甘味
オムライスの具はこうでなくっちゃね

グリル・エス
045-681-2581
横浜市中区相生町5-89
【月~金】11:30-13:45(L.O)17:00-21:30(L.O)
【土・祝】11:30-13:45(L.O)17:00-20:45(L.O)
定休日 日曜日&祝日の月曜日

boeder-001.gif 

食後の腹ごなしに歩いて横浜駅に向かいます
みなとみらいを突っ切るコースで

s500_IMG_1119.jpg

下剤が効いていますから、極力HOTELや商業施設が集まっているエリアを通ります
案の定、緊急事態が発生
みなとみらいのHOTELに緊急PIN(フロント付近の化粧室はゴージャスでいい感じだからね^^)

s500_IMG_1121.jpg

お腹も落ち着いたのでお茶にします
手っ取り早く〉カフェ・ベローチェで
ミルクココア310円に生チョコケーキ350円
温かで甘々、体が暖まります

s500_IMG_1126.jpg

この生チョコケーキ、正直あまり期待していなかったのですが
ガナッシュもチョコクリームも結構美味しい
無論コクは軽めですが、値段を考えれば上出来

s500_IMG_1127.jpg

軽めと言っても自分の好みと比較してということですから、濃厚な味や甘さが苦手の場合は丁度いいかも

boeder-001.gif

セブンで見かけて発作的に購入

0s500_IMG_1138.jpg

チョコにオレンジ、大好きな組み合わせ~♡

0s500_IMG_1139.jpg

ほう、フランスの有名なシェフが監修したんだ

0s500_IMG_1145.jpg

それ程は大きく無ないですが

0s500_IMG_1146.jpg

食べてみると、これがまた美味しい
自分がチョコアイスに求めるのは苦み
苦みが少ないチョコアイスは物足りなく感じてしまいます
このアイス、苦みが少ない
でも・・・少ないと感じるのですが、奥底にしっかりした風味を感じるのです
一口目は物足りない
でもその一口を味わっているとしっかりした風味に満足
これ、いいかも
同じくセブンで売っているGODIVAのチョコアイスとは真逆なセッティング
GODIVAのチョコアイスは濃厚でしっかり苦い
ストレートに来る味わい
でもこのアイスはメチャ変化球 

0s500_IMG_1148.jpg

断面

0s500_IMG_1149.jpg

断面はイラスト(イメージ図)とはちょっと違う
本物もイメージ図のようにオレンジや練乳の帯が見えたら楽しいのに

0s500_IMG_1150.jpg

棒に銘入りでした

boeder-003.gif

先日の胃痛がまだ残っていて

食欲がいまいち

食べても量が食べられず、すぐに満腹

でもチョコレートは食べられるから不思議(笑

今日は仕事納めで納会でした

そんなにも食べていないのに

胃が痛くてまた寝込み中

暫く断食した方が良いのかな

m_emoji-1.gif


nice!(118)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台で日本一のナポリタンを味わう はち [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

(仙台シリーズが続きます) 

仙台駅でランチ
何時も牛タンではつまらない
偶には他の物を・・・と前々から気になっていたお店に向かいます

s500_IMG_6605.jpg

ハチ、ナポリタンとハンバーグのお店
何が気になっていたこと言うとナポリタン
”日本一のナポリタン”の看板を見てスルーする訳にはいきません
ナポリタンは大好きだから^^

s500_IMG_6606.jpg

ナポリタンと言えば横浜
発祥の地は山下公園の前のホテルニューグランド
そのナポリタンはトマトソースを使ったスタイルで上品な味

ホテルニューグランドのナポリタンの記事は→ここ

親しみのあるケッチャップ味のナポリタンの発祥は横浜野毛のセンターグリル
その圧倒的な太さを誇る麺は茹でた後一晩寝かせたもの
むっちりした食感と甘く重いケチャの相性がすばらしい

センターグリルのナポリタンの記事は→ここ

2013年、カゴメが主催し横浜赤レンガ倉庫前の広場で全国の絶品ナポリタンを集めた実食イベント「カゴメ ナポリタンスタジアム」が1開催さたそう
人気投票が行われハチのナポリタンがグランプリに輝いたそうです
(エントリーは黄金比率のハンバーグ乗せナポリタン)
そのナポリタン、食べなきゃね

s500_IMG_6608.jpg

と、言う訳で入店

s500_IMG_6619.jpg

カウンター席に陣取りますが
此処のカウンター席は厨房は見えません
つまらない・・・^^;
厨房の見えるカウンターが好きなので

s500_IMG_6620.jpg

テーブル席は駅ナカのお店としては意外とゆったりしたレイアウト

s500_IMG_6609.jpg

品書きを確認します

s500_IMG_6610.jpg

ナポリタン・・・何を頼むか
初めての店ではベーシックなものを頼むのがセオリー
ナポリタンか

でもグランプリを取ったのはハンバーグが乗っていたから・・・と探しますが、ハンバーグのみを乗せたものは無く、目玉焼きも乗っています
ハンバーグだけにするのはナポリタンにハンバーグをトッピングするスタイル

s500_IMG_6611.jpg

ハンバーグのページを見た途端、心が揺れます
これもいいなぁ

s500_IMG_6616.jpg

お店としてはハンバーグの方を推しているようにも見えます

s500_IMG_6618.jpg

品書きの口上を読めば読むほど迷ってしまって・・・

s500_IMG_6622.jpg

ハンバーグを食べたい
でもなナポリタンも食べたい
ナポリタンにハンバーグを乗せるか
いや、もはやこれはセットになっている目玉焼き&ハンバーグナポリタンだろう 

s500_IMG_6617.jpg

と、ここまで来て品書きを見るのを止めれば良かったのですが、この後も見てしまいました
エビフライにクリームコロッケに。。。洋食屋さんの定番メニューが並びます
洋食屋さんのフライ、しばらく食べていないなぁ
食べたい・・・--;)
こうなったら最後、もうまとまらない^^;

s500_IMG_6623.jpg

そんな優柔不断な性格のお客さんも多いのでしょう
ふと視線を上にずらすと救いの言葉がありました

s500_IMG_6621.jpg

”迷ったらコレ!”
はい、迷いましたからコレにします^^;
”お得なハチミックス”ご飯と味噌汁付きで1630円、単品だと150円引き
単品にしました
でもその変わりドリンクセット(400円増)で
生ビールやワインも選べるとの言葉に誘われました^^;

s500_IMG_6625.jpg

こっちも気になりましたが、”迷ったらコレ”に救われたこの心
もう浮気心は湧きあがりません^^

s500_IMG_6626.jpg

ドリンクセットのビールと共に”お得なハチミックス”の到着
ソース、粉チーズ、タバスコが同時に置かれます

s500_IMG_6628.jpg

このビジュアルに心がノスタルジックに染まります
何だ?凄く懐かしいこの雰囲気
これは・・・お子様ランチの雰囲気だ^^
このプレートの隅っこにケチャップライスの山があったら完璧
勿論そのn山に日章旗を忘れてはいけません
小さな日の丸の旗をなびかせた爪楊枝を刺さないとね

s500_IMG_6631.jpg

プレートにはナポリタンと目玉焼き添えハンバーグ
そしてカニクリームコロッケとエビフライ

s500_IMG_6629.jpg

まずはビールで喉を潤します
もうこの日は車を運転しないから大丈夫^^
昼間のビールって、何故こうも美味しいのでしょう
平日の昼間のビールは格別^^

s500_IMG_6633.jpg

まずはエビフライ
ぷりっとした海老にタルタルをたっぷり付けていただきます
タルタル、神だなぁ
揚げ物にはタルタルだよね^^(当然マヨもOK)

s500_IMG_6632.jpg

ふんわりした食感、柔らかで昔ながらの洋食屋さんのハンバーグという感じ
ご飯にあうという自慢のソースは・・・少なすぎて味が良く解りません
普通に大きいサイズのハンバーグにするべきだったか・・・><

s500_IMG_6635.jpg

目玉焼きの卵黄をまぶしていただきます
玉子のコクと甘みを纏ったハンバーグが美味しくないわけがありません

s500_IMG_6630.jpg

そしてナポリタン
・・・・・
う~んーー;)
さっぱりした後口で軽やかなハンバーグ
意外な感じです
もっと重い方がいいかな
でも此れ以上重くすると食べるのが辛いかな

s500_IMG_6637.jpg

悩みながら完食したもののナポリタンの味は何だか物足りない・・・・量が少ないからそう感じるのでしょうかーー;)う~ん

boeder-001.gif

と言う訳で、ナポリタンの味が良く解らなかったのでモヤモヤ気分
それは精神衛生上よくありません
スッキリするために別の日に再訪問

s500_IMG_7406.jpg

ナポリタンをしっかり味わいたいのでベーシックなナポリタン、850円をオーダー
大盛りは200円増しですが、普通盛りにしておきました
HOTELに滞在中だと、どうしても朝ごはんを食べ過ぎてしまいます
なのでそれ程空腹ではなくて^^;

s500_IMG_7407.jpg

さっそくいただきます
むっちりとした食感のナポリタン
al dente?、何それ?
ケチャ味のナポリタンにはそんな麺が似合います
味わうとやはり軽やかな風味でサッパリした後味
もっと濃い味でドシッと重いの、そうセンターグリルのようなしっかりした味がいいな
そう思いながら食べ進めます

s500_IMG_7409.jpg

ですが終盤の頃になっても口の中が飽和しません
最後まで味を感じながら食べられました
これはこれでいいな^^

タバスコは入れません
辛いから^^;
入れるのはチーズぐらい

s500_IMG_7411.jpg

半分ほど食べたら粉チーズを加えました
でも。。。。このナポリタンはチーズ無しの方が美味しかったな

ハチ 仙台駅店
022-796-8225
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 3F
7:30~22:30

boeder-001.gif

夏の名残と秋の気配 

秋になったものの、まだ風が蒸し暑い

でも

湿気をたっぷり含んだ風の中に混じる秋の爽やかな風

面白いですね

それらは混ざり合って中和していないのです

一つの風の中に感じる夏の風と秋の風

それは其々別々な風

肌のある部分は蒸した風を感じ、別の部分は爽やかな風を感じます

まるで風が粒子みたいで

夏の風の粒子と秋の風の粒子が混ざってはいるものの

其々の粒子が大きく、一つ一つがハッキリ区別できる感じ

はやく全部が爽やかな風にならないかな

鎌倉のシュウメイギクと彼岸花が気になっていました

気になったらソワソワ

それを鎮めるには行くしかありません

土曜日、朝ごはんを終えたらカメラをバックに詰めて飛び出します

午前中限定でしたので明月院と東慶寺へ(詳細は別記事で)

東慶寺のシュウメイギクは咲き始め

明月院の彼岸花は

アスパラ状の茎が数本出ているだけでした^^;

月後半にリベンジですね

 夕刻はオフ会

ぼんぼちぼちぼちさん主催のオフ会に行ってきました(詳細は次記事で)

珍しく寝なかったです^^;

帰りの電車で寝過ごさないか心配でしたが

ぎゅうぎゅう詰めで立つしかない状態では眠りたくても眠れません

乗り過ごすことなく無事大倉山で降りました

ウチに戻ると奥さんがリビングの床の上で爆睡中

毎日毎日床の上か椅子に座ったまま朝まで寝ている奥さん

よく体が痛くならないものです

風邪ひとつひかないのも不思議

野生の生き物って感じーー;)

m_emoji-1.gif


nice!(135)  コメント(51)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

絵画鑑賞の前は腹ごしらえ 懐かしい味のナポリタン パンチョ [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

汐留ミュージアムで開催されているジョルジョ・デ・キリコ展
彫像や建築物の影が伸びる人気の無い広場、そこに配されるマネキンや玩具
それは「形而上絵画」と称されるデ・キリコ独自の世界
その形而上な絵画に浸りたくて先週の傘マークの予報だった日曜日に新橋まで行ってきました(天気の悪い休日は美術館がいいですね^^)

s500_DSCN0547.jpg

東横線で武蔵小杉、そしてJRに乗り換えて大崎、そして山手線
ちょこちょこ乗り換えが煩わしいけれど意外と近い
でも武蔵小杉の乗り換えは何時も面倒に思います

s500_DSCN0552.jpg

新橋に着いたら11時半、なので先に昼ごはん
サラリーマンの聖地、”新橋”で激盛り豚丼を提供する「豚大学」という店があることを思い出して行ってみました
とある方(何方だったか失念)のブログで存在を知り、その衝撃的な盛りの画像に震えました
なので機会があれば行こうと狙っていたのです
しかし、探しても店が見つかりません
iPadで検索してみると、なんと日曜日は定休日
では何処に行こうか・・・ふと前を見るとナポリタンの看板
そうだ、この店も多くの方のブログで見かけました
いい機会だから入ってみましょう

s500_DSCN0553.jpg

階段を降りてゆくと・・・怪しげな空間が

s500_DSCN0554.jpg

どれを頼むか・・・・初めての店、何を頼んだらよいのかよく解りません
こんな時は左上の法則に従えばいいはずですが、左上は目玉焼き @@;)
なんとトッピングが上に並ぶ券売機なのです
ナポリタンで一番左上はナポ目玉、これを頼んでみます

麺の量は小、並、大と選べて価格に違いはありません
大盛りは600gとのことなので大盛りを頼みました(小は300g、並は400gです)

s500_DSCN0568.jpg

本当は・・・”兄貴(900g)”か”番長(1200g)”を頼んでみたかったのですが、健康診断を控えた身
大食いは控えておきましょう
それにナポリタンの大盛りは過去に辛い思い出があるので、まずは常識的な盛りで味の確認
以前オフィスの近くにあるガッツリ系の喫茶店で大盛りナポリタンを頼んだのですが、その味のまずさ破壊力に遭難してしまったのです

s500_DSCN0556.jpg

サーバーで水を汲んでから席へ

s500_DSCN0557.jpg

店内は狭く、押し込まれている感たっぷり
壁いっぱいに貼られた懐かしい映画のポスターが良い味わい
この狭さも味のうち(笑

s500_DSCN0558.jpg

テーブルには大きなタバスコとでっかい容器に入った粉チーズ
フォークや箸は箸たての中
狭い店内ですから調理するナポリタンの匂い、ケチャップを炒めた時の甘酸っぱい匂いが漂ってきます
いや、漂うというレベルではなく臭いの中に居る感じ
きっと服がナポリタン臭くなっているだろうな(笑
自分の席の二つ向こうの兄さんが”兄貴(900g)”を食べていましたが、見た目あれなら大丈夫そう
美味しかったら次は”兄貴”だな

s500_DSCN0562.jpg

そして大盛りナポリタンの登場
横目で眺めた”兄貴”と比べると盛りは大人しいですが、それでもそれなりにボリュームはあります

s500_DSCN0563.jpg

さっそく食べてみます
麺は茹で置きしたものでコシは無くもっちり感たっぷり、でもそれが昔ながらのナポリタンでありケチャップの味によく合います
炒め方もいい感じで油っぽさは無く、くどさはありません
凄く食べやすい、これなら”番長”にも挑戦できるかも
味は間違いなく昔ながらのナポリタン、懐かしい味に箸(フォーク?)が進みます
もっちりした噛み応えにケチャの甘酸っぱい味、ノスタルジックな気分
目玉焼きを乗せましたが、この麺の量なら無くても良かったかも
味を変えなくても軽くフィニッシュできそうですから

s500_DSCN0564.jpg

次回来た時の為にセッティングを研究しておきます
まずはタバスコでどう味が変わるか確認
・・・・・
いやぁ~これは・・・・、タバスコを使うのは蕎麦の汁に山葵を入れるようなもの
全てがタバスコの味になってしまうのが危険な感じ
ガッツリ食べる時は邪魔になりそう

s500_DSCN0567.jpg

粉チーズも使ってみましょう
このケチャ風味たっぷりのナポリタンに粉チーズはよく合います
ですが粉チーズはナポリタンを美味しくしますが重くもしてしまうので注意が必要
つまり安易に使うと遭難の元、最初からかけてはいけないのです
使用するタイミングと量を考えて使わないといけません

大盛り(600g)を食べきった感じでは腹八分目、もうちょっと食べたい
この感覚なら”兄貴(900g)”は確実にいけるでしょう
”番長(1200g)”もギリギリいけそうな気はするのですが、ケチャの重さが後半でどう影響するか登頂の成否はそこにありそう
蕎麦の1000gは経験ありますが、ナポリタンは蕎麦より重い
それを考えると”番長”は体調を整えてからじゃないと危なそうです
やはり最近食べられる量が減りました半世紀以上使い込んだ胃袋ですからガタも来ているのかな

s500_DSCN0570.jpg

最初っから”兄貴”にしておけばよかった・・・
ちょっと食い足りない感に別腹をどうしようか考えながら汐留ミュージアムに向かいます

パンチョ 新橋店
03-3504-8747
東京都港区新橋2-8-8 からす亭ビル B2F
11:00~23:00

s500_DSCN0580.jpg

(つづく・・・)

boeder-001.gif

カエルの卵ドリンク(勝手に命名)が気に入ったのか奥さんが買ってきました

s500_DSCN0616.jpg

今度はマンゴーとホワイトグレープ

これは色がいけません

普通にジュースの色だから

やはり前回のレモングラスが一番です

色が、その濁り具合が

まるで池の水

なのでカエルの卵そのもの

リアリティMAX^^

m_emoji-1.gif

 

 


nice!(115)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ケチャ味のナポリタン発祥の地 野毛 センターグリル [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

先日、ニューグランドの”発祥のナポリタン”をいただきました。
ナポリタンとは思えない上品な味わいで凄く美味しかったのです。
(その発祥のナポリタンの記事は→ここ)

s500_DSC_4969m_2916.JPG

発祥のナポリタン、
それは後味が爽やかでありながら味はしっかりナポリタンの特徴が現れた、目から鱗のナポリタンでした。
そう、ナポリタンとは思えない程の上品な味・・・
ナポリタンとは思えないほどの・・・
ナポリタンとは・・・
・・・・・
ナポリタンとは一体何ぞや?????

s500_DSC_4977m_2922.JPG

発祥のナポリタンはスパゲッティとして素晴らしい美味しさでしたが
自分の描くイメージのナポリタンは”まずうま”ナポリタン、上品な味ではないのです。
ようはB級グルメ
ニューグランドのナポリタンは”まずうまナポリタン”とは別次元、堂々としたグルメ料理
間違ってもB級ではありません。

s500_DSC_4981m_2926.JPG

やはりナポリタンはB級、庶民派が落ち着きます。
ではどのようなナポリタンがB級グルメ的ナポリタンなのでしょう

ナポリタンを思う時、まず最初にケチャ味が思い浮かびます。
ケチャの甘ったるさとツンツンした酸味、そこにトマトの旨みがドッシリ重くのしかかるような味わい
そのケチャが麺にネットリ絡み、食べる程に口が重くなってゆく
ケチャの重さに輪をかけるのがスパゲッティの麺

s500_DSC_4983m_2930.JPG

ナポリタンの麺はしっかり炒められ、オイルでギラギラした麺
そのオイリーな麺と重いネットリケチャが織りなすアンサンブル
それこそがナポリタンの味わい

そして、その重さを吹き飛ばすために使うのがタバスコ
これがナポリタンと一緒に供されないといけないのです。
(ニューグランドにはありませんでした)

それをやや多めにかけ頬張ると、熱さを伴った爽やかな風が口の中に吹き抜け、溜まったケチャの重さを吹き飛ばすのです。
そんなナポリタンを探しましょう

s500_DSC_4988_2938.JPG

ニューグランド、ナポリタン、ケチャップをキーワードで調べると二つの店がヒットしました。
さらにネットで調べてゆくと・・・(便利な世の中になったものです)

GHQ接収時のニューグランドで料理長を務め、アメリカ人相手に料理を作っていた平野勇吉氏が横浜・元町で開業した“洋食の美松”
ここでは、トマトケチャップで味つけしたスパゲッティを”イタリアン”として出されています。

また、ニューグランドの初代料理長だったワイル氏が経営していたセンターホテルでワイル氏の弟子であった石橋豊吉氏が横浜桜木町に開業した“センターグリル”
ここでも、トマト風味のスパゲッティの”ナポリタン”があります。

これらの店がケチャップを使用したナポリタンの元祖と言われるのですが、洋食店はホテルとは客筋が違いますから上品な味わいのトマトソースではなく、ドッシリ重いケチャップを使いナポリタンを作ったのでしょうね
彩にピーマンも加えて・・・

s500_DSC_4989m_2941.JPG

となるとケチャ味の”まずうまナポリタン”を検証しないで済ませられるはずがありません。ケチャ味の発祥のナポリタンを味わうことなくナポリタンを語る事は出来ないのです。
”洋食の美松”と”センターグリル”のナポリタンを食べずしてナポリタンの探求を終える訳にはいきません。
ではどちらから行くか・・・・・

s500-PC150004.jpg

この日、下の娘を誘いましたが何やら予定があるとの事で一人行動
ちょうどチノパンに限界がきていましたので新調しないといけません。 みなとみらい のEddieBauerに行くことにしました。
みなとみらい に行くのならばついでに野毛のセンターグリルに寄りましょう
折角冬晴れの気持ちのいい休日です。
散歩しながら街撮りも一緒に^^

JR桜木町で降り、野毛に向かいます

s500-PC150005.jpg

iPadに道案内を頼みます
この辺りを奥に入って・・・・えっ?センターグリル?
地図が示す場所はこの先を左に曲がったところだけどな・・・

s500-PC150006.jpg

でも間違いないようです

s500-PC150009.jpg

入ってみます
一階に小さくテーブル席がありましたが使ってない雰囲気
店の方は誰も居ません。
見回すと二階におあがりくださいと書かれています
二階?見上げると丁度お店の方が降りてきました。

s500-PC150012.jpg

二階は満席なので別館の方へどうぞと
入口は異なりますが厨房は一緒だそう
ようはL字型の建物なのですね

s500-PC150013.jpg

別館に向かいます
左に曲がってすこし行った場所
iPadの地図で示していた場所です

s500-PC150014.jpg

この雰囲気、こっちの方が本館な気がします
昭和な匂いがプンプンの店構え
これは楽しそう^^ 禁煙マークが嬉しいです

s500-PC150046.jpg

あらためて入り口前の看板をチェック
オムライスやランチものも魅力的ですが、今日はナポリタンを食べにきたのです
さらっと横目で見る程度に留めておきましょう
じっくり見てしまうと浮気心が起きてしまいますから^^

s500-PC150026.jpg

さぁ、入りましょう
店内は一卓を残して全て埋まっています。
向こうの店から回ってこられた方ですね?
と、残っていたテーブル席に案内されました。
店中はしっかり昭和で懐かしくいい雰囲気です^^

s500-PC150018.jpg

メニューを確認
米国風洋食なんですね
でも米国風ってどんなのを言うのかな

s500-PC150015.jpg

おすすめメニュー
オーダーするのは決まっています
スパゲッティナポリタンです。
でも気になるのはオムライス
特製オムライスって一体何だろう

s500-PC150016.jpg

どうやら特製オムライスはケチャップライス
そして普通のオムライスは白いライス
白いライスって・・・白飯?バターライスじゃないの?バターライスだよね?

s500-PC150020.jpg

普通のメニューもチェック

s500-PC150019.jpg

おぉ?ここで謎が
スパゲッティイタリアンとスパゲッティナポリタンの違いは何だろう???
見れば見る程不思議なものを発見します。

s500-PC150022.jpg

そういえば水は・・・・
見るとテーブルの上にはポットが置かれています
テーブルの隅にはグラスがいい感じのホルダーにセットされていました。
昭和の洋食屋さんだなぁ
ノスタルジックな気分^^

s500-PC150030.jpg

そしてテーブルにウスターソースが置かれているのもポイントが高いです

s500-PC150037.jpg

そして会いたかったケチャ味のナポリタンが登場

s500-PC150036.jpg

麺が太いです
そして柔らかそうな表面の雰囲気
麺にコシなど存在しない感じが見た目から伝わってきます。

s500-PC150033.jpg

付け合せのシンプルなポテサラもいい感じ
丸く盛られたポテサラは洋食屋さんのプレートにはつきもの。
パセリも忘れてはいけません^^

s500-PC150035.jpg

粉チーズは既にかけられていました。
どうですこのアップ
麺にネットリ絡んだケチャップのふてぶてしい程の存在感

s500-PC150038.jpg

フォークは・・・????あっ、これか
壁の棚に並ぶ紙包み、これがフォークのようです

s500-PC150039.jpg

一本取りだして・・・

s500-PC150040.jpg

開くと中にナイフとフォーク

s500-PC150041.jpg

いただきまーす
フォークにスパゲッティを巻きつけ、口の中に
ツンツンした酸味とネットリした食感
噛むと麺にはコシは無く、むっちりと潰れてゆきます
後には重い甘さと旨み
う~ん、マズイ・・・でもウマイ、後を引く~^^ 
もっと食べたいと腹が騒ぎます
これぞ”まずうま”
これこそがナポリタンスパゲッティ

s500-PC150042.jpg

量が少なめなように見えましたが、山を崩すと結構量があります。
味が重いので食べごたえは十分
ピーマンの苦さと香りはケチャによく合いますね
ケチャの重さに疲れた味覚を元気づけてくれます

s500-PC150044.jpg

キャベツにはドレッシング類はかかっていません
昭和な洋食屋にそんなものは要らないのです
キャベツにかけるのはテーブルのウスターソース
このウスターソース味のキャベツがまた昭和を思い起こします
自分の子供の頃はウチにドレッシングなど常備してありませんでした
キャベツの千切りは常にウスターソース
ですから凄く懐かしい味^^

普通の一人前のナポリタンでしたが、凄く満腹
おかわりが欲しいとは思いませんでした。
ドッシリした味わいにおなかはもう要らないと^^;

昭和の香る店舗で食べる昭和のナポリタン
凄く懐かしい気分になりました。
今の時代の中では、このナポリタンに美味しいという感想はありません。でも、”ああ、これだね”と落ち着ける味なのです。
そしてそれはセピア色の記憶も一緒に味わえるナポリタン

s500_DSC_4997_2946.JPG

センターグリル
045-241-7327
横浜市中区花咲町1-9
12:00~21:15(L.O.)
定休日 月曜日

セピア色の気分のまま、のんびり散歩がてらみなとみらいに

s500_DSC_5008m_2966.JPG

チノパンを買った後は散歩の続き
海沿いに元町へ向かいます

s500_DSC_5012_2969.JPG

懐かしい味のナポリタンを食べてから、妙に時間の進みがゆっくりに感じます
聞える音も、何処か遠くの音のような感じ

s500_DSC_5015m_2972.JPG

そして気分はいまだモノクロームのまま


s500_DSC_5033_2981.JPG

赤レンガではクリスマスもののデコで賑やかになっていました
おや、久しぶり
1年ぶりじゃないかな^^
カッコいいお姉さんサンタに今年も会えました^^

s500_DSC_5019_2975.JPG

今日は新しいレンズを装着してきていますから、いろいろ試し撮りを楽しみます
このくらい絞るとどんな感じかな
開放はどうかな

s500_DSC_5021m_2978.JPG

色の出方の癖は?いろいろ試して・・・・

s500_DSC_5026_2979.JPG

新しいレンズは凄く楽しい
時間を忘れてしまいます

s500_DSC_5035m_2986.JPG

撮っては液晶でチェック、チェックしたらまた撮って・・・・
これでは時間がかかって当然^^;

s500_DSC_5039_2989.JPG

このあと元町から山手の洋館のクリスマスデコを楽しもうと思っていましたが・・・
時間が足らなくなってしまいました。
奥さんに伝えた帰宅時間が迫ってきています
山手の洋館のクリスマスデコは諦めて今日は戻りましょう
まぁ、仕事の帰りに行かれるかもしれませんから
・・・・・・
と思っていたら
スケジュールがパンパンになってしまいフル出張
仕事帰りに山手に行かれる状態ではなくなってしまいました~><

 


nice!(83)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

これが原点 発祥のナポリタンとプリンアラモードを楽しむ ホテルニューグランド The CAFE [オムライス&ナポリタン (omletrice&]

(前記事からのつづきです)

s500_DSC_4956_2908.JPG 

葉もすっかり落ちた銀杏並木
歩道に敷き詰められた黄色い絨毯をホテルニューグランドに向かって歩くも
前日から何も食べていない体は足を速く動かせません
よたよたもつれるように歩きながら、噂に聞く発祥のナポリタンを妄想していると胃が大騒ぎ
でも健康診断で飲んだバリウムの重さに空腹なのか満腹なのか解らなくなります。

s500-PC100002.jpg

スパゲッティ・ナポリタン発祥の店と書かれた看板

ホテルニューグランドはGHQの総司令部として接収されていたのですが
米兵がパスタにケチャップをかけて食べているのを見て、レシピの発想を得たそうです。
ケチャップはホテルが提供する料理にふさわしくないと考え、トマトソースを使用して作ったのが日本で最初のナポリタン。
という事らしいです。

と、定説は上記のとおりなのですが、よく調べると、進駐軍がやってくる前、つまり戦前ワイル氏(*)が総料理長だった時のニューグランドで、すでにスパゲッティ・ナポリタンは提供されていたという記録も。
 1934年(昭和九年)1月27日のニューグランドのア・ラ・カルトメニューには、野菜料理のところに"Spaghetti Napolitaine"と、はっきり書かれています。ただ、ナポリティーヌとナポリタンが同一であったか否かは解りません。でも原型ではあったのではないでしょうか

(*)このワイル氏の存在は別のナポリタンの記事にも登場します

s500-PC100038.jpg

この店が発祥のナポリタンのある店

ザ・カフェ (The CAFE)
045-681-1841
横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館 1F
10:00~21:00(L.O.20:30)

s500-PC100037.jpg

本当にここかな?
地味な入口にちょっと戸惑います

s500-PC100036.jpg

プリンアラモードの紹介がされていますから間違いありませんね

s500-PC100005.jpg

店内
やはりファミレスと違って落ち着きますね^^・・・・そりゃ当たりまえだ

s500-PC100009.jpg

結構広いです

s500-PC100004.jpg

頼むものは決まっていますが、一応品書きを確認
オムライスもそそられるなぁ^^

s500-PC100003.jpg

スパゲッティと書いてあるのがいい^^
ナポリタンは1575円です。

s500-PC100006.jpg

やっぱり気になりますよね
発祥のプリンアラモード

s500-PC100007.jpg

プリン・アラモード
何という甘美な響き
子供の頃、デパートについていくとご褒美に食べさせてもらえるプリンアラモード
買いもしない買い物に付き合わされ、延々デパートの中を歩き回らされて、ヘトヘト、棒のようになった足
それでもプリンアラモードが食べられるかもしれないという期待で歩き続けられたのです。
そしてご褒美に目の前に現れるプリンアラモードは特別の想いとなって直ぐには食べられず
端っこからチマチマ少しずつ、大切に大切に・・・・

s500-PC100008.jpg

あの横に長い器、最近見かけませんね
そのせいかプリンアラモードの名は凄くノスタルジックな気持ちに

プリンアラモードは997円

s500-PC100010.jpg

オーダーは当然ナポリタン

ナポリタンをください

はい、ナポリタンですね。以上でよろしいてしょうか?

・・・・・え~・・・・あと、プリンアラモードを

ははは、思い出したら食べずに帰るわけにはいかなくなりました。
まぁ、こうなることは解っていましたが^^;
髭オヤジが一人プリンアラモードを食べる姿は画になるだろうなぁ(笑)

s500-PC100012.jpg

念願の発祥のナポリタンの登場
左上の器には粉チーズが入っています

s500-PC100017.jpg

発祥のナポリタン
見た目が普通のナポリタンとは違います
ケチャを使っていないのでナポリタンというよりトマトソースのパスタのよう
ピーマンの緑も無いので余計そう思います

s500-PC100018.jpg

まずは一口
!!!!美味い!
何というのでしょう、ナポリタンじゃないのですが、やっぱりナポリタンなのです。
ケチャの味じゃなくトマトソースの爽やかな味わい
これはナポリタンじゃないと言いたいのですが、後味はしっかりナポリタンの味
しかもケチャを使ったナポリタンより確実に美味しい

s500-PC100019.jpg

ケチャじゃないので重さや甘さで味覚が疲れる事がありません
味が味蕾にスーッと滲みていく感じ
ケチャを使わないナポリタンと聞いて、物足りないと感じるだろうと思っていたのですが
いい意味で裏切られました

s500-PC100021.jpg

ナポリタンってある意味マズウマの料理と思っていましたが、これはピュアに美味しい
1575円のナポリタン
ナポリタンとしては高価ですが納得です^^

s500-PC100027.jpg

そして次にやってきたのがプリンアラモード
お約束の横に長い器が懐かしい^^

s500-PC100028.jpg

バニラアイスにオレンジにキーウィ

s500-PC100029.jpg

リンゴは兎、これは絶対に兎でないといけません
それにサクランボは赤い奴
この缶詰の赤いサクランボが良いのです
これが生のサクランボでは興醒め^^;

s500-PC100031.jpg

プリンは昔ながらのプリンでやや固め
最近は柔らかな軟弱なプリンばかり
しっかりしたプリンが少なくなってしまいました。
味もオーソドックス
重さの感じる味わいでは無く、ナチュラル
甘さはしっかり

s500-PC100032.jpg

おっと、最初にサクランボを安全な場所に疎開させておかないといけません
これは最後の楽しみなのですから

s500-PC100034.jpg

リンゴの兎
どっちから食べようかなー^^
やっぱり頭からだよね

s500-PC100050.jpg

食べ終えたらホテル内を少し散策

s500-PC100039.jpg

関東大震災後に建てられたHOTELだけに、歴史ある資料がいっぱい展示されていました。その中に・・・

s500-PC100041.jpg

これはまた・・・昭和12年の資料でした^^;

s500-PC100054.jpg

枢軸国側の会議の後のランチかな

s500-PC100055.jpg

帝国海軍軍楽隊の演奏付のランチで

s500-PC100056.jpg

それほど豪華なランチではないような気も^^;
ライスプッディングが食べたいな
スペシャルランチのお値段は2.5円

s500-PC100057.jpg

その来賓の方々

s500-PC100059.jpg

そんな歴史を見てきた建物は
凄く重圧な雰囲気

s500_DSC_4943_2900.JPG

新しいホテルとは貫録が違います
でもこっちの方が落ち着くのは何故

s500_DSC_4948_2902.JPG

このエレベーター、乗ってみたいな

s500_DSC_4945_2901.JPG

胃カメラの健診が終わった時に下剤を飲んでいますので、念のため暫くホテル周辺に留まります

s500_DSC_4951_2904.JPG

山下公園を散歩したり・・・

s500_DSC_4954_2906.JPG

のんびりした平日の山下公園、雨上りの冷たく透明な風が肌に心地いい

s500_DSC_4955_2907.JPG

腹の安定を確認したら上野に向かいます。
平日のメリットを生かし、都立美術館で開催されているターナー展に行くのです
ターナー展はもうすぐ終わり
休日にいったらとんでもない混雑でしょう
ですからこの健康診断のタイミングを狙っていたのです
健康診断とオフ会の間を埋めるのに実に丁度いい^^

(さらにつづく・・・^^;)


nice!(90)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
オムライス&ナポリタン (omletrice& ブログトップ