So-net無料ブログ作成
日常のなかで(Diary) ブログトップ
前の30件 | -

蒔田の演芸会の後は野毛でお好み焼き みかさ [日常のなかで(Diary)]

台風、風雨が凄かったですね
横浜港から3.5km離れたうちの方まで潮の香りが濃く届いていました

我が家の被害はベランダがとっ散らかった程度
網戸とか飛ばなくて良かったです
壊れたと思ったエアコンも翌日には何事も無かったように動き出し一安心
強風か気圧の影響か、それらが負荷をかけてインターロックが動作していたようです 
前記事をタイプしている時は静かで台風の目かと思いましたが、既に通過していたようで深夜には雲の切れ間から綺麗な月
あまりの綺麗さに窓全開で寝ていました
翌朝の空は見事に青一色
クリアな青が気持ち良かったですね
でも気温は高め、そろそろ金木犀が香ってもよさそうなのに甘い気配は感じられません
月曜日は一転して朝から雨
雨では遊びにゆかれませんから朝寝を決め込んでうだうだ
と、肌寒く感じる風がドアの隙間から流れてきます
リビングの窓が開けっ放し?
でも肌寒いけれど気持ちいい
もっと風が流れるようにと寝転がったまま腕をのばして部屋の窓を一気に開けます
開けた途端、肌を撫でる風は秋らしく寂しさを含んで、仄かに金木犀の甘い香りが溶け込んでいます
昨日は香らなかったのに1日で香るようになったんだね
金木犀が香ったらどうしても見に行きたくなってしまって、傘をさして近所の金木犀巡り散歩
台風ってことで何も予定を立てていなかった三連休
こんな長閑に過ごすのも悪くない  


boeder-001.gif


 


で、10月最初の週末のこと
土曜日は少しだけ仕事になってしまいました(午後の早い時間には終わるかな) 
でも出張ではなくオフィス仕事、みなとみらいのオフィスに出社します
奥さんは休みで、ジムでトレーニングした後は何たら(聞いたけれど興味ないから覚えられない^^;)というファミリーセールの靴のバーゲンに行くそう
その会場がみなとみらいのワールドポーターズだそうで。。。。
ワールドポーターにも映画館があったねって話から夕刻に合流して映画に行こうと
映画に誘ったのは奥さん、映画を選んだのも奥さん、なら当然映画代は奢りだよね^^
行ってもいいよと返事

S500_IMG_6815_3016_DT1_3048.JPG


 


休みの日なので電車ではなくベスちゃんで行くことにしました
オフィス近くで無料でバイクを駐輪できるところは数カ所あります
カップヌードルミュージアムの裏側(新港パーク)、赤煉瓦倉庫の駐輪場、象の鼻、そして大桟橋の駐輪場
赤煉瓦倉庫に向かって走ってゆくとMarine&Wakeの所にバイクと自転車が並ぶ一画が
ここにも駐輪場があったのですね、知らなかった
早速利用してみることに
LPのジャケットに使えそうな雰囲気、なかなか絵になる駐輪場かも 


 


s500_IMG_6827_2945.JPG


 


午後、現地待ち合わせ


 


s500_IMG_6836_2950.JPG


 


サークルウォークからワールドポーターズにアクセス
おや、あれは・・・・赤煉瓦倉庫の向こう側に 


 


s500_IMG_6834_2949.JPG


 


いずも?
見に行きたい〜
でも待ち合わせ時間が・・・・
いや、奥さんとの待ち合わせ時間などどうでもいいけれど、映画だから時間厳守だし^^; 


 


s500_IMG_6840_2952.JPG


 


現地で奥さんと合流
奢ってもらうつもりが・・・・今回も何だかんだと奢らせられました//orz
このぉ〜、映画の後でお茶とケーキを奢らせちゃる (`・ω・´)キリッ
映画にはポップコーン要るでしょ、さるくん飲み物は何?
奥さんの問いかけに
コーラ!
売店に行った奥さんの背中を眺めながら悪い予感
ひょっとしたらポップコーン代で映画代をチャラにしようとしているのか
∑(´゚ω゚`;)
それだと予定がぁ〜


 


s500_IMG_6841_2953.JPG


 


観た映画は”記憶にございません”  
観終わった後でお茶を・・・と誘ってみたものの、誘ったのはさるくんだから奢りだよねと返される始末
その理屈なら何故こっちが映画代を払うんだよ〜
諦めた理由はそれだけじゃなく、いいお店が無かったから
ワールドポーターズってフードコートっぽい店ばかりで、落ち着いてお茶できるところが無いんだね


 


s500_IMG_6843_2955.JPG


 


奥さんはスクーターの駐輪場所が思いつかなかったとかで電車利用
自分はべすちゃんで来ましたから現地解散
まっすぐ帰るのもつまらないので海辺を散歩
気温もちょうど良くて潮風も心地いい
夜にみなとみらいはあまり来ないけれど、夜もいいもんだね 


  


S500_IMG_6850_3026_NC_3052.JPG


 


少しだけ散歩を楽しんだら帰ります
散歩してから帰ったのに、ウチに戻ったら奥さんはまだ戻っていなくて
しかも全然帰ってこない
こりゃ帰りにスーパー寄ってるな(奥さんは歩いて5分のスーパーに出かけて5時間帰ってこなかったこともあるのです)
仕方ありません、夕飯の給食当番確定です
晩御飯を作り始めました
そして晩御飯が出来上がると同時に奥さんが帰宅
狙ってたとしか思えない・・・・・ーー;) 


 


s500_IMG_6869_2970.JPG


 


翌日曜日は朝一でジム通い
シャワーを浴びてランチを済ませたら蒔田までおでかけ
何時もは横浜で東横から地下鉄に乗り換えるのですが、この日は運動がてら新横浜まで歩いて地下鉄に乗ります
蒔田で曽根風呂ガーの”よーちゃん”さん出演の演芸会があるのです
 

”可笑家きゃらめる”がよーちゃんさん
演目のうちの一部分、落語のところをご紹介 


 


今川あずき さん<二人旅>
 


s500_IMG_6871_2972.JPG
(演者自らめくるのはご愛嬌^^)

旅は急いではいけませんね
歩くのを良しとして歩くと、健康にも良いが金と時間が掛かります
昔は京大坂まで歩いたのですが、それは交通機関が無いからで健康のためでは有りません
時間はかかりますが連れがあれば大丈夫
二人で話ながらの旅であれば時間がかかっても苦になりません


「腹減ってきて歩くのやんなっちゃった」
「だったら、遊びながら行こう。ナゾ掛けはどうだ。何々と掛けて何と解く、と言うやつだ。まずやるよ。絹糸がこんがらがっちゃった。と掛けて・・・、上げましょう」
「木綿糸がこんがらがっちゃった。と解く」
「その心は」
「麻糸がこんがらがっちゃった」
「それでは解けていない」
「こんがらがっちゃったんだから、解けない」


「俺がやるよ。お前の着物と掛けて、正宗の名刀と解く・・・、解らなければ、『上げましょ』と言いな」
「上げましょう」
「その心は、触っただけで切れそう」
「なんだ、褒めているんじゃなくて、バカにしているんじゃないか。では、お返しを、お前の着物と掛けて村正の刀と解く、その心は・・・、触らないうちに切れる」


「ダメだよ。もう一つ。お主と二人連れで何と解く、馬が二匹と解く、その心は、ドウドウ(同道)だから」
「うまいなぁ。では、お主と二人連れで何と解く」
「真似ばっかりして」
「くたびれたと解く」
「その心は・・・」
「腹減った」
「それってナゾにも何にもなっていないょ」
「くたびれたので考えたら腹が減っていたんだな」


「オイオイ見ろよ。あすこに茶店があるぞ。何か食べ物があるよ」

「座らせて貰うよ」
「ハイハイ、いらっしゃいませ~」
「婆さん、お茶なんて要らないよ。江戸っ子なんだ、酒出してくれ」
「蔵元があって、イイ酒があるよ。ほかほかして『村さめ』と言い、村を出る頃に酔いが覚めるんだ」
「他には・・・」
「『庭さめ』というのがあるよ」
「それはどんな酒だ」
「ほかほかと酔っていても、庭に出ると酔いが覚める」
「他は?」
「時期さめ」
「ダメだ。一番イイ酒『村さめ』を持ってきて」
「徳利に入れなくても、湯飲みで良いよ。茶渋が付いた汚い茶碗だな。婆さんがいつも使うやつだろ。客に出すなよ」
「大丈夫だ。客が使ったら、よ~く洗って使うだ」


「うー、これはひでぇ~酒だ」
「お前、旅でそんな事言っちゃいけないよ。貸してごらん。・・・うッ(ペッ)これはひどいや、口直しに何か摘まむものは無いか、
卵はあるだろう」
「それをどうする」
「青大将と違って割って飲むんだ」
「チョット待ってろ。裏の木にミミズクが巣作ったから取ってくる」
「いらないよ」


「そこに煮ているタニシがあるだろ。それ持って来い」
「タニシじゃない。焼豆腐を煮直ししていたら角が取れて丸くなった」
「古いんだろう」
「古くはない。八幡様の祭礼の煮染めがこうなっただよ」
「去年の祭礼か」
「一昨年のだよ」


 


(*∩v∩*) ニッコリ♪




笑風亭 春好 さん<金明竹>


 


s500_IMG_6874_2974.JPG 


 


ある日、松公が店番をしていると、不意に雨が降ってきて一人の男が雨宿りに寄ってくる
男に「軒を貸してくれ」と言われ、「屋根の軒を持って行かれる!」と勘違いした松公、慌てて代わりに傘を貸してやった
そのことを聞いた叔父さん、松公の勘違いとは思わず、親切と思って褒めるが、松公が貸したのが自分が買ったばかりの高級な蛇の目傘だと知ってあ然
その上、相手の男が何処の誰かも分からない通りすがりと知ってあきれかえる
「そういう時は、傘はみんな使い尽くして、バラバラになって使い物にならないから、焚き付けにするので物置へ放り込んであると断るんだ」
叔父さんがお説教して奥へ引っ込むと、今度は向かいの家の人が「鼠が暴れて困るのでお宅の猫をお借りしたい」と言ってきた
松公、「猫はバラバラなって使い物になりませんから焚き付けに......」
後からそれを知った叔父さん、頭を抱えて叱る
「猫なら『さかりがついてとんと家に帰らなかったが、久しぶりに戻ったと思ったら、腹をくだして、そそうがあってはならないから、マタタビを嘗めさして寝かしてある』と言うんだ」
次にやってきたのは出入りのお店である大和屋の番頭さんで、「旦那様(叔父さん)に鑑定(骨董品の目利き)を依頼しに来た」と言う
松公、「家にも旦那が一匹いましたが、さかりがついてとんと家に帰りませんで......」
後からこれを聞いた叔父さん、びっくり仰天して大和屋にすっ飛んでいく
そこへまた一人の男がやってきた
上方者らしいが、開口一番、

「わて、中橋の加賀屋佐吉方から参じました。先度、仲買の弥市の取次ぎました道具七品のうち、祐乗、光乗、宗乗三作の三所物。並びに備前長船の則光、 四分一ごしらえ横谷宗岷小柄付きの脇差、柄前はな、旦那はんが古鉄刀木と言やはっとりましたが、やっぱりありゃ埋もれ木じゃそうにな、木ぃが違うておりまっさかいなあ、念のため、ちょっとお断り申します。次は、のんこの茶碗。黄檗山金明竹、ずんどうの花活け。古池や蛙飛び込む水の音と申します、あれは、風羅坊正筆の掛け物で。沢庵、木庵、隠元禅師はりまぜの小屏風、あの屏風はなあ、もし、わての旦那の檀那寺が、兵庫におましてな、この兵庫の坊主の好みまする屏風じゃによって、かようお伝え願います」(この部分はメッチャ早口で所々しか聴き取れません 演者としては聴き取らせるようなレベルだとダメだそうで、なおかつある一言は解るようにしないといけないとか)

と、ここまで一息に用事の口上を述べ立てた
松公は意味が分からず呆気にとられていたが、面白がって「もういっぺん言っておくれ」と頼む
上方者の使いも律儀な奴で、またも口上を述べ立てるが、何しろ相手は松公であるから、意味もわからず早口を面白がるだけで何度も言わせる
騒いでいるとようやくおかみさんがそれに気づき、松公の代わりに話を聞こうとするが、何しろ骨董符丁だらけの早口な上方弁、やはり何を言っているのかわからない
結局同じ話を何度もさせられた上方者は、疲れてクタクタになってしまい
嫌になってさっさと言うだけ言って帰ってしまった
さて、何のことだったのだろうとおかみさんが首をひねっていると叔父さんが帰ってきた
誰か来なかったかと訊かれ、さっきの『上方弁』の話をしようとするが、わからない人間に報告されて内容がわかるはずもない

「仲買の弥市が気がふれて、遊女が孝女で、掃除が好きで、千ゾや万ゾと遊んで、終いにずん胴斬りにしちゃったんです。小遣いがないから捕まらなくて、隠元豆に沢庵ばっかり食べて、いくら食べてものんこのしゃあ。それで備前の国に親船で行こうとしたら、兵庫へ着いちゃって、そこに坊さんがいて、周りに屏風を立てまわして、中で坊さんと寝たんです」
「色情狂か? 全然分からないな。どこか一か所でも、はっきり覚えているところは無いのか?」
「えーと...。確か、古池に飛び込んだとか」
「飛び込んだァ!? あいつには道具七品が預けてあるんだが、どうなった!?  誰か買ったのか?」
「いいえ、買わず(蛙)......」

(≧∇≦)アハハッ


 


 


可笑家きゃらめる さん(SS風呂ガーのよーちゃんさん)<花筏>


s500_IMG_6875_2975.JPG


 


どんな形の提灯にも見事に貼り仕上げるという提灯屋の徳さんの家を、知り合いの相撲の親方が訪ねてきた
聞けば、患っている部屋の看板力士・大関花筏が、明日をも知れない容体だという
実は親方、銚子で相撲の興行を請け負ったが、向こうは花筏一人が目当てで、顔を見せるだけでも連れていかないわけにいかず、かといって延期もできないしと、頭を抱えていた時思い出したのが提灯屋で、太っていてかっぷくがよく、顔は花筏に瓜二つ
この際、こいつを替え玉にと、頼みにやって来た次第
相撲は取らなくてもいいし、手間賃は一日二分出すという
提灯張りの手間賃の倍だから、徳さんもその気になった
その上、のみ放題食い放題、どっかとあぐらをかき、相撲を見ていればいいというのだからおいしい話
早速、承知して、銚子へ乗り込んだ
相撲が進み、宿の主人から「花筏は毎日酒は一日二升飲み、大飯は食らうし、色艶はいい、病人には思えない」と聞いた勧進元、具合も良くなっただろうから相撲を取ってほしいと親方に頼む
親方は「花筏は体が万全ならば酒は三升は軽く飲むのにそれが二升しか飲まないとは・・・体の具合が良くないのでしょうね」と誤魔化す
相撲の盛んな土地で、その中でも際立って強いのが、千鳥ケ浜大五郎と名乗る網元の倅
プロを相手に六日間負けなしで、いよいよ明日が千秋楽
こうなると勧進元が、どうしても大関花筏と取らせろと言ってきかない
病人だと断っても「宿で聞いてみたら、相変わらず酒は一日二升のままだが、宿の女中に夜這いに行ったと聞きました。病人が夜這いしますか?」と言われれば、親方も返す言葉がなく、「それならば体の具合もだいぶ良くなったのでしょう」と、しぶしぶ承知してしまった
驚いたのは提灯屋の徳さん
あんなものすごいのとやったら、投げ殺される
約束が違うから帰ると怒るのを、親方がなだめすかす
「お前もよくない、大酒大飯だけならともかく、宿の女中に夜這いに行ったのを見られてはどうにもならない」
顔面蒼白の徳さんに親方は作戦を伝授する
「立ち会いに前へ手をパッと出し、相手の体に触れたと思ったら後ろへひっくり返れ。そうすれば、客も病気のせいだと納得して大関の名に傷もつかず、五体満足で江戸へ帰れる」
そう親方に言い含められ、徳さんも承知
一方、千鳥ケ浜のおやじは、せがれが明日大関と取り組むと知って、愕然
向こうは今までわざと負けて花を持たせてくれたのがわからないかと、倅を叱る
明日は千秋楽、向こうはこの土地には縁も縁もない人たちだ、後は野となれで、腕の一本どころか、投げ殺されかねない
どうしても相撲を取るなら勘当だと、言い渡す
そうまで言われたら仕方ない、千鳥ヶ浜は相撲を諦めた
でも観るだけならいいと言われ観に出かけた
後ろでそっと観ていたが、何分にも大好きな相撲
知らず知らず力が入って少しずつ前へ出てしまい、ついには砂かぶりまで来てしまった
その時最後の取り組みとなり名前を呼び上げられ、いつの間にか土俵に押し上げられてしまう
土俵に上がったら最後、大好きな相撲ですから我を忘れてしまった千鳥ヶ浜、仕切りを始める
提灯屋、相手を見ると恐いから、目をつぶって仕切っていたが、これでは呼吸が合わず、行司がいつまでたって
「まだまだッ」
しびれを切らして目を開けると、鬼の形相の千鳥ケ浜、両目がギラリと光った
さぁ驚いたのが提灯屋
これは間違いなく命はないと悲しくなり、思わず涙がポロポロ
脇の下から、冷や汗がたらたらと流れる
このまま殺されてしまうと観念し思わず「南無阿弥陀仏」
これを聞いて驚いたのが千鳥ケ浜
思わず花筏を見ると花筏は大粒の涙を流しながら念仏を唱えている
はっとした千鳥ヶ浜
そうか、花筏は俺を殺すつもりなんだ・・・可哀想なやつだと念仏を唱えているんだ
おやじの言った通りだ、おやじの言うことを聞かなかったばかりに・・・と、こちらも涙がポロリ
冷や汗タラリでガクブルになりながら「南無阿弥陀仏」
両方で泣きながらナムアミダブツ、ナムアミダブツとやっているから、まるでお通夜
行司、しかたなくいい加減に「ハッケヨイ」と立ち上がらせると、提灯屋は目をつぶって両手を突き出し、「わァッ」と立ち上がった
千鳥ヶ浜は恐怖に体が固まり立ち遅れ、跳ねられて先に尻餠をついてしまった
困ったのは提灯屋の徳さん、自分が尻餅をつくはずだったのに・・・仕方なく勝ち名乗りを受ける
客:「どうだい、さすがは花筏だねぇ、あの人の張り手は大したもんだ」
張り(貼り)手がいいわけです、提灯屋だから

。゜゜ヾ(*>∇<)ノシ キャハハハッ


 


當今亭 㐂ん肉 さん<町内の若い衆>


 


s500_IMG_6881_2977.JPG


 
熊さんが大将(親分)の自宅に寄ってみたがあいにく組合の用事で留守にしていた
お茶をいただきながら聞こえてきたのが、奥の方で大工仕事をしている様子
聞けば「茶の間を持つような身分じゃないけれど、茶の間を作ろうと建て増しをしているの」と
「偉いですね。この不景気な折、木口の高い時期によく茶の間の建て増しをされる。大将は働き者ですね」
「な~に言ってるの、ウチの働きじゃ無いのよ。町内の若い衆さんがよってたかって作ってくれた様なものです」
その謙遜振りと、若い衆を持ち上げることの上手さに感心して外に出た
大将のおかみさんの奥ゆかしい態度に感心し、反対に、女らしさを失った自分の妻と比較して情けなくなった
ありゃ女じゃないね・・・
自宅に帰ると、陸に上がったトドのようなおかみさんがいた
「帰って来たのなら、そんな所に立たないで。西日が差さないだろ」
大将の家での一件を話して聞かせた
「お前にこういう受け答えができるのか」
「同じ事私だって言えるよ。言ってやるから建て増ししろ」
詰まって、返事のしようが無かった
「お前は女じゃ無い」
「女か女じゃないか、身に覚えがあるだろう」
「世間はそう見ていない。大掃除の時、二人共ほっかむりして、半纏着ていたら、屑屋が来て『弟さんの方が力ありますね』と言ったんだ」
男は「湯に行く」と言い捨てて自宅を飛び出した
偶然友達の辰に道で合った
女房の愚痴が出て、「お宅の大将は、大将って俺のことだよ。俺の家に行って何でも良いから褒めてくれ。最後に『おたくの大将は働き者ですね』と言ってみてくれ。どんな返事をしたか後で教えてくれ。湯銭は払っておくか
「何か買ったんだな。見せたい物があるんだろうな」と思いながら熊さんの家に行く辰さん
おかみさんに大将がいるかと尋ねたが、大将では通じなかった
「湯に行ったのだが途中合わなかった?」
褒めようと、部屋中見回したが褒める物がなにも無い
「普通は六畳を四畳半にしか使えない。家具や長火鉢が有るからな。ここは六畳を六畳のまんま使っているから偉い。蜘蛛の巣がスゴイ、アブラムシの生きのイイこと」と、褒める物が無いから苦しんでいた
おかみさんをよく見るとお腹が大きい、訊くと
「来月産まれるのよ」
「この不景気に赤ん坊をこしらえるなんて、おたくの大将は働き者ですね」
「うちの人の働きではないわよ。町内の若い衆が、寄ってたかってこしらえてくれたようなものよ」

(≧∇≦)アハハッ


 


 


次はプロの噺家さん


月の家 小圓鏡 さん<普段の袴>


 


s500_IMG_6882_2978.JPG


 


付け焼き刃は剥げやすいですから人の真似はおうおうにして間違えるものです
上野広小路の御成街道には、お侍相手の武具店が多くあった
そのうちの一軒に、細身の大小、羽織袴、白足袋に雪駄履き、白扇をにぎった人品の良い侍が立ち寄った
店の主人がもてなそうとすると「いや、今日は墓参の帰りじゃ。供の者にはぐれたのでここで待たせて貰おう」と店先の床机に腰をかけ、しばしの休息。腰からタバコ入れを取り出し、銀無垢の煙管に上等なタバコを詰めて一服
店に出してある鶴の絵に目を留め「これは良い絵じゃ」
店の主人は「お目が高い。落款はありませんが、これは文晁(ぶんちょう)の作だと思います」
「うむ、文晁でなければ、かような絵は描けまい。文晁は名人だ」
煙管の手入れが良く、感じたはずみで火玉が飛んで袴へ落ちた
主人が「お袴が焦げます」と心配すると、侍は焦らず「なあに、これはいささか普段の袴だ」と鷹揚なもの
そこに連れの者が現れ連れ立って帰って行った


この一部始終を見ていた落語国の愛すべき軽い男
自分も同じ事がしたくなり、長屋の大家に袴を借りにいく
大家から「袴が必要なら祝儀か不祝儀か、どっちなんだ」と訊かれ、「そうなんです。むこうから祝儀が来て、こっちから不祝儀が来てぶつかって・・・喧嘩になって仲裁をしている。仲人(ちゅうにん)だから袴が必要」と解らない答え
大家さんは面白がって袴を貸してくれたが綺麗な袴じゃなくボロボロの袴
古くてヒダもわからなくなった袴を借りると、印半纏に袴という不思議な格好で、先程の店へ


職人言葉と武士言葉がデタラメに混ざった話し方で、先程の武士と同じ挨拶をして、店の主人が不審がるのを、むりやり床机に腰掛けた
汚い煙管を出して、粉ばかりになったタバコを詰めて吸い始めた
「これは結構な鶴の絵じゃなあ」
「はい文晁かと存じます」
「ブンチョウ?いや鶴だろう」と答え、笑われる
やがて、侍の真似をして煙管の火玉を吹き上げようとしたが、ヤニが詰まって飛び出さない
思いっ切り吹くと火玉がキリキリッと飛び出し脳天に落ちた
「親方、これはいけません。頭に火玉が落ちました」
「なあに、心配するな。普段の頭だ」

(ノ∇≦*)キャハハッ♪


 


 


Jプロジェクトバンド<ブルーグラス>


 


s500_IMG_6883_2979.JPG



再度よーちゃんさんが登場

(*∩v∩*) ニッコリ♪


小噺教室のお師匠さん、佐の槌藤助 さん<・・・>
 


 


s500_IMG_6884_2980.JPG


 


天ぷらにスイカ、鰻に梅干し、昔から言われる食べ合わせの話から現代の食べ合わせの話へ
クジラにグリーンピース・・・・^^;  

(ノ∇≦*)キャハハッ♪


 


s500_IMG_6888_2982.JPG


 


演芸会の後、打ち上げに混ぜていただきました
今回は野毛まで遠征 

 


s500_IMG_6890_2984.JPG


 


向かった先はお好み焼き屋さん、みかさ

創業は昭和28年だそう 

s500IMG_3704.jpg


 


鉄板に歴史を感じさせます

s500_IMG_6895_2987.JPG

品書きはこんな感じ


 


s500_IMG_6894_2986.JPG


 


席はSS風呂ガーで固まります
kinkinさん、まこさん、きまじめさんと


 


s500_IMG_6896_2988.JPG


 


オツカレーサマー( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ  


 


s500_IMG_6910_2995.JPG


 


材料がどんどん運ばれます
kinkinさんと同席ということは・・・・はい、鉄板奉行様が同席ということ
全てお任せです^^
ホタテにイカにネギ焼き
醤油バターの焦げるいい匂いにお腹がぐぅううううう
( ̄○○ ̄) イイニオイ


 


s500_IMG_6913_2997.JPG


 


ジンギスカンも
もやしは嫌いで肉と玉ねぎだけ食べました^^; 


 


s500_IMG_6916_2998.JPG


 


当然お好み焼きも数種類 


 


s500_IMG_6919_3000.JPG


 


ソースが塗られていくお好み焼きを皆でワクワクしながら眺めます 
 ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク 


 


s500_IMG_6920_3001.JPG


 


紅生姜のたっぷり入ったお好み焼きのあとは 


 


s500_IMG_6928_3004.JPG


 


ステーキ肉で
( ̄¬ ̄) 


 


s500_IMG_6929_3005.JPG


 
海鮮のお好み焼きだったかな 


 


s500_IMG_6931_3007.JPG


 


そして名物のみかさ焼き
小麦粉は入らず卵だけ
ようは具入り卵焼き^^;  


 


s500_IMG_6933_3008.JPG


 


焼きそばも 


 


s500_IMG_6934_3009.JPG


 


焼きそばがもう一つ・・・と思ったら、この後短くカットされて  


 


s500_IMG_6937_3010.JPG


 


溶き卵の中に混ぜられ再び鉄板へ
これがまた美味しい〜♪ 
これだけお好み焼きと焼きそばがあるとビールが止まりません
しこたま飲んでごちそうさま^^
次の蒔田演芸会は1月の中頃
打ち上げがまた此処だといいな 


 


boeder-001.gif


飲んで帰る時はアイスを買って帰るのが我が家のお約束 


s500_IMG_6938_3011.JPG


今回の飲み会アイスはこの組み合わせ
自分は大人のジャイアントコーンで  


boeder-003.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(51)  コメント(22) 
共通テーマ:グルメ・料理

べすちゃんに乗って久々の展覧会 松方コレクション展 [日常のなかで(Diary)]

最近、展覧会から足が遠のいていました
妙に忙しくなった仕事で余裕を無くしていたせいかもしれません
いまいち歯車が噛み合わないことも多く、鎌倉散策で心を調整
すると少し余裕も出てきたのか展覧会に行こうという気分に
受験と入学後の忙しさでしばらく絵を見に行っていなかった下の娘
そんな下の娘も誘って上野の西洋美術館の松方コレクション展へ

s500_IMG_6402_2440.JPG


どうやっていくの?
下の娘は電車よりベスで行きたいと言います(彼女が唯一乗り物酔いをしないのがバイクなのです)
天気予想に傘マークはありますが、それは夜
ならば大丈夫でしょう
ベスに乗って出かけます
このルートだと三田から見る東京タワーがお気に入り
  
ベスで上野に来るときは上野駅前のバイク駐輪場を使っていました
で、来てみると・・・・閉鎖されているし@@;)
えええっ、ここが使えないとなると何処があるの???
慌てて検索
HITしたのは御徒町の北口近く
とりあえず行ってみます


s500_IMG_6404_2441.JPG 


見つけましたが反対車線側
しかも満車表示
残念・・・
と、宅配すし配達バイクが出庫の準備をしている!!!
が、行こうにも対向車が多く右折できません
こうなったら必殺技

降りろ〜

下の娘が降りたらエンジンをカット
歩道に登って必殺技歩行者作戦
バイクも押して歩けば歩行者なのです
ダッシュで横断歩道を渡ってパーキングへ
なんとかGETできました
駐輪した15秒後には駐車場探しのバイクがやってきましたから間一髪
間に合って良かった^^
ビルの隙間に6台分ですから競争率は激しい
バイク駐輪場、もっと増やして欲しいなぁ
各ビル全部設置してくれたらいいのに
この点は裏路地に行けば必ずバイク駐輪場があるシンガポールが羨ましい 


s500_IMG_6406_2442.JPG


まずは腹ごしらえ
ハンバーグ好きの下の娘に合わせてハンバーグを検索
HITしたのはKURAUZO
好みな味でしかもリーズナブル
ガッツリ感もあってかなり気に入りました
店員が男性だけというのもガッツリ気分を盛り上げます
(詳細は別記事で)  


s500_IMG_6466_2443.JPG


松方コレクションは、神戸の川崎造船所(現・川崎重工業)の初代社長などを務めた松方幸次郎が、日本における本格的な美術館の創設を目指し大正初期から昭和初期にかけて築いた美術品コレクション


浮世絵が約8,000点、西洋美術が約3,000点で総数は1万点を超えていたとか
昔の実業家や金持ちってスケールが違いますね@@)
第二次世界大戦の前後に散逸、焼失した作品も多いですが、コレクションの一部は戦後、日本へ「松方コレクション」として返還され、これを保管展示するための美術館として1959年に国立西洋美術館が設立されたそう 

戦争が絡んでいたから返還交渉も大変だったでしょうね 


s500_IMG_6468_2444.JPG


会期は9月23日まで
終盤で三連休ですから混んでいるのは覚悟
でもチケット売り場の行列は25分程度でした
スマホ決済すれば並ばなくてもいいのですが、半券が欲しいと下の娘^^;  


s500_Z_睡蓮1916<Claude Monet>_2435.JPG


睡蓮1916Claude Monet


入って最初の部屋、プロローグにはいきなりの有名どころ
モネの睡蓮(1916)
晩年のモネがジヴェルニーの自宅の日本庭園の池を舞台に、睡蓮そのものを描くようになったのは1897年のこ
以後、亡くなる1926年までの間にジヴェルニーの庭と池を描いた作品は300点以上だとか 


この展覧会は

プロローグ
Ⅰ:ロンドン
Ⅱ:第一次大戦と松方コレクション
Ⅲ:海と船
Ⅳ:ベネディットとロダン
Ⅴ:パリ
Ⅵ:ハンセンコレクションの獲得
Ⅶ北方への旅
Ⅷ:第二次大戦と松方コレクション
エピローグ

に分かれていました 
その仕分け方はともかくとして作品の並べ方が納得いかないと言うか
凄く見辛いのです
まずライティングが最悪で反射で見え辛いのが多い
最悪なのは暗い絵、しかも上に置かれるから尚更よく見えないし・・・真っ暗だーー;)
かためかたもよくない
近くで見たいのと離れてみたいのが混ざってかたまって、その度に近づいたり離れたり
行列が進まない・・・・
”展示方法最悪、絵に興味ない人が展示したんじゃないの?”
とは下の娘の談(そんなことはないとは思うけれど^^;) 

気にいった作品を少々紹介


s500_Z_あひるの子<John Everett Millais>.jpg


あひるの子<John Everett Millais


アンデルセンの「醜いアヒルの子」に材を取ったと思われる少女の姿(正確な主題は解っていないそうです)


髪は無造作に伸び、衣服は汚れ、暗い背景と足元から伸びる影が印象的


やがて美しく生まれ変わることを予感させるような、こちらを見据える眼差し
境遇を妬むことなく恥じることなく、真摯に生きようとする強さがいいですね

s500_Z_夜明けの目覚め<Dante Gabriel Rossetti>.jpg


 


 夜明けの目覚め<Dante Gabriel Rossetti


 


ラファエル前派の創始者の一人、ロセッティの作品がこちらにもお目見え
ただ美しい女性を描きたかったという思いがよく表れています


 


s500_Z_愛の杯<Dante Gabriel Rossetti>.jpg


愛の杯<Dante Gabriel Rossetti



お久しぶり〜
三菱一号館でお会いしましたよね

いつ見ても美しいねぇ^^
ハートをあしらった杯は、恋人同士で酌み交わすラヴィング・カップ
男性と乾杯しているのでしょうか
でも彼女の視線の硬さが妙に気になるのですよ
長い別れの予感と言ったら考え過ぎかな


s500_Z_牧草を刈る人々<Leon Augustin Lhermitte>.jpg


牧草を刈る人々<Leon Augustin Lhermitte 


この作品、理由はよくわからないけれど惹きつけられました
今回の一番のお気に入り


s500_Z_サン=マメス 六月の朝<Alfred Sisley>.jpg


サン=マメス 六月の朝<Alfred Sisley  


生きている間に日の目を見なかったただ一人の印象派画家と言われるシスレー
印象派の正当な様式を生涯維持し続け、非個性的で教科書として示すのに完璧な印象は画家という評もあるとか
でも彼の絵は好き
構図が好みなのもありますが、
優しくも多彩な色使いがいい
時々ちょっと悲しくなる気持ちを呼び起こすシスレーの風景画


ふんわりした雰囲気で押しが強くない感じが見ていてほっこりします


s500_Z_ルーアンの波止場<Camille Pissarro>.jpg


ルーアンの波止場<Camille Pissarro


 


ピサロも好き
画風はとりわけ主張が強いわけではなく、さりげない優しい表現が特徴
客観的な観察に基づき、誇張をしない
これがピサロの絵画の原点
でも結果として地味なイメージだけれど


s500_Z_春(ダフニスとクロエ)<Jean Francois Millet>.jpg


春(ダフニスとクロエ)<Jean Francois Millet  


ロンゴスの作と伝えられる有名な古代ギリシャの田園小説『ダフニスとクロエ』に題材を得ているとか
それは、牧人夫妻に育てられた二人の捨て子ダフニスとクロエが多くの微笑ましい曲折の末に結ばれるという物語だそう
雛に恐々餌をあげている仕草がいいね
でもどうでもいいけれどダフニスくん、パンツぐらいは履きましょう
雛に突かれないかと心配になっちゃうよ^^


s500_Z_アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)< Pierre Auguste Renoir>.jpg


アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)< Pierre Auguste Renoir 


第二次世界大戦後、フランスに保管されていた松方コレクションはフランス政府に敵国財産として接収されました
その後多くが返還されることになったのですがフランス政府は20数作の名品を国の宝として返還を拒否
しかし吉田首相が先方政府と掛け合いなんとかピエール=オーギュスト・ルノワール「アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)」の絵は日本に返還されることになったそうです
フランス側が返還に難色を示す程の作品というわけですね
まだ接収されたままの作品も20点ほどあるそうですが、どんな作品を返還拒否しているのか気になります 


s500_Z_睡蓮、柳の反映<Claude Monet>_2434.JPG


睡蓮、柳の反映<Claude Monet 

1921年に松方氏がモネから直接譲り受けた、代表的な連作「睡蓮」の中の1点
元は縦2メートル、横4.25メートルの大作で長い間所在不明でしたが、2016年にルーヴル美術館の一角で、画布の上半分が失われた状態で発見されたそう
国立西洋美術館に寄贈され、
現存部分の修復を経て初めての公開 


s500_Z_原_睡蓮、柳の反映<Claude Monet>.JPG


デジタル推定復元された睡蓮、柳の反映<Claude Monet


この推定復元、興味深い
作品の全体像が確認できるのは欠損前に撮影されたフランス文部省・建築文化財メディアテークが所蔵する本作の白黒写真のみ
その撮影原版にあたるガラス乾板から、高精細にスキャンされたデータを入手し、高精細スキャンデータと作品の現存部分を比較し、当時の撮影環境なども推定することで、白黒写真から得られる色彩情報の精度を高めたそうです
さらに欠損部位の色彩推定のアプローチは同時期の類似作品を調査
描き方や彩色の検証、作品の残存部分を科学調査し使用されている絵の具を特定を行い、人による推定に加え、AI技術による推定も用いられたそう 

(モニターに映し出された画像ですから原画と彩度は異なりますが) 


s500_IMG_6471_2445.JPG


松方コレクション展の後は常設展とモダンウーマン展も楽しみます
こちらのライティングは問題なし
並べ方も見やすい^^  


s500_IMG_6479_2449.JPG


閉館時間ギリギリまで鑑賞していたら流石に疲れました
疲れたときは甘いもの〜
と、あんみつを食べようとみはしに行きましたが、あまりの行列に挫折///orz
じゃぁスタバのフラペチーノでいいと下の娘
そういえばGREENとPINKのが気になっていたからそれでいいや  


s500_IMG_6475_2446.JPG


GREENかPINKか、迷いますがシナモンに惹かれてPINKで  


s500_IMG_6476_2447.JPG


アップルパイの味のするフラペチーノ
まぁ美味しいといえば美味しいけれど
リピはないなぁ^^;  


boeder-001.gif


実家から栗きんとんが到着
実家の御用達は八百津の緑屋老舗 


s500_IMG_6219_2438.JPG


賞味期限は発送日を含め3日間
つまり二日間しかありません

なので贅沢に一気に食べちゃいます
しかも下の娘は栗が嫌いで食べないので分け前が増えるというオマケ付き  


s500_IMG_6222_2439.JPG


抹茶でいただきました
いやぁ〜、美味しいや
ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ  


boeder-003.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(107)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜西口狸小路で家族飲み [日常のなかで(Diary)]

木曜日のこと
娘たちから”晩御飯いらない”とのLINE
二人で映画を観に行ったようです
奥さんと二人で晩御飯かぁ・・・・奥さんと二人じゃ作る気しないなぁ
(出張じゃない時は自分の方が早く帰着するので晩御飯の給食当番がまわってきます)
それに飲みに行きたい気分でもあるし
実はピロちゃん菌駆除第二弾の薬を飲み続けていて、前日までアルコールはご法度だったのです
薬終了記念で飲みに行こ〜っと


s500_IMG_6394_2428.JPG


そんな訳で帰ってきた奥さんを誘います
お弁当を持って行った奥さん、昼は同僚と外食してしまい弁当を持って帰ってきました
それを晩御飯にするつもりだったと言うのですが
じゃあ一人で行くというと、それは許せないようで結局ついてくることに^^;
近所のお店でもいいのですが、少し涼風が混じってきたせいか妙におでんが食べたくなって横浜西口の狸小路へ
落語記事に何度か登場している狸小路のお店”はな家”です 


s500_IMG_6371_2413.JPG


ここ、1Fは禁煙なのがいいんだよね
あとから入ってくるお客さんは皆2Fへあがってゆきます
なので1F貸切状態^^;  


s500_IMG_6372_2414.JPG


おでん鍋の前に陣取ります 


s500_IMG_6389_2425.JPG


おでん盛り合わせとモツ煮は外せません 


s500_IMG_6387_2423.JPG


そしてもつ焼き盛り合わせもオーダー  


s500_IMG_6388_2424.JPG 


そんなものでいいかな  


s500_IMG_6390_2426.JPG


まずはビールで  


s500_IMG_6373_2415.JPG


 ( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) オツカレー 
お通しはオクラの和え物
 


s500_IMG_6374_2416.JPG


モツ煮の到着
この日は醤油味 
根菜類が美味しいんだよね  


s500_IMG_6375_2417.JPG


おでんも到着
京風で色は薄いですが味はしっかり染みています
自分は卵と厚揚げをGET、この二つがあれば満足
あとは奥さん、でも大根だけは独り占めが気が引けたのか半分っこ


s500_IMG_6382_2419.JPG

おでんとなれば日本酒かな
まず最初は桜の舞で 


s500_IMG_6376_2418.JPG


もつ焼き盛り合わせの到着
添えられる味噌は胡桃味噌
これがまた美味しい
味噌を舐めながら日本酒を飲むのが好きですからたまらない
もういっぱいお代わり
今度は高清水
味噌を舐めながらちびりちびりやっていると娘たちからLINEが入りました
”どこにいるの?”
どうたら奥さんが娘たちに横浜西口で飲んでいると伝えたらしい
同じく横浜西口のムービルで映画を観ていた娘たち
映画も終わったので合流しようと
”狸小路、モアーズの前”と返信
しばらくして
”どこ?店ないよ?”と
そういえば店の名前を書くのを忘れているし^^;
迎えに行こうと店を出ると目の前に娘たち 


s500_IMG_6383_2420.JPG


無事合流
一家揃って狸小路で一杯
ちょっと渋すぎない^^;  


s500_IMG_6384_2421.JPG


芋のロックに切り替えて  


s500_IMG_6386_2422.JPG


冷やしトマトに  


s500_IMG_6391_2427.JPG


焼き鳥盛り合わせ
つくねは合鴨
添えられる味噌は辛味噌
芋ロックをもういっぱい飲んだらフィニッシュ
おもいもかけず初の一家揃っての外飲みになりました
娘たちもおおきくなったんあだなぁ(-_- )シミジミ
・・・・(゚◇゚;), アレ?
そういえば下ちゃんってまだ・・・(;^_^A アセアセ 


s500_IMG_6396_2429.JPG


お父さん、まっすぐ歩いていないし〜
下の娘に肩をガイドされながら歩きます
(((\(@v@)/)))ジメンガユレテルゾ〜


boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(102)  コメント(37) 
共通テーマ:グルメ・料理

居酒屋で落語会 はな家寄席 [日常のなかで(Diary)]

時系列に従うと仙台出張記事をUPするところですが割り込み記事です


8月の24日のこと
この日は横浜駅西口の地下街にある餃子屋さん、まんてん餃子で昼ごはんを食べようと行ってみると若干の行列
13時半に行きたいところがありますから時間を確認
今は12時前、ならば1時間半以上ありますから余裕で食べられるでしょう


s500_IMG_5906_2140.JPG


そう思って並んだのが運の尽き
行列が進まない進まない
カウンター席10席のみの小さなお店
席数が少ないのに休日でビール飲みながら餃子を食べている客が多いと来たものだ
お店に入ったときは13時を過ぎていました
他の店に行けばいいようなものですが、体が一旦餃子モードになってしまいましたから仕方ない
食べなきゃ収まらないですからね 


s500_IMG_5905_2139.JPG


定番のまんてん餃子に期間限定のカレー餃子  


s500_IMG_5907_2141.JPG


それにライス小をオーダー  


s500_IMG_5913_2143.JPG


タレの作り方の指南書があり、それに従ってタレを作ります  


s500_IMG_5914_2144.JPG


卓上には辣油、醤油、酢、味噌ダレ  


s500_IMG_5911_2142.JPG


指南書に従い味噌ダレとオースドックスなタレを作って、混ぜたあとは箸先をペロリと味見
うん、これでいい^^ 


s500_IMG_5915_2145.JPG


餃子とライスの到着
定番餃子は5個、カレー餃子は小ぶりなものが8個
ご飯は柔らかめに炊いてあります  


s500_IMG_5917_2146.JPG


まずは定番から
パリッとした表面、熱々で美味しい
具の詰め具合も適度でいい感じ
下味はしっかりしてご飯が進みます  


s500_IMG_5919_2148.JPG


野菜の細かさは適度
舌触りもいい感じ  


s500_IMG_5918_2147.JPG


カレーはスパイスのいい香り  


s500_IMG_5921_2150.JPG


野菜たっぷりで食べやすい  


s500_IMG_5920_2149.JPG


どちらもご飯がすすむ味♪
餃子って本場の国では主食なのにね
この国じゃオカズだし^^;
しかも見事なまでに


s500_IMG_5930_2155.JPG


腹ごしらえを終えたら目的地へ
横浜駅西口北出口近くの昭和の香る狸小路  


s500_IMG_5931_2156.JPG


この狸小路の居酒屋 はな家さんの2Fで寄席があるのです 
曽根風呂のよーちゃんさんとkinkinさんと合流


s500_IMG_5925_2152.JPG


今回はこの噺家さんの独演会 


s500_IMG_5927_2153.JPG


居酒屋さんの2Fに高座が作られます
この日の演目は
あさのれん、堀の内、黄金餅

<あさのれん>

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っている
今日も贔屓のだんなの肩を揉んで、車に突き当たるのは決まって間抜けな目の見える人だという話をしているうちに夜も遅くなったので、だんなが泊まっていけと言う
目が見えぬと言うのは昼間も夜も一緒だ、問題ないと言って帰ろうとするが、酒も出すと言われて甘えることにした
女中に言いつけ離れ座敷に床を取らせ、夏のことなので、蚊帳も丈夫な本麻のを用意してくれた
女中が部屋まで連れていくというのを、勝手知っているから大丈夫だと断り、一人でたどり着いたはいいが、入り口に麻ののれんが掛かっているのを蚊帳と間違え、くぐったところでぺったり座ってしまう
まだ外なので、布団はない
いやに狭い部屋だと、ぶつくさ言っているうちに、蚊の大群がいいカモとばかり、大挙して来襲
杢市、一晩中寝られずに応戦しているうち、力尽きて夜明けにはコブだらけ
まるで、金平糖のようにされてしまった
翌朝、だんながどうしたのと聞くので、事情を説明すると、だんなは、蚊帳をつけるのを忘れたのだと思って、杢市に謝まって女中をしかる
が、女中が言うには杢市が蚊帳とのれんの間にいたのだと
これを聞いて苦笑い
おまえは麻ののれんを蚊帳と間違えたのだ、おまえは強情だからいけないと注意して、今度は意地を張らずに案内させるように諭した
しばらくたって、また同じように遅くなった
この日は雷まで鳴りだし、雷の嫌いな杢市さん
今日はこちらの方から泊めてくれとお願いしますといい泊めてもらう
酒を飲み、寝る段になって、また懲りずに杢市の意地っ張りが顔を出した
だんなが止めるのも聞かず、またも一人で寝所へ
今度は女中が気を利かせて麻のれんを外しておいたのを知らず、杢市は蚊帳を手で探り出すと
「これは麻のれん・・・この次のが蚊帳だな」
二度まくったから、また外へ出た

<堀の内>

めちゃめちゃ粗忽な亭主が神(かみ)信心で”そそっかしい”のを直そうと、朝早く起きてみると、女房の顔も今日行くところも忘れている
顔を洗うのにタンスを開けてみたり、水が汲めないとザルで水をすくっていたり、顔を拭くのに猫で拭こうとして引っかかれたり
ばたばたしながらも弁当を風呂敷に包んで、堀之内のお祖師様に願掛けに出かける
さっそく向かう為、神田の家を出た亭主だが、堀の内とは逆の両国に向かってしまい最初から不安が募る
何度も迷いながら、通りかがりの人に「私はどこに向かっているんだ?」なんてとんちんかんな事を聞きながらもなんとかお祖師さまのもとへ到着
しかし、ここでも粗忽者の本領発揮
お坊さんにお寺と間違え手を合わせたり、お賽銭を上げるつもりが財布ごと投げてしまい、空腹をおぼえ、本堂の脇で首に結わえていた弁当を開くと、風呂敷に弁当ではなく、腰巻きに箱枕
これは女房のせいだと勝手に逆恨み
家に着くなり大声で怒鳴った


「おい!なんで腰巻きなんか持たせたんだ!おぉ、、笑ってやがるな。何がおかしいんでぇ!」


「ふふふ・・・お前さんの家は隣だよ」


あっ・・・・慌ててウチに戻り


「いけねぇ 間違えちまった いきなり大声出してすまなかった・・・俺は本当にそそっかしくていけねぇ・・・」


「隣で怒って、家であやまてもしょうがないでしょ」


腰巻きの件を言うと、「自分で包んで行ったのでしょ、それより着ける物が無くて、スウスウして困った」と逆に言われてしまった
それから息子の金坊を風呂に連れて行く事になったが、金坊は逆さに入れるからやだという
負ぶってやるからと、お尻を触れば大きなお尻
「随分大きくなったな 大きい尻だな」
「私のだよ」と奥さん
「間違えるから後ろに回るな」


お湯屋を通り越して、金坊に言われ戻ってきた
ここだ、自分で脱げよ、俺も自分で脱ぐから


「もしもし、そこで裸にならないで下さい 鏡があっても家は床屋です」


また間違えた
湯屋はこっちだ、と今度はちゃんと湯屋へ
「脱がしてやるから」と今着せたばかりの知らない女の子を裸にしてしまった
湯船に行こうとすれば「お父っつぁん、猿股はいたままだよ」
慌ててクルクルって丸めて投げたら人の頭に被せてしまった
中に入り子供の背中を洗ってやろうと・・・あれ??いつのまに背中に彫り物なんぞ入れたんだ、御意見無用だとぉ
子供のくせにケツにこんな毛が生えて「ブチッ」引っこ抜くと『てめぇ何しやがる!』鳶頭と子供を間違えた


「すいません。。。もう出よう 最後に背中流してやる おや、なかなか広い背中だな、前も大きくなったんだな」


「父ちゃんったら羽目板を洗ってら!」 


<黄金餅> 

下谷の山崎町の裏長屋に、薬を買うのも嫌だというケチの”西念”という乞食坊主が住んで居た
隣に住む金山寺味噌を売る”金兵衛”が、身体を壊して寝ている西念を見舞う
西念があんころ餅が食べたいというので金兵衛が買ってきてやる
西念は人が見ている前では食べられないというので、金兵衛は自分の部屋に戻り壁の穴から覗くと、西念は餅の餡を出し、餅の中に胴巻きの中から取り出した一分金、二分銀を詰め込み飲み込んでいる
そのうちに苦しがり始そのまま死んでしまう
金兵衛は飲み込んだ金を取り出したく工夫をするが出来ず、焼き場で骨揚げ時に、金を取り出してしまおうと、決意する
大家に知らせに行き、金兵衛は西念から、「金さんの寺へ葬ってくれ」と頼まれている言う
長屋の連中と死体の入った樽を担ぎ、麻布絶江釜無村木蓮寺へ向う
かなり複雑怪奇な道順を辿り麻布絶口釜無村の垣根も壊れたようなボロ寺木蓮寺へ着いた
そこの和尚は金兵衛と懇意だが、ぐうたらで、今夜もへべれけになっている
百か日仕切りまで天保銭五枚で手を打って、契約成立
和尚は怪しげなお経をあげる 
「金魚金魚、みィ金魚はァなの金魚いい金魚、中の金魚セコ金魚あァとの金魚出目金魚、虎が泣く虎が泣く、虎が泣いては大変だ・・・、犬の子がァ、チーン、なんじ元来ヒョットコのごとし、君と別れて松原行けば松の露やら涙やら、 アジャラカナトセノキュウライス、テケレッツノパ」 なにを言ってるんだか、わからない
仲間には新橋に夜通しやっている所があるから、そこで飲んで、自分で金を払って帰ってくれと言い
焼き場の切手(許可証)をもらい、金兵衛ひとりで死体をかつぎ、桐ヶ谷の焼き場へ持っていく
仏の遺言だから腹の所だけは生焼けにしといてくれと頼み、新橋で夜明けまで時間をつぶした金兵衛は焼き場に戻り、焼いた死体を鯵切り包丁で裂き、金を懐にして立ち去ってしまう
この金を元手に、金兵衛は目黒に餅屋を出してたいそう繁盛したという
江戸の名物「黄金餅」の由来でございます 


s500_IMG_5942_2157.JPG


落語の後はそのまま懇親会と言う名の飲み会~♪  


s500_IMG_5947_2158.JPG


独演会が2000円で懇親会が2500円
結構な量の料理が出ます
毎回満腹になるからね  


s500_IMG_5953_2159.JPG


 ( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ  


s500_IMG_5956_2160.JPG


魚が出されると  


s500_IMG_5957_2161.JPG


やっぱ日本酒だね  


s500_IMG_5960_2162.JPG


あらら、全員日本酒に^^  


s500_IMG_5961_2163.JPG


刺身もいいね
刺身と言えば最近ちょっとショックなことがあったのです
奥さんが夕飯は何がいい?って訊くので刺身がいいと
そして奥さんが買ってきたのは中トロとタコに鰹のタタキ
ほう、中トロか、嬉しいね
で、ホカホカご飯と一緒に食べて、うん美味しいヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
もう一切れ、美味しい~^^
さらに・・・・--;)う~ん
なんか重くなってきた・・・・
赤身の方がいいなぁーー)
今も肉の脂身を美味しいと感じますが、量はもう食べられません
そりゃ肉ですからね重いし
でも魚なら脂たっぷりでも大丈夫
そう思っていたのですが、なんだかそれが怪しくなってきました
中トロが重いなんて・・・
いや、これは単に夏バテだからだよね、きっとそうだよね! 


s500_IMG_5962_2164.JPG


”ん”をしこたまおかわり
日本酒って美味しいけれど飲み過ぎると眠くなるんだよね
途中でちょっと ネムイ(´・ωゞ).


s500_IMG_5963_2165.JPG


おでん屋さんですからおでん
夏仕様で冷たいおでん
これがまた美味しい 
今度は”桜の舞”で 


s500_IMG_5965_2166.JPG


ずっと日本酒に合うアテが続いていたのに此処でこう来たかぁ
いまから麦酒に戻るのもなんだし、焼酎かなぁ
でも日本酒かなり飲んだし 


s500_IMG_5966_2167.JPG


帰りの電車で寝過ごさないようにここいらで打ち止め
烏龍茶で醒まします
保谷とか飯能まで行っちゃったら大変だし   
電車に乗っても座らなきゃいいのですが、つい座っちゃうからね
で、座るとエアコンが効いていていい気持ち
ついうつらうつらしちゃうから


s500_IMG_5969_2168.JPG


帰りは丁度急行が来たので乗りました
横浜駅から急行で1区、8分位かな
これ位なら座っても大丈夫だよね
座りましたがちゃんと目を開けています・・・開けてたはずです
でも次の瞬間
 (。゚ω゚) ハッ!
と気付くと電車が止まっている
此処は???あっ、菊名だ降りなきゃ
飛び降りたその背後でドアが閉まりました
危なかったぁ、一瞬で着くなんて
東急の急行、瞬間移動するんだ@@;) 


boeder-003.gif


飲んで帰る時はアイスを買って帰るのが我が家のお約束
通称”飲み会アイス”  


s500_IMG_5970_2169.JPG


今回はこれ
自分は紅茶ラテのつもりでしたが奥さんに持って行かれましたTДT
で、エスプレッソミルクの
これ、苦すぎて自分は嫌い
もっと甘い方がいいなぁ  


boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(108)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

昭和にタイムスリップして昼飲みオフ会 [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです 


s500_IMG_5350_2046.JPG


英ちゃんさん企画の昼飲みオフ会
集合場所のSLの前には既に皆さん集合済み
参加は
英ちゃんさん
ken_jpさん
Rchoose19sann
kinkinさん
kick_driveさん
そして さる1号の6名

いやぁ、暑い暑い
この暑い中外を歩きたくないなぁ
まだお腹も重いし・・・・(1kgの豚丼を食べてから1時間しか経っていないからねぇ^^;)
そんな思いが先導者に伝わったのかニュー新橋ビルの中へ  
でも盆休みの時期であり、さらに祝日でしたから休みの店も多かったです


s500_IMG_5352_2047.JPG


向かった先は居酒屋まつり 
アジア系外国人のお姉さんがお出迎え
品書きから推察するに台湾系の方かな 


s500_IMG_5353_2048.JPG


とりあえずビール
暑いですからねー  


s500_IMG_5354_2049.JPG


その他ドリンク類  


s500_IMG_5355_2050.JPG


  • ( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ
    満腹でもビールは入ってゆくから不思議です^^;
     


    s500_IMG_5357_2052.JPG

    品書きを確認しますが・・・満腹すぎてそそられないし(⌒_ ⌒; 

s500_IMG_5356_2051.JPG


もうお任せしちゃいます


s500_IMG_5360_2053.JPG


お通しは豆腐と春雨
味は・・・どんな感じだったのだろう
実は食べるのを忘れました(* ̄◇)=3 ゲプッ 


s500_IMG_5361_2054.JPG


空芯菜炒めぐらいなら食べられるかな 
それに少しは野菜も食べないとね 


s500_IMG_5362_2055.JPG


それに唐揚げ  


s500_IMG_5363_2056.JPG


腹をサッパリとさせようとレモンサワーに変更  


s500_IMG_5364_2057.JPG


そして強烈に辛い麻婆春雨
これ、白飯無しじゃ無理
めっちゃ辛くてそのままでは食べられません(自分は^^;)
お姉さん曰く
これは日本仕様で辛さ控えめよ〜
本当のはもっと辛いからね ^^ 


s500_IMG_5367_2058.JPG


二軒目は予約が入れてありますから、その時間に合わせて一軒目を終了
外に出て、ふと品書き看板を見ると・・・

”ず〜ど〜”

ず〜ど〜?何のことだろう
お店のお姉さんに訊くと・・・
”ずっと290円” って書いたつもりだったらしい^^;
そういえば店内の壁に貼ってあった品書きにも聞いたことのない料理があったけれど、これって・・・
山手線に乗って向かった先は 


s500_IMG_5368_2059.JPG


昭和タイムスリップ酒場 代々木ミルクホール
昭和な雰囲気に浸れるお店です  
でも、このお店・・・


s500_IMG_5370_2060.JPG


目が”ストリップ酒場”と読んでしまう 
だってXXホールって名もそれっぽいし^^;
昭和タイムストリップ酒場・・・・何だかそれはそれで面白そうな気も^^;
お店は入り口から既に懐かしさを感じさせるものが 
階段を降りてゆきます


s500_IMG_5372_2061.JPG


テレビジョッキーの白いギターだぁ  


s500_IMG_5376_2062.JPG


流れる曲も当然昔のアイドル
懐かしすぎ〜
懐かしすぎて沢山撮ったけれど、ブレブレで殆どがボツ
暗いからブレたのか、興奮しすぎてブレたのかは・・・どっちかな^^;  


s500_IMG_5377_2063.JPG


シングルのジャケットが貼ってあるのですが、一枚一枚全部見てしまった  


s500_IMG_5383_2064.JPG


ひろ子さまぁ〜(*˘︶˘*).。.:*
むかぁ〜し、自分の部屋の壁には ひろ子さまのポスターがいっぱい

ひろ子さまは声が好きだったなぁ
天井には榊原郁恵と河合奈保子のでっかい水着のポスター
ラムちゃん(アグネスラム)もあったなぁ
(あくまで昔の好みです、今は涼しげなほうがいいな)

s500_IMG_5389_2066.JPG

( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ
まずはビールで


s500_IMG_5384_2065.JPG


アテは懐かしい駄菓子類  


s500_IMG_5392_2067.JPG


そしてタコさんウィンナー
マヨが添えてあるのがいいな  


s500_IMG_5398_2068.JPG


お腹も落ち着いてきたのでコーヒー焼酎をオーダー
これ、危ないですね
美味しくて飲みすぎてしまいそう 
しかも口当たりや香りがいいからグイグイと・・・
でも美味しいからウチでも作ってみようかな 


s500_IMG_5399_2069.JPG


お好み焼き〜  


s500_IMG_5401_2070.JPG


コンビーフ缶、久しぶりに見たなぁ==)
コンビーフ缶を見るとコンビーフとトマトを丸齧りしたくなります
瓶牛乳のを飲みながらね
あと魚肉ソーセージの丸齧りも忘れずに^^ 
傷だらけの天使〜♪ 


s500_IMG_5404_2071.JPG


コーヒー焼酎をもう一杯
そしてサイコロステーキも頼みましたが流石に満腹
豚丼特大、結構効いたなぁ^^;  


s500_IMG_5406_2072.JPG


懐かしい雑誌も置いてあります
ビニールに包まれて中は見えないけれど・・・見たいなぁ
フレッシュマン必読って(*´∀`*)
NEWフェアレディZってことはS130?
78年ぐらいかな
高校生の時だ
 


s500_IMG_5407_2073.JPG


外に出るといい感じの暗さ
昼間と夜の境目、逢魔時
妖しげな雰囲気、異世界に引き込まれてしまいそう
このまま三件目に引き込まれる3人を見送ったら帰ります 
明日は久しぶりの仕事
体を整えておかないとね
(満腹過ぎてもうビールすらも入る余地がなかったし^^;)


boeder-001.gif 


飲んで帰るときはアイスのお土産を買うのが我が家のお約束 


s500_IMG_5408_2074.JPG


今回はこのセットで  


s500_IMG_5410_2075.JPG


自分は翠にしてみました
苦味と香りがしっかりしていていいね  


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(114)  コメント(34) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏休みは家族みんなで鉄分補給 奥飛騨温泉口駅ガッタンゴー [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです  


s500_IMG_4984_1847.JPG


R41をひたすら走って神岡に到着
前回下の娘と来た時は道に迷いまくりましたが今回は大丈夫
ナビという味方があるから
実は頓珍漢な案内をする場合も多いナビが嫌いでずっと未導入だったのですが、数年前に神岡に来た時の迷いに懲りて、その後すぐに導入したのです
導入したものの出番はなく(やっぱりナビ嫌い^^;)導入の意味がなかったのですが、今回使うことができて無駄にならなくて良かった^^ 
(市街地が迷路なんだよね)


s500_IMG_8056_1853.JPG


やってきたのは旧奥飛騨温泉口駅 
神岡鉄道神岡線の駅で2006年に廃駅となっています
目的はこの廃線を利用したレールマウンテンバイク、ガッタンゴー
前回乗ってめっちゃ楽しかったので今度は家族全員で再訪問
(前回のガッタンゴーの記事は→ここ

s500_IMG_8082_1877.JPG

コースは従来あった街中コースに加え渓谷コースが新設されたそうで、今回は渓谷コースを走りたかったのですが・・・残念ながら予約がいっぱいでした(月内いっぱいだったのには驚きでした)
尤も街中コースだって14時半といった中途半端な時間帯でも(前日予約でしたが)残4台と結構ギリギリ
それより早い時間は空きは無かったです
渓谷コースの距離は街中コースより長いようで、値段もちょっと高い
街中コースの3000円(一車両二人乗り)に対して渓谷コースは5000円(一車両二人乗り)
渓谷コースの秋は綺麗でしょうねぇ==)
距離は渓谷コースの方が長いようですが、勾配は街中コースの方がキツイそうです
まぁアシスト付き自転車だから問題ありませんが 


s500_IMG_8060_1857.JPG


ホームには おくひだ1号が停車
単に展示車両かと思ったら運転体験ができるそう
奥飛騨温泉口駅から神岡大橋駅までの一区間で750m
これは運転してみたい
以前、明知鉄道の気動車の運転体験にも行きましたが楽しかったです 
その時の記事は→ここ


s500_IMG_8064_1861.JPG


雪国〜って感じの車内が素敵
廃線になる前に乗っておきたかったなぁ  


s500_IMG_8067_1863.JPG


運転体験は水曜日(ガッタンゴーの定休日)だそう
でも4月から11月まではガッタンゴーは無休、となると運転体験ができるのは冬のみですかね 


s500_IMG_8085_1880.JPG 


briefing roomで説明を受け、2チームに分けて出撃 
全台数の自転車が全部プラットホームに乗らないので2チームに分けているようです
最初のチームが出撃 


s500_IMG_8087_1881.JPG


前のチームが全台数発進したら後ろのチームのマシンが並べられます  


s500_IMG_8091_1885.JPG


それぞれのマシンに乗車  
誰と誰が組む?
車のシート順かな
助手席は何時も下の娘
自分の後ろは上の娘で、横に奥さん
なので下の娘と一緒にペアを組もうとすると、上の娘が

え〜、おかぁさんと組のは嫌だ〜

しょうがねぇなぁ、じゃぁ下ちゃん母ちゃんと組むか

えっ、それはないな^^; ほら、結婚した相手なんだからさぁ乗りなよ

ちょっと待て、父ちゃんも嫌なんだけれど^^;

皆、奥さんが頓珍漢なことをやらかすと確信しているようです
それかグチグチ文句言いだすとかを

仕方ない・・・
結局自分が奥さんとペア


s500_IMG_8092_1886.JPG


等間隔で発進
フラッグが振られたらスタート  
スタートのフラッグを待つ間、やらかしそうな奥さんに注意事項をしっかり伝えます

発進したらノーブレーキでスロープをくだるんだぞ!
絶対ブレーキをかけないように!


s500_IMG_8093_1887.JPG


発進!
さる1号、いっきまぁ〜す^^


s500_IMG_8097_1890.JPG


レールと鉄の輪のソリッドな振動に気分高揚
鉄の匂いが身体中に染みてきます  


s500_IMG_8101_1894.JPG


娘たちも発進
発進してしばらく行った場所でスタッフのオジさんがカメラを構えて強制撮影
観光地あるあるの写真販売
でも1枚500円は高いよ^^; 


s500_IMG_8098_1891.JPG


のんびりと走り、夏の景色と匂いを楽しもうとしましたが・・・なんだか前にどんどん近づいているし 
ちょっとブレーキをかけてスピード調整

どうやら奥さんが興奮してしまったようです 
高速道路でも前を走るトラックとかが走っていると”必ず抜かねばならない”と使命感に燃える奥さん
前を走る自転車のテールを見て燃えてしまったようです  


s500_IMG_8106_1897.JPG


ほらほら、興奮しない
下り坂なのに娘たちが追いついて来ないし^^;
(奥飛騨温泉口駅から折り返し地点の神岡鉱山駅までは下り坂) 
あまりに奥さんが興奮して頑張って漕ぐものですから自分は何もしません
ただ乗っているだけ
いつもなら一人漕がされたら絶対文句を言うのに何も言わず漕ぎ続ける奥さん
ひょっとして喜んでる? 


s500_IMG_8112_1898.JPG


神岡大橋駅を通過 
小さな駅でキノコの建物が目立ちます
何だろう?駅舎じゃないよね 


s500_IMG_8120_1899.JPG


そして最初のトンネル
このトンネルが涼しくていい気持ち
しかも鉄の匂いもより強く感じます  


s500_IMG_8123_1901.JPG


飛騨神岡駅 
谷あいに開けた神岡中心街の上を鉄橋で越えた高架駅
なので駅を越えたらまたトンネル
この二つ目のトンネルがまた楽しい
中でカーブしていて出口が見えません
トンネルに入ると真っ暗
勿論自転車の前照灯は点いていますが光量は必要最小限で完全に不足
ほぼ真っ暗です
暗闇の中でひんやり冷たい風、気持ちいい〜 


s500_IMG_8130_1903.JPG


ガッタンゴットン、振動が心地いい
でもこの振動、左右均一に来ないな?
レールの繋ぎ目って左右で位置が違うのですね
今回初めて知りました
(左右で一緒の位置のところもありましたが、どういう区別なのでしょう)  


s500_IMG_8131_1904.JPG


夏の空〜
蝉の鳴く音を聞きながらのんびりとガッタンゴー
漕ぐのは奥さん任せ
楽でいいね、今回は奥さんとペアでよかったかも  


s500_IMG_8138_1906.JPG


折り返し地点の神岡鉱山駅に到着
折り返し地点はプラットホーム上に自転車を上げず、線路の上に停車場が作られています  


s500_IMG_8140_1908.JPG


娘たちも到着  


s500_IMG_8146_1913.JPG


折り返し地点では冷えたトマトと胡瓜が待っています
朝採り野菜だね
トマトをいただきました 


s500_IMG_8150_1917.JPG


渓谷コースは神岡鉱山駅より先の部分なのでしょうが
これ、通しで走ってみたいね
でもそうなると一台で8000円
それはちょっと高いなぁ^^;  


s500_IMG_8152_1919.JPG


では戻りましょう
復路は娘たちと自転車を交換
娘たちを追いかける形になります  


s500_IMG_8157_1923.JPG


復路出発
帰りはスロープでの発進ではないので高揚感は今ひとつ^^; 
自撮りしたり、振り返ってこっちを撮ったり
スマホで写真を撮る娘たち
スマホ、ストラップとか付いてなかっただろ?見ていて怖い
落っことすなよ〜
落っことしても止まって拾うのは禁止されています
駅に戻ってからスタッフに落とした場所を伝えて拾ってきてもらわないといけません
自分はスマホだと落っことす可能性があるのでストラップのあるコンデジで 


s500_IMG_8167_1933.JPG


上り坂〜
ここでも奥さん一人で漕いでいます
何だか妙にハイなんだけれど^^; 
こちらはレールからの振動を楽しみながらのんびり
上の娘は次の春には就職だし、こうして家族四人揃って遊ぶなんてもう無いかもなぁ
(。・ˇ_ˇ・。)シンミリ


s500_IMG_8173_1939.JPG


真っ暗なトンネルは帰りはちょっと志向を変えて
レールに沿ってLEDが配されて光の線路
行き帰りが同じじゃ無いのがいい
行きは真っ暗、帰りは光の線路
なかなか素敵なことをしてくれるじゃん♪
(前回来た時は行き帰り真っ暗でした) 


s500_IMG_8180_1944.JPG


トンネルを抜けて飛騨神岡駅 
この先の急勾配で流石の奥さんもSOS、力貸して〜 
でも、ほんの5mぐらい漕いだらもういいと


s500_IMG_8199_1960.JPG


そして終点、奥飛騨温泉口駅  
片道3km、往復で6km、鉄分を補給しました


s500_IMG_8201_1962.JPG


ここで一旦止められ、一台一台スロープを登ります 
勢いつけて駆け上がってと言われたので 


s500_IMG_8202_1963.JPG


奥さんと二人、MAXパワーで漕いで駆け上がったら
その音にスロープの上の係員が避難
だって勢いつけろって言うから・・・^^;
 boeder-001.gif 


ガッタンゴーを楽しんだ後は駅にある(ホーム脇にあり、駅舎とは別建物)喫茶店、あすなろで一休み 


s500_IMG_4983_1846.JPG


ここは奥飛騨温泉口駅の初代駅舎だそう 


s500_IMG_4977_1842.JPG


ちょっとレトロな雰囲気がいいね 


s500_1_Unknown.png


品書きをチェック
珈琲の種類が多いです  


s500_IMG_4973_1840.JPG


当然アイスコーヒー 
ハンドドリップに凝っている奥さんは何やら銘柄を指定していました 


s500_IMG_4974_1841.JPG


珈琲ソフトクリームに惹かれて
しかもコーンは400円なのに器だと200円
なぜ?ちょっと気になってオーダー
カフェオレを頼みましたが・・・上の娘だけはミルクをオーダー
どんな時もソフトはバニラ、相変わらずブレません 


s500_IMG_4978_1843.JPG


なるほど、器だと量が少ないんだ
でも珈琲のアテに食べるのならこれくらいがいいかも 


s500_IMG_4981_1844.JPG


アイスコーヒーも到着
一気に飲んでしまった^^;
写真を撮るのを忘れるとは何たる失態
余程喉が渇いていたんだねぇ  


s500_IMG_4988_1851.JPG


帰りは流石に下道ではなく高速道路を使いました
途中、ひるがの高原SAでソフトクリーム
ひるがの高原のジャージー種のソフトは濃くて美味しいのです
ここでは自分もバニラ・・・って、バニラしかないか^^;


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(112)  コメント(41) 
共通テーマ:日記・雑感

夏休みに2年ぶりの岐阜 [日常のなかで(Diary)]

8月の第二週に夏休みを取りました
なので3日から12日まで10連休
でもフルには遊びません
まずは疲れた体を休めないとね
3日と4日はのんびりまったりと過ごし、5日は病院のハシゴ
遊ぶ前に休息が必要な体になってしまったとは・・・・///orz 
昔は金曜日の仕事の後でそのまま遊びに行き、月曜日の朝に帰宅し、シャワー浴びてそのまま出勤したものですが
今はそんなことできません 


s500_IMG_4787_1717.JPG


まったりした日、べすちゃんと市内散歩
ちょろ君に頼まれた ピカチュウの一日乗車券も買っておきましょう
みなとみらいへ 


s500_IMG_4795_1719.JPG


iPhoneを手に持って歩いていたら何故か勝手にiPhoneが写真を撮りだして
写っていたのがこれ

空間の歪み? 


s500_IMG_5045_1749.JPG


そしてベスちゃんの2ストオイルを買いに幸浦のNAPSに向かったのですが、途中山手の珈琲屋さんに寄り道
最近、珈琲は苦手になってしまい紅茶ばかり飲んでいます
珈琲は苦さが苦手、でも偶には珈琲も飲まないとね
スイーツに合わせるのはいつも紅茶ですが、モノによっては紅茶より珈琲の方が合うものもあるわけで、そういう時には珈琲を合わせたい
だから自分の味覚にあった珈琲を探さないとね
最近奥さんがハンドドリップに凝っていて、道具は全部揃えています
なればその道具を使って自分もハンドドリップをしてみましょう
そんな訳で珈琲屋さんへ

s500_IMG_5038_1743.JPG

珈琲は全く解りませんからオススメを訊きます
苦さ控えめで香りのいいのを
そんなオーダーの答えは”ゲイシャ”
名前が面白い^^
それを200gください 


s500_IMG_5035_1740.JPG


30分ほどかかりますからそちらでお待ちくださいと、併設される喫茶エリアへ  


s500_IMG_5040_1745.JPG


水出しアイスコーヒーをいただき、待ちます
適度な酸味、苦さも少なく美味しい
この珈琲なら飲めるなぁ 


s500_IMG_5037_1742.JPG 


メニューが置いてあったので一寸チェック 


s500_IMG_5043_1748.JPG 

ゲイシャって地名だったのですね^^;
 boeder-001.gif
 
6日、岐阜は可児の自分の実家へ向かいます
昨年は下の娘の受験で行かれなかったから2年ぶりの岐阜
来年は上の娘が就職、そうなると休みを合わせるのが困難になりそうです
つまり家族四人揃って岐阜に行くのは今年が最後でしょうね  


s500_IMG_4822_1720.JPG


東名を走るたびに気になるのがこれ

”70代を高齢者と言わない街、大和市” 

70代を高齢者と言わないんだ
高齢者じゃ無い、つまりバスとかも無料じゃなく運賃取るんだ
他の自治体が高齢者向けに行っているサービスも70代にはしないんだ
高齢者と言わない、つまり高齢者じゃ無いから・・・・ね
酷いな、大和市
ブラックだなぁ^^; 


s500_IMG_4823_1721.JPG


最初のPINは駿河湾沼津SA
とりあえず昼ごはん
あまりお腹は空いていないので軽く
自分はしらす丼  


s500_IMG_4824_1722.JPG


下の娘は握り  


s500_IMG_4825_1723.JPG


奥さんは・・・何だったっけ?  


s500_IMG_4826_1724.JPG


上の娘はネギトロ丼
本当は卵焼きも付くのですが、甘い卵焼きが嫌いな上の娘
卵焼きは甘い卵焼きが大好きな父ちゃんのしらす丼の上に引っ越しました  


s500_IMG_4827_1725.JPG


軽く済ませた理由はもう一つ
ソフトクリームも食べたいから^^;  


s500_IMG_4829_1726.JPG


限定なんて書かれたら頼むしかありません
限定という言葉にめちゃ弱い^^;  


s500_IMG_4830_1727.JPG


珈琲ソフト、黒糖シロップ添え〜  


s500_IMG_4832_1728.JPG


上の娘はどんな時でもバニラ
ソフトクリームはバニラ一筋、ブレません  


s500_IMG_4835_1729.JPG


次のPINは岡崎SA
SAに入るたびに何か食べちゃうから困ったもの^^;
でもね、見たら食べたくなるのです
藤田屋の大あんまき〜♪  


s500_IMG_4838_1732.JPG


自分はノーマル、上の娘はカスタード、下の娘はチーズで
奥さんは大あんまきより なが餅がいいそうで 


s500_IMG_4839_1733.JPG


結構大きくて食べ応えあります  


s500_IMG_4842_1735.JPG


餡子の甘さも甘過ぎず  


s500_IMG_4836_1730.JPG


気になるものがもう一つ
伊勢の虎屋
ここの外郎が好きで^^;
催事でよく見かけますが、見かけるたびに買っているのです 
特によもぎういろうが好物で 


s500_IMG_4837_1731.JPG


”限定” モノもありましたが何故かそそられない^^;
味噌の外郎かぁ・・・ 


s500_IMG_4901_1737.JPG


TOPに涼しげに葛を使った”すずかぜ”900円を購入
流石にSAで食べられないので岐阜の婆さんのとこに着いてから食べました  


s500_IMG_4902_1738.JPG


涼しげに3層構造  
下側は抹茶外郎、真中は小豆外郎 


s500_IMG_4903_1739.JPG


虎屋の外郎の原材料は小麦粉
この食感が好き
米粉が原材料の外郎はあまり好きじゃないので 


boeder-003.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(102)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

山手の薔薇とコスプレと お約束のローズソフト [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです


s500_DSC_9126_133.JPG


スパピザジャンボにちょっと物足りなさを感じながら山手のイギリス館へ
ローズガーデンは満開も満開、魅惑的な甘い香りが誘ってきます
咲始めの初々しい薔薇はもうありません
そこにあるのはちょっとくたびれかけた花弁
でも、その頃の方が香りは強いのです


s500_DSC_9128_135.JPG


若い花の初々しい爽やかな甘さは魅力的です
でも、ピークを過ぎてくたびれかけた頃の香りは重さが加わり甘さも濃厚
誘うような魅惑的な甘さ
そんな艶っぽい薔薇たちに誘われたら抗えません


s500_DSC_9140_142.JPG


誘われるままに加算されるシャッターカウンター
デジタル時代で良かったです
銀塩の頃だったらもう大変
36枚なんてすぐに終わってしまいますから


s500_DSC_9151_147.JPG


雲ひとつ無い空
その日差しは5月とは思えない暑さ
薔薇の甘い香りはその暑さに発酵して一層濃厚な甘さに


s500_DSC_9158_154.JPG


いつの間にか濃厚な薔薇の香りに酔い、頭がぼーっとしてきます
ちょっと疲れたかな・・・
空いていたベンチに座りカメラは脇に
ただ薔薇を眺めます
何も考えずに


s500_DSC_9163_158.JPG


量が少ないと思ったスパピザジャンボでしたが、それなりに満腹になったようで座るとウトウトいい気持ち
甘い香りに包まれていい気持ち
身体中の力が抜けてしまうようです


s500_DSC_9190_177.JPG


あっ、雲みっけ
こんなにも暑い日ですが雲は夏の雲ではありません
5月、晩春
まだ春なのにこの暑さ
今年の夏はどうなってしまうのでしょうね


s500_DSC_9191_178.JPG


あまりにも暑いと食べたくなるのは冷たいもの
ここに薔薇の季節に来た時のお約束
それは・・・


s500_DSC_9197_184.JPG


ローズソフト〜♪
薔薇を愛でながら食べるローズソフトは最高です ( ・`ω・´)キリッ

s500_DSC_9207_190.JPG

鼻からは濃厚な薔薇の香り
口からはローズソフトの強めな薔薇の香り
頭の中が薔薇の香りでいっぱいに


s500_DSC_9193_180.JPG?


ブラシの木も満開
この花を見ると思わず触りたくなります
また触り心地が柔らかで気持ちいい


s500_DSC_9200_186.JPG


薔薇ソフトでクールダウンした後は港が見える丘公園側のバラ園へ


s500_DSC_9224_201.JPG


?ちょっと変わった服装の人たちがいっぱい
近くでアニメのイベントでもあったのかな

s500_DSC_9245_221.JPG


でもアニメキャラクターとはちょっと違うような
首からIDカードをぶら下げた係員も居るし
何だろう


s500_DSC_9226_202.JPG


女装の方かな
ちょっと迫力のある顔立ちと体格のお姫様衣装の方もいて、そっちの関係?


s500_DSC_9236_212.JPG


何と無く興味が湧いて係員の方のTシャツにプリントされていたロゴをググってみると・・・
コスプレの会社でした
参加は女性限定だそうで・・・・
えっ、さっきの方、女性だったんだ
 (*_ _)人ゴメンナサイ.


s500_DSC_9239_215.JPG


皆さん、気合い入っています
コスプレ同士撮っているのもありますが
専任の撮影係が居る人も

s500_DSC_9252_228.JPG


薔薇を背にして登場なんて昔の少女マンガみたいだ^^;
しかも時折吹く風が棚の薔薇が花弁を散らして、薔薇の花吹雪
完全に少女マンガの世界だぁ〜^^

s500_DSC_9260_236.JPG


レフ板持参とか、本格的


s500_DSC_9330_287.JPG


薔薇の花よりもコッチの方が面白くて、どんなコスプレがあるのかなって園内を一周してしまいました
服装だけじゃ無いです
メイクもしっかり凝っていました
顔を出せないのが残念^^;


s500_DSC_9240_216.JPG


薔薇ですからね、これらのコスプレも似合いますが、そのコスプレ会社のHPによると7月は川崎大師の風鈴市で開催されるそう
川崎大師で????
お寺で少女マンガの世界をどう繰り広げるのかな
それとも和風のコスプレになるのでしょうか


s500_DSC_9244_220.JPG


いやいや、面白いものを見せてもらいました
こういう世界もあるんだなぁ


s500_DSC_9248_224.JPG


コスプレを楽しんだ後は再び薔薇撮り
でも人が多くてなかなかいい感じに撮れず、アップものの量産^^;


s500_DSC_9294_255.JPG 


と、珍しく誰も居ません
でも誰も居ないのもちょっと寂しいかも
日傘をさした女性が通りかかったら絵になるのだけれどなぁ
白く長いスカートで傘は緑で
若い女性がいいかな
と、考えていたら・・・・


s500_DSC_9253_229.JPG


白いスカートが
いや、若すぎるって^^;
いやぁ、可愛い可愛い
うちの娘たちにもこういう時があったなぁ(  ̄- ̄)トオイメ


s500_DSC_9270_245.JPG


この春はもう薔薇は撮れないかとも思いましたが、結果的に満開のタイミングで来ることができました
ピークアウトはしていましたが、許容範囲内
色っぽい薔薇たちに大満足


s500_DSC_9277_249.JPG


二時ぐらいで引き上げ
元町中華街駅から帰ります
ちょっと早めに帰ったのはジムに行きたかったから
手こずった仕事で休みが無かったのもあって暫くジムに行かれなかったからね
翌日、日曜日は筋肉痛^^;


s500_DSC_9282_250.JPG


日曜日は北鎌倉へ(次記事の予定)
そして午後からはベスちゃんのメンテ(記事UP済み)
充実した休みでした


s500_DSC_9306_265.JPG


充実していたけれど疲れは取れなかったなぁ
疲れが抜けるのに時間がかかるようになって歳を感じますね
実は今だに疲れが残っていて


s500_DSC_9316_274.JPG


何だか体は怠いまま
甘いものが足らないかもね
いや、遊びが足らないのかも


s500_DSC_9317_275.JPG


今週末はZZRを駆って気の向くままに走ります
西か東か、どっちに行こうかな
北というのもいいな


s500_DSC_9327_284.JPG


久しぶりに乗るからね
のんびり走ります


s500_DSC_9337_290.JPG


ワクワクして寝られなかったりしてね^^;


boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(106)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

タルトと麦酒と笑える映画 翔んで埼玉 [日常のなかで(Diary)]

埼玉県出身の奥さん、翔んで埼玉を観なければと言っていたのが梅の花が甘く香っていた頃
気付けば桜も散って新緑の季節
結局奥さんは映画を観ないままだったなぁ

断捨離と片付けの件で奥さんとの間に勃発した紛争が奥さんの時間稼ぎの策に有耶無耶のうちに終戦(結局自爆敗戦)となってしまった日の翌週末の事
まだ上映しているかなとググってみると、横浜市内では桜木町と港北NTの2館のみですがまだ上映しているようです
奥さんに”まだ翔んで埼玉は上映しているよ”って伝えると喰いつく喰いつく

さるくんから言い出したからオゴリだよねぇ (▽∀▽)ニヤリッ

(゚∇゚ ;)エッ!?

本当はさるくんも観たいんでしょぉ~ ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ
十万石饅頭も出てくるし(奥さんの好物)、俳優も埼玉の人が多いし・・・・説明が止まらない止まらない^^;
一緒に行く事になりました
面白そうだし、まぁいいか


上映は8時50分からと18時5分からの二回
朝は忙しないので18時からのに行く事にしました
娘たちも遊びに行って夕飯は要らないそうなので夕刻でも問題なし


0s500IMG_3102.jpg 


夕刻、東横線で みなとみらい駅へ 、何も食べないままだと空腹で映画に集中できませんから軽く食べておくことに
タルトが食べたかったのでLa Maison ensoleille table


0s500IMG_3143.jpg


Shop windowに並ぶタルトに呼ばれるんだよねー 


s500IMG_3110.jpg


鴨居のララポにもお店がありますが、内装はやはり似ています 
でも鴨居のお店よりは普通、洗面台がテーブルになっていないから^^;


s500IMG_3108.jpg


ケーキとお茶のつもりだったのですが・・・  


s500IMG_3109.jpg


セットにして夕飯も済ませちゃえってなって
キリよくCセットで(消費税入るからキリよくはないけれど^^;)  


s500IMG_3113.jpg


で、限定と言う言葉に弱いものだから^^;
やっぱり肉だよね肉  


s500IMG_3107.jpg


タルトは何にしようかな~♡
今の季節はメロン  


s500IMG_3112.jpg


レギュラー品も捨てがたいし・・・  


s500IMG_3114.jpg


いちごとアプリコットの紅茶タルトがいいなと思ったけれど 


s500IMG_3115.jpg


結局選んだのは季節もの
奥さんに別のを選ばせて、それを味見しようと考えながらオーダーをお店のお姉さんに伝えます

”牛ステーキと春野菜のロティのCセットにクインシーメロンとはちみつのタルトを”

”あっ、私も同じのを”

(。 ̄□ ̄)エッ?  さ、作戦がぁ><


s500IMG_3116.jpg


選んだドリンクは違いましたが、作戦失敗
まさか同じタルトを選ぶとは・・・・ 
自分はアールグレイティ、奥さんはカフェラテ


s500IMG_3121.jpg


牛ステーキプレートの着皿  


s500IMG_3124.jpg


肉は赤身で厚みがありますから噛み応えあります
よく噛んで食べるタイプですから少なく見えてもお腹は膨れますね
ライスはバターライス
奥さんはバラ―ライスが苦手なので何故白飯じゃないんだとブツブツ


s500IMG_3131.jpg


さっさとたべてケーキタイム~♪  


s500IMG_3132.jpg


四穀アーモンドタルトにホイップクリームでフランボワーズを包み込み、重なるのははちみつギリシャヨーグルトクリーム
クインシーメロンといちごが乗っています
お皿の蜂蜜は・・・あまり意味がないような気も  


s500IMG_3139.jpg

メロンだと高級に思えてしまうのは昭和生まれだからかな^^;

s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


ラ・メゾン アンソレイユターブル 横浜ランドマーク店
045-226-5839
横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ 1F
[月~木・日]11:00~21:00(L.O.20:30)
[金・土・祝前日]11:00~22:00(L.O.21:30)

さあ、そろそろ行かないと
立ち上がるや否や、奥さんに”ごちそうさまぁ~”
有無を言わさず払わせます
映画は奢らされるのだから食事ぐらい奢ってよね


s500IMG_3146.jpg


18時に到着^^;
50歳割引を使ったので@1100円
それを見て奥さん


”ずるい~ 、私の半額じゃん” p・ω・´Uズルイ

”いや、完全な半額じゃないし” ^^;


s500IMG_3148.jpg


映画、笑いを堪えるのが大変
奥さんの言動や行動パターンがギャグにされているし
観ながら +:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン
あーっ、奥さんと同じ事言っている~

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

中途半端じゃなく、全力でくだらなくて最高

振り切れてて痛快痛快
こういう面白さっていいな

笑い転げてた奥さん
”でも何だかんだって言ったって、埼玉は関東圏なんだからね、さるくんの中京圏の岐阜とは違うから”((((〃¬_¬)フン


”埼玉が関東圏?関所があるくせに・・・手形が要るんでしょ?”


”・・・・ ”(^_^; アハハ


s500IMG_3149.jpg


映画館のエレベーターのドア
不二子じゃないよね、これ
どう見ても不二子に見えないし 


s500IMG_3151.jpg


さて、映画も終わって帰ろうと、みなとみらい駅の方に歩くのですが
映画、割引があって安かったし・・・
そんな考えなくてもいい事を考えてしまって
よせばいいのにビールでも飲んでいこうと誘ってしまいました
でも夕飯は済ませていますからアテは重くないのがいいなと、やってきたのはドックヤードガーデンの世界のビール博物館 


s500IMG_3161.jpg


店内は結構広い
案内されたものの、オーダーとりに来ないし
近くも通りかからない^^;
広すぎて対応できていないのかな
追加オーダーの時も同様
まぁ、急いでいないから良いのですが・・・
あまり客席の方を見ていないような気も
これでサービス料10%は無いよなぁ


s500IMG_3162.jpg


全200種以上のビールだそうです
ボトル物とか  


s500IMG_3163.jpg


樽生とか 


s500IMG_3157.jpg


肉に目が行きましたが牛は晩御飯に食べたと却下されました^^;  


s500IMG_3158.jpg


牛がダメなら豚は?・・・重いだって
21時だからねぇ


s500IMG_3159.jpg


じゃぁチーズでいいや
2種盛り合わせで  


s500IMG_3160.jpg


あと、枝豆
麦酒には枝豆ね
ガーリックペペロンチーノってのが前に付くのが気になるけれど、まぁいいか 


s500IMG_3156.jpg


奥さんはミュンヘナーヘルの300
自分はオプティメーターの500で  


s500IMG_3164.jpg


濃厚って書いてありましたから構えて飲んだのですが、サッパリしていて飲みやすい
喉越しもいい感じ
でも、もっと苦い方がいいな 
あまり黒感は感じなかったです 


s500IMG_3165.jpg


ガーリックペペロンチーノ枝豆の到着
食べてみると・・・
ガーリックの風味が効いた枝豆って結構美味しいな
って思った瞬間

ヽ( ̄◇<炎炎炎炎炎ブオオオオオッッ 


メチャ辛いし
こんなの自分は食べられません  ( இ﹏இ )
奥さんに全部食べていいからと


s500IMG_3166.jpg


チーズも到着
ブルーチーズが入っていたんだ
奥さんはブルーチーズが嫌いですから、これは自分専用で^^
でも、メッチャ辛い枝豆と、塩の良く効いたブルーチーズ
こんなのがあると・・・・  


s500IMG_3154.jpg


一杯で足りる訳も無く二杯目
奥さんは同じので、自分はドゥンケルに変えてみました


s500IMG_3174.jpg


11度のビール、これがまたブルーチーズによく合って♪
ワイン飲んでいるような感覚  


麦酒は得意じゃないのに度数が高いタイプを飲んでしまったら・・・結構いい気持ち
調子に乗ると危険な感じなので二杯で止めておきます
二杯でも映画代の割引分からは大幅に足が出たような^^; 


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


世界のビール博物館 横浜店 (World BEER Museum)
050-5869-7332
横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ ドックヤードガーデン B2F
【月~金】ランチ 11:00~14:00 ディナー 16:00~23:00
【土・日・祝】
ランチ・ディナー 11:00~23:00 


boeder-001.gif


飲んで帰ったら飲み会アイス 


s500IMG_3177.jpg


今回はハーゲンダッツで
これは奥さんの支払い・・・ 


s500IMG_3180.jpg


マンゴーアイスってことでこれを選んだのですが、周りのオレンジのコートが酸っぱくて^^;
下の娘のストロベリーと交換してもらいました
下の娘は酸っぱいのが好きだし^^;  


boeder-003.gif


新緑の鎌倉散歩と富士五胡巡りツーに行こうと思っていたこの週末

またまた休日出勤・・・・orz

今年は何故か休日出勤が多くてなかなか遊びに行かれない

週末に休めたとしても疲れが残ってるし

疲れが残るのは摂取カロリー制限のせいかな

やはり甘いものをガッツリ食べないと調子が出ない・・・--;)

m_emoji-1.gif


 


nice!(119)  コメント(34) 
共通テーマ:グルメ・料理

シーアンの苦くないゴーヤ 平成最後のオフ会で血圧改善? [日常のなかで(Diary)]

4月30日、平成という大化以降247番目の時代が終わる日のこと
駅員3さん主催のオフ会に参加しました 


s500IMG_2850.jpg


場所は新宿西口のシーアン、此処でのオフ会はもう何度目でしょうか
ウチからは新宿三丁目駅から西口までちょっと歩くことになりますが、電車で一本(東横線副都心線乗り入れで)
ですから行きやすい場所であるのです
でも行きやすい場所というのは舐めてかかりやすいと言うのも確かで・・・・
ここ二回ばかりは遅刻してしまいました
電車に乗っている時間を逆算してウチを出るのですが、新宿三丁目の駅から西口まで時間がかかってしまうのです
毎回出口を間違えて^^;


s500IMG_2852.jpg


今回は遅れる訳にはいきません
ちょっと早めにウチを出て、そして新宿三丁目の改札を出た後は出口の位置を地図で再確認
うん、E10ね^^
いつもこうやって確認すればいいのですが、ついつい直感で歩いてしまい迷うのですーー;) 
早めに到着したのでカメラ屋さんで時間潰し
でも触りません
欲しくなりますから^^;
適当な時間になったらシーアンへ 


s500IMG_2855.jpg


この日の参加者は

英ちゃんさん
katakiyoさん
YUTAじいさん
kinkinさん
koh925さん
ともちさんと息子さん
Rchoose19さん
parasolpainさん
chibidraさん
駅員さん
さる1号
 
の12名 


s500IMG_2853.jpg


最初は瓶ビール
そして紹興酒の燗をいただきます

s500IMG_0792.jpg

一本目は燗できましたが、二本目は飲んでみたら常温
まぁいいか^^;
それに”まずは常温でお試しあれ”って書いてありますからね
常温でも味わっておきましょう
でもやっぱり燗がいいかな
この日はちょっと肌寒かったから
今回、紹興酒を結構飲んだような・・・・  


s500IMG_2856.jpg


さて、料理に戻って
前菜は豆腐の麺、豆腐干絲
そして蒸し鶏と自分の苦手なゴーヤ
ゴーヤが苦手な自分ですが、何故か此処のゴーヤは大丈夫
食べられるのです
苦みが強くなく食べやすい
此処シーアンは量が結構多め
なので皿がなかなか空になりません
次々と料理が来ますから何時までも皿を置いておくわけにはいかず、頑張って食べることに
今回、どうした風の吹き回わしなのか、ここのは苦くはないと言えども苦手なゴーヤ
いつもは食べないのですが、今回は皿に余っていたのを全部頑張ってしまいました
蒸し鶏が好きなのもあって、前菜の余っていた分は受け持った感じ 


s500IMG_2858.jpg


海老と空豆とキノコの塩味炒め
プリッとした海老が美味しい
空豆が春っぽくていいですね♪  


s500IMG_2860.jpg


餃子~♪
ここの餃子は棒餃子 
今回、焼売が出てこなかったです
焼売も出てくるだろうと英ちゃんさんがチューブの和がらしを持ち込んでいたのですが^^;
(シーアンは焼売に辛子は付いてきません 下味がしっかり付いているのでそのまま食べて欲しいと)
前回、持ち込みの和がらしを堂々と使って食べていたから焼売がメニューから外されたのかなぁ
焼売、大好物なのに~TДT 


s500IMG_2862.jpg


小龍包
他を食べるのに忙しくて、小龍包にたどり着いた時には小龍包はアツアツでなくなっていました
残念~><  


s500IMG_2866.jpg


そして一番楽しみなナスの山椒揚げ
茄子の揚げ具合が見事
表面がパリッとして中はアツアツトロリ、唐辛子と山椒と大蒜の刺激に酒が進みます 


s500IMG_2869.jpg


牛肉と野菜
流石にお腹もいっぱい
ちょっと重く感じて来ました  


s500IMG_2870.jpg


最後の皿は鰈の唐揚げ
鰈、特に鰈の唐揚げは大好物
魚料理の中で一番好きかも
満腹でも好物は別
早速小皿にとって頬張ります
パリッとした食感のあと鰈の淡白な旨味
油のコクが鰈の旨味を押し上げます

ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

その旨味を味わっていたら・・・・・

(@'ω'@)?

(o≧口≦)o<炎炎炎

辛い~><
二切れ食べるのが限界でした
そうそう、此処は四川料理のお店だったんだね^^;  


s500IMG_2871.jpg


そして刀削麺
辛いのと辛くないのから選べます
自分は辛くない方で
鰈の唐揚げで火を噴いていますからね^^;
パクチーをたっぷり乗せていただきました
パクチーって美味しいなぁ (@ ̄¬ ̄@) 


s500IMG_2872.jpg


デザートは杏仁豆腐  


s500IMG_2873.jpg


杏仁豆腐って美味しいね~♪  


s500IMG_2876.jpg


小龍包に杏仁豆腐に乗っているクコの実を乗せて・・・・
(よい子は真似をしてはいけませんーー; )
ご本人の方が立派だと思いますよ^^; 

帰りの電車は座れました
昼酒だったのもあってメッチャいい気持ち
ウトウトしかけましたが何とか頑張って乗り過ごしなし^^


boeder-001.gif


飲んで帰る時はアイスクリームのお土産を買って帰るのが我が家のルール
通称飲み会アイス 


s500IMG_2879.jpg


今回買ったのはこの四つ 


s500IMG_2880.jpg


自分はこれ
タピオカウーロンミルクティ
Hanakoとコラボ?女性誌とコラボのアイスなようです
どの部分がコラボなのでしょうね
カロリーが意外と低く、106kcal@@)
摂取カロリー削減を言われている自分にピッタリかも 


s500IMG_2881.jpg


サッパリしたミルクティ
低カロリーですが結構美味しい 

この日、出かける前に血圧を測ると160-115でした
アイスを食べながら下の娘とその話になって
酒を飲んで帰ってきたし、どれぐらい上がっているのか気になって測ってみることに
機械をセットしてスイッチオン
・・・・・
・・・・・
・・・・・
測定終了~
表示を見てみると、135-85 @@;)正常じゃん
測定ミスしたかな?
でも何度測っても135-85前後
この値は正しいようです

どんな時間帯に測っても上は155±10、下は110±5の値だったのに
それがいきなり正常値になるとは
何故?一体何が起こったのでしょう

出かける前に測って、今測定して
その間にあった事で血圧に影響を与えそうなことといえばオフ会ぐらい
食べたものが血圧の値を正常にした?
それとも飲んだもの?
飲み食いしたものを思い出しながら、その素材をひとつひとつ血圧への影響をネットで調べてみると・・・
紹興酒とゴーヤが血圧を下げたようです

紹興酒の効用としては
・血中コレステロールを低下させる
・血圧降下作用が強く認められる
だそう
これは紹興酒を醸造するときに用いられる紅麹によるもの
動物実験で血中コレステロールのなかのLDLとよばれる悪玉コレステロールを低下させ、重症のコレステロール血症についても改善作用があることが認められているそう
また高血圧自然発症のラットを使って調べた実験では強い血圧降下作用があることがわかり、正常な血圧レベルを維持できることも確認されているとか
(動物実験かよ~、人間で実験しないの?紹興酒を毎日飲めばいいだけじゃないの?)

ゴーヤは
・血圧値の正常化
・血糖値の正常化
・コレステロール値の正常化
・肝機能の強化
・リノレン酸による脂肪燃焼
だそう
これは苦味成分である「チャランチン」や「モモルデシン」が効くのだそうですが、あの苦みは苦手
でも、あの苦さが血圧に効くとなれば頑張るしかありません

どうやらオフ会で紹興酒を飲んで、ゴーヤを食べまくった効果で血圧が正常値になったようです
155±10、下は110±5の値にこれは薬を飲み続けなくてはいけないのかと一寸ブルーになっていましたが、紹興酒とゴーヤが効くのならばブルーになる必要はありません
家飲みの酒を紹興酒に変えればいいだけですから♪
アテは苦手だけれどゴーヤで

日曜日の朝、血圧を測ったら155-110、元に戻っているし^^;
やはり一日三度の服用が必要かなぁ
紹興酒とゴーヤで血圧が正常値に戻った後、どれぐらいの時間で元に戻るか実験してみようかな 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(110)  コメント(38) 
共通テーマ:グルメ・料理

べすちゃんと鎌倉桜散歩 [日常のなかで(Diary)]

s500_DSC_8764_18579.JPG

久しぶりにべすちゃんと鎌倉散歩~♪

boeder-001.gif

4日は出社したものの5日は再びお休み
健康診断で肝臓のエコーが要精密検査の判定となりMRIでの精密検査の予約を入れておいたのです
なので1月の第一週は4日に仕事に言っただけ^^;


s500_DSC_8740_18562.JPG


翌6日、土曜日は鎌倉の桜撮りに行ってきました
今年の桜は長持ちとはいえ、さすがにもう限界でしょうから
綺麗に晴れ渡った空に誘われてべすちゃんで出動
まず初めは明月院から
門前の公衆電話横のスペースにべすちゃんを駐車しておきます(この場所はtakenokoさんに教えていただきました) 


s500_DSC_8751_18569.JPG


明月院の桜と言えば山門の枝垂れ桜
・・・@@)あれ、花が・・・
ピンクの花が僅かに残っているだけ orz


s500_DSC_8756_18573.JPG


昨年は8日に来ましたが、花はまだいっぱい残っていました
流石に盛りは過ぎてはいましたが、それでも見応えは十分
春らしい色彩で境内を染めていたのです 


s500_DSC_8759_18574.JPG


でも今年は花が早く咲いてしまったようです
思えば思う程3月の最後の土日が休日出勤になってしまったのが恨めしい 
でも枝を見ると・・・花が散ったと言うより花が付いていない?
ひょっとしたら今年は花があまり付かなかったのかな
桜にも裏年ってあるのでしょうかね 


s500_DSC_8780_18584.JPG


お約束の丸窓を撮って花地蔵さんにご挨拶をしたあとは下へ降りてゆきます 


s500_DSC_8790_18590.JPG


境内の下側には染井吉野 
苔の上の桜の花弁模様が境内を何時もより軽やかな雰囲気にしています
静けさの中、風もないのにひとひらふたひらと舞い落ちてゆく花弁が春の陽射しに輝くさまは風情がありますね


s500_DSC_8808_18592.JPG


久しぶりに笑月軒でひとやすみ
陣取った場所は何時もの場所、水琴窟の前
でも、相変わらず水琴窟は井戸が故障中で音を奏でません 


s500_DSC_8810_18593.JPG


茶菓子も何時もと一緒
出雲三昧
落雁と求肥に餡がサンドされた菓子は自分の好物♪ 

s500_DSC_8915_18680.JPG

お茶を楽しんだ後は山から海へ
北鎌倉から材木座海岸に向かいます
目的地は桜の名所、光明寺


s500_DSC_8826_18605.JPG


光明寺は潮風香る鎌倉の巨刹、鎌倉一の大伽藍を誇る浄土宗のお寺
鎌倉は海のある古都と言われますが、その雰囲気を感じられる寺は多くありません
この材木座海岸からすぐの光明寺は潮の香漂う数少ない寺のひとつなのです 
シンゴジラが由比ヶ浜に上陸するシーンは光明寺の裏山から撮影されたそう^^ 


s500_DSC_8839_18616.JPG


ピークは過ぎていますが、まだまだ見頃
塩の香に包まれた桜花
桜茶を飲みながら眺めたらオツかもね^^ 


s500_DSC_8848_18624.JPG


桜を眺めていると幸せな気分
ずっと眺めていたくなりますね
”願はくは花の下にて春死なん ”
その気持ちが良く解ります


s500_DSC_8854_18629.JPG


これが夜桜で、桜越しに望月を眺めながらであったのならば、きっと思い残す事は無いでしょうね 


s500_DSC_8858_18633.JPG


そうそう、前記事の続きですが・・・・
バトルは軽く継続中(と、自分は思ってるのですが)
今日、出張から戻ってみると部屋の中は変化なし、相変わらずの惨状 


s500_DSC_8862_18636.JPG


夕飯を作り、娘と食べようとしているタイミングで奥さんが帰宅
ただいまって言うや否や 


s500_DSC_8864_18637.JPG


今日何の日か知ってる?

今日何の日か知ってる?

今日何の日か知ってる?

ええぃ、煩い、オマイの誕生日だろ 


s500_DSC_8867_18640.JPG


奥さんは19日が誕生日 
タンプレの催促なのは解りますが、そうはいかない

この間バトルしたから無し!


s500_DSC_8871_18644.JPG


酷い、私はトレーニングウエアをあげたし・・・

私はトレーニングウエアをあげた

私はトレーニングウエアをあげた


・・・・・

喧しい、せめて部屋を片付けるまでは知らん!


s500_DSC_8881_18650.JPG


と、部屋を片付ける条件を付けましたが・・・・
さてさて、奥さんはちゃんと片付けるでしょうかね
自分は五分五分と踏んでいますが、下の娘はお母さんが片付けなんてやらないときっぱり^^; 


s500_DSC_8890_18658.JPG


どうなるのでしょうね、この週末が楽しみですwww
片付けたら当初の予定通りのタンプレ
片付けなかったらその分の予算はそのまま自分のお小遣いに 
どちらに転んでも自分の損はありません


s500_DSC_8905_18671.JPG


でもケーキはどちらににしても焼く予定 
自分がケーキを焼く理由は自分が食べたいからだし
誕生日とかを理由にしているのは単にきっかけが欲しいだけ^^;


s500_DSC_8908_18674.JPG


無論、誕生日ケーキを名乗るからには、その誕生日本人の好きなフルーツを使います
奥さんの場合はキウイ
娘達からキウイオバサンと二つ名を貰っているぐらい毎日食べているのです
しかも独り占め状態でーー;)
キウイは使うけれど・・・もし片付けなかったら癪だからミルクレープにしてやろうかな 
奥さんはケーキの中でミルクレープは好きじゃないのです(クレープ自体も嫌いだそう)
大好きなキウイが嫌いなミルクレープで
どんな反応示すかな^^;  


s500_DSC_8927_18688.JPG


鎌倉の桜は今回は明月院と光明寺の二ヵ所で終了
昼ぐらいに戻らないといけなかったのです
逗子から六浦に抜けて金沢八景へ 
途中、称名寺にも寄り道
明和8年建立の惣門前にべすちゃんを駐車して歩きます


s500_DSC_8920_18683.JPG

ここ称名寺も桜が綺麗
参道は桜のトンネルなのです 


s500_DSC_8931_18691.JPG


地元、町内会の皆様でしょうか
仁王門前で盛大なお花見^^ 
鎌倉のお寺と随分と雰囲気が違います


s500_DSC_8937_18695.JPG


浄土式庭園をぐるりと一周  


s500_DSC_8960_18711.JPG


橋、塗り直したのですね
前に来た時は色褪せてしまっていて、ちょっと残念に思っていたのです
水面に映る橋がいいな  


s500_DSC_8962_18713.JPG


雰囲気に重さがあまり無いですが、 これはこれで悪くない
というか・・・・懐かしい^^;
実は自分が幼少の頃に通っていた保育園はお寺の経営
こんな感じな雰囲気の重くないお寺でしたから 


s500_DSC_8966_18717.JPG


本堂やお墓でかくれんぼとかやって何度も怒られた記憶が^^;  


boeder-001.gif


ちょいと疲れて甘いもの
イタトマでお茶
シュークリームが気になってシュークリームのセット(400円)で 
 


s500IMG_2609.jpg


あまり色気の無いポットですが、一応ポットなのが嬉しい  


s500IMG_2610.jpg


ただ、シュークリームが・・・・ホイップクリームだけでした
カスタードも入っていると嬉しかったな
自分はホイップよりカスタードの方が好きなのです
混ぜてディプロマットにして食べるのも好き 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(107)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

昼休みには みなとみらいの桜散歩 [日常のなかで(Diary)]

桜記事に戻って・・・・ 


s500_DSC_8670_18511.JPG


風邪で寝込みましたが4日は出社
流石に出張は入れていなくてオフィス仕事
オフィスに居るのなら みなとみらいの桜を楽しみましょう
昼休みに桜散歩を楽しみました


s500_DSC_8672_18513.JPG


桜は丁度満開
港と桜のコラボを楽しみます  


s500_DSC_8675_18516.JPG


どこぞの新入社員でしょうか
ピッカピカのスーツに身を包んだグループが昼休みお花見 
まだ馴染まないスーツが初々しいですね 


s500_DSC_8684_18523.JPG


この日もよく晴れて桜撮り日和
青空に桜がよく映えます  


s500_DSC_8690_18527.JPG


昼休みの桜撮り
撮ってばかりではお腹が持ちません
なのでパンを買って食べながら桜撮り散歩 


s500_DSC_8696_18528.JPG


丁度揚げたてカレーパンと焼きたてあんぱんが並んでいましたからそれらを購入
揚げたてカレーパンって最高に美味しいですね
アツアツのカレー餡とふわふわのパン
これ以上美味しいパンがあるのだろうかと思うぐらいの美味しさ
焼きたてあんぱんも最高
ふわふわで甘くてうっとりする程美味しい 


s500_DSC_8698_18529.JPG


桜だけではなく、みなとみらいの風景も撮って楽しみます
ここ、商品が外に置いてあるのですが・・・洗濯物にしか見えないし^^;  


s500_DSC_8701_18531.JPG


赤レンガ倉庫も平日はイベントが無く広々^^  


s500_DSC_8704_18533.JPG


汽車道から桜木町駅に向かって みなとみらい桜撮りのコンプリート
桜を楽しめました
ただ・・・・クシャミが止まらなかったけれど
花粉がいっぱい飛んでいました  


s500_DSC_8707_18534.JPG


最近は記事にいただいたコメントの返しはまとめてやっています
5記事分溜まってから頑張る感じ
で、今日もやっていたのですが、その時気になるのは記事の内容のその後
数記事前に書いた奥さんとのバトル、その後の事を書いていなかったなって


s500_DSC_8709_18536.JPG

奥さんはレイアウト変更がしたくて収納の中身を取り出したものの散らかしたままで片付けずバトルに発展したのです
休み明けは自分は出張に出かけ、さて奥さんはちゃんと片付けるのかと楽しみに様子を見ていたのですが・・・ 


s500_DSC_8710_18537.JPG


金曜日、戻ってきたら部屋の様子は出かけた時と全く同じ 
寝室は布団の敷き場所にも悩むような状況
予想通りとはいえ呆れます
ホント、汚な好き、片付けるというのが嫌いな性格
奥さんにとっては お部屋は汚部屋なんでしょうね 


s500_DSC_8719_18543.JPG


奥さんが実行支配している自分のベッドの上にも荷物が沢山置いてあって寝られる状況ではありません
それらも片付けないでそのまま
これでどうやって寝ているのか・・・  


s500_DSC_8722_18546.JPG


でも考えてみれば奥さんがまともにベッドで寝るのはまれ
何時もリビングの板間で風呂も入らず寝落ちしています(起こすと凶暴なので家族誰も起こしません)
明け方に目を覚まし朝風呂(毎日焚き直しでガス代が半端無いんだよね) 
ベッドを使うのは朝風呂あがりの二度寝の時(朝風呂あがりに二度寝なんて温泉かよーー;) 


s500_DSC_8724_18548.JPG


奥さんにとってはベッドが使えないならリビングで寝っころがればいいって事なんだろうけれど・・・・
何処でも寝られるとはまさに野獣 


s500_DSC_8730_18554.JPG


で、奥さんに何故片付けていないのか、何時まで放置しているのかってミニバトル
奥さん曰く・・・


まだレイアウトをイメージできていないからやれないの!  


s500_DSC_8731_18555.JPG


はい?・・・・
作業後のイメージもできていないままでレイアウト変更を始めたんかい!!!!! 

計画性まるで無し
これらの散らかったものたち
片付けるのは自分になりそうです
で、片付けたら片付けたで奥さんは絶対文句を言う
”これ、私がイメージしたレイアウトじゃない! 何故こんなふうにするのよ!”って


s500_DSC_8735_18501.JPG


で、まともに口もきかず目も合わせなかったから流石にヤバいと思ったのか態度がちょっと変わってきましたwww
でもね、ここで許したら態度が元に戻るのは確実
もうすぐ奥さんの誕生日
今回のバトルでタンプレは無しでいいかなって姑息な考えが頭を過ります^^;
自分の誕生日にはトレーニングウエアを貰ったけれど。。。。 


boeder-001.gif


そうそう、11日から発売になったスタバのストロベリー&ダージリンタルト
先日スタバでフタゴのイチゴを楽しんだ時に一緒に頼もうとしたのですが残念なことに売り切れ
で、リベンジしてきました 


s500IMG_2670.jpg


珈琲は苦手なのでアイスティーで  


s500IMG_2674.jpg


HPの説明書きには
”ストロベリーの甘酸っぱさとダージリンの豊かな風味が楽しめるタルトです
クリームとダマンド生地には、ダージリンの茶葉とパウダーを使用することで、ダージリンのほんのりビターな風味と濃厚な味わいを引き立てています
トッピングにはストロベリーダイスとシロップ漬けストロベリースライスの2種類を使用し、酸味と甘さのちょうどよいバランスを楽しめます”
ってありますが・・・・ 


s500IMG_2676.jpg


クリームに紅茶感はあまり感じなかったな
甘さも物足りないし
上のイチゴも甘酸っぱさよりもワザとらしい甘さが強くて何だかジャムをそのまま食べているみたい  


s500IMG_2677.jpg


これは一度食べればいいかなって感じ  


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(116)  コメント(35) 
共通テーマ:グルメ・料理

お茶の後は目黒川の桜と桜坂 [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです 


s500IMG_2469.jpg


体調が悪いのに揚げ物を食べて大丈夫なのか一寸心配でしたが、胸焼けの全くしない揚げ物で全く胸焼けは問題なし
でも体調が悪いのは確かで、普通盛りご飯でもお腹はいっぱいになってしまいました
そうなるとお茶が必要です
珈琲は飲めませんから紅茶のお店で
神保町で紅茶と言えばTAKANO 
看板にはセイロンティーの品質を保証するライオンが描かれ、紅茶専門店の名に相応しい雰囲気


s500IMG_2470.jpg


開店は1974年、東京で一番古くからある紅茶専門店なのです
お店は地階に


s500IMG_2474.jpg


神保町の店としては珍しく、広くゆったりとしているのもいいですね 
でも・・・やはり紅茶のお店ってマダムばかりです
男性客もいるにはいますが、マダムに連れられてな感じ
でもAfternoon Teaよりはマダムマダムしていないからオヤジ一人でも入りやすいのがいい^^ 


s500IMG_2475.jpg


まずは品書きをチェック  


s500IMG_2478.jpg


飲み物はCEYLON FLOWERY GRADE TEAをストレートで  


s500IMG_2477.jpg


自分には甘いものも必要です^^
CITRUS CHIFFON CAKEをオーダー  


s500IMG_2482.jpg


到着~
やはり紅茶はポットで供されるのがいいな  


s500IMG_2484.jpg


香りのいいお茶でした  


s500IMG_2483.jpg


シフォンも爽やかな風味
硬めのクリームと一緒に  


s500IMG_2487.jpg


はあ~、紅茶が美味しい~♡ 


boeder-003.gif


一服した後は半蔵門線で渋谷に戻り東横線に乗り換えます 


s500_DSC_8522_18387.JPG


向かったのは中目黒、目黒川の桜です
駅のホームから眺める桜  


s500_DSC_8523_18388.JPG


上り側ホームの桜は凄いボリューム
満開も満開、ぽこぽこに咲いています 
流石にこの時期の中目黒駅は凄い混雑
いつの間にかオシャレな雰囲気になってしまった中目黒、三十年前は場末感たっぷりで渋い飲み屋さんがあったのですが・・・
ガード下の焼き鳥屋さんやメキシカンな飲み屋に通っていた頃が懐かしい
ガード下は改装されて今はオシャレなお店ばかり
それらは皆何処かで見たようなお店
オシャレなのだけれど味わいというものが希薄に思います
其処にしかない雰囲気というものが無くなってしまいました 


s500_DSC_8526_18389.JPG


それでも桜は綺麗♪
平日に来て正解でしたよ、ちゃんと歩けますから^^;
昨年は週末に来てまともに歩けなかった記憶が  


s500_DSC_8533_18396.JPG


日は傾いていますが、まだまだ空はしっかり青い
青空の桜がよく映えます  
川沿いを桜を眺めながら歩いて
橋に来れば橋から桜撮り


s500_DSC_8537_18400.JPG


目黒川は川幅が狭いのがいい
桜が両側から覆いかぶさるように枝を伸ばし、かなりのボリューム感
川幅が広いとこうはいきませんからねぇ 


s500_DSC_8541_18404.JPG


そうそう、奥さんとバトルの後(前々記事を参照ください)出張に出かけ、木曜日の夜遅くに戻ってきました
部屋はそのままだろうなって思っていましたが。。。。。
帰ってみたら出かけた時と全く同じ状態
全く片付けていないようです  


s500_DSC_8558_18418.JPG


なぜ片付けないのかと訊くと・・・・
未だレイアウトを決めていないからと
・・・・・--;)
決めてからやり出せよ!
と少しだけバトルの続き^^; 


s500_DSC_8564_18423.JPG


まぁ、想定していたことだから今更腹も立たないけれど
呆れと言うか諦めと言うか・・・・  


s500_DSC_8572_18430.JPG


木曜日の仕事は遅くなって泊まりたかったけれど頑張って帰ってきたのは金曜日に精密検査だったから
健康診断で要精密検査との評価が出たからね
肝臓はMRIで検査して胃は胃カメラ 


s500_DSC_8575_18433.JPG


MRIはいいけれど胃カメラは嫌い
胃カメラは35年前に一度だけやった事があるのです
当時、電機会社のH社に勤務していたのですが、連日飲み屋が閉まる時間まで残業
流石に体を壊してH社の病院に行き胃カメラを飲むことになったのですが
これが凄かった 


s500_DSC_8581_18438.JPG


ファイバーが飲めない飲めない
あんな太いのどうやって飲むんだと思いながらも何とか飲んだのですが、飲んだら飲んだで苦しいと言うか気持ち悪いと言うか・・・兎に角、二度と胃カメラなんて飲むものかと硬く誓ったのです
なので今回胃カメラを飲むことが決まってからというもの、気分はブルー
当日も朝からドキドキ 


s500_DSC_8585_18442.JPG


検査台に乗せられて口の中に麻酔を入れられて、もはやまな板の鯉
観念してマウスピースを咥え横になって・・・・・
でも怖くて目を開けていられなくて^^;(かなり怖がりなのです 採血の時だって絶対腕を見ないし)  


s500_DSC_8589_18446.JPG


喉に何か当ってる???って思ったらファイバーがもう入ってるし
入っていくとこは気持ち悪かったけれど、35年前程じゃない
検査中も胃の中で動くのが気持ち悪いけれど何とか我慢できるギリギリの範囲
ひたすら早く終われ早く終われと念じながら頑張ります
目を瞑っているより開けていた方が楽ですよって言われたけれど、とても開けてられない
でも検査中、ずっと看護師さんが背中をさすってくれたのもあって何とかクリア  


s500_DSC_8598_18452.JPG


35年前の胃カメラより全然楽だったけれど、それでも三回目はやりたくないな^^;
検査結果は悪性なものは無いねって事で一安心
十二指腸の委縮と腸が胃に上がってきているのが気になるけれど、と (癌になりやすい胃らしい)
このまま定期的に検査をすればいいのではという事で一件落着
ただ、ピロリちゃんが居そうな胃だねって事でピロリちゃんの検査を追加 


s500_DSC_8602_18456.JPG


袋に息を吹き込んで、薬を飲み、数分後に別の袋に息を吹き込む
こんなんで解るんだ@@)
どういう原理なのでしょうね  


s500_DSC_8620_18469.JPG


採血の時に血圧も測ったのですが、これが何度測ってもかなり高め
(健康診断の時も値は高かったのですが^^;) 
で、兎に角高過ぎだから血圧計を買って毎日測るようにとのDrからのお達し
手首や指で測るのではなく、上腕に巻いて測るのを買うようにと
ウチに戻ったら即座に密林でぽちっとな
血圧が高くなったのって昨年の健康診断からなんだよなぁ
その前年との生活面での違いって・・・ジムに通うようになったぐらい
ひょっとしてウエイトを挙げる時に力むのが良くないとか???
あと、二年前との違いと言えば酒が増えたのもあります
甘いものを減らそうとしたのだけれど、甘いものを減らすと酒が増えてしまって^^;
今迄寝酒なんてしなかったけれど、ここ二年はウチでも出張先でも寝る前に二合か三合の焼酎かワイン(赤)を一本
それも原因かなぁ
で、酒を飲まなくしたら今度は甘いものが止まらないし・・・・^^; 


boeder-001.gif


目黒川の桜を楽しんだ後は東横線で多摩川へ
向かった先は園調布本町の桜坂
東光院の角を雪谷大塚の方向に進むと「さくら坂」の交差点


s500_DSC_8627_18475.JPG

ではでは、風にそっと歌いましょうかねぇ^^


s500_DSC_8633_18481.JPG


揺れる木漏れ日 薫る桜坂
悲しみに似た 薄紅色

鼻歌歌いながら撮ってます^^;  


s500_DSC_8640_18486.JPG


頬にくちづけ 染まる桜坂 ~♪ 

電線とか邪魔であまりいい画にはならないけれど撮っている人がいっぱい
皆、鼻歌歌いながら撮っていたりして^^;


boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(114)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

満開の桜の千鳥ヶ淵 [日常のなかで(Diary)]

梅の花、咲きて散りなば、桜花、継ぎて咲くべく、なりにてあらずや
(薬師張氏福子)<万葉集 巻5・829>

ひと月前は梅の花を追っかけていた気がするのですが、今は桜一色
前記事の数日前のこと
九段と中目黒の桜を楽しんできました

s500_DSC_8309_18196.JPG


3月21日に気象庁は東京・靖国神社にある標本木の桜(染井吉野)が開花したと発表
平年より5日早く、去年より4日遅い開花だったそう
桜は咲き始めると満開までは一気
桜(染井吉野)の開花から満開(80%以上が咲いた状態)までの日数は約7日(寒い地域ほど短くなるそうです)
花冷えの日があればその分満開までの時間が延びますが、気温が暖かなままだと26日には満開になってしまいます
実際には気温が下がる日もありますから満開の可能性の高いのは3月の最後の週末 


s500_DSC_8320_18204.JPG


桜が満開の週末に何処に行こうかと考えてた翌日の事
いろいろあって3月の最後の週が二日間とも休日出勤になってしまいましたTДT
それでも関東圏内だったら桜を見ることができますが、休日の仕事先は福島のオフィス
3月末の福島では桜はまだ咲いていません
丁度梅が満開の頃ですからね  


s500_DSC_8322_18206.JPG


桜が満開のタイミングで仕事になってしまうとは 
かなり悔しいですからジタバタといろいろ手を打ってみます
休日出勤後の月曜日&火曜日のスケジュールを無理やり空けて代休を入れて・・・
スケジュールの変更の根回しに費やした労力の凄い事
桜となると根性が入るから不思議です 


s500_DSC_8324_18208.JPG


体調が変だと感じながら福島へ出張
そして体調が悪いまま帰ってきてみればしっかり発熱
代休がぁ~><
代休を取って満開の桜を楽しむはずが寝込んでしまいました
金曜日の夜から発熱していた感じでしたから熱が下がるまであと2日は必要な予感
二日間の代休はそのまま病休に (_ _|||) il||li 


s500_DSC_8327_18211.JPG


病院から戻ったらひたすら寝ます
熱が下がったら遊びに行かれるかもと期待しながら
目が覚めるごとに熱を測りますが全く下がらず・・・かえって上昇しているような
 Σ( ̄ロ ̄lll)  


s500_DSC_8332_18214.JPG


奥さんは仕事だし、上の娘は就職説明会
下の娘は受験も終わり、入学までのmoratorium、毎日何処かに遊びに行っています
つまりウチには自分一人
外は春爛漫な陽気、窓から差し込む午後の陽射しが気持ちいい
薬のせいもあってうつらうつら


s500_DSC_8338_18220.JPG


2日、火曜日の朝も熱は下がらず・・・・ 
火曜日も一日寝ていることが確定
午後も熱が下がらなかったので仕事先に3日水曜日も休むとメール  
それにしてもよく寝られます
かなり疲れていたんだな


s500_DSC_8342_18224.JPG


3日の朝、熱を測ると36.8℃
やった!熱が下がった!
念のため再度測っても36.9℃
37℃は越えません
でも、3日も仕事を休むことにしてしまったし・・・・今更行くのもねぇ^^;
と、ぶつぶつ言いながらカメラの用意
(前の晩から奥さんにバレないようにカメラのバッテリーをチャージしていた事は内緒です( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ)


s500_DSC_8348_18230.JPG


流石に病み上がり、満員の通勤電車に乗るのは辛いですから空いた頃に出発
渋谷から半蔵門線に乗り換えて九段まで
満開を過ぎたかと心配していましたが丁度満開の頃
花筏も多くは無かったです
木によってはまだ8分咲ぐらいのもあって今年の桜は長持ちな感じ
開花宣言後寒かった日が結構ありましたからね
休日出勤だった日も冷えた日だったみたいだし   


s500_DSC_8356_18238.JPG


満開の桜は妖艶な気に溢れ、魂が吸い込まれるかのよう
何もかも忘れてしまうような爽快感
瞼を閉じると眩い光に包まれているような錯覚を覚えます
時折、風が吹けば吹き上がる桜吹雪
乱れ散る花弁に包まれるとまるで異次元な場所に居るようなような不思議な感覚  


s500_DSC_8360_18242.JPG


桜吹雪も素敵ですが、風も無いのに静かに舞い散る桜も風情あるもの 
穏やかな春の陽射しを花弁いっぱいに湛え、その陽光の重さに耐え切れぬかのようにひとひら、ふたひら舞い落ちる花弁
この上もなくしみじみとして趣があります 


s500_DSC_8366_18248.JPG


いろいろあって結果として平日に九段に来たのですが、これはラッキーでした
平日は満開でも普通に歩けるのですね^^;
撮り直そうと逆走することも可能だし (左側一方通行だそうですが^^;)
桜の季節の平日休み、癖になりそう 


s500_DSC_8367_18249.JPG


桜の季節は年度末から新年度
そうそう休めるものではないですが^^;
一度やってみたいと思うのは桜の季節の長期休暇
桜前線に合わせながら北に旅したらステキでしょうね
この時期に長期休暇って現実は不可能でしょうけれど 
定年後?そりゃ今度は小遣いが足らないし^^; 
今は一日か二日間の休みを取るのがせいぜい


s500_DSC_8371_18253.JPG


桜、染井吉野はすべて挿し木および接ぎ木で増やされてきた桜
実生ではないのです
つまりはクローン桜
なので一斉に咲くのだとか 


s500_DSC_8381_18262.JPG


一斉に咲くのは良いのですが、困ったことが一つ
満開から散るまで染井吉野は凡そ7日間しかありません
つまり見頃の週末は一回、上手いタイミングであっても二回しか巡って来ません
そして当然の事ながら、週末が良い天気であるという保証はないのです
(平日に休みを取らないとして)桜をゆっくり楽しめるのは 最大で4日間


s500_DSC_8390_18269.JPG


そうなると、この限られた日数で何処の桜を見に行くかというのが毎年の悩みの種 
自宅の近所だと三ッ池公園
「さくら名所100選」にも選ばれた花見の有名所(横浜市内では^^;)
鶴見川沿いの桜並木もなかなかのものだし、産業道路近くのせせらぎ緑道(だったかな)のチューリップと桜のコラボも見事です(パン工場からの匂いで腹が騒ぐのが欠点ですが^^;)
少しだけ足を延ばせば鎌倉、お寺の桜は公園の桜とはまた違った趣
落ち着きがあって素敵なもの 


s500_DSC_8399_18278.JPG


都内に行けば千鳥ヶ淵、隅田川、飛鳥山、上野、目黒川、等々いっぱいあるのです 
毎年迷いますが、ここ数年は近所以外で行きやすい場所に落ち着いた感じかな
華やいだ桜を求めて千鳥ヶ淵と目黒川、標準木に敬意を表して靖国
そして落ち着いた桜の鎌倉


s500_DSC_8404_18281.JPG


今年も軽く悩んだ末に同じコース
体調が完全ではないのでアクセスが楽な場所にしておかないとね  


s500_DSC_8410_18286.JPG


休日出勤の後は二日間寝込んで、その翌日は休みを取って花見^^;
4日は仕事に行きましたが病み上がりなので出張は無理、オフィス仕事
そして5日は健康診断で引っかかった件でMRI、つまり病休 
一日しか仕事をしていないような^^; 


s500_DSC_8412_18288.JPG


つまり、この一週間はずっとウチに居たことになるのです
これは何を意味するかいうと・・・・
奥さんと毎日顔を合わせるということ
それは危険  Σ(゚д゚lll)アブナッ  


s500_DSC_8418_18294.JPG

昨年末ごろから特に忙しくて月曜日に出かけたら帰ってくるのは金曜日の夜 
それに月に一度は週末が出勤になっていました
そして休日の昼間はどちらかが遊びに行っている事が多かったし


s500_DSC_8422_18298.JPG


ウチに居ても夜は別々の部屋だからね
奥さんはリビングで寝落ちのまま放置
こっちは寝室でPC起動してGacyaGacya
つまり滅多に顔を合わせない 


s500_DSC_8424_18300.JPG


そのおかげか、このところバトルが無かったのです
顔を合わせないのならばバトルになるはずもないし^^; 
そんな平和な時期があったのですが
いつまでも平和は続かない、それが人の世の理  


s500_DSC_8434_18309.JPG


顔を合わせる時間が長くなれば地雷を踏む確率は高くなるというもの
特に日頃していない事をしだした時が危険なのです
今回は大掃除???
年末の大掃除は完全に無視していたくせに急にやり始めた奥さん
尤もその大掃除は綺麗にするという意味では無くモノを捨てるという意味の大掃除  


s500_DSC_8446_18321.JPG


断捨離、それ自体は結構なものだけれど、問題は奥さんの断捨離の内容
奥さんの断捨離はさるくんのモノを捨てる事がメイン
流石に自分のモノも処分しますが、奥さん1に対してさるくん5を要求してくるのです
そしてレイアウト変更もしたがるのですが・・・  


s500_DSC_8456_18331.JPG


正直言って自分は変えたくない
今の方が使いやすいし
なぜ今のがダメ?訊くと

私が嫌だから、だからやって!╰(◣﹏◢)╯

俺、オマイの案が嫌だけれど・・・--;)


s500_DSC_8458_18333.JPG


棚の上まで手が届かないし٩(๑`^´๑)۶

いや、踏み台使えば?俺だって台に乗らないと届かないし
それに何処に何を置くってオマイが決めてる内容なんか俺解らないし


そんなのいちいち聞かなきゃ解らないの! (*`ω´*);

解るか!!!ヽ(`Д´#)ノ

手伝ってくれないって文句を言いだしますが、何故手伝わないといけない?
自分が嫌な方にするのに手伝う理由は無いな・・・ 


s500_DSC_8462_18337.JPG


そのうちに

朝、鎌倉に遊びに行っちゃうし、花なんか何の価値が有るのよ!(奥さんは花が嫌い)
休みの日は遊びに行っちゃうし

と、ぶちぶち・・・・


オマイ、この前の休みの日は高尾山に登りに行ってたよな
それにボディビルダーの大会も見に行ってたし
オマイも十分遊びに行っているだろヽ(`⌒´メ)ノ 


s500_DSC_8468_18343.JPG

でも鬱陶しさに負けて棚の高いところのものだけは奥さんの好みにセット
下側は知らないね、勝手にやれば、と  


s500_DSC_8476_18351.JPG


ところが奥さん、TVを見だして散らかった寝室をそのまま放置
俺の寝る場所が無いのだけれど・・・・
あれだけGya-Gya-喚いていたくせに奥さんが散らかしたものを放置して、そのままTVの前で数時間
となるとこっちもスイッチが入って、久々だったのもあってエスカレート (ゴミ箱を蹴飛ばす程度がせいぜいーー)


s500_DSC_8477_18352.JPG


片付けないと自分の寝る場所が無いのですが、片付けるのも癪
全部奥さんが実効支配しているベッドに乗せてしまいました
これなら寝られないから片付けるでしょう
そうやって自分は布団を敷いてゆっくり眠ります
でも、よく考えたら・・・・ 


s500_DSC_8481_18354.JPG


奥さんって寝室で寝ないんだよね
何時もリビングで寝落ちして朝までそのまま
と、言う事は・・・・自分が片付けないとこのままって事???
だからレイアウト変更なんてやらなくていいって言ったんだ!
奥さんの大掃除って絶対最後までやらないで放置で終わるんだよね 
大掃除だけじゃなく、大抵の事にやりっぱなしが多いし


s500_DSC_8489_18360.JPG

そのまま出張に出てきてしまいましたが・・・この後部屋はどうなっているかな
多分、自分が出た時のままの状態で放置だろうなぁ

つづく・・・


boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(112)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

入学式とイチゴパフェ afternoon tea [日常のなかで(Diary)]

この日は下の娘の入学式
結局第一志望校は残念ながら玉砕、第二志望校のほうに通うことになりました
第二志望校の学費は第一志望校の倍
つまり、お父さんのお小遣いは増えないことが確定ですーー;)


0s500IMG_2569.jpg


午後から入学式でしたので駅の近くでランチを済ませてから学校に向かいます
入ったのは海鮮の居酒屋さん
日替わりランチは980円
支払いの段になって奥さんが
”ごちそうさま~”などとふざけた事を言いますから
”いいよ、その代わり夕方のお茶とケーキは奢ってもらうね”と言うと
”待ったぁ!ランチは私が払う!”とレジ前で体当たり
吹っ飛ばされてランチは奥さんもち(太っちょの体当たりにはかないません)
お茶を受け持つことにされてしまいました


入学式が終わったのが丁度お茶の時間
お茶してから帰りましょう
奥さんは珈琲派ですが自分は紅茶派
スポンサーの権限により紅茶のお店に入ります (奥さんに合わせるなんて絶対嫌だし)
居酒屋の日替わりランチとお茶とケーキじゃ釣り合いが取れないような気もーー;)

珈琲のお店はたくさんありますが、紅茶のお店って少ない
探すのも面倒なので手っ取り早くAfternoon Tea
Afternoon teaってマダムだらけでオヤジ一人じゃ入り辛いからこういうときに入らないとね


s500IMG_2545.jpg


何にしようかな♪  


s500IMG_2551.jpg


アフタヌーンティセットの芸術的なほど薄くカットされたケーキも久しぶりに見てみたいな 
三品選ぶなら抹茶とラズベリーのショート、イチゴショート、アップルパイの組み合わせが好み 


s500IMG_2553.jpg


イチゴと宇治抹茶のラテもいいけれど、イチゴならば・・・ 


s500IMG_2556.jpg


やっぱりこれ、イチゴパフェ
苺二倍のパフェもあるんだ
しかも数量限定ときたもんだ
これは頼むしかないでしょう♪  


s500IMG_2555.jpg


飲み物つきなのでアッサムでオーダー
下の娘はノーマルサイズのイチゴパフェとアイスティ
奥さんもイチゴパフェ、最初はノーマルと言っていましたが、自分が苺二倍のをオーダーしたら張り合って自分もそれがいいと・・・・
飲み物はカフェオレで 


s500IMG_2557.jpg


奥さんのカフェオレの到着
丼だよね^^;
珈琲を飲んでいるように見えません
奥さんが飲んでいるとまるで茶碗酒^^;  


s500IMG_2558.jpg


下の娘のノーマルサイズのイチゴパフェの到着 


s500IMG_2564.jpg


続いて自分の苺二倍のパフェも到着
苺二倍の方には苺ソースも付きます 


s500IMG_2560.jpg


ストロベリーアイスとラズベリージェラートの上に苺がたっぷり
黄色はカモミール風味のオレンジソースで爽やかな風味
その上はたっぷりのいちごとマスカルポーネのホイップ
春らしい爽やかな甘さのパフェ
自分はどっしり重い甘さが好きだけれど、春は爽やかな甘さのほうが似合うかもね 


s500IMG_2561.jpg


苺二倍って本当かな
下の娘のパフェと並べて苺を数えます
2.5倍ありました^^;  


s500IMG_2563.jpg


まずはそのままでいただきます
甘酸っぱい苺に春を感じますね 


s500IMG_2565.jpg


苺ミルクソースをかけます
優しいミルクがいちごの甘酸っぱさを包み、甘さを強調
甘さが強くなりますが強すぎることはありません
自分はかけたほうが好き 


s500IMG_2566.jpg


苺アイスの甘さに舌が疲れたら  


s500IMG_2567.jpg


ラズベリージェラートの酸味でリフレッシュ
アイスの下はパイ
サクッといい食感でした  


boeder-003.gif


今日は久しぶりに奥さんとバトル

最近バトルしていなかったからその分大きめ^^


m_emoji-1.gif


 


nice!(119)  コメント(43) 
共通テーマ:グルメ・料理

iPhone機種変更と第九回はな家寄席 [日常のなかで(Diary)]

この日は下の娘と一緒にauのショップへ
機種変更&名義変更です
電話屋さんに行くと何故あんなにも長い時間がかかるのでしょうね
名義変更は番号が変わるからLINEの過去ログが無くなるそうで、引き継ぎの操作をしないといけないとか
で、 iCloud経由で引き継ぎを行うそうで、設定を iCloud変更
無事引き継ぎも終わり過去ログを残せました
ウチに戻ったらバックアップを戻せばいいですよ
そう言われたのでバックアプを戻したら・・・LINEにロックがかかって開けられなくなりました
! iCloudに設定を変えたからか!
バックアップは iCloudに変える前の設定
iPhoneに最初にインストールした過去ログは iCloudの設定になっていて、バックアップは従来の設定なのです
なので中で喧嘩したのか
いろいろ試しますがどうにもなりません


(。[蟹座]??[蟹座]?。 )ウルウル・・・・(つД`)・゚・ ウワァァァン

iPhone初期化してバックアップ戻しても電話番号は古い番号だし、無理だなぁ
LINEにアクセスできなければ設定も変えられないし・・・
泣く泣くLINEを初期化した下の娘
高校の友達は何とかなるけれど、中学校の時の友達は捨てになっちゃう・・・( _ _ )o ショボーン

奥さんも一緒に機種変更して、奥さんの方は問題なかったのですが・・・
番号変えるといろいろあるのですねぇ


0s500IMG_2237.jpg

LINEと格闘している横で奥さんがGosoGoso
ジムに行くようです
プロテインドリンクを用意してトレーニングウエアを用意して・・・えっ?着てるし@@)
この格好で外に行かないよね???
どうやら奥さん、小学生のプール方式
ウエアを着て、その上に無難なものを羽織ってガンちゃん(奥さんのガンメタSUZUKI君)でジムへ
着替え時間を短縮できるから良いのだと^^;
さすがの奥さんも帰りはちゃんと着替えて帰ってきます(風邪ひくからね)
で、出かける前にこんなの飲んでいました^^
成分を読んでいると

ダメ!さるクン、絶対あげないからね! (いや、いらないし^^;)

これって効いてるの?

体型は昔と変わらず今も太っちょ体型、思わず問うと

昔よりは脂肪が少なくなったでしょ!

確かに昔よりは肉が減ったかな、特にムネが^^

( ' ^'c彡☆))Д´) パーン

お腹の脂肪って減らないね

希望する部位だけ痩せるサプリがあるといいのにね


0s500IMG_2239.jpg


自分は午後からは横浜西口の狸小路へ


0s500IMG_2259.jpg


目的地は”当店は焼き鳥屋ではありません 昭和22年からおでん屋です”
と、店内に貼り紙のある”はな家”さん


s500IMG_2240.jpg


この居酒屋さんの2Fで寄席があるのです
この日は金原亭小駒さんの独演会
よーちゃんさんは既に到着
kinkinさんは何と休日出勤
それでも中入りのタイミングで到着です
噺は4席、鰻屋、鮑のしの後に中入り
後半は生徒の作文と天狗捌き


s500IMG_2242.jpg


<鰻屋>
横町の角に鰻屋が出来た
鰻で一杯飲もうと行ったが酒と香コばかり出てきて肝心の鰻の蒲焼が出て来ない
文句を言うと、二時間も経ってから丸焼きの鰻が出てきた
主に聞くと鰻割き職人が病気で店に来ていないという
丸焼きの鰻は食えないので酒代だけ払って帰ろうとしたら、お代は要りません後日また鰻を食べに来てくださいと言われた
結局、ただ酒を飲めて上機嫌


今日も鰻屋の様子を探って見ると、鰻割きの職人は居ないようなので、またただ酒を飲もうという魂胆で友達を誘って出掛けた
調理場に入って、あるじにこの鰻を焼いてくれとせがむ
仕方なくあるじは鰻を掴みにかかるが、ぬるぬる、つるつるで指の間から逃げて行く
糠をかけてもダメで、鰻は店の外へ逃げ出した
客 「おい親方、どこへ行くんだ」
親方 「前に回って鰻に聞いてください」

<鮑のし>
長屋に住む甚兵衛さんはちょっと頭が弱いが、女房のお光はしっかり者
腹を空かして甚兵衛さんが帰って来たが米がない
お光さんは表通りの山田さんから50銭借りて来てという
甚兵衛さんは山田さんに金を借りに行くが金は無いと断られる
が女房が借りるんだと言ったら山田さんは甚兵衛さんには貸せないが、お光さんの頼みなら1円でも貸そうという
ちょっと面白くない 甚兵衛さん、50銭持って家へ戻るとお光は今度はその金で魚屋に行き、尾頭付きの魚を買って来てという
魚じゃなく米が食べたいという甚兵衛さんに、今夜、大家の所で若旦那の婚礼があるから、尾頭付きの魚を祝いに持って行けば、お返しに1円もらえるという算段
その金で50銭を山田さんに返し、50銭で米を買えばいいと説明した


早速、甚兵衛さんが魚屋に行くと尾頭付きは5円の鯛しか残っていない
魚屋はあわもめでたいものだからと50銭で甚兵衛さんに渡す
家に帰ると尾頭付きの魚でないのでお光さんは怒るが、仕方なく婚礼の祝いの口上を甚兵衛さん教え始める
「今日はお日がらもよく・・・、いずれ長屋からつなぎの品が届きますが、これはつなぎのほかでございます」なんて文句だが、むろん甚兵衛さんはしどろもどろ
あわびを持って大家の所に行った甚兵衛さん、「一円くれ」とあわびを投げ出し、口上を始めるがしどろもどろでうまく言えない
さらにお光さんとの楽屋話までされけ出してしまった


あわびを見た大家、これを甚兵衛さんの一存で持って来たなら受け取るが、お光さんも承知の上なら受け取れないという
「磯のあわびの片思い」で婚礼には縁起が悪いといい、あわびを突き返し、甚兵衛さんを追い出す
甚兵衛さん、泣きながら帰る途中で知り合いに会う
いきさつを話すと、もう一度大家の所へ行き、「婚礼の祝い物の目出度いのしをいちいちはがして返すのか、あわびってものは、紀州鳥羽浦で色の黒い海女が海にもぐって採るんだ
そのあわびを仲のいい夫婦が一晩かかって鮑のしにするんだ
その根本のあわびだ
一円じゃあ安い、五円よこせとケツをまくれという
でも甚兵衛さん「ケツはまくれねえ、ふんどしてねえから」と情けない
甚兵衛さん威勢よくまた大家の家に乗り込んで教わったセリフをたどたどしく並べる
「・・・・そのあわびを何で受け取れねえんだ、一円じゃ安い五円だ!ここでケツをまくるんだが事情があってまくれねえ」
なるほど、と鮑のしの話しに納得した大家
そして最後に大家が訊いた
「鮑熨斗は鮑乃しとも書く 丸い『の』の字ではなく、つえを突いたような形の『乃』の字だが、あれはどういうわけだ?」
「杖?あれはアワビのお祖父さんです」

<生徒の作文>
小学校の教師になった友人のところへ行くと、生徒の作文を採点していた
読ませてもらうと、委員長をやっている子は字も上手
「うちの姉がおめかしをしているので聞くと、映画に行くというので、僕も連れて行ってとお願いしました。姉は子供が見ても面白くないと言うけれど、今日の姉はとってもきれいだと言うと、おとなしくしているなら連れて行くって言いました。うちの姉はとっても単純です……」ひどいね


「駅前に出ると彼氏が待っていました。二人は家族の目を盗んで会っていたのです。彼氏は僕の顔を見ると露骨に嫌な顔をしました。
映画は甘い恋愛ものでした。姉がいいわいいわと言うので見ると、彼氏が手を握っていました。
映画がいいんだか、手がいいんだか……」すごいね
「僕は一足先に帰りましたが、夜表を見ると、姉と彼氏が電信柱の陰で抱き合っていました。なれないせいか、どこかぎこちなく……ぎこちなくゥ……若い二人の青春に幸あれ……」
本当に小学生かい……あれ、こちらのはまたひどい字だね
「ああ、この子は勉強は駄目だけれど優しい子で目をかけてやっているんだ」と、友達
で、読んでみる
ふふげっか……ふふげっかって何だ?
「それは夫婦喧嘩って読むんだ」
なるほど……夫婦喧嘩か……はらへそ……何だい?
「その子の名前だよ。原平蔵っていうんだ」
目をかけてるなら、字くらい教えてやれよ……
うちの十三……じゅうさんて何だい?
「うちのとうさん」
うちの父さんか……ほとのっきだ……って?
「本当にのんきだ」
うちの父さん本当にのんきだ。ちょちゅちょちゅあわわかいぐりかいぐりとっとのめ……何だこれ?
「しょっちゅう焼酎や泡盛を飲んで帰ってくるよ」
お前よく読めるね……
昨日パン四つかっぱらって帰ってきて……悪いことしてるね
「昨日の晩も酔っ払って帰ってきて……」
もっと飲みたい、唐笠焼いて来い……
「もっと飲みたいから、酒屋へ行って来い」
いま死んだ……
「言いました」
すると火山が噴火して……
「すると母さんが、ふん勝手なこと言って」
あなたちとかねもてこなほいーほい
「あなたがちっとも金持ってこないから」
丸々と言いました。これは暗号だね
「いや、丸が小さいだろう。困る困る(小丸)と言いました」

<天狗捌き>
うたた寝をしている亭主熊五郎が、ブツブツ言ったりニヤニヤしているので何か夢でも見ているのかと思って起こしてみると、亭主は夢は見ていないと言う
「そんな事無いでしょう、夫婦の間で隠し事をするなんて・・・ヤキモチ焼きの私だが、そんなにも言えない夢でも見たのか」、と詰め寄った
「見てないものは見ていない」、と言うのを、「アンタはいつもそうなんだから・・・、私がこれだけ切り盛りして家計を助けているのに薄情なんだから」と、涙声になってきた
見てないものは言いようがないと、亭主の声が大きくなって喧嘩腰になってきた
「アンタは都合が悪くなってくるとそうなんだから」
亭主も売り言葉に買い言葉「はり倒すぞ!」
「殴るなり蹴るなりして貰おうじゃないか!この人殺し~~ぃ!」


「オイオイ喧嘩はいい加減によせよ」、と隣家の男が仲裁に入った
事情を聞くと夢の話
あまりにもバカバカしいので男の家に泣くおかみさんを行かせて、亭主を諌めた
「で、どんな夢を見たんだ?」、夢は見ていないと言ったが
「女房にも言えない夢を見る事があるし、俺はどんな事があっても他言はしないし、昔からの親友だ」と詰め寄った
昔話を持ち出して恩や義理があるだろうと更に詰め寄ったが、らちがあかず、ついに手が出て仲裁の氏神が喧嘩の主になってしまった


そこに家主が仲裁に入った
今までのいきさつを家主に聞かせたが、大家はあまりにもバカバカしいので隣家の男を家に帰した
「そんな事で喧嘩なんてするな でも、お前は偉かった あいつは口の軽いので有名だ 明日になれば町内中に知れ渡ってしまう そこいくと、私は・・・歳だし、他言はしない。。。墓まで持ってゆこう、で、どんな夢を見たんだい?」
見ていないと言ったが、納得しない大家
町役だからとか家主は親だからとか、いろいろ言って詰め寄ったが聞き出せなかった
最後には「店(たな)空けろ!」
その上、お上に訴え出ても店空けさせてやると乱暴な事になってしまった


奉行所でもあまりにもバカバカしい訴えなので即却下
奉行は熊五郎だけをそこに残して口の堅いのを褒めたが、その夢の話を奉行にだけに話して見ろと詰め寄った 
見てないものは話せないと言うので人払いもして聞き出そうとしたが、見てない夢は話しようが無いと断ると拷問にかけてもと脅した
だが見ていないものは話せないと熊五郎
では天狗に喰われてしまえと高尾山の松の木にぐるぐる巻きに縛られてしまった


そこに一陣の風が吹き、天狗が目の前に立った
熊五郎に貼られた紙を読む
「なになに、この者夢の話しを誰にもしない不届きものであるから天狗様にお裁きを、と書いてあるが・・・ふむふむ、始め女房が聞きたがり、隣家の男が聞きたがり、家主が聞きたがり、奉行が聞きたがった夢の話、とな、ほう・・・・私は天狗だ、そんな夢の話は聞きたくもない」
と、前置きした ・・・が
話したくなったら、話しても良いという
見てない夢は話しようがないと言うと、脅かしに掛かった
「天狗を侮ると八つ裂きにしてしまうぞ!」と胸ぐらを捕まえ脅し始めた
「痛いイタイ!助けてください!勘弁して~くださいよ~」


「何だね、このひと、うなされて? チョイと~、お前さん、どんな夢見ていたんだい?」
「夢? ・・・夢なんて見ていないよ」
「ウソだよ 見てたよ ブツブツ言ってたよ」
「見ていないよ」
「アンタって、いつもそうなんだから・・・夢の話ぐらいしてくれたって良いだろ」と詰め寄った


s500IMG_2246.jpg


寄席が終わったら懇親会
毎回の事ながら料理のボリュームが凄い
満腹になります


s500IMG_2247.jpg


最初は麦酒だね


s500IMG_2248.jpg


( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ


s500IMG_2250.jpg


寒かったので芋のお湯割りに変えて・・・


s500IMG_2252.jpg


肉があるからもう一杯♪
この肉の下には鶏肉が隠れています


s500IMG_2256.jpg


開花宣言もされたことですし、桜の舞をいただきます
やっぱり日本酒はいいねぇ
でも気を付けないと帰りが怖い
埼玉まで乗り過ごしたら悲惨ですから


s500IMG_2257.jpg


トロトロ脂のモツ煮込み~♪
いかにも体に悪そうです
体に悪そうなものって何故こうも美味しいのだろう
桜の舞のおかわりも重ねて、結構いい気持ち^^


s500IMG_2258.jpg

〆は茶そば
出汁が美味しいです^^


boeder-001.gif


この日の飲み会アイスはこれ


s500IMG_2260.jpg


リッチショコラが下の娘
ストロベリーは定番モノしか食べない上の娘
チョコ好きの奥さんはクリスチップ
自分はメイプル
どっしり重い甘さで満足でした^^


boeder-001.gif


今週末は桜を見に行こうと考えていましたが・・・

なんと休日出勤(涙

福島は白河で仕事です

冷たい雨が降って凄く寒い

しかもランチに出たら、オフィスの静脈認証が自分を認識してくれなくなってしまいました

冷たい雨の中30分ほど格闘

何とかOPEN

でも・・・風邪ひいていたんだよね

あまりに辛くてランチに出たついでに薬局にいったのですが

このドアとの格闘で悪化してしまいました

オフィスの空調を30℃に設定しても寒かったし

今、寒さは無くなったけれど凄く体が熱い

だったらブログタイプしていないで早く寝ろって???

(∩゚д゚)あーあー聴こえなーい

実は三時ぐらいに早退してHOTELで寝ていました^^;

少し落ち着いたから記事をタイプしていましたが・・・まぁ下書は済ませていてほぼ完成していたからね

予約投稿に設定したらまた寝ます^^;


m_emoji-1.gif


nice!(108)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

ライトアップの芦ヶ久保氷柱 [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです 


s500_DSC_7420_17609.JPG


オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! 

s500_DSC_7434_17622.JPG

流石は人口の氷柱のライトアップ
それはある意味計算されたライトアップと言ってもいいかもしれません(いい意味で)
迫力があるのです


s500_DSC_7448_17636.JPG


同じ氷面でも投射する色によって全く雰囲気が変わります
空の中だったり深海の底だったり、氷柱も不気味さを増して違う空間へ誘うかのよう
それは幻想的な氷の世界 


s500_DSC_7450_17638.JPG


ライトアップの色は、ゆっくりと切り替わり
流れるBGMはノスタルジック
とても癒されます


s500_DSC_7471_17651.JPG


この頃にはちょろ君たちとは完全に逸れてしまって完全な単独行動
でもLINE があるから大丈夫
必要があったらLINEが入るでしょう

s500_DSC_7451_17639.JPG


でも不思議なことにちょろ君たちとは完全に逸れません
何処に居るのかなってキョロキョロ見渡すとそれらしい 影を見つける事ができるのです
だって・・・・


s500_DSC_7454_17640.JPG


何気にちょろ君が目立つから^^ 
それに逸れたって帰り道は一本道ですからね
安心して氷柱撮りに専念できます


s500_DSC_7458_17643.JPG


暗くなってきてシャッタースピードが稼げません
ISOの設定を上げて終いには3200まで^^;
もうガリガリな画質  


s500_DSC_7460_17645.JPG


ガリガリならガリガリな楽しみ方で^^;
高感度フィルムで撮った画像を硬調印画紙で焼くと味が出るからね^^; 
それと同じように(注:偏った説です)


s500_DSC_7470_17650.JPG


同じアングルでも照射される光の色によって雰囲気が変わるのが面白い
氷の世界には青が一番似合うけれど赤の暖かな氷の雰囲気も悪くない  
赤色は「活力・情熱・興奮」といった強いエネルギーをイメージする色
氷を溶かしでしまいそう


s500_DSC_7473_17652.JPG


紫は神秘的ですね


s500_DSC_7482_17660.JPG


黄色がまたいい雰囲気
まるで何かの宗教画みたいに見えてしまって^^; 


s500_DSC_7487_17663.JPG


緑は不気味さがあって味があります 


s500_DSC_7491_17666.JPG


でも、やっぱり青が一番氷の世界っぽい  


s500_DSC_7494_17669.JPG


月とのコラボもいい感じ♪ 


s500_DSC_7477_17656.JPG 


でも青はやっぱり寒さを感じさせます
体は冷え冷え、足先も凍りそう
寒さのあまり、切りあげようかなと弱気な気分
さて、ちょろ君は?何処かな 


s500_DSC_7498_17673.JPG


キョロ (・.・ )( ・.・) キョロ

ちょろ君たちを発見^^  
でも撮るのに夢中で長くかかりそう


s500_DSC_7501_17675.JPG


寒いですから先に出口に向かいます
そこは氷が無いから少しは暖かいだろうし
しかし、ちょろ君たちって寒さに強いなぁ   


s500_DSC_7503_17677.JPG


暫くして”何処にいるの?” と、ちょろ君からのLINE
無事合流した後は芦ヶ久保駅にむかいますが・・・
でも間違えて芦ヶ久保の道の駅に行ってしまいました^^; 


s500_DSC_7547_17683.JPG


芦ヶ久保駅から西武線に乗って池袋へ
特急があるかと期待したのですが、この時間だと停まりません
諦めて準急で池袋へ   


s500_DSC_7556_17686.JPG


準急って各駅停車とあまり変わらないんだ^^;  
結構時間がかかってしまい、スイーツを食べる時間が無くなってしまいました(涙
ランチのスイーツを我慢しなければよかった・・・・Σ(T□T)

s500_DSC_7562_17689.JPG


流石に空腹
兎に角エネルギーチャージが必要です
何処で飲もうかな
ちょろ君たちと一緒だからね、オヤジっぽいところはダメだろうな^^;
そうだ!


s500_DSC_7564_17691.JPG


向かったのは馬肉料理のお店


つづく・・・・ 


boeder-001.gif


食べ物が全く出てこないと自分のブログじゃないような気がして^^;
なのでオマケの食べ物ネタ

s500IMG_1304.jpg

LOOKのアイス
バナナ味

s500IMG_1307.jpg

赤城乳業と不二家のコラボ商品
ルックチョコレートのチョコレート原料をアイス部分に使用し、バナナ味をイメージしたアイス

s500IMG_1308.jpg

バナナアイスにはバナナ果肉入りソースを混ぜ込んであってバナナの風味もしっかり
チョコとバナナって合いますねぇ
お祭りでもチョコバナナの屋台を見かけるとついつい買ってしまいます^^; 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(112)  コメント(37) 
共通テーマ:日記・雑感

秩父の氷柱 三十槌と芦ヶ久保 [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです 


s500_DSC_7278_17493.JPG


駐車場代500円と協賛金200円(一人)を支払ったらキャンプ場を突っ切って河川敷に向かいます
キャンプ場内は急坂で、河川敷に向かう坂は特に急な坂
凍っていたら絶対降りられない、確実にコケそう
しかもコケたら最後、坂の下まで一直線となることは確実
そんな坂を下りると氷柱が見えてきます 


s500_DSC_7282_17496.JPG


奥秩父の三十槌の氷柱(みそつちのつらら)は、岩肌にしみでる湧水が創り上げる高さ約8m、幅約30mにもなる大規模な氷のオブジェ
天然の氷柱ですので毎年姿も微妙に変わるそう 


s500_DSC_7284_17498.JPG


1月中旬から2月中旬までが見頃だそうですが、今年の冬は暖かな日が多いせいなのでしょうか
少し汚れが目立つように思いましたが、岩肌の天然氷柱ですから汚れがあるのが普通なのかも
氷柱の下に入りたい衝動にかられますが当然立ち入り禁止です
危ないからね 


s500_DSC_7285_17499.JPG


三十槌の氷柱は天然ものですが、天然ものだけでは物足りないと氷柱を管理される方々が思ったのでしょうか
その隣に人工の氷柱も作られています
配管を用意して水を送り込んで凍らせるだけあって天然ものの氷柱よりも大きく、高い位置から氷柱がぶら下がっていて迫力もの 


s500_DSC_7305_17516.JPG


規模は大きいですが地肌の露出も多く、天然ものに比べて氷柱が美しくないなと思っていたら大きな音とともに・・・  


s500_DSC_7310_17521.JPG


氷柱が落下@@;)
結構大きい範囲で落下してきました
この15分後にも落下していましたから氷柱ももう終わり頃だったのですね
地肌が多く見えていたのも氷柱が既に落下してしまった為だったんだ


s500_DSC_7315_17526.JPG


来るのが1週間は遅かったね
1月の後半、遅くても2月の頭まで
それ位が綺麗なのかも  


s500_DSC_7325_17536.JPG


夜はライトアップがあるそう
ちょろ君はライトアップまで居たがっていたけれど、この後芦ヶ久保の氷柱も見たいからね
ライトアップは芦ヶ久保だけでいいかな
そっちの方が規模が大きいし
それに・・・・


s500_DSC_7329_17540.JPG


お昼ご飯が足らなかったのか、めっちゃ体が冷えてきます
山の中の河川敷というのもあるのでしょうが、とにかく寒い
{{(>∇<)}} サッム
完全にエネルギー不足
ちょろ君たちがベストポジションを求めて彼方此方歩いていくのですが、あまりの寒さに自分はキャンプ場の入口まで撤退 
何故なら甘酒を売っていたのを思い出したから
しかも其処にはストーブもあるのです^^;寒さに弱くなりました・・・ 


s500_DSC_7332_17543.JPG


甘酒を飲みながらちょろ君たちが戻ってくるのを待ちます
一杯150円と、良心的なお値段でした^^
甘酒を舐めるようにゆっくり飲みます
長い時間ストーブにあたっていたいからね
飲み終える頃にちょろ君たちと合流 
芦ヶ久保に向かいます
このまま車で芦ヶ久保に行くのもいいですが、レンタカーの返却先は西武秩父の駅前
芦ヶ久保の後に秩父に戻るのも癪ですからレンタカーを返し、芦ヶ久保へは電車で行くことにしました


s500_DSC_7334_17545.JPG

R140を秩父に向かうのですが・・・・道が空いている^^;
氷柱を見に行こうと誘われた時にいろいろ情報をググったら

三十槌の氷柱は、テレビなどで紹介されたこともあり、土日祝日は大変混みあいます 駐車場に入るまで1時間以上待つということもしばしあります

なんて書いてあったから構えていたのですが拍子抜け^^;
まぁ、渋滞は無いにこしたことないですが 


boeder-001.gif


レンタカーを返却
この時バレンタインが近いということで、チョコレートを貰ったけれど・・・おじさんからチョコレートを貰ってもねぇ^^; 
 


0s500IMG_1525.jpg


電車の時間を見ると40分も先
ならば土産物でも見ながら時間を潰そう駅の中のお土産エリアへ
そこには地酒の屋台もありました  


0s500IMG_1526.jpg


ちょい飲みがいろいろできます
もう車の運転はありません
こりゃ飲まないとね 
本日のちょいのみは秩父錦甕口酒 


0s500IMG_1527.jpg


フルーティで美味しかったです
旨味もしっかり重くて好みの味♪  


0s500IMG_1528.jpg


小さなサイズで三杯、飲み比べセットなるものもあったので飲み比べてみます  


0s500IMG_1529.jpg


一番気に入ったのは秩父錦
お米の味なのかな甘味と旨味がいいバランス
武甲正宗も好きな味
でも秩父小次郎は全く合わなかったです
後味が凄く苦手
癖あるなぁ・・・・って^^;
苦手も苦手で一口でギブアップ
残りはちょろ君たちに押し付けました^^; 
良い気持ちで試しのみしていたらいい時間
改札に向かいます
そのついでにお土産もちょっとチェック・・・・・
そうしたら電車に乗り遅れましたぁ~><
陸橋の階段を駆け下りあと5mのところで発車~TДT 
自分たち以外にも乗り遅れた人が数人

ナカ━━(´・ω・`) 人(´・ω・`)━━マ!! 

当然皆次の列車に乗車
今度は置いてゆかれないように早めにホームで待っています^^;


0s500IMG_1535.jpg


芦ヶ久保駅のちょっと手前で車窓から氷柱が見えます

ヮァ━w(〃゚∀`,,)w━ォゥ♪  


0s500IMG_1537.jpg


芦ヶ久保に到着~  

boeder-001.gif


芦ヶ久保の氷柱は川から汲み上げた水を、約1500平方メートルの山林の斜面にホースやスプリンクラーで散水して作るそうで、高さ約30メートル、幅125メートルの規模があります 


s500_DSC_7360_17568.JPG


駅から歩いて10分はかからない距離
環境整備協力金として、300円(一人)を払って場内に入ります
すぐ隣は西武秩父線が走っていて、電車と氷柱のコラボを頑張って撮ったのですが・・・・到着したのが日没後
明るさが足りずに全部ボケボケ
氷柱のエリアでは電車もスピードを落とすそうですが追いつかなかったです
 


s500_DSC_7361_17569.JPG


三十槌の氷柱(つらら)の氷柱(ひょうちゅう)と違って芦ヶ久保のはニョロニョロみたい
車窓から見た時はニョロニョロの群生に見えてしまって結構興奮^^ 


s500_DSC_7364_17572.JPG


氷柱(つらら)ではなく氷の柱なので極近くで見ることができるのも魅力的 
落下してこないからね 
鑑賞通路の直ぐ脇に氷柱があるのです
到着した時から既にライトアップはされているようですが、氷柱に色が付くにはまだ明る過ぎ
暗くなってゆくのを待ちましょう


s500_DSC_7374_17580.JPG


まずは場内を一周
どこで見るのがよいのかサーチ
人は丘の上に集まっていましたが、坂の途中の方がいい感じに思えました
あまり上にいってしまうと見下ろす感じになってしまって空とのコラボができませんからね
場所を決めたらライトアップが映える時間まで氷柱散歩 


s500_DSC_7378_17583.JPG


おさわり氷柱もありました
冷たいから触らないけれど^^; 


s500_DSC_7383_17585.JPG

逢魔時、昼と夜の境目
だんだんと氷柱に色が付いてくるのが解ります
浮かび上がった氷柱は何だか生き物みたい 


s500_DSC_7385_17587.JPG


暗くなるのと比例して寒さが増してきて
足の指先が凍りそう
秩父の寒さ、舐めてました
実はコートはしっかりと着ているのですが、チノパンは薄地のやつ
ソックスも暖かいタイプではありません
足が冷え冷え


s500_DSC_7390_17592.JPG


丘の上まで行くと売店と休憩広場
広場には大きなストーブが4基
ようやく体を温める事ができました
でも此処から動けなくなりそう^^; 


s500_DSC_7409_17603.JPG


かなり暗くなってきて氷柱にもいい感じに色が付くようになりました
ストーブの前から動くには甘酒の助けを借りるしかありません
甘酒、あるにはあったのですが、いちご甘酒@@;)
美味しいのか?????  


s500_DSC_7408_17602.JPG


でも体を温める為です
いちご甘酒を一杯
飲んでみると・・・・・ ドクロ.jpg

銭湯などで偶に置いてある いちごオレ
これを温めて飲んでいるような甘ったるさと香り
これなら普通な甘酒の方が良くね???
でも何故苺なのだろう
今は苺狩りの季節だからかな(R140を走っているとやたら苺狩りの看板がありました) 


s500_DSC_7406_17601.JPG


甘酒で体を温めたらライトアップ氷柱を撮りはじめましょう

つづく・・・  

boeder-001.gif


食べるものが何も出てこないと自分のブログとは思えない
そんな訳で追加の食べ物ネタ^^;

s500IMG_1306.jpg

チロルチョコのアイスを発見
レジの横にあるチロルチョコ
見かけると思わず買ってしまいます
アイスも一緒
見かけたら買うしかないでしょう^^;

s500IMG_1309.jpg


チロルチョコのガトーショコラって美味しかった記憶があります
無論、ケーキのガトーショコラとは違った方向での美味しさでしたが
そのアイス版、どんなガトーショコラなのか期待しちゃいます

s500IMG_1311.jpg

パリッとしたコーティングチョコは噛み応え良好
チョコアイスの苦みは少なく甘さはしっかり
忠実にチロルチョコのガトーショコラ感が再現されています


boeder-001.gif


風邪ひいた奥さんを寝室に隔離

流石に自分も寝室で寝る勇気は無いです

なので上の娘の部屋に疎開中^^;


m_emoji-1.gif


nice!(116)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

中入りなし、連続4時間の耐久演芸会 蒔田演芸会 [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです 


s500IMG_1013.jpg


鎌倉から横須賀線に乗って降りたのは戸塚
戸塚、随分と変わりましたね
もう30年以上前の事になりますが、戸塚に住んでいた事もあったのです
当時、駅前の商店街の細く迷路な感じのする通路を通って通勤していました==)ナツカシイ
でも今はその商店街は無くなって全く別の綺麗な駅前商店街
自分の知っている戸塚は無くなっていました
此処に立ち食い蕎麦があって、その隣に京樽の持ち帰りの寿司屋だったかな
そうそう、友人がこの京樽のバイトの姉さんに一目惚れして・・・・・^^;
ははっ、懐かしいな
思わず戸塚を少しだけ散歩してしまいましたが、戸塚で降りた理由は地下鉄
戸塚から地下鉄で蒔田へ
蒔田で曽根風呂ガーの”よーちゃん”さん出演の演芸会があるのです 


s500IMG_1018.jpg


kinkinさんとまこさんも到着
今回は最前列では無く中ほどに陣取りました

15時、開演 ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク


s500IMG_1016.jpg


南区三曲会<春の海>

「春の海」を生演奏で聴くのは初めて
良い曲ですね
でも聴いているとお雑煮が食べたくなります^^;


(*∩v∩*) ニッコリ♪ 


ふじ家あいす さん<道具屋>

与太郎さんが大家に呼ばれて来てみると、お袋さんが泣いてたという
「年増を泣かすのは、つれー」
「バカ、親を泣かせてなにが年増だ」
三十過ぎて遊んでいたらいけないので、何か商売をしろと言う
おじさんの商売をやらせてあげる
「知っているよ商売の頭に”ど”の字が付くだろ」
「そうだ」
えへへ、ドロボウだろう 泥棒」
「バカだな ”ど”が付いたって道具屋だ、その道具屋をやらせてやる」
道具屋と言ってもガラクタばかり扱い、行李を開けるとゴミ同様な商品が出てきた
お雛様の首が抜けるのや、火事場で拾ってきたノコギリ、ボラがそうめんを食べているかと思う、鯉の滝登りの掛け軸、等々
元帳があるから、それより高く売れたら、儲けの分はお前のだ
蔵前の伊勢屋さんと言う質屋さんの裏のレンガ塀のところだ今すぐ行け


蔵前に来ると同業者が並んで商いをしていた
「神田三河町の杢兵衛のところから来た、与太郎さんだ」と自己紹介して仲間に入れてもらった
脇に薄縁を敷き、値段の高いのは自分の回りに、立てかける物は後ろの塀に品物を並べたが客は来ない
大きな声で呼び止めたが、行ってしまった。オートバイに乗っていたら、それは無理


お客が来た
「お二階へどうぞ!」
「どこに二階があるんだ そこのエンマを見せろ」
「閻魔様なら新宿の太宗寺に行きなさい」
「そこの釘抜きのことだ・・・ガタガタで使えないな じゃあそこのノコ見せろ」
「ノコってタケノコ?ノコに有る?」
「これだよ!」
「アッこれノコギリのことか、ノコなんてギリ(義理)を欠いちゃいけない」
「・・・・これは甘いな」
「サッカリンでも入っていますか」
「腰が抜けている」
「中気になったかな」
「焼きが生くらってことだ」
「そんなことは無いですよ。おじさんが火事場で拾ったんだからよく焼けています」
これじゃあ売れない
出だしで失敗し、隣の親方にしょんべんされてはいけないと叱られる
しょんべんとは買わずに帰られてしまう事を言うのだそう
次のお客が来た。「そこの股引を見せなさい」
「これは言って追いますがしょんべんはできません」
「そんなこと無いだろう ちゃんと割れている」
「割れていたってできません」
「しょんべんできない股引じゃ使い物にならない」
またしょんべんされてしまった
「そこの短刀を見せな」新しい客が来た
「タントは有りません」
「その白鞘の短刀だ。銘はあるか」
「めいは神田に住んでいます」
「姪じゃない銘だ サビ付いていて抜けないな・・・手伝え」
一生懸命二人で引き合うが抜けない
「抜けないと思いますよ木刀ですから」
「木刀なのに何故手伝う」
「ひょっとしたら抜けるかもと・・・」
「抜けるのはないのか」
「お雛様の首が抜けます」

((ヾ(≧∇≦)ノシ)) ギャハハハ!!


快眠亭大福 さん<犬の目>
関東学院高校の落研の生徒さんだそう


ある男が眼を患い紹介された目医者に行くと、診察室に通された
眼を診てもらうと「良くこれまで我慢をしていましたな これは酷い」
助手に器具の用意をさせて「この器を目の下に置いて・・・」
「洗うのですね」
「違う 目をくり抜くのじゃ 大丈夫たこ焼きの要領だから・・・ホラ取れた この汚い目を見てみなさい」
「先生、目がないので見えません」
「目玉の方が君を見ている (助手に向かって)これを薬に漬けなさい」
「先生、目を抜かれると、この辺が寂しく感じますな」
「そんな事は無いよ 目抜きの場所だから賑やかだろ 薬に漬けてある目玉をよこしなさい 綺麗になったな それでは入れてあげよう」
どうしても元には入らない
「薬に漬けすぎてふやけて大きくなりすぎたんだ 日陰に干しておけば大丈夫」
助手に目玉を干させる
・・・・・・・
「もういいだろう目玉を持っておいで」
「大変です 目玉がありません」
助手が目を離した隙に大事な目玉がなくなってしまった
「いつも言っているだろう、木戸をちゃんと閉めておけと、開けておくから犬が入ってきて食べてしまったんだ 困ったな・・・」
そこに目玉を食べてしまった犬が現れる
「この犬をつかまえてしっかり押さえておけよ」
そのスキに犬の目玉をもらってしまった
犬の目を男に入れるとピッタリ、しかし何も見えない
「どれどれ、目が裏返しだ」
入れ直すとハッキリと見えた
明後日に来なさい。経過を見たいから
・・・・・・
「先生アリガトウございました 今まで以上に遠目がよく見えます しかも、夜も昼間のようによく見えます」
「何か変わったことでもありますか」
「寝付きがもともと悪いのですが、目をつむるとスッと寝られるんです でも、何か音がするとパッと目が開くんです」
「用心が良いから、良かったな」
「でも一つ困ったことがあります」
「それは何だ?」
「電柱を見ると小便がしたくなるのです」

(*T∇T) アハハ...


s500出演1.jpg

澤口 さん<相撲甚句>

相撲甚句って初めて聴きました
小柄なお爺ちゃんでしたが、その声量にびっくり@@)

(*∩v∩*) ニッコリ♪


ふじ家みる姫 さん<寿限無>

熊五郎さんに待望の男の子が生まれた、
お七夜に名前を付けなければならないが、いざとなるとなかなかいいのが浮かばない
後で後悔するような名を付けたくはない
悩みに悩んだ末、隠居の所へ相談に行った


何か好みがあるかと聞かれ、長生きするようなめでたい名前を、ということになった
隠居さんは松、竹、梅、鶴、亀と長命そうな字がつくのを並べるが、どれも平凡過ぎて気に入らない
「そんなら、長助てえのはどうだ? 長く親を助ける」
「いいねえ・・・けど、あっしども一手販売で長生きするってえ、世間に例が無い名前はないですかね」
しばらく考えた隠居さん
今お経に凝っているが、無量寿経という経文には、案外おめでたい文字があると言う


「”寿限無”、これはどうかな 寿命限りなしというからこれはめでたい
”五劫のすり切れ”、というのがあるが、三千年に一度天人が天下って羽衣で岩をなで、それがすり切れてなくなってしまうのが一劫だから、五劫というと何億年か勘定できない
”海砂利水魚”は数えきれない物をまとめて呼んだ言葉
”水行末、雲来末、風来末”はどこまで行っても果てしない大宇宙を表す
”食う寝る所に住む所”これらは当然大切な所
”やぶらこうじぶらこうじ”というのもあり、正月の飾りに使う藪柑子だからめでたい
またほかに、少々長いが、”パイポ、シューリンガ、グーリンダイ、ポンポコピー、ポンポコナー”というのがある
パイポは唐のアンキリア国の王様、
グーリンダイはお妃、ポンポコピーとポンポコナーは 二人の王子で、そろってご長命……」
それだけ聞けばたくさんで、あれこれ選ぶのは面倒と熊さんは出てきた名を全部付けてしまった
学校に上がり今日から一年生
友達が登校の誘いに来た
「寿限無・・・・・長介ちゃん学校に行こう!」
「あら、うちの寿限無・・・・長介はまだ起きてこないのですよ、呼ぶから待っていて」
「寿限無・・・長介、起きなさい!」でも起きない
「お父さん、お友達が誘いに来てくれてるのに寿限無・・・長介ったら起きないのよ!」
「ぬぁんだってぇ、寿限無・・・長介が起きないって?おいこら寿限無・・・・長介、起きないか」
・・・・・・
「あのぉ、卒業式になっちゃったよ」


。゜゜ヾ(*>∇<)ノシ キャハハハッ


あずきさん<小噺>
初めての高座だそう、ちょっとハラハラドキドキ^^


お日様とお月様と雷様が一緒に旅に出た
宿に泊まって翌朝
雷様がいつまでたっても起きてこない
アイツはゴロツキだから放っておこうと先に出発してしまった
昼近くになって起きてきた雷様
日と月が先に行ってしまったと聞いてちょっと焦るのを見た宿の主
直ぐに出立されますか?
いや、ゆっくり夕立としよう


(≧∇≦)アハハッ


當今亭 㐂ん肉 さん<雑俳>


八五郎が横町のご隠居のところへ遊びに行き、茶飲み話をしているうち、ご隠居さんがこのところ俳句に凝っていることを聞かされる
 「俳句なら私もやったことがありますよ」という八五郎に隠居は不審顔で「本当かい?どんな句を詠んだんだい」と訊ねる
 得意になって語り出す八五郎によれば「蛙(かわず)」という題で詠んだ句が「がまぐちを忘れて何も買わずかな」
 「朝顔」という題では「朝、顔を洗うは年に二三回」
 「めじろ」という題では「山手線、目白の次は池袋」
 「春雨」という題では「船底をがりがり囓る春の鮫」
という句を詠んだと胸を張る八五郎
隠居はあきれ果てるが、「お前のような人間は狂歌が向いているかもしれない」と面白い狂歌「山王の桜に猿が三下がり相の手と手と手手と手と手と」を教える
噺の終盤、「初雪」をお題として句を作る事になった
即興で詠んだ句に対して点を付けると言う
「初雪や二尺あまりの大イタチ この行く末は何になるらん」と八五郎が詠んだ句にご隠居
 「うん、それなら貂(天)だろう」
(天が点数(天・地・人)の最上位)

(ノ∇≦*)キャハハッ♪


なだれさん<シャンソン>

美空ひばりメドレーだそうなのですが、自分は全曲知らなかったです^^;


(*^・^) テヘッ♪ 


ふじ家ぺ子 さん<間抜け泥>

親分から呼ばれたドジで間抜けな新米泥棒
お前は泥棒の素質がなく見込みがないから、この稼業から足を洗って堅気になれと言われた
新米泥棒は「心を入れ替えて悪事に励む」と誓ったので親分は空き巣から出直せと、空き巣のイロハから細かいテクニック、秘伝のノウハウまでを叩きこんだ
手頃な家を見つけたら声を掛けて返事がなかったら忍び込むが、返事があれば「何の何兵衛さんはどちらで?」と、ゴマかして立ち去ればいい
もし忍び込んで見つかったら、「失業しておりまして、八十のお袋が長患いで、十三を頭に五人の子どもがいます 貧の盗みの出来心でございます」と、泣き落とせば見逃してもらえると
・・・
早速、新米泥棒は仕事に出掛けた
ある家で、「ええ、何の何兵衛さんはどちらで?」とやって、「何の誰だ?」に、「いえその、イタチサイゴ兵衛さんは・・・」と、しどろもどろで逃げだした
次の家では「イタチサイゴ兵衛さんは・・・」に、「俺だよ」とまさかの展開となって慌てて飛び出す始末
やっと空き巣にぴったしの家を見つけ忍び込むが、何も盗る物がない
残っていたお粥なんか食っていると、そこへ帰って来たのがこの家のあるじの八五郎
泥棒は慌てて縁の下に隠れる
八五郎は足跡だらけの家の中を見て空き巣に入られたとすぐに気づくが、それを溜っている店賃の言い訳にしようと悪智恵を働かす
急いで大家を呼んで元々何もない家の中を見せ盗難にあったから店賃は待ってくれと懇願する
家の中を見た大家は確かに何も無いので店賃の日延べをOKした
大家は盗品届を出すから、盗られた物を言って見ろと言う
八五郎、苦し紛れに「布団をやられた」
「どんな布団だ」
「大家さんとこと同じ布団だ」
「表は唐草で、裏は花色木綿だ」
「その花色木綿の布団で」
その後で八五郎の言う盗品は羽二重の紋付も博多の帯も蚊帳も桐の箪笥も刀も南部の鉄瓶もお札も全部”裏が花色木綿”だ
これを縁の下で聞いていた泥棒、我慢できずに下から飛び出して来て、「冗談じゃねえやい、さっきから聞いてりゃいい気になりゃがって、てめえの家には何も盗るもんなんかねえじゃねえか」


八五郎 「おやっ、そんなとこから飛び出しゃあがって てめえは泥棒だな」


泥棒 「この家には何も盗めるものなんぞねぇ」


八五郎 「盗らなくたって、人の家にだまって入りゃ泥棒だ」


新米泥棒、親分から教わったとおりに・・・


泥棒 「失業しておりまして、十三のお袋が長患いで八十を頭に五人の子どもがいます。これもほんの貧の出来心で・・・・」と哀れっぽく謝った


泥棒に嘘をすっぱ抜かれた八五郎はバツ悪そうに、縁の下にもぐり込んだ


大家 「おい八五郎、何も盗られてねえそうじゃねえか どうしてあんな嘘ばかり並べたんだ?」


八五郎 「これもほんの出来心でございます」

(*>з<)・∵. ブッッ!!


s500IMG_1030.jpg


可笑家きゃらめる さん(曽根風呂ガーのよーちゃんさん)<阿弥陀池>

「こんちは・・・・あんた新聞の下にガサガサと饅頭か何か隠したやろ」

「新聞読んでいたから、しまっただけだ 何も無いだろう 新聞読むから世間のことが分かるんだ」
「新聞読まなくても世間のこと知ってるわ」
「では聞くが、堀江の和光寺さん、皆は阿弥陀池と言ったが、尼寺のそこに強盗が入ったの知ってるかい」
「知らん」
「知らんやろ 賊が入って、ピストル突きつけて、尼僧に『金を出せッ』と凄んだ でもその尼さん、胆が座っているから驚かない 賊の方に向き直って、胸元をはだけた」
「賊は喜んだだろうな」
「落ち着き払って『過ぎし日露の戦いに、私の夫・山本大尉は乳の下、心臓を一発のもと撃ち抜かれて名誉の戦死を遂げられた 同じ死ぬなら夫と同じ所を撃たれて死にたい さぁ、誤たずここを撃て』と言った
撃てと言われたら撃てるものでは無い
賊は土下座して『私はかつて山本大尉の部下で、山本大尉は命の恩人とも言うべき人
その恩人の奥さんのところへピストルを持って忍び込むとは、知らぬとは言え無礼の段、平に御免』と、ピストルを自分の喉元に突きつけた
尼僧はそれを押しとどめ、『おまえは根っからの悪人ではない 誰かが行けとそそのかしたのであろう 誰が行けと言うた?』
『へぇ、阿弥陀が行け(=池)と言いました』
ようできた俄だろう」
「俄!?一生懸命聞いていたのに」


「新聞読まないから、騙されるんだ」
「お前は、世間のことが知らないだけではなく、町内の事も分からないだろう」
「町内の事なら何でも知ってまっせ」
「西の辻の米屋に昨夜盗人が入ったん知ってるかぃ」
「えッ!今朝は町内まだ回っていない」
「今度はピストルやない、長い抜き身をぶら下げて『金を出せッ』っと脅された ところがオッサン、ビックリせんわい 若いときに柔道の修行をして、柔らの心得があった これがいけなかった 『生兵法は大怪我の基』や
切り込んできたところをパッと体をかわした 相手がよろめいたところを肩にかついで、土間にドーンと叩きつけた 相手が刀を取り落し、仰向けになったところを、四つばいになって、馬乗りで押さえつけた
ところが盗人も抜かりがないわい、オッサンが縄を取ろうと馬乗りになったまま後ろ手で縄を探した隙に懐に手ェ突っ込むと、かねて用意の匕首を取り出して、下からオッサンの心臓をブスーッと突いた
『アーッ』と言うたんがこの世の別れや・・・死んでもたがな
この盗人、米屋のオッサンの首をかき落とすと、ぬかの桶へ放り込んで、逃げていまだに捕まらん こんな話、お前聞いたか?」
「いや、聞かん」
「聞かん(利かん)はずや、『ぬかに首(釘)』やがな」
「これも俄かい」
「そうそう、東の辻の質屋に・・・」
「もうええ、もうええ、ここにいたらどんだけ騙されるか分からん さいなら」


「悔しいな 誰かに聞かせてやりたいな・・・ここで、やってやろう」
「知ってるかい」
「何を・・・」
「この西の辻の米屋に盗人が入った」
「えッ?」
「知らんな やってやろう。盗人が裸で入った。フンドシも外して抜き身で入った」
「アホか。抜き身は裸の刀の事だろう」
「そうだ、長い刀を下げて入った オヤジさん驚かないぞ・・・、腕に心覚えがあるんだ」
「それを言うなら『腕に覚えがある』だろう」
「何でも十三(じゅうそう)の方で修行した。柔らかい焼きもち・・・」
「それやったら、柔道の修行だろ」
「そうや『生兵法は大怪我の基』と言うだろう、それがいけなかった 盗人が切り込んでくるところ、パッと・・・、うッ・・・、あれをかわしたんや」
「『あれ』ってなんや」
「西宮をかわしよったんや」、
「西宮なんて、どうかわせるか」
「西宮に有名なものがあるだろう?」
「えべっさんか」
「えべっさん手に持っている物が有るだろう」
「釣り竿か?」「その先」「テグスか?」「その先や」「ウキ?」「まだ先や」「針か?」「見えてきた針に付いている物」「エサか?」「大きな赤い魚が有るだろう」「鯛か?」
「タイをかわしたんだな」
「鯛を言うのに西宮まで連れて行きやがって・・・」
「体をかわしよったんや ほんで、盗人を土間へダーンと叩き付けて、仰向けにひっくり返ったとこ、オッサン、盗人のとこへ夜這いに行ったんや」
「落ち着いてしゃべれよ」
「四つばいになったところに馬乗りになっているオッサンに、盗人、懐へ手ェ突っ込むと、かねて用意のガマ口で・・・」
「ガマ口出して・・・、どうした?」「ガマ口やあらへん。鯉口でもあらへんし、鮒口でもあらへんし、モロコでもなく、ドジョウでもなく、ナマズでもあらへん、鮎口、匕首(合口)や」、「匕首言うのにぎょうさん魚並べたな」「匕首で心猫をブスリと・・・」
「心猫って何じゃ」、「心猫でなく、新虎でもなく、心豚でなく、心犬でもない、鼻の長いの・・・」「天狗か?」「動物園にいるだろ~、鼻の長い動物」「それは象や」「心臓だ ああ、シンドー」
「この忙しいのにシャレを言ってる。心臓を突いた?」
「えらいこっちゃ 『あッ』と言ったのが、この世との分かれや 死んでもたがな この盗人、むごたらしい奴っちゃで・・・、米屋のオッサンの首をかき切って、ぬかの桶へ放り込んで、逃げていまだに捕まらん こんな話、お前聞いたか?」
「今、お前から聞いた」
「いや・・・、あのな・・・、聞いたらあかんわ それは卑怯だ」
「お前が聞かせたんだ」
「さいなら」
・・・・
『聞かん』と言えば、ぬかに釘や、と言ったのに・・・
今度はここでやったろ「ゴメン、いてるかい?」
「何でしょう・・・」
「聞いたか?西の辻の米屋に昨夜(ゆんべ)盗人が入ったの知ってるか?」
「西の辻に、米屋なんかあらへんがな」
「遠くの街まで来てしまった。東の辻」
「東の辻にも米屋は無い」
「どこかこの辺に米屋が無いだろうか」
「家の真裏に『米政』と言う老舗が有る」
「その米政にゆんべ盗人が入ったの知ってるか?」
「知らんで」
「長い抜き身をぶら下げて、オッサンに『金を出せッ』と言ったんだ ビックリせんぞ 若いとき柔道を修行して柔らの心得が有るな それがいかんがな 『生兵法は大怪我の基』や 切り込んでくるところ、パッと体をかわして・・・・」
「米屋のオッサン、あのオッサンなら3年前から中風(ちゅうぶ)で寝ているわ?」
「その息子だ」
「まだ九つだ」
「店の者に若くて強そうなのが居るだろ?」
「ああ、いたな それやったら、ヨシやんいう威勢のええのがいてるがな」
「そいつや、そいつの事や 体をかわして相手がよろめいたところを肩にかついで、土間にドーンと叩きつけた、よろめくところを肩に担いで土間にドーンと叩きつけた 相手が刀を取り落し、仰向けになったところを、四つばいになって、馬乗りで押さえつけた ところが盗人も抜かりがないわい、懐に手ェ突っ込むと、かねて用意の匕首を取り出して、下からヨシやんの心臓をブスーッと突いた
『アーッ』と言うたんがこの世の別れや・・・死んでもたがな この盗人、米屋のヨシやんの首をかき落とすと、ぬかの桶へ放り込んで、逃げていまだに捕まらん こんな話、お前聞いたか?」
「何ぃ・・・・よう知らせてくれた よう知らせてくれた えらいこっちゃヨシやんはカカの実の弟だ 俺は電報打ってくる」
「チョッと電報待った、マッタ、今のはウソや」
「言って良い事と悪い事があるぞ ヨシやんを、なんで殺す」
「この話は、最後に、こんな話、お前聞いたか?『いや、聞かん』、聞かん(利かん)はずや、『ぬかに首(釘)』やがな と言って、ワァ~っと笑おうと思って・・・」
「笑えるか?人の生き死にの話 『聞かん(利かん)はずや、『ぬかに首(釘)』や・・・』 おのれの知恵やあるまい、誰が行け言ったんや」
「阿弥陀が行け(池)と言いました」

. ∵・ ゞ(>ε<*) ブッッ!!


s500出演2.jpg


寿司屋淋湖さん<荒茶の湯>

彼も関東学院の落研の生徒さんです
強化選手(?)のようで、なかなかの語り口でした


主な登場人物は豊臣秀吉子飼いの猛将7人の加藤肥後守清正、福島左衛門大夫正則、池田三左衛門尉輝政、浅野左京大夫幸長、黒田甲斐守長政、加藤左馬助嘉明、細川越中守忠興
そして彼等を茶会に招待した本多佐渡守正信


そのあらすじは・・・
秀吉の死後その臣下の大名は石田光成派とその反対派に分かれてゆき、これは反対派の大名達の茶事(茶会)の出来事
徳川家康の家臣で知恵者と言われた本多正信が七将を味方に引き入れようと催した茶事で、細川忠興、加藤清正、池田輝政、福島正則、浅野幸長、黒田長政、加藤嘉明、この7人が招待された
しかし茶道の心得のあるのは細川忠興のみ
そこで皆が申し合わせて細川忠興の真似をすることにします
しかし一つだけ困ったことがある、と言う細川忠興
今流行の御茶といぅのは「大茶盛(おぉちゃもり)の湯」と言って、少し大きめの茶碗の中へお茶が入って、これを皆で飲んで回す
で、一番終い、これを「詰め」と言うが、この詰めといぅのはな、お茶を綺麗に飲み干して、茶碗を褒めて、その場を納めなければならん
これがちょっと難しい
その「詰め」といぅのはゆわば戦で言うところの”殿(しんがり)”だと気付いた目立ちたがりの福島左衛門大夫正則
詰めをやりたいと言い出す
招待状にありました刻限になり、細川を先頭に七人の荒大名たちがやってきた
本多佐渡守は玄関先で待っておりまして「これはこれは、おん歴々様のお越し、佐渡、ありがたくおん礼申しあげます」と挨拶
「あぁ佐渡、今日は茶の招待をいたしくれ、かたじけない ことにその方の出迎え満足じゃ」と、正客の細川が言います
これで挨拶は終わりですから皆は細川の後に続いてゾロゾロと行けばよかったのですが、真似をしろと言う話になっていたものですから・・・・
加藤清正が「佐渡、今日は茶の招待をいたしくれ、かたじけない ことにその方の出迎え満足じゃ」
「恐れ入り奉ります……」
次の池田が「佐渡、今日は茶の招待をいたしくれ、かたじけない ことにその方の出迎え満足じゃ」
「恐れ入り奉ります……」
「佐渡……」佐渡守は忙しぃ。
六人まではおんなじ挨拶をしたんですが、一番終いの福島正則「何じゃ、皆同じことばかり言ぅて・・・わしは詰めだから皆と同じ事を言ぅていたんでは値打ちがない よしッ……、「あぁ佐渡、以下同文」
屋敷内に入り、廊下を歩くのですが細川忠興は首の古傷のせいで頭を右に傾けて歩きます
後続もそれを真似して右に傾けて、しかも後ろに行くほど傾きが酷くなって・・・詰め位置の目立ちたがりの福島、皆と一緒じゃつまらないと一人左に傾けた
で、一同がお待ち合いへ座りましたところで、本多佐渡守、改めて挨拶
「本日は皆さま方におかれましては、お忙しぃとこをお越しくだされ……」と、頭を上げますと、皆が首を右の方に傾けて座っている
で、一番終いの福島だけ反対のほぉ曲げてますから、思わずプ~ッと吹き出した


どぉも本多の様子がおかしいと気付いた細川、他の者がなにかおかしなことをしているのかと不安になって振り返ると皆顔を傾けている
清正め、何をしよる『わしの真似をせぇ』と言ぅたが、古傷の真似まですることはなかろおに、と思ったのですが、この本多の手前、口に出しては言えません
なので「首を真っ直ぐにせえよ」と言うつもりで、この清正の脇腹を軽くヒョイッと突いた
ところが、突かれた方が、正直の上に馬鹿が付きます加藤清正ですから「なるほど、茶の湯といぅのは難しいものだ お待ち合いへ座れば隣りの脇腹を突くものとみえるな」と、隣りの池田の脇腹を思いっ切り突いた
池田が浅野を突き、浅野が黒田を突く、黒田が加藤左馬助を突く、加藤左馬助が福島を
福島も・・・・えっ、俺は詰めだから後ろは誰も居ないし、でも突かなきゃと壁をドン
壁ドンの始まりはこれだそう


銅鑼の音が聞こえてまいります
これは「お茶席の支度ができました」という合図
これから火灯口を通ってお茶室へと入ります
一同がお茶室へ座りますと、本多佐渡守、心静かにお茶を立て正客の細川へと渡した
細川は「ここを見てくれ」とばかりに、まずこのお茶碗を左手に乗せ、一度おし頂いて少し回しておいて、これを作法どおり三口半飲んで、これを隣りの加藤清正へ
加藤清正も最前からしくじってばっかりですから「今度こそは」としっかり真似します
この茶碗をまず左手に乗して、ゆっくりと上へ持ち上げてまいりまして、茶碗の中を覗き込んで驚いた
茶碗の中が髭で埋まっている
加藤清正、一尺五寸のあご髭が生えていて、下からゆっくりと持ってくるときに髭が茶碗に入ってしまった
仕方なく茶を吸った髭を指で挟んでしごいて茶を戻し隣の池田へ
池田が茶碗を手に取って中を見ると髭の油が浮いている
綺麗好きで人の飲み残しでさえ飲むのが嫌なのに、こんなもの飲めない・・・と思いましたが仕方ない
ひと口ガブッとやったんですが、何しろ生まれて初めて飲みましたお茶、おまけに、清正の髭出汁も入っていますからとんでもない味
飲もうにも喉を通らず思わず茶碗の中へ吐きだした
そして浅野へ
浅野はこんなものは飲めないと飲むふりをして黒田へ
黒田も飲んだふり、加藤左馬之助も飲んだふり、そして詰めの福島の前に茶碗が来た
自分も飲んだふりをして次に・・・と思ったが自分は詰め、飲むしかない
そこで福島は菓子を全部口に放り込み甘さで誤魔化しながらゴクゴクと・・・・


⊃∇≦)ノシ キャハハハッ


都志美さん<日本舞踊>

今回は中入りが無く連続で4時間近くの公演
この辺りで限界でトイレに
でも一旦席を外すと演目が終わるタイミングでしか席に戻れません
なのでこの日本舞踊は観ていないです^^;

(*^.^*)エヘッ


ふじ家ちょ子 さん<三味線漫談>

三味線を弾きながらの小噺
桃太郎と鶴の恩返しをいろいろなパターンで^^
最後は、”昔々”とやっただけでドッと笑いが湧きあがります

。゜゜(。≧∇)ノ彡☆ヒィィ !!バンバンバン !!


月の家小圓鏡さん<匙加減>
小圓鏡さんはプロの噺家さん


町の医者、阿部元渓の倅の年が二十五の元益は真面目一方
若いくせに寺社を巡るのが唯一の楽しみという変わり者
ある日、住吉神社に参った帰りがけににわか雨に遭う
大社近くの茶屋の加納屋の軒下で雨宿りをしていたが、なりゆきで加納屋に上がった
出て来た芸子が住吉小町と呼ばれている十八になるおなみ
元益は飲めない酒を酌をされたが、おなみに見とれてついガブガブ、正体もなく酔って家に駕籠で送られる始末
それからというもの元益の加納屋通いが始まった
ついには親の金も持ち出す有様で勘当の身となってしまう


おなみにも会えなくなった元益は平野町の小さな長屋に入り医者の看板を出す
元より腕はよく、子どもから年寄り、貧乏人の分け隔てなく診るので大評判となって暮らしも余裕ができた
余裕ができると思い出すのはおなみのこと、自然と足は住吉さんの方へ向かって加納屋へ
おなみは元気かと加納屋に声をかけると
加納屋は「おなみは先生がいずれ一緒になろうと言った言葉を信じましたんや 先生がぷっつりお越しにならんようになって気を病んで寝込んでしまいました おなみは近江屋さんの抱え子で、うちに出させてもらってましたけど、こんな身体にしてしまって近江屋さんも怒っていますのや」と言う
驚いた元益、おなみを引き取って看病すると言うが、加納屋はいっそのことお花を身請けしてしまえと勧める 
三両くれたら近江屋に掛け合って何とかするからと言って加納屋は元益から三両の金を受け取った
加納屋は近江屋に行って、医者の元益がおなみを引き取ってくれるそうだと言うと、厄介者払いができると喜んだ近江屋、すぐにでも連れてってもらえと言う
加納屋は病人のおなみを押し付けるのだからタダって訳にはいかない、三両くれたらその金で話しを纏めるからと近江屋から三両受け取った


元益のところへ来たおなみはみるみる元気になって行く
元益の薬の調合のさじ加減がいいのか、いいや、想っていた人と一緒になれたことが一番の薬だったのか
すぐにおなみは元益のそばでかいがいしく働くようになった


名医と別嬪の看護婦さんという感じで評判が評判が呼び、この噂は加納屋の耳にも入った
悪賢い加納屋は証文を渡していなかった事に気付き、またひと儲けを企んで元益の家にやって来る
「おなみの身体が良うなったんなら、もう一辺座敷に出しますよって連れ戻しまひょ」
驚いた元益「こないだ三両渡してお花は身請けしましたやろ」と言うも加納屋は「何を言ってますのや、三両なんかで身請けができますかい」と取り合わない
それどころか「それに近江屋さんから身請け証文もらいましたかいな 書いた物が物を言いまんのや 証文がなければおなみはまだ近江屋さんのもんや」と言いおなみを連れて帰ろうとする
「そんな無茶な・・・」、言い争いが始まった
これを聞いていた隣家の家主がやって来て二人の間に入って話しを聞く
「証文を受け取っていないって?そりゃおなみさんは近江屋さんのもの・・・とにかく今日のところはお引き取りになって、明日またわしの家に来てもらえますかな 納得させるから悪いようにはせんよって・・・」という大家の言葉に加納屋は帰って行った


翌朝、加納屋がそそくさと家主の家にやって来る
まさか加納屋ともあろうものが手ぶらでは来ないだろうさ、と、手ぶらで来た加納屋から酒代、婆さんの茶代、猫の鰹節代なんかをせしめる大家
さて、加納屋を前にした大家
「おなみはんは座敷勤めはもうこりごりで、真っ平御免、もう住吉には戻りとうないと言うてますねん このまま黙ってお引き取りを はいさよなら」と、門前払い
怒ったには加納屋、正体を現して、「なに!こら、家主、本人が帰りとうない言うたかて、首に縄つけて引っ張ってでも帰るわい 、証文はこっちにあるのじゃ 出る所へ出たら証文が物を言うねんや」
と、尻(ケツ)をまくって猫の皿を踏み割って帰って行った


さあ、加納屋は奉行所に届け出てお裁きとなる


 奉行 「・・・証文なくしておなみの身請けは成り立たぬ よっておなみは近江屋、加納屋に引き渡す これにて一件落着 一同の者、立ちませぇ~い」では噺にはなりません


 奉行は加納屋に言います 「元益は大病のおなみをわざわざ自宅に引き取って療治したのであるな その間の療治代、薬代は元益に払うたであろうな」


 加納屋 「・・・いえ、それはまだで・・・これから支払おうと・・・」


 奉行 「なに、まだとな・・・・元益、半年の間のおなみの療治代、薬代は高くついたであろうな 薬は医者のさじ加減じゃ 高くついたであろうな」
折角、高く吹っ掛けろと奉行が言っているのに、どこまでも真面目なのか世間知らずのお人良しなのか元益
「いいえ、おなみのためなら薬代など結構で・・・」
見かねた家主がアドバイス、一服二両で朝昼晩と飲ませて薬代が日に六両と言った
一日中付きっきりでの看病込みで療治代が一両、薬代と合わせて半年の合計が千二百八十両となった


 奉行 「これ、加納屋、近江屋、千二百八十両、即金にて支払え 払う事できぬならば双方で示談とせよ」


これでほんとに一件落着となった
さて困ったのが加納屋と近江屋

芸子一人の事にそんな大金を払える訳がない
無論、お奉行様の裁きを無視するわけにもいかない
で、家主の家に相談に来た
まさか加納屋ともあろうものが手ぶらでは・・・と手ぶらで来た加納屋から酒代、婆さんの茶代、猫の鰹節代なんかをせしめる


「千二百八十両なんて大金はとても・・・家主さんに間に入っていただいて示談ということに・・・」と証文を渡した


 受け取った証文を破り火鉢で燃やしながら家主 「あぁ、さよか つまり千二百八十両は無しにする代わりに、おなみはんは先生が身請けしたということに はいはい、それで結構」
あまりのすんなりな展開に喜んで帰ろうとする加納屋に家主が追い打ち
「こないだおまえさんが踏み割った猫の皿代、十両もらいまひょか」
あんな汚い皿が十両とはだが、千二百八十両の示談が流れるのも困るとあきらめた加納屋、十両渡す


受け取りながら家主「書いた証文が口を利きましたか?」


加納屋「いいえ、欠いた瀬戸物が口を利きました」

(*^-^) アハ♪


s500IMG_1034.jpg


Jプロジェクトバンド<ブルーグラス>
再度よーちゃんさんが登場

(*∩v∩*) ニッコリ♪



佐の槌藤助さん<伊勢佐木町ブルース>
時間が押しているせいか、落語では無くトーク
いつもの「横浜」に関する曲についてのお話です
伊勢佐木町ブルースとブルーライト横浜についての考察

(*∩v∩*) ニッコリ♪



以上、4時間の長丁場
休憩なしで観るのも疲れました
4時間コースは二年前の夏にもありましたが、その時はちゃんと中入りもあって楽でした(それでも疲れたけれど^^;)


s500IMG_1038.jpg


演芸会の後は打ち上げ
出演者&関係者ではないのですが参加させていただきました 


s500IMG_1043.jpg


居酒屋さん佳仙 
何時も此処です^^
今日は鍋だぁ~♪ 


s500IMG_1047.jpg


お疲れさまでした~

( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ 

寒いからお湯割りでスタート


s500料理1.jpg


大好きな鴨が出てきてテンションUP^^ 
お湯割りのおかわりを重ねます 


s500料理2.jpg


大きな蒟蒻に蓮根が乗っているの、美味しかったなー  


s500なべ.jpg


鍋はキノコ鍋
これがまた美味しかった
〆は当然雑炊
鍋も雑炊も鍋奉行kikin様に全部おまかせです 

帰りは地下鉄で横浜へ、そして東横線に乗り換え
今回は無事乗り過ごす事無く降りました 


boeder-001.gif


飲んで帰る時はアイスをお土産にするのが我が家のお約束
通称飲み会アイスを買って帰ります 
 


s500IMG_1059.jpg


今回の飲み会アイスはこの4品
紅茶クッキーは紅茶好きの下の娘の指定品
ハーゲンダッツは上の娘用、豆乳は奥さん 


s500IMG_1060.jpg


自分はこれ
期間限定に惹かれて  


s500IMG_1061.jpg


見た目通りの美味しさでした  


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(109)  コメント(35) 
共通テーマ:日記・雑感

鰻とあんみつとフェルメール その2 みはしのあんみつ [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです   


s500IMG_0974.jpg

2700円と、ちょっとお高めなチケット
通常は1600円ぐらいですからね
普通より1000円以上高い展覧会
高いプライスを掲げるのは勝手ですが、その価値が有るか否か
当然評価は厳しくなるわけで


boeder-001.gif

ゲートでチケットを見せ、半券を切り取られると小さく製本されたフェルメール展の作品一覧表が渡されます 
ペラ紙を重ねただけの普通の展覧会のそれと比べると高級な雰囲気

でもその分チケットが高いからね、当然かな
そしてゲートから進むと音声ガイドの機器が首にかけられます
勿論無料
高いチケット代にその分が含まれていると言う事なのでしょうけれど、音声ガイドは必要に思えない自分にとっては何だか損した気持ち
自分は音声ガイドどころか、各章ごとに分かれた展示の章ごとの説明書きも読まない派
展示説明などの予備知識に染まらずに作品を感じたいから
一応最初の1分ぐらいかな、首に機器をかけられて展示室に入るまでの廊下では聴きましたが展示室に入ると同時にOFF^^;


s50011drink211_ワイングラス.jpg


<Johannes Vermeer:ワイングラス >

展示は6章に分けられています
1・オランダ人との出逢い:肖像画
2・遠い昔の物語:神話画と宗教画
3・戸外の画家たち:風景画
4・命なきものの美:静物画
5・日々の生活:風俗画
6・光と影:フェルメール

展示作品は50作品近くありました
そのうちフェルメールは8作品 


s5000041_取り持ち女.jpg


<Johannes Vermeer:取り持ち女 >

<ワイングラス>は日本初公開
<赤い帽子の娘>も初公開でしたが、これは12月20日までの展示
その代り1月9日からは<取り持ち女>(日本初公開)が展示されていました 


s5000091_牛乳を注ぐ女.jpg


<Johannes Vermeer:牛乳を注ぐ女 >

フェルメールと言えば超希少な顔料・天然ウルトラマリンを使ったフェルメールブルーと呼ばれる深く鮮やかな青が有名
何度見ても素敵なブルー
でもブルー以外にもイエローも素敵です
陰影との相乗効果で輝いて見えるのがいいですね


s5000321_手紙を書く婦人と召使い.jpg  


<Johannes Vermeer:手紙を書く婦人と召使い >


光の魔術師と称されるフェルメール
光の置き方、それは基本的に窓が画面の左側にあって、そこからの柔らかな光が人物の左半分を照らすライティング
色のグラデーションにうっとり
影の描き方がまた素敵なのです
影が光を際立たせ、醸し出されるのは独特の緊張感 


s50001411_手紙を書く女.jpg


<Johannes Vermeer:手紙を書く女 >

で、今回の展覧会に+1000円αのプライス価値があったかどうか
自分の感想では全く無かったとしか言えません
作品は素敵でしたが、その展示方法やシステムには失望ばかり
まずは混み過ぎ
原則時間ごとの予約制で予約が規定数に満たない場合に当日券が発行されるとのことで、ゆっくり観られると期待したのですが予約の無い普通の展覧会と混み方は大差なく、頭越しでしか鑑賞できません
横にではなく前後に移動しつつ鑑賞してくださいとのアナウンスも煩いぐらい
こんな状態ならば時間ごとに予約制の意味無くね?
突き当りでUターンするレイアウトの部屋などは人が多くて眩暈が
こんな状態では2700円の価値は無いな
適正価格は1600円だよ、普通の展覧会と一緒 


s50001911_真珠の首飾りの女.jpg


<Johannes Vermeer:真珠の首飾りの女 >


それに音声ガイドもいらない
全員に音声ガイドを配ると会場が煩くなるのです
ほら、皆が音声ガイドのイヤホンを装着しているでしょ
そうすると話し声が大きくなるのです
展示室内で声を出す時は小声で話すのが普通ですが、イヤホンから聴こえる音声のせいで話し声の調節ができず大きな声で話す人の多い事
うんざりでした 


s500Man_Writing_a_Letter_.jpg


<Gabriel Metsu:Man Writing a Letter >

フェルメール以外の作品の中で気に入った作品をちょっと紹介
Gabriel Metsu
ワシントンポストの記事より
“You could say, that’s just like a Vermeer. But what an injustice to Metsu.”


Johannes Vermeer, 1632-1675
Gabriel Metsu, 1629-1667
共にオランダの画家
活躍の時期もほぼ一緒
画風も、共に似ていて印象的
また、同時期に活躍したオランダ画家にレンブラントがいます
レンブラントもまた光と影の魔術師の異名を持つ画家
フェルメールとレンブラント
二人の影に完全に隠れてしまった画家、メツー


s500Woman_Reading_a_Letter.jpg


<Gabriel Metsu:Woman Reading a Letter> 

もうちょっとアンダーな方が・・・影が濃い方が自分は好みかな 


boeder-003.gif


さて、何か甘いものでも食べてから帰ろうかな
上野で甘いものとなると みはし のあんみつが思い浮かびます
でも何時も行列があって、しかもマダム達がいっぱい
男性客も少しは居ますが、奥様に付き合わされた感たっぷりのオジサマ
なので入り辛い^^; 


s500IMG_0986.jpg


上野駅の中のスターバックスかドトールで済ませようかと上野駅の中に行くと・・・
えっ?みはし?
上野駅の中にもあったんだ^^;
何時も日比谷線を使っていたのでJR駅の中にあるのは知らなかったな


s500IMG_0980.jpg


ここは空いていたので入店 ^^ 


s500IMG_0979.jpg


久しぶりの みはし ♪
下の娘と上野の美術館に行くと みはし に寄るのがお約束でしたが、彼女は受験生
なのでここ一年ぐらいは一緒に遊んでくれないのですーー) 

s500IMG_0978.jpg

あわぜんざいも捨てがたいけれど


s500IMG_0976.jpg


やっぱり あんみつ がいいね
ここのクリームあんみつ美味しいんだよ


s500IMG_0982.jpg


と言う訳でクリームあんみつをオーダー
餡は漉し餡ですが粒餡に変更もできます
餡子は絶対粒餡という粒餡派も多いですからね 


s500IMG_0985.jpg


漉し餡は上品な風味
ソフトクリームと共に食べるとまた美味しい
切れのある寒天の食感も心地いい
黒蜜を絡ませ、コクのある甘味を楽しみます

みはし アトレ上野店
03-5826-5879
東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野 1F 七番街
10:00~21:00(L.O.20:30) 

s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg


26日土曜日は受験日
なので前日の今日はウチに籠って勉強中の下の娘
彼女への陣中見舞いに白玉あんみつを購入して帰ります


s500IMG_0989.jpg


ただいまー
下の娘の部屋の扉には何やら貼ってあります
実はこれ、模試の結果
何を思ってか、彼女は模試結果を部屋のドアに貼りつけています^^;  


s500IMG_0990.jpg


で、陣中見舞いの品
彼女は白玉が好物 


s500IMG_0992.jpg


中はこんな感じ  


s500IMG_0993.jpg


盛りつけて黒蜜かければ完成♪
でも白玉の中心がちょいと硬かったな
茹でが少し足らない感じ
新人君が茹でたのかも 


boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(115)  コメント(37) 
共通テーマ:グルメ・料理

謹賀新年 [日常のなかで(Diary)]

 s640DSC_0355_11.jpg


boeder-001.gif


(★´∀`)b*★*――謹賀新年――*★* d(´∀`★)

新年、おめでとうございます


本年もよろしくお願いいたします


m_emoji-1.gif


 


nice!(122)  コメント(79) 
共通テーマ:グルメ・料理

忘年会オフ会 高円寺yummy de 英ちゃんオフ会 [日常のなかで(Diary)]

京都記事の途中ですが、ちょっと別の記事を割り込みで 


s500IMG_9288.jpg


丁度一週間前のこと
ジムでのトレーニングを終え、シャワーでサッパリしたら高円寺までお出かけです
東横線で渋谷まで、そして山手線に乗り換えますが・・・やたら寒い
ジムの後何も食べていないのですが、どうやらそれが寒さを感じさせているようです
トレーニングでお腹はすっかりempty
腹では蟲たちが大合唱
コリャダメだと言う事で新宿駅の駅蕎麦に飛び込んで天麩羅蕎麦を手繰りました 


s500IMG_9290.jpg


お腹も落ち着き、中央線に乗り高円寺へ
目的地は過去3回(だったかな?)来ていますからね、慣れたもの
着いた先はyummy


s500IMG_9293.jpg


”英ちゃんオフ会” の会場です
18時40分位の到着だったかな


s500IMG_9296.jpg


なんだか懐かしいものが^^;  


s500IMG_9294.jpg


会費を払い出席に捺印
既に2/3が出席簿に印を押しています  
熟年なんだ・・・・…….(;__)/| ずぅぅぅぅん


s500IMG_9312.jpg


兎に角、空いている席へ
このお店、オフ会の貸切の時にしか来た事ないけれど、一度は普通の時に来てみたいな
でも高円寺ってなかなか来る機会がないんだよね 


s500IMG_9314.jpg


既にいろいろなお土産が出ていました
(自分はお土産を持ってきていないけれど^^;)  


s500IMG_9297.jpg


このお菓子  


s500IMG_9295.jpg


”一般市販されていません”って、一体どういうルートで・・・・ ^^; 


s500IMG_9315.jpg


まずは最初の一杯
天麩羅蕎麦で温まったけれど、もっと温まりたくて芋のお湯割りをオーダー  


s500IMG_9316.jpg


トナカイ英ちゃんの乾杯でオフ会スタート  


s500IMG_9317.jpg


まずはこれを撮らないとね  


s500IMG_9318.jpg


( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ  


s500IMG_9320.jpg


前菜   
ポテサラ好きなんだよね
思わずお湯割りをおかわり^^


s500IMG_9324.jpg


いろいろ話して飲んで、何を話してたのか今は全く覚えていないけれど、楽しかった事は覚えています
ちょいと飲み過ぎたんだな^^; 
でもオフ会の最中は寝なかった  


s500IMG_9328.jpg


鴨のローストと春菊のサラダ
鴨も春菊も好物
これが出てきた瞬間、思わずにっこり (=^^=) ニョホホホ 
当然芋をおかわり
体は十分温まったのでロックで
寒いと言ってお湯で温めて、温まったら暑いと言って氷で冷やして・・・考えてみれば何だか変な
柔らかく、脂は甘く美味しい~♪  


s500IMG_9331.jpg


ベーコンのサラダに  


s500IMG_9334.jpg


チーズのスコーン
紅茶が欲しいなぁ  


s500IMG_9335.jpg


ポタージュ  
話すのに夢中になっているからなのか暑い暑い
なので芋のロックのおかわり
無くなると直ぐに作ってくれるので何だかんだとロックで4杯ぐらいおかわり
自分にしてはちょっと多い、日本酒じゃないとはいえ乗り過ごしが心配になってペースダウン


s500IMG_9337.jpg


途中、ポイント付き占いで10点の最高点をひきました
商品は山吹色の・・・・ティッシュ^^;
でもこのティシュ箱、ティシュの取り出しは底から  


s500IMG_9341.jpg


自分にとって今年の初牡蠣でした^^;
いえね、牡蠣は食べないという事はないけれど、特別好物でもなく、自分で頼んでまでは食べないもので^^;  


s500IMG_9346.jpg


英ちゃんさんお土産のラーメンケーキ
海苔はクッキー、チャーシューはパイのしけったの、シナチクは林檎のコンポート、鳴門は食べていないから不明ですが、マシュマロかな
麺はマロン、ようはモンブラン  


s500IMG_9348.jpg


英ちゃんさんお土産第二弾
スカルプD味のやきそば
でもスカルプDってどんな味しているの?
本物を知らないので (←本当です (`・ω・´)キリッ  )


s500IMG_9349.jpg


ラーメンケーキ、自分が半分ぐらい食べてしまったような^^;  


s500IMG_9351.jpg


スペアリブ~♪
やっぱり肉だねぇ♡  


s500IMG_9354.jpg


ピザまで来ると、結構お腹がいっぱい 
大好きなゴルゴンも入って好みの味
ワインが欲しくなるけれど・・・・ワインと日本酒は乗り過ごすというジンクスがあって^^; 


s500IMG_9356.jpg


デザートはチーズケーキ 


かなりまわって、なんとか真っ直ぐ歩いているというレベル^^;
新宿から副都心線に乗ろうとしましたが、山手線の列車が待っていたので飛び乗ります
渋谷で東横線に乗り換え 
渋谷だと始発がありますから、当然始発のに乗って座って帰ります
酔っぱらって座れは当然の事ながら

フワァァ(/ 0 ̄)~゚゚(。 _ _)。o○グー

(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ! - いかん、やっちまったか????

キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ ドアが開いた!今何処だ???

ぬぅあにぃ、大倉山だとぉ~

ダッシュ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

無事降りました^^;
芋で酔っぱらった時は不思議と乗り過ごさないのです
何故かなぁ
日本酒やワインで酔っぱらった時だと爆睡で寝過ごすのにね
しかも戻りに乗った電車でも乗り過ごす事も^^;
 


boeder-001.gif


酔っぱらって帰る時はアイスを買って帰るのが我が家のお約束
飲み会アイスと言っています 
 


s500IMG_9357.jpg


今回の飲み会アイスはこの4種
各自の好みに合わせています
上の娘はチョコミントが大好き、それ以外だとストロベリーかチョコ 
下の娘はアイスよりシャーベットが好みで、ライチが好物
奥さんは・・・よく解らないけれど、ケーキを選ばせると必ずモンブランだからマロンで良いかなって^^; 


s500IMG_9358.jpg


自分はこれ、”赤い実はじけた恋の味”^^; 
"初恋"をテーマに、「赤い実はじけた」の物語に着想を得て生まれたクリスピーサンドだそうだけれど、そんな物語は知らないなぁ 


s500IMG_9359.jpg


バニラを加えたマスカルポーネアイスクリームに、ベリーソースを入れ、マスカルポーネチョコレートでコーティング
それをホワイトウエハースでサンドしてあります  


s500IMG_9360.jpg


甘酸っぱくていいね^^  


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(115)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

東山魁夷展と ひいらぎの鯛焼き [日常のなかで(Diary)]

前記事からの続きです   


s500IMG_8882.jpg


ワシワシ噛んで食べる蕎麦を味わった後は国立新美術館へ
この美術館はバイク駐輪場があるのでべすちゃんと来ることが多いのですが、今回は電車を利用
最初はべすちゃんと出発したのですが、思ったより寒くてUターン^^;(ちょいと薄着だったし)
何時もなら根性でそのまま乗ってしまうのですが、この連休はそうはいきません
連休後半は京都に紅葉撮りに行くのです
ここで風邪などひくわけにはいきませんからね
なので大事をとってべすちゃんと行くのは諦めました  


s500IMG_8885.jpg


東山魁夷展、会期は12月3日まで
12月の最初の週末だとメチャ混みでしょうから、この連休初日に行く事にしたのです 


s500IMG_8887.jpg


でも、この日も十分メチャ混みの領域でした^^;  

(以下作品画像はネットから借用した画像で、主に複製画のサンプル品です)

東山魁夷(月宵).jpg
<月宵>

会場にはいって最初に目を奪われたのが<月宵>
冴え冴えとした白い冬の月が照らす田、何とも言えない青みがかった色合いと包み込むような透明感
何とも懐かしい気持ちになって暫く絵の前から動けなくなりました
子供の頃、身近にこんな景色があったのです
懐かしい風景にちょっと感傷的なな気分

s500東山魁夷《残照》.jpg
<残照>

多くの絵に懐かしさを感じました
深い情感をたたえ、日本人の自然観や心情までも映した風景画
それが心の奥に響くのです
共鳴するような気持ち
実はこの感じ、京都は詩仙堂で紅葉を見た時にも感じました 


s500東山魁夷(花明り).jpg
<花明り>


展覧会は
1章:国民的風景画家
2章:北欧を描く
3章:古都を描く・京都
4章:古都を描く・ドイツ、オーストリア
5章:唐招提寺御影堂障壁画 間奏 白い馬の見える風景
6章:心を写す風景画
の6章に分けられています 


s500東山魁夷(年暮る).jpg
<年暮る>

東山魁夷の最大の特徴は独特な青(緑)の使い方
透明感のある澄んだ青
生涯全作品のうち、青系の色彩が多用された作品は1/3以上だとか
その青の風景が実に叙情的で幻想的なのです 


s500東山魁夷《緑響く》.jpg
<緑響く>

東山魁夷の作品と言えば、すぐに思い出されるのが白馬のいる風景
<緑響く>とか印象的な作品が多いですね
なので生涯にわたり描かれていたと思っていましたが、実は白馬は昭和47年の1年間しか描かれていないモティーフなのだそう 
この年に描いた作品は全部で19作ありますが、この19作全てに白馬が登場しているのです

s500東山魁夷《道》.jpg
<道>

5章の唐招提寺御影堂障壁画がまた見事でした
第一期は得意の「青」で表現した海景画と山水画
第二期は水墨画
桂林や揚州の風景ですが、人影はありません
水墨画を描いても徹底して風景のみ描き出すという方針はブレていないのです
湖上に浮かぶ小舟にも人は描かれていません
壁画をネットで探しましたが、部分のものしかありませんでした

s500東山魁夷《秋翳(しゅうえい)》.jpg
<秋翳>

青系以外の作品も
流石に秋は青ではありません
秋翳は群馬県利根郡みなかみ町の法師温泉で描いたそう
ますます法師温泉に行ってみたくなりました
シンプルな構図、でも、複雑な色彩
冬を目前に生命の限りを尽くし紅葉に染める山
その美しさに思わず溜息 


s500東山魁夷《冬華》.jpg
<冬華>

<冬華>、霧氷に覆われた半円形の大きな一本の樹を前面に、雪野原の鈍く光る太陽
白一色の夢幻的な風景
祇園の円山公園の枝垂れ桜と上空に輝く月を描いた<花明り>と同じような構図ながら趣が異なります 

s500東山魁夷《行く秋》.jpg
<行く秋>

<月宵>と共に気になった作品
落ち葉は寂しさを感じさせますが、黄金色の絨毯となると美しさと共に神々しさも感じます
何気ない風景の中に極楽浄土を垣間見たような気分


boeder-001.gif


さて東山魁夷展を観終えて何か甘いものでも・・・と思っているとLINEが
見ると上の娘からでした

”試験合格したよ 受験代と参考書代ありがとう” 

そう言えば資格試験を受けたいからと、受験代と参考書代をねだられたんだっけ
なんにせよ受かってよかった


”じゃぁ、鯛の尾頭付きを買って帰るから”と返信

”それは要らないなぁ ^^;”

いや、父ちゃんの言う鯛の尾頭付きと言うのは・・・・ 


zs500IMG_8891.jpg


鯛焼きなんだけれど^^;
合格>鯛の尾頭付き>鯛焼きって連想してしまい、この日の甘いものは鯛焼きに決定
六本木から近くて美味しい鯛焼き屋さんは・・・・思いついたのがここ
恵比寿にある鯛焼き屋さん、ひいらぎ  
まぁ六本木から帰る途中だからね
日比谷線を恵比寿で降りて、徒歩3分ぐらいかな


zs500IMG_8896.jpg


ここの鯛焼きは30分かけて焼く薄皮鯛焼き
これが滅法美味いんだ♪  


zs500IMG_8897.jpg


焼きは養殖焼き
焼き器がいっぱい並んでいます
きっと中はめっちゃ暑いのでしょうねぇ  


zs500IMG_8898.jpg


お土産分は箱詰めにしてもらいます
でも一匹は別にしてもらいました
勿論此処で直ぐに食べる為  


zs500IMG_8899.jpg


鯛焼きが一番おいしいのは焼きたて
箱詰め(袋詰め)で持ち帰ると皮が軟らかくなってしまって食感が落ちてしまいますからね
餡子だってアツアツのが美味しいし
レンジとオーブンを使って餡子はアツアツ、表面はカリッとした感じに温め直す方法もありますが、所詮は温め直し
食感は焼き立てには敵わない 


zs500IMG_8900.jpg


いっただきま~す
此処はお店の前に椅子がありますが、二人か三人しか座れません
で、立って食べるしかないのです
パリっとした食感の薄皮
パリパリ、カリカリ
それが割れると中からアツアツ餡子
甘過ぎず、かといって物足りない事も無く
ほっこりした甘さでいいバランス 


zs500IMG_8906.jpg


うううっ、美味い
餡子がぎっしり、尻尾まできっちり入っているタイプ
もう一個別にしてもらえばよかった
渋めの緑茶も欲しいな

鯛焼きの紙袋をぶら下げて
帰りは代官山まで歩いて、そこから東横線に乗りました

たいやき ひいらぎ
03-3473-7050
東京都渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス 1F
11:00~20:00 (売り切れ次第終了)
定休日 月曜日  


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpgs500hoshi .jpgs500hoshi .jpg  


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(110)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

山手のハロウィンデコと秋薔薇 [日常のなかで(Diary)]

ハロウィンケーキを食べ終えたら山手でハロウィンデコと秋薔薇撮り
べすちゃんと行くつもりでしたが、ある理由の為に電車で向かいます
山手の薔薇の前に、山下公園の薔薇もチェックしないとね
日本大通りで電車を降りたら海に向かって歩きます


s500_DSC_4436_15225.JPG


地上に出ると白馬にまたがったドラえもんがいっぱい
何事@@;) 
横浜マラソンのために道をクローズしたところだったようです
いやぁ、べすちゃんと来なくて良かったかも^^; 


s500_DSC_4451_15234.JPG


山下公園のローズガーデンに来るとどっしり重く甘い香りがいっぱい
香りが塊りで漂っています
春薔薇のような咽るほどの重さはありませんが、それでも十分に重く体にまとわりつくかのよう 


s500_DSC_4453_15236.JPG


二週間前はまだまだな感じでしたが、今はもう終盤
開きすぎた花ばかり
ちょっとアップには耐えられない感じ^^; 
先週に来るべきだったかぁ・・・・--;) 


s500_DSC_4454_15237.JPG


朝、ケーキを食べ終えた後で出かける準備をしていたら奥さんが

何処か行くの?

薔薇撮りに、ほらそのために二週間前にチェックしに行ったろ?

そうだね~、私はそごうかペペに買い物に行こうかな

(ほっ、付いてくるって言わないんだ 買い物に行くんだ)
ふぅ~ん、付いてこないんだ 残念だなぁ(棒
(よせばいいのに 調子に乗って)
一緒に来たら何か奢ってやるのになー(棒


奢りぃ!!!(° ꈊ °)✧キラーン キラーン 

ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ


s500_DSC_4481_15255.JPG


奥さんは奢りと言う言葉が大好きなことを忘れていました
でも買いものには行くそうで、昼頃に追っかけ合流すると  
そんな訳でべすちゃんと来られなかったのです
まぁ、横浜マラソンがあったから結果的にはべすちゃんと来なくて正解でしたが


s500_DSC_4482_15256.JPG


昼頃合流ならば午前中に山下公園と山手の薔薇を撮っておかないとね
奥さんと一緒だとじっくり撮れないから^^;
そう思ってファインダーを覗きますが・・・・どうも気が乗らない 


s500_DSC_4495_15262.JPG


空にはちょっと雲が多めだけれど陽射しがあって暖か
撮るよりもベンチに座って薔薇の香りの中でぼーっとしているのが気持ちいい
結局撮っていた時間よりもベンチに座って本を読んでいた時間の方が長かったくらい^^; 
サンドイッチとビールを入れたバスケットも欲しかったな
いや、そんなものがあったっらカメラ持たずに昼寝しちゃうかもねヾ(;´▽`A``


s500_DSC_4499_15266.JPG


ベンチでまったりしていたのですが、背後が何やら騒がしい
賑やかな音楽と拍手に結婚式なのかなと思ったのですが
でも式にしては随分と拍手が長く続くし・・・・  


s500_DSC_4531_15272.JPG


ああそうだ、マラソンやっていたんだ^^;
この地点はゴール3km前だそうです 


 


s500_DSC_4546_15284.JPG


そして坂を登って山手へ
イギリス館前のローズガーデン
咲いている薔薇はやはり少なめ
そして咲いている花は開き過ぎ 


s500_DSC_4559_15288.JPG


今年は秋薔薇とはタイミングが合わなかったようです
残念だけれど仕方ありません 
とりあえず一周巡って 


s500_DSC_4568_15295.JPG


その後はベンチに座って本の続き^^
可愛く賑やかな声に本から視線を外すと小さなお化けたちが追っかけっこ
お化けがいっぱい、眼鏡をかけた魔法使いもいっぱい
白雪姫も団体さん
お化けや魔法使いはハロウィンとして納得だけれど、白雪姫ってハロウィンに関係あったっけ?
ハロウィンは単なる仮装大会になっているような^^; 


s500_DSC_4575_15302.JPG


でも楽しそうだからいいか^^
山手の洋館はハロウィンデコで飾られます
そしてこの日はその洋館を巡るハロウィンウオークが開催されていました
ハロウィン仮装してスタンプカードをゲット、洋館その他で13施設のスタンプを集めるラリー
昨年は10万人の人出があったと某サイトに書いてありましたが、これは盛り過ぎじゃない???
山手に10万人居たら身動き取れないよ、多分^^; 


s500_DSC_4576_15303.JPG


いい加減お腹が空いた・・・・
朝からしっかり食べて、デザートは直径24cmのタルトの1/8カット
これだけ食べたから昼ご飯は要らないかもね 
そう言って出かけた自分ですが、昼になればお腹は空くもの
なかなかやってこない奥さんにちょっとイライラ
お腹が空いているから余計にイライラ^^; 


s500_DSC_4563_15291.JPG


LINEの着信音だ!
奥さんが到着したのを知らせたのだな
画面を見ると
”これからウチを出る”


ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ! 


s500_DSC_4579_15306.JPG


また本を読み始めて・・・
暫くするとまたLINE
”駅に着いた”  


s500_DSC_4599_15329.JPG


駅に着いたと言うものの、なかなか到着しません
何をやっているのかな???
”出口を間違えた 中華街に来た”

(ノ_ _)ノどたっっ 

もうお腹も空き過ぎて鳴りもしません^^; 


s500_DSC_4590_15318.JPG


ようやく合流
ではハロウィンウオークの人たちに混じって洋館巡り
ハロウィンデコ撮りに行きましょう
まずはローズガーデンを巡ってイギリス館へ 


s500_DSC_4606mc_15342.JPG


山手111番館に  


s500_DSC_4613mc_15351.JPG


山手234番館  


s500_DSC_4617mc_15358.JPG


今年のハロウィンデコはどの洋館のもちょっと地味に思えました
コストの関係かな
学祭にあるようなチープな素材のものもあって(リーズナブルな材料を使うのはいいけれど、チープさが出ちゃっているのはどうかと・・・・) 


s500_DSC_4619mc_15361.JPG


エリスマン邸  


s500_DSC_4628_15372.JPG


影が長くなってゆく時刻は好きなのです^^  


s500_DSC_4629mc_15375.JPG


ベーリック・ホール  


s500_DSC_4639mc_15395.JPG


お気に入りのドアに  


s500_DSC_4644mc_15403.JPG


此処に来たらこの窓は撮らないとね^^  


s500_DSC_4654_15421.JPG


うわぁ、フェルメールっぽい
この光の入れ方、青い服、ここをデコした人、絶対意識したでしょ~^^
自分も狙い過ぎてアンダーにし過ぎたけれど^^;  


s500_DSC_4660mc_15432.JPG


お化けの風船を持ってウロウロする小さなお化けちゃんたちが可愛くてね
見ていると凄く懐かしい気分になります
あんな頃もあったよなぁと思わずトオイメ==)  


s500_DSC_4663_15436.JPG


外交官の家  


s500_DSC_4672mc_15444.JPG


ブラフ18番館  


s500_DSC_4687_15471.JPG


山手の洋館の中ではこのブラフ18番館が一番のお気に入り
光の入り方が好みなのです  


s500_DSC_4696mc_15485.JPG


これで洋館巡りは終了
旧山手68番館を空腹のあまり忘れたのは内緒です^^;  


xs500IMG_8380.jpg


もうランチと言うには遅すぎる時間になってしまいました
ガッツリしたものだと夕飯が食べられなくなってしまいます

なので軽くPizzaで
石川町の商店街と元町の商店街の間を通るR16
そのR16沿いの石川町側にあるテイクアウトメインのPizza屋さん、045Pizza MYRO
イートインスペースはありますが、4席しかありません
空いていればラッキー♪  


xs500IMG_8365.jpg


窓口でオーダーし、会計を先に済ませるスタイル  


ys500IMG_8371.jpg


オーダーと会計を済ませてカウンターの奥席に陣取ります 
自分はエキストラチーズピザに生ビールをオーダー
奥さんはミックスピザに生ビールだったかな 
全部で1670円


ys500IMG_8373.jpg


まず麦酒が到着
おつりの札とコインを無造作に横に置いて・・・・洋画の一シーンを気取ってみましたが
ドル札じゃないと感じが出ないな^^;  


ys500IMG_8374.jpg


Pizzaも到着 
このPizza、もちっとした生地で結構ボリュームがあります 


ys500IMG_8377.jpg


辛いのが好きな方の為に^^;
どれが一番辛いのでしょうねぇ  


ys500IMG_8379.jpg


045ピザマイロ (pizza MYRO)
045-264-4045
横浜市中区石川町1-24-1
[火~金] 11:30~22:00
[土・日・祝] 11:30~19:00
定休日 月曜日 

この後は元町をのんびり歩きながら元町・中華街駅へ
こんな時刻に麦酒なんか飲んじゃうとね・・・・
中途半端に飲んじゃうとね・・・
飲み足りないってね
体が言うんだよね
なんて話をしながらぶらぶらと
元町で飲む?
でもオシャレな店ばかりだし
ワインの気分じゃないしなぁ
じゃぁ元町から離れて横浜だ


ys500IMG_8394.jpg


横浜駅で途中下車
北口から出てやってきたのは横浜商店、立ち飲み屋さん 


ys500IMG_8386.jpg


明るい時間に立ち飲み
この背徳感がいいですねぇ   


zs500IMG_8383.jpg


一応品書きを見ていますが・・・  


zs500IMG_8384.jpg


ハッピーアワーですからね、その中から選びましょう
ビールやハイボール、日本酒、芋焼酎、一部サワー、ホッピーが開店から19時までは200円
自分は芋のロック、奥さんは生ビールをオーダー 


s500IMG_8381.jpg

レバーにハツに砂肝、それにカシラを頼みました
喧嘩しないように各二本  


s500IMG_8382.jpg


帰ったら晩御飯ですからこれ位にしておきましょう
晩御飯作るのに飲んでいていいのかって?
今日は下の娘は模試で帰りは遅く、上の娘もバイト(飲食店でのバイトなので晩御飯が要らないのです) 
なので時間に余裕があるのです 


zs500IMG_8385.jpg


串焼きが来る前に一杯目はなくなって^^;
二人それぞれ同じものをおかわり  


zs500IMG_8387all.jpg


さらに同じものをおかわり、三杯で終わりにしておきます
全部で2460円

さるくんから言い出したから奢りだよね?

えっ、Pizza奢ったろ?この前のお茶した時も奢ったし
偶には奢りなよ
いつも”ごちそうさま” だと嫌われるよ


・・・・・仕方ない

(よっしゃ~(゚∇^d) グッ!! ) 

横浜商店
045-311-4788
横浜市神奈川区鶴屋町2-18-3
17:00~翌5:00


boeder-001.gif


飲んで帰る時はアイスがお土産
通称飲み会アイスを買わないといけません 

今度はさるくんが出して!

Σ(゜Д゜lll)エッ!?  


zs500IMG_8395.jpg


今回はこんな感じで 


zs500IMG_8397.jpg


自分はこれ
ちょっとサイズが小さくない?  


zs500IMG_8398.jpg


でも美味しかった^^
ベリーソースの酸味がいいね 


boeder-003.gif


”飲み会アイスさぁ・・・・”

下の娘が言います

”何故4個なの?二人とも飲んでいるから8個でしょ”

いやぁ、やはりそう思ったか^^;


m_emoji-1.gif


 


nice!(102)  コメント(31) 
共通テーマ:日記・雑感

山手洋館薔薇偵察の後はレトロな洋館でティータイム [日常のなかで(Diary)]

今日は何処か行くの?


最近、休日の朝に奥さんは必ず訊いてきます
鎌倉に行ってくる
展覧会に行ってくる
ちょっとバイクで出かける、行き先?風に訊いて^^
今日はオフ会♪
会社のクラブ活動
今日は休日出勤だしーー;)
ジムに行ってくる♪
etc,etc・・・
休日にウチに籠っているなんて勿体ないですからね
(休日でウチに居るのはスイーツを作るときぐらいかな^^;)

訊かれたら行き先を言わないといけません
出かけるつもりが無かったとしても、訊かれた瞬間に行き先を決め出かけるのです
そうしないととんでもないことになりますから
予定が無いと言うと奥さんはこっちの予定を勝手に決めてしまうのです
しかもそれが結構面倒な事ばかり
それを防ぐためにも出かける先を作らないといけません^^; 


s500IMG_7890.jpg


最近は行き先を言うと、ちょっとGocyaGocya言うようになりました
君も好きに出かければいいじゃん
そう言ってもあーだこーだ
そんなやり取りを一寸前の記事に書いたのですが
その時の まこさんのコメントで

"そのあたり地雷が潜んでいるかもよ~”

地雷かぁ・・・・--;)う~ん
その地雷という言葉が頭に引っかかっていたのか、この日曜日の朝のこと
山手に秋薔薇の偵察に行くつもりで用意していると何時ものようにGocyoGocyo言ってきました

”いつも出かけると言うとGocyoGocyoと・・・一緒に行きたいわけ? 一緒に行きたけりゃ一緒に行くか?”

(° ꈊ °)✧キラーン

(◎_◎;) ドキッ!!シマッタ!!!


一緒に出掛ける事になってしまいました 
奥さんと一緒だと気ままに動けないんだよね(;一ω一||)メンドクセ


s500IMG_7891.jpg


薔薇偵察だけならべす&ガンちゃんでスクーター街中ツー がいいのですが、元町で買い物とかもしたいようですので電車を使います
元町・中華街駅を出たら坂を登ってイギリス館前のローズガーデンへ
でも、まだ咲き始めであまり咲いていません
この感じだと見頃は月末、ハロウィンの日ぐらいでしょうか
この日、デジイチも持って出かけましたが、デジイチを出す気にもなれず今日はコンデジだけで


s500IMG_7892.jpg


薔薇の咲き具合を確認した後はイギリス館に入ってみます
ハロウィンの時期は山手の洋館はハロウィンデコになるのですが、そろそろ始まっているのではと期待したのですが・・・
ハロウィンデコは翌週末からスタートだそう
一週間早かったようです
ハロウィンデコはまだでしたが、それでも南瓜があったりしてハロウィンな雰囲気は醸し出していました  


s500IMG_7893.jpg


月末に薔薇撮り&ハロウィンデコ撮りに来ないとね  


boeder-001.gif


偵察のミッションを終えたらお茶
このまま山手を歩いてゆきます
奢ってくれるよね?と奥さん
奥さん曰く、”一緒に行こうと誘ったのはさるクンだから” 
そっ、そうだっけ?????
まぁいいや、お茶を奢っておいて、次の時にしっかり返してもらうから


s500IMG_7894.jpg


世界一美味しい・・・これまた強く出たね
凄く気になるけれど、奥さんに奢るには高過ぎるなぁ^^;  


s500IMG_7895.jpg


世界一美味しいモンブランをスルーしてやってきたのは此処  


s500IMG_7896.jpg


えの木てい  


s500IMG_7899.jpg


山手には大正から昭和初期にかけて建てられたレトロな洋館が今でもあちらこちらに点在しています
「えの木てい本店」もそんな洋館のひとつ 
流石に人気で席が空くまで15分ほど待ちました  


s500IMG_7903.jpg


テラス席ならすぐにでも座れるのですが、どうせなら洋館の中がいいですからね
レトロな雰囲気の中で紅茶とケーキを楽しむのがいい 


s500IMG_7909.jpg


ようやく店内にIN 


s500IMG_7911.jpg


店内はそれ程広くはありません
1Fがティールームで2Fがショップ  

s500IMG_7926.jpg

さぁ~て、何にしようかな♪

s500IMG_7929.jpg

限定の文字が誘ってきますが、流石にこれは予算オーバー^^;


s500IMG_7925.jpg


やっぱケーキセットかな 


s500IMG_7928.jpg 


いやいや、パフェも捨て難いし ーー)う~ん


s500IMG_7927.jpg


ケーキとパフェで悩みましたが、結局ケーキセット 


s500s500IMG_C1.jpg


s500s500IMG_C2.jpg 


s500s500IMG_C3.jpg


ケーキの種類が多くて、ここでも迷います^^;
決めるのにメチャ時間がかかる><q  


s500IMG_7913a.jpg


奥さんがチョイスしたのはレアチーズ  


s500IMG_7919b.jpg


自分は今日はタルトな気分
チェリーか  


s500IMG_7921c.jpg


洋梨か  


s500IMG_7924c.jpg


フルーツタルトか・・・・--)う~ん
最初に気になったチェリークラフティをチョイスしましたが
隣の席のお父さんが食べていた栗のミルフィーユがメチャ美味しそうでした
それも食べたかったな


s500IMG_7938.jpg


店内はいい雰囲気ですが、ちょっと窮屈なのが難点
もうちょっと広々としたレイアウトだったらもっと良かったのにね s500IMG_7929.jpg 


s500IMG_7940.jpg


ケーキセットの到着
紅茶がポットじゃないのは残念 

s500IMG_7942.jpg


奥さんのレアチーズ、結構大きいですね
ソースはブルーベリーで 


s500IMG_7941.jpg


自分のチェリークラフティ
しっかりした酸味がいいですね^^



えの木てい 本店 (エノキテイ)
045-623-2288
横浜市中区山手町89-6
11:00~19:00(L.O.18:30)  


boeder-003.gif


お茶の後は元町へ  


s500IMG_7950.jpg


奥さんがお店の中を見ている間は自分は外のベンチに座ってまったり 


s500IMG_7956.jpg


そして中華街を散歩  


s500IMG_7954.jpg


こんなのを見てしまうとお腹が空いてしまいます
冷凍小龍包を晩御飯用に購入
でも晩御飯まで腹の虫がおとなしくしてくれる保証は無くて・・・ 


s500IMG_7958.jpg

肉まんを食べちゃいましょう
でも一個500円の大きなサイズの肉まんは晩御飯がキツくなりそう
なので一個250円の小ぶりな肉まんにしておきます


s500IMG_7957.jpg


蒸かしたての肉まん、最高ですねー^^ 


boeder-001.gif 


m_emoji-1.gif


 


nice!(102)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

ガード下のRhapsody オヤジ聖地のガード下 [日常のなかで(Diary)]

まだ冬服に衣替えする前のこと
梅雨の頃に20年ぶりに会った懐かしい面々と飲み会をやったのですが、その時のメンバーから赤紙がやってきました
土曜日、渋谷に八時だって?そりゃ遅いなぁ(参加予定者のうち二名が仕事の都合でその時間からしか無理らしい)
そんな時間までおとなしくしているはずも無く、 大阪から出張で来ていた(彼は大阪へ単身赴任中)一人を拉致して0次会


s500IMG_7406.jpg


0次会と言っても渋谷で飲むのもねぇ
オヤジとしては渋谷は落ち着かない街
どうせ飲むなら落ち着ける場所がいいですね
そう、オヤジの聖地、新橋です
明るいうちから飲むのっていいね
背徳感も加わってより美味しく感じます

まずはガード下
電車の音を聴きながら飲むのってなんかいいんだよね 
とら八にIN
124席(うちテント席12席) と結構広いお店です


s500IMG_7417.jpg


ガタンゴトンと電車の音をBGMに麦酒で乾杯
(撮り忘れるとは、ブロガーとして何たる失態ーー;)


s500IMG_7408.jpg


頼むのは大抵煮込みと焼きとん 


s500IMG_7413.jpg


で、煮込み豆腐  


s500IMG_7414.jpg


味の染みた豆腐がね、また美味しいのさ
(^¬^)ジュル...


s500IMG_7412.jpg


煮込みには焼酎がいいかな
二杯目は黒霧のロック 


s500IMG_7416.jpg


タン、ハツ、カシラ が来るころには二杯目も空になったので三杯目も黒霧で^^
ガタンガタン・・・ガード下のRhapsody
電車の音を聴きながらだとついつい進んでしまいますね


とら八 新橋店
050-5869-3827
東京都港区新橋3-25-6
16:00~24:00(L.O.23:30)


s500IMG_7418.jpg


別のお店の煮込みも食べたくなったので店を変えます
ガード下から離れて、やきとんまこちゃん  


s500IMG_7420.jpg


ここは36席
ほぼ満席でした  


s500IMG_7419.jpg


品書きを見ていますが、どうせ煮込みと焼きとんしか頼みません^^;  


s500IMG_7431.jpg


飲むのも最初は麦酒で以降は芋のロックとワンパターン^^;  


s500IMG_7422.jpg


( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ
今度は忘れずに撮りました^^;  


s500IMG_7424.jpg


モツ煮込み豆腐入り
これが美味しいのさ♪  


s500IMG_7429.jpg


レバ、タン、ハツ、全てタレで
此処のは肉が大きいから嬉しい♪
一刻者赤のロックに変えて 


s500IMG_7433.jpg


そういえばハラミを頼んでいなかったね、と追加 


s500IMG_7432.jpg


追加したら焼酎が足らなくなってしまって・・・・おかわり^^;  


s500IMG_7434.jpg


焼酎お代わりしたらアテが足らなくなってしまって・・・・
何だかウチで食べるカレーライスみたいだ
食べ進むうちにご飯に比べルーが足らないとカレーを追加して
また食べ進むと今度はカレーが余る、ご飯が足らないとなってご飯を追加
そして次はまたルーが足らないとなって・・・・(最初に戻る)
際限なくなりそう
新たに頼んだのは”豆腐だけ”
モツ煮込み豆腐入りの豆腐だけバージョン 


s500IMG_7435.jpg


葱が繋がっていたのは御愛嬌^^;


まこちゃん からす森口店
03-3437-9174
東京都港区新橋3-20-8
[月~水]16;30~23:15(L.O22:45)
[木・金]16:30~23:30(L.O23:00)
[土・日]16:00~23:00(L.O22:30)  


s500IMG_7440.jpg


さして強くも無い癖に麦酒中生二杯に芋のロックを四杯も飲んだらすっかりいい気持ち
銀座線で渋谷に着いたら珈琲で一息つきましょう
キャピタルコーヒーにIN  


s500IMG_7442.jpg


アイス珈琲で酔い覚まし
(@_+ ) ヒック!  


s500IMG_7444.jpg


八時、待ち合わせの場所の鳥貴族へ 


s500IMG_7445.jpg


仕事だった二名は既に到着していました
この日子供の運動会だった一名は競技に出た疲れか体力が限界のため欠席 ^^;
お母さん、大変だねー
もう若くないんだから、無理はきかないね 


s500IMG_7446.jpg


自分たちは既に腹いっぱいなので、テキトーに頼んで~状態^^; 
全てお任せ 


s500IMG_7448.jpg


今日三度目の
(*^o^)_d[]☆[]b_(^-^*)  


s500s500IMG_Z1.jpg


二杯目は芋のロック
三杯目はリアルゴールドハイ^^; 
撮ったつもりだったんだけれどなー
食べ物しか画像が残っていないしーー;)
酒より食べ物が好きって事なのかな 


s500s500IMG_Z2.jpg


最後は酔い覚ましで烏龍茶を飲んでフィニッシュ
覚ましておかないと電車で乗り過ごしをやらかしてしまいますからね
早い時間なら兎も角、終電の時間で乗り過ごしをやらかしたら大変ですからね
元町からウチまで歩いたらどれくらいかかるのだろう・・・二時間半ぐらいかなぁ^^; 


鳥貴族 渋谷西口店
03-6452-5529
東京都渋谷区道玄坂1-7-1 第一渋観ビル 5階
P.M.5:00 ~ A.M.5:00 (LO A.M.4:30) 

丁度渋谷始発の電車がありましたのでそれに乗車
のんびり座って帰れます^^
でも乗り過ごしには注意しないとね

フワァァ(/ 0 ̄)~゚

(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

を繰り返して、日吉を過ぎたら寝ないように頑張ります
そして無事大倉山で下車
乗り過ごさなくて済みました
ひょっとしたら・・・日本酒を飲まなきゃ大丈夫なのかもね
日本酒は爆睡しちゃうから^^;

改札を出たらスーパーへ寄り道
飲み会の帰りはアイスを買うのが我が家のお約束
これを飲み会アイスと言っていますが、忘れると結構責められます
ハーゲンダッツの定番もの(チョコとストロベリー、抹茶にモカサンド)を購入


boeder-001.gif


飲み会アイスとして買ったものではありませんが
今日のオヤツで購入したハーゲンダッツ

zs500IMG_a7878.jpg

アリスの紅茶 クッキーを添えて
何だか凄く美味しそう
私を食べてって甘く囁く声が聞こえてきたような気がして思わず購入

zs500IMG_a7882.jpg

表面にはミルクソース
ピンクのハートはカシスです
カシスの酸味がいいアクセント

zs500IMG_a7885.jpg


その下の層はダージリンアイスクリーム
紅茶好きとしては嬉しい味
一番下の層はバタークッキーが入ったマスカルポーネアイスクリーム
クッキーの存在感があまり感じられなかったです
でもそれでいい
クッキーの主張が強いと邪魔に感じちゃうからね
 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


nice!(108)  コメント(31) 
共通テーマ:グルメ・料理

そうだ鎌倉、行こう。 彼岸花散歩 鶴岡八幡宮から瑞泉寺へ [日常のなかで(Diary)]

二つ前の記事の続きです 


s500_DSC_4093_14879.JPG


英勝寺の次は鶴岡八幡宮
彼岸花は池の周りにも咲いていますが、塀の外側の方が見事
数年前は沢山群れていましたが、ここ二年ばかりは何故かあまり咲いていませんでした
さて、今年はどうでしょうね


s500_DSC_4094_14880.JPG


まずはお参り
八幡宮の近くまで来てスルーなんてできませんからね 


s500_DSC_4095_14881.JPG


神苑ぼたん庭園裏手の塀の外側に来てみると・・・
おぉ!いっぱい咲いてる♪
今年はアタリの年のようです  


s500_DSC_4096_14882.JPG


お彼岸で彼岸花日和となったこの日
此処にもカメラをぶら下げた人たちがいっぱい
彼方此方でシャッター音を響かせていました
カメラにはバズーカ程ではないけれど大きなレンズ
皆さんアップ狙いなのかな  
でも、重そうだ


s500_DSC_4102_14884.JPG


そう、最近デジイチが重く感じるようになってきました
フルサイズが欲しいけれど、あまりデカイのもちょっと抵抗があります(お値段も高いデカイのはとても買えませんが)
なのでミラーレスが欲しいのですが、なかなか踏ん切りがつきません


s500_DSC_4104_14885.JPG


NIKONが出していないし・・・・ってことを理由に、まだ購入ははやいと自分に言い聞かせていたのですが 
NIKON、ミラーレスを出しちゃったし^^;
買えってこと?でもね、マウントまで変えてしまったからレンズも一から買い直し 


s500_DSC_4105_14886.JPG


レンズを一から買い直しならばNIKONに拘る必要もないかな
じゃぁ、どうしよう
買うアテも無いのに喧々諤々、もう一人の自分と討論会 


s500_DSC_4107_14888.JPG


予算が確保できるまで討論会を楽しみます^^;
それに出始めのロットを買うと、いろいろありそうだし
こなれてからの方がいいからね(そう自分に言い聞かせてグッと我慢) 


s500_DSC_4108_14889.JPG


ゆっくり鶴岡八幡宮の彼岸花を楽しんだ後はランチ(前々記事を参照)
そして瑞泉寺に向かいます   


s500_DSC_4111_14892.JPG

でっもその途中にどうしても寄らないといけないところがあります
近くに来たら此処にお参りをしないとね
そこは・・・


s500_DSC_4120_14897.JPG


天神様
荏柄天神です
下の娘が受験生ですからね  


s500_DSC_4115_14893.JPG


親としては塾代出す事と、お参りぐらいしかできないから
あとは本人の根性^^ 

荏柄天神で下の娘の根性の成果が出る事をお願いして
その後は瑞泉寺へ 


s500_DSC_4124_14899.JPG


根性と言えば、毎年見るのを楽しみにしているのがこのど根性彼岸花
毎年、必ずこの場所に咲いています
隙間から咲くこの根性に感心します
でも・・・彼岸花って球根ですよね
この隙間から入らないし
石が積まれる前の元々土の中にあった球根から隙間を探して外に出たのでしょうか
何れにしても凄い根性だ 


s500_DSC_4125_14900.JPG


隣の部屋で勉強している下の娘
時々問題を聞きに来ます
でもね、正直言って解りません^^;  

s500_DSC_4131_14905.JPG

中学ぐらいなら兎も角、高校の内容になると流石に忘れました^^;
これ、どうやって解くんだっけ???状態


s500_DSC_4126_14901.JPG


この前は図形の問題で、”これの答えが√3/2になる理由が解らないけれど”
と言いながら問題を差し出しますが・・・・

うっ、解らない(*´・д・)φ.....ヮヵラ冫

でも解らないのは悔しい
図形ならイメージつきやすいしと図を書きながら頑張ります
あーだ、こーだ、此処が2で√3で、だからここが、でrが・・・ 


s500_DSC_4130_14904.JPG


あっ、できたぁ~ 、√3/2になるよ、ほらっ

オネンネ(人-ω-。)ZZz

オマイ、父ちゃんの布団に入って何故寝てる?--;)
まぁ、教えてもらおうと思って来ているわけじゃなく、解らないって愚痴りに来ただけなんだね^^; 


s500_DSC_4136_14906.JPG


図形問題ならまだいいけれど数式問題になると最早降参
で、自分はカンニング^^;
ググります 
今の時代、凄いね
解らない問題の数式をググるといっぱい回答が出てきます
そのなかで説明が解りやすそうなのを選んで読んで (・0・。) ほほーっ
そうだそうだ、こういうのやったなぁ==) 


s500_DSC_4139_14909.JPG


で、自分がカンニングでググり調べている間は時には布団に入ったり、時には膝枕に寝ころんだり
やっぱり休憩しに来ているんだ^^; 


s500_DSC_4155_14916.JPG


まぁ、もう解き方なんて忘れてしまったね
そういえば数年前の大掃除の時、学生時代の線形代数やら微積分やらのノートが出てきたのですが・・・・
全く理解できなかったです^^;
自分で解いたはずなのにね
何故こんなのが解けたのだろうって^^;  


s500_DSC_4156_14917.JPG


下の娘が休憩に来るのは何時も数学の問題と一緒
それ以外の教科は最近は持ってきません
恐らく、数学以外は父ちゃん白旗降参だって解ったから^^; 
XXXXXで〇〇〇で・・・と、解らない名称がいっぱい出てくるから
聞いた事あるようなないようなその名前、何だったっけ???


s500_DSC_4163_14922.JPG


で、下の娘から説明を聞いて
( ̄。 ̄)ホーーォ
もう完全に忘れています 


s500_DSC_4165_14923.JPG


そういえば自分は記憶問題が大の苦手だったなぁ^^; 
いまだに記憶は苦手
人の顔と名前をなかなか憶えないし 


s500_DSC_4170_14926.JPG


こんな感じで休憩がてら自分の部屋に来るのです
でも先日は休憩ではなくて、真夜中に鳴った緊急地震速報に驚いてこっちの部屋にやってきました
真夜中にあんなの鳴ったらそりゃ不安だ 


s500_DSC_4173_14929.JPG


で、自分の布団に潜りこんで・・・・
一緒に地震を待ち構えましたが

揺れないし??? 

朝まで待っても揺れないし(どれだけ待つんだ^^;)


s500_DSC_4182_14936.JPG


誤報かよ、迷惑な、こんな真夜中に・・・・ぶつぶつ
(実際は揺れたようですね、震度1だったけれど)  


s500_DSC_4191_14939.JPG


根性ってところからまた話が脱線してしまいました^^; 
どうも最近脱線が多いです
睡魔と闘いながらタイプするせいかな
ジムに行った日は睡魔が凄いのです 
それに食欲も^^;


s500_DSC_4196_14942.JPG


最近、ちょっと食べ過ぎです^^; 


s500_DSC_4207_14952.JPG


そうそう瑞泉寺^^;
その魅力は人の少ない所
静かさがいいのです


s500_DSC_4212_14956.JPG


ぐるりと一周したあとは藤棚の下のベンチに座って風と虫の音を楽しみます 
これが凄く心地いい
ずっと座っていたいのですが、いつの間にか羽音がまとわりついてきて
蚊、刺されるのは別にかまわないのですが、刺されたあとで痒くなるのは嫌なもの
思わず飛ぶ蚊を手で掴んで・・・ 


s500_DSC_4218_14960.JPG


いやいや、お寺で殺生するのもなんだしなぁ・・・
握った手を開きましたが既に星になっていました
秋ですから気温も低くなってきて蚊もクイックに逃げられなかったのでしょうね  


s500_DSC_4220_14961.JPG


三時半、そろそろ帰りましょう
東慶寺から明月院、寿福寺、英勝寺、鶴岡八幡宮、荏柄天神に瑞泉寺、結構楽しめた一日でした 
このまま江ノ電に乗りたい気分もありますが、それはまた今度 ^^


s500_DSC_4224_14962.JPG


ZZRは車検、8日にショップに持ってゆくのですが・・・・
勤務先のバイク部の活動で白馬へ泊まりツーの企画が持ち上がりました
その前日までに車検が仕上がればいいのですが、どうだろうーー;)う~ん


s500_DSC_4137_14907.JPG


もし仕上がらなかったら、べすちゃんで白馬へ???
それは痺れます^^;
平地で最高速は88㎞/hのべすちゃん 
高速道路だとひたすら全開
短時間ならともかく、白馬までずっと全開は無茶過ぎるーー;) 


s500_DSC_4226_14964.JPG


ツー前日までに仕上がることを祈るしかないなぁ
仕上がるのなら休みとって引き取りに行こう^^  

boeder-001.gif

歩き回って疲れた時は甘いもの

s500IMG_6942.jpg

イタトマでアイスティーとフルーツカクテルタルト


s500IMG_6944.jpg

サッパリした甘さ、グレープフルーツの苦みが強かったな


boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(96)  コメント(33) 
共通テーマ:グルメ・料理

そうだ鎌倉、行こう。 彼岸花の英勝寺 [日常のなかで(Diary)]

英勝寺にやってきました
何時もは通用門から出入りするのですが、特別な時期は惣門から出入りすることができます
やはり惣門からの出入りの方が気分がいい
通用門からだとね、なんだか御用聞きに来たみたいだ^^;
(今時御用聞きなんてまだあるのかな)


0s500_DSC_4079_14869.JPG


門前には鬼 
いつもそこに立っているのではなく、何処からか出張してきているようです
手には数珠、木槌を持っていましたが、さてさてこの鬼君、どういう鬼なのでしょうね
鬼の割りには強そうじゃないし、折れた角が何やら曰くありげな


1s500_DSC_3975_14776.JPG


英勝寺は、現在鎌倉に残っている唯一の尼寺
江戸時代には水戸徳川家の姫が代々住職をつとめてきた歴史を持ちます
此処も花の寺としても知られ、秋は彼岸花
なかなかのボリュームです  


1s500_DSC_4010_14810.JPG


この時期は芙蓉も綺麗に咲いています
でも芙蓉は撮るのが凄く難しい
花の質感がうまく撮れません
今回も彼方此方で芙蓉を撮りましたが、アップで撮ったものは全滅でした><
どうやっても飛んでしまうのです・・・・--;) 
でも、飛ばないレベルだとアンダー過ぎて 

s500_DSC_3972_14773.JPG

彼岸花は境内の彼方此方で咲いていますが、群れているのは塀の前の散策路
そこは赤い絨毯
この日はお彼岸、そして三連休の中で唯一天候がいい日

2s500_DSC_4006_14806.JPG

この日しかない
皆、思う事は一緒のようで散策路は混んでいます
散策路を普通に散策している人より、カメラのファインダー越しに彼岸花を見ている人の方が多い
いや、殆どがそう^^;


s500_DSC_3978_14779.JPG


この日、満開の彼岸花
やはり彼岸花の見頃はお彼岸の時期なのですねぇ 


s500_DSC_3986_14787.JPG


何の音だろう
今、鎌倉の彼岸花の記事をホテルの部屋でタイプしているのですが、窓の外がかなりうるさい 
どうやら風の音のようです(今回の出張は静岡は藤枝)
昨晩は台風24号が通過しました
今日は台風一過で凄くいい天気でしたが、台風の余波で風が強い
夜になっても風は強いまま
音が気になってタイプが進みません 


s500_DSC_3990_14791.JPG


昨晩は通過する台風の強い風に窓ガラスが揺らされ、その音によく眠る事が出来ず
ようやく寝られたと思ったら朝
寝不足状態で体の重い一日でした  


s500_DSC_3994_14795.JPG


24号を追走する形で25号も来ているとか
今年は台風の当たり年なのですかねーー;)
また休日に来るのは止めて欲しいな
そうかといって平日に来られるのも仕事のスケジュールが大変だから嫌だけれど・・・・^^;  


s500_DSC_3996_14797.JPG


昨日,台風が接近中でしたが前記事にも書いたように奥さんに強制連行されました
まずは下の娘の通う高校の文化祭と映画を見に行ったのです
まず最初は高校の文化祭
高校の文化祭は懐かしい気分になりますね
娘のクラスはフランクフルト屋さんでした
食券の購入が面倒で何も食べなかったけれど^^; 


s500_DSC_3999_14800.JPG


屋台には下の娘の姿は見えません
どうやら今はお店担当の時間じゃないようです
下の娘に何処にいるのかとLINEを送る奥さん
いや、そんなの送ったって・・・・無駄だって
こっちを見かけたら全力で見つからないように逃げるよ^^l; 


s500_DSC_4002_14803.JPG


逆にこっちがこっそり見つけて、そーっと背後に付いて脅かしてやろう・・・・なんて考えながら下の娘を探します
目印はクラスおそろいのTシャツ
フランクフルト屋さんのTシャツを探しますが、これがなかなか見つけ辛い  


s500_DSC_4003_14804.JPG


いないなぁ
外じゃなく、校舎の中でいろいろ見て回っているのか?
でも校舎のなかでも発見できず
つまらないなぁ、そぉ~っと背後に立って脅かそうと思ったのにーー) 


s500_DSC_4008_14808.JPG


と、外に出て見回しても見つけられず
探すのを諦めてふと気が付くと背に何やら気配が??? 

何っ?驚いて振り向くと下の娘がピタッと背後に
うむむむ・・・やられた
背後を取られるとは何たる不覚、全く気が付かなかったーー;) 
同じ事を考えていたとは・・・・ 


s500_DSC_4015_14815.JPG


脅かすつもりが脅かされてgame over
文化祭はこの位で切りあげて映画館に向かいます
台風が接近中ですから遅い時間の上映に入る訳にはいきません
早く行って早く帰らないとね、電車が止まったら大変ですから  
行きやすさ、帰りやすさを考えて東横線沿いの映画館を探します


s500_DSC_4019_14819.JPG


午後イチの上映時間で探すと相鉄ムービルがHIT 
横浜駅を目指してGO!
まっ、横浜駅なら昼ご飯先を探すのも楽
みなとみらいエリアとかだとランチ行列に付き合わないといけませんからね
時間が無いからランチ行列には付き合えません 


s500_DSC_4032_14829.JPG


横浜駅に着いたらまずはランチ
行きたかったステーキのお店の前に奥さんを誘導して、これにしようとリクエスト 
難色を示した奥さんでしたが・・・1680円のステーキとハンバーグのセットならばいいと言うので決定
本当は本日のサービス品となっていた2500円の1lb(450g)のサーロインステーキが良かったけれど仕方ありません 


s500_DSC_4042_14838.JPG


自分はハンバーグとサーロインステーキのセット
奥さんはローストビーフ丼をチョイス
奢りの肉って何ておいしいのだろう~♪
(詳細は別記事で^^)  


s500_DSC_4046_14841.JPG


奥さんの趣味に合わせて見た映画は”検察側の罪人”
観終えた後のスッキリ感が無いのは自分の好みじゃないけれど
奥さんの奢りですからね^^ 
(上の娘曰く、お父さんは元気なおっさんが走り回って撃ちあっている映画が好きなんでしょ  ^^;だって終わった時にスッキリ感があるから) 
奥さんと二人で映画なんて、そういえば初めてかも


s500_DSC_4048_14843.JPG


映画を観終えた後は土砂降りを覚悟していました
でも外に出ると雨は降っていない
風もありません
ただちょっと蒸し暑いぐらい  


s500_DSC_4051_14846.JPG


これなら今すぐに電車が止まることもないだろうとお茶をすることに
これも奢りで・・・と思ったのですが、それは失敗
奢らされることになりました
(´・ω・`)ショボーン
(詳細は別記事で)  


s500_DSC_4052_14847.JPG


奢らされましたが、その代り給食当番は免除(だって疲れたから)
かつ、自分の好きな惣菜を買って帰ると言う内容で手を打ちました
この日の晩御飯は何になったかと言うと・・・
コロッケ^^;
コロッケが好きなのもあるけれど、台風だからね 
ポテトコロッケにクリームコロッケ~♪ 


s500_DSC_4053_14848.JPG


鎌倉の彼岸花の記事なのに話が横道に逸れまくってしまいました^^; 
余程奢りのステーキが美味しかったんだね 


s500_DSC_4058_14852.JPG


英勝寺は境内の奥に広がる竹林も魅力的
竹林に面して立つ書院は緑に染まり、趣のある姿を見せてくれます
この日、竹林と書院の間に赤い傘があったのですが、そこのは
”撮影用ではありません”と書かれた札がぶら下がっていました
でも。。。。何のためにあるのだろう
この下で茶を飲めるようになっているわけでもなく
特に使い道があるように見えないのですが
尤も撮影用に使える場所でも無さそうだけれど 


s500_DSC_4071_14864.JPG


竹林、落ち着きますね
サラサラと音を奏で、木漏れ日がきらめく竹林
一歩足を踏み入れば、静けさと清涼感に包まれ、心が洗われるようです  


s500_DSC_4076_14867.JPG


英勝寺の彼岸花を楽しんだ後は昼ご飯
次の目的地は鶴岡八幡宮~瑞泉寺
その途中となると小町通りとなるのですが・・・でも小町通りは凄い混雑でしょうから無理
それに蕎麦が食べたいと思い、鶴岡八幡宮の近くの蕎麦屋さんに行きましたが凄い行列
仕方ありません、もっと離れましょう
鶴岡八幡宮から離れ鎌倉宮の方まで行けば空いているはず  


boeder-001.gif


そんな訳で昼ご飯の前に鶴岡八幡宮に寄って彼岸花撮り(画像枚数の関係で次記事に記載)


zs500IMG_7541.jpg


その後は鎌倉宮まで行って蕎麦屋さん宮前に入ります(既に記事にしています) 


zts500IMG_7527.jpg


流石に三連休、この場所でも混んでいました
でもカウンター席はフルに空いています  

zus500IMG_7525.jpg

初めての訪問ではありませんから”モリ・カケ”に拘りません
天麩羅蕎麦かな鴨南蕎麦かな♪
でも折角電車で鎌倉に来たのですから飲みたいところです
飲むのなら温かな蕎麦より冷たい蕎麦がいいかな
(蕎麦前で飲んで〆で蕎麦を頼むほど時間が無いのです)


zus500IMG_7522.jpg


飲むのであれば鰊おろしか天セイロかで悩みます 
悩んだ末・・・・天セイロで 


zus500IMG_7524.jpg


純米酒を冷や(常温)でオーダー 


zus500IMG_7529.jpg


まずはお酒
天セイロの天麩羅だけを先に持ってきてもらえばよかったな^^;
ちびりちびりと飲みながら天セイロを待ちます  


zus500IMG_7531.jpg


天セイロの到着  


zus500IMG_7533.jpg


天麩羅で一杯~♪  


zus500IMG_7537.jpg


天汁は薄味 
吟醸の方が合いそうです 


zus500IMG_7534.jpg


蕎麦でも飲みましょう
季節柄あまり香りは無いですが、これは承知の事^^; 
喉越しがスッキリと感じなかったのは飲みながら食べていたせいでしょうね(蕎麦を食べるまでに時間がかかってしまったから)


zus500IMG_7532.jpg


汁は辛口
円やかさよりもエッジがしっかりしたシャープな味わい
濃い目で蕎麦を汁に浸ける割合の算出が難しいです
汁の旨味も辛さ(濃さ)に沈む感じで、ちょっと好みとは逆位置の味わいでした 


zus500IMG_7539.jpg


蕎麦湯をいただいて後味スッキリ
 
この後は荏柄天神から瑞泉寺へ
つづく・・・・ 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(91)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

そうだ鎌倉、行こう。 彼岸花散歩で北鎌倉 [日常のなかで(Diary)]

お彼岸の日曜日のこと、彼岸花を楽しもうと久々の鎌倉散歩 


s500_DSC_3908_14734.JPG

この夏は暑さに負けて鎌倉散歩を休んでしまいました
暑さ寒さも・・・・って言葉もあるように彼岸あたりで涼しくなってくるもの
鎌倉散歩、再開です^^


boeder-001.gif

鎌倉の彼岸花といえば自分は英勝寺と瑞泉寺が真っ先に頭に浮かびます
でも久々の鎌倉散歩ですから北鎌倉も歩きたい


s500_DSC_3809_14657.JPG


朝ごはんの後、すぐにウチを飛び出します
今日はべすちゃんではなく、電車で鎌倉に行きましょう
この季節は歩くのがいい
何故って、金木犀の香りを楽しむために
(バイクで北鎌倉に行くときは駅前の駐輪場に駐車します)
 


s500_DSC_3815_14663.JPG


玄関から出た瞬間からふわっとした甘い香り
香りを楽しみながらゆっくり歩いて駅に向かいます
やはりこの季節は徒歩だね♪
バイクで移動だと香りがあまり楽しめないですから
ヘルメットがフルフェイスなのもあって^^;


s500_DSC_3819_14667.JPG


横浜駅で東横線から横須賀線に乗り舞えて北鎌倉へ
ホームに降り立った瞬間にふわっと香る金木犀の甘い香り
ウチの近所の金木犀の香りより強く感じます
何時もは明月院からスタートするのですが、今日は東慶寺からスタートする事にしました
なので線路を渡って東慶寺に向っていると・・・・見覚えのある後ろ姿
mozさんでした^^
天気予報では土曜日と月曜日は曇り
唯一、晴れマーク(雲マークと一緒の晴れマークでしたが^^;)が出ていたのが日曜日
この日しかない
皆、考える事は一緒のようです^^;


s500_DSC_3820_14668.JPG


”おはようございます”
mozさんを追い抜いて先に境内に

s500_DSC_3840_14683.JPG


今の時期の東慶寺、シュウメイギクもステキです
日本原産ではなく、古い時代に中国からやってきて、野生化したものだそう
アネモネの仲間で英語ではJapanese anemoneと呼ばれます
中国から来たのにJapaneseなんだ^^;

s500_DSC_3848_14690.JPG

そして彼岸花
北鎌倉の彼岸花は以前より少なくなっているように思います
東慶寺だけでなく明月院もそう
群れて咲いていたはずの場所は、ここ数年は寂しげに数本咲くだけ
彼岸花ではお気に入りだった円覚寺も同じ
少なくなってしまって、更に円覚寺には黄色い彼岸花も咲いていたのですが、今は見つけられません
黄色い彼岸花が見つけられなくなってからは行かなくなってしまいましたーー;)
北鎌倉の彼岸花が少なくなってきている?
それともたまたま来たタイミングが悪いだけ?

s500_DSC_3851_14691.JPG

いつの間にか撮るよりものんびりと穏やかな気分を楽しむ自分がいます^^
やはり北鎌倉はいいですね
落ち着きます
頭痛もすーっと引いていくかのよう(まだ頭痛が続いていて・・・・^^;)


s500_DSC_3822_14670.JPG


頭痛は天候のせいもあるのかも
今日(記事をタイプしている日)も結構痛い
台風が近づいているからなのかな 


s500_DSC_3827_14675.JPG


明日日曜日、台風が来るのに出かけるのも頭痛のタネ
それは数日前の事・・・・  


s500_DSC_3844_14686.JPG


さるく~ん、ちょっとぉ

ん?

話しがあるのだけれど

 (;゜゜)ハッ! 嫌だ! 断る! その気はない!

まだ何も言っていないけど (;._.)ヾ(ーー;)凸


いやぁ、絶対よからぬことだと^^; 


s500_DSC_3846_14688.JPG


実はニノの映画を見に行きたくて、上ちゃんを誘ったけれど行かないって言うし
下ちゃんは受験生だし
お父さん誘えばいいじゃんって言うから^^;

ふぅ~ん、じゃぁ行ってもあげてもいいけれど
ご飯とお茶をよろしく

何故私が払わないといけないの
映画代は私が出すんだから

映画代は当然でしょ
俺が見たいという映画でもないんだし
嫌なら行かないよ~^^

と、日曜日に行く事になったのです(土曜日は休日出勤でした)
でも日曜日は台風が来る感じ
これじゃぁ行かれないなぁ ^^; 


s500_DSC_3863_14701.JPG


そして昨日の事

さるく~ん、下ちゃんの高校、この週末は文化祭なんだって
最後の年でしょ、行かない?

天候次第かな(そうか、映画は諦めたんだ^^;) 


s500_DSC_3865_14703.JPG


そして今日

さるく~ん、日曜日は文化祭行くでしょ

だって台風が・・・・

雨が激しくなるのって夕方から夜半過ぎだって
だからアサイチで行けば大丈夫よ

そうか、じゃぁアサイチで行くか
結局映画は諦めたんだよね

????どうして?

どっ、どうしてって?だって台風が@@;)  
それに文化祭に行くって・・・


s500_DSC_3868_14706.JPG


アサイチで文化祭に行って、その後映画に行けばいいじゃん
雨が酷くなる前に帰ってくればいいから


・・・・・ ( ゚д゚)

それってお茶とかご飯が無しって事????ーー;)
しかも台風のスピード次第ではとんでもないタイミングになるかもしれないのに
それでも行くんだ(゚A゚;)ゴクリ 


s500_DSC_3869_14707.JPG


映画を見ている間に電車が止まったらどうしよう・・・・
暴風雨のなか歩きたくない~><
無事帰って来られるのかなぁーー;)  

boeder-001.gif

しかし・・・台風
しかも威力が半端無いと言われてるのに映画に行くとか
どこまで怖いもの知らずなのだろう


s500_DSC_3871_14709.JPG


お茶とご飯、凄く美味しいのじゃないと割に合わないな
行かないと言う選択は無さそうだしーー;)う~ん  


s500_DSC_3938_14751.JPG


台風だと言うのに、あまりの強者思考
怖いも知らずなのか、何と言うか
普通はウチで大人しくしているものと思うけれどなぁ


s500_DSC_3879_14716.JPG


頭痛から話が逸れてしまいました^^; 
東慶寺の後は明月院へ
迎え花に芒
翌日は十五夜ですからね  


s500_DSC_3889_14725.JPG


そして明月院に来たからには丸窓は外せません
この日は丸窓の縁側に入れたのですが、この後彼岸花を求めて彼方此方まわらないといけませんから時間がありません
なので部屋にはあがらずにおきます
一旦丸窓の縁側に座ってしまうと、その心地よさに根が生えてしまいますから


s500_DSC_3910_14735.JPG


丸窓の縁側、風が心地いいのです
頬を撫でていく風、谷戸を渡る風の音、鳥の囀り
そこに座していると時間を忘れてしまいます 
縁側に行きたい気持ちを抑えるのは大変でした^^; 


s500_DSC_3916_14738.JPG


後は何時のように散策
やっぱり此処、明月院は落ち着くな 
久しぶりだから余計そう思います 


s500_DSC_3934_14748.JPG


明月院の彼岸花も楽しまないとね  
大きな群生は無いですが、こじんまりと楽しめます  

s500_DSC_3925_14744.JPG

地蔵さんも秋の花


s500_DSC_3949_14757.JPG


そして明月院散策の最後に笑月軒でお茶を飲むのもお約束
陣取るのは何時ものように水琴窟の前 
ここに座って水琴窟の音を楽しみながらお茶を飲むのが好きなのです 


s500_DSC_3952_14758.JPG


どこまでも透明な音色を楽しみながら
お菓子は何時もいっしょ、いずも三昧
落雁、餡子、求肥の三層構造のお菓子です  


s500_DSC_3917_14739.JPG


明月院の後は英勝寺に向かいます


s500_DSC_3936_14750.JPG

長寿寺の横の細い道、亀ケ谷切通しから横須賀線の煉瓦造りのガード下を通って
でも一旦通り過ぎて寄り道


s500_DSC_4090_14876.JPG


寿福寺の参道を歩きたくて
この参道、いい雰囲気ですからね  


s500_DSC_4092_14878.JPG


ただここは非公開、中には入れません 

つづく・・・・
次記事は英勝寺です 


boeder-003.gif


鎌倉に行く前に横浜駅のBECK’Sでお茶 


s500IMG_7268.jpg


レモンティーシフォンとアイスティ  


s500IMG_7269.jpg


紅茶風味のしっとり生地にレモンを添えて、レモンティーを表現したシフォンケーキだそう
でもシフォンのわりにはふんわり感が足らないような
クリームもさっぱりし過ぎだなぁ  
まっ、値段を考えれば仕方ないか^^; 

boeder-001.gif


m_emoji-1.gif


nice!(108)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

お彼岸前に彼岸花偵察 横浜・新羽 西芳寺 [日常のなかで(Diary)]

朝、風はふわりとした甘い香りを僅かに含んで鼻を擽ります
うん、秋だ^^
金木犀、花がどこにあるのか、遠くから風に乗りやってくる甘い香りに感じるのは秋
記録的な猛暑だった今年の夏
このまま秋は来ないかもと思うほどの暑さでしたが、ちゃんと秋はやってくるのですね

0s500_DSC_3678_14570.JPG

秋、九月
お彼岸の頃に咲く花としてイメージするのは彼岸花
不思議なことにちゃんとお彼岸にピークになるように咲いてくれるのです
お彼岸に合わせて鎌倉の英勝寺に彼岸花を撮りに行こうと考えてはいるのですが、ちょっとモヤモヤ気分

0s500_DSC_3798_14649.JPG

何故ならば今年はどの花も妙に早く咲いてしまっているから
彼岸花も早く咲いてしまうかも
でも・・・彼岸花は何時でもお彼岸に合わせるように咲くし、まるで暦を知っているかのように
早いかな、いつも通りかな・・・・--;)う~ん
そんな事を考えていた、お彼岸の一週間前の三連休のこと
Σ(・o・;) ハッ! じゃあまずは近所で彼岸花の咲き具合を偵察してくればいいじゃないか 


0s500_DSC_3801_14650.JPG


そんな訳で向かったのは新羽の西芳寺
彼岸花が有名なお寺です
新横浜から地下鉄二区ですから歩いてもいいですが、時間短縮でべすちゃんの出動
遅くなると混むかもしれないからね


0s500_DSC_3802_14651.JPG


八時半に到着
さて彼岸花は・・・・
参道の左右には赤い彼岸花
ピーク時には赤い絨毯のようになっているはずですが・・・・まだアスパラ状態のがほとんど

1s500_DSC_3780_14633.JPG

石段の左は白い彼岸花が埋め尽くし、右は黄色い絨毯になるはずが・・・白は殆どがアスパラ状態で黄色はまだらだし^^;
ちょっと早かったようです  


2s500_DSC_3687_14575.JPG


それでも参道入り口に少し赤い彼岸花が咲いていました
咲いたばかりの初々しい彼岸花
艶々の綺麗な赤 
石段の下側にも咲き始めた白い彼岸花
妖艶なイメージの彼岸花が清楚に見えます^^


3s500_DSC_3697_14585.JPG


山門を潜って正面は茅葺きの本堂
西方寺はおよそ800年前に鎌倉に創建され、500年前にこの新羽の地に移ってきたお寺だそう
 


s500_DSC_3690_14578.JPG


山門入って左側に赤い彼岸花が群れているところがあるのですが、そこはあまりにも陽当たりが良すぎる場所
花が焼けてしまっています
陽当たりがいい場所なので満開状態ではあるのですが、焼けた赤にちょっとガッカリ 


s500_DSC_3692_14580.JPG


でもいい感じで咲き具合を確認できました 
鎌倉の英勝寺はやはり翌週のお彼岸にあわせて行くのが良さそうです
(で、翌週の三連休に鎌倉へ彼岸花撮りに行ってきましたが、丁度いいタイミングでした) 


s500_DSC_3694_14582.JPG


この後、なんだかんだと昼頃までお寺でのんびり過ごしました  
鐘楼堂の前のベンチに座ったら風の心地よさにすっかり根が生えてしまったのです
ただ座ってぼーっと空を眺めて
こういう穏かさ、いいな


s500_DSC_3702_14590.JPG


鐘楼堂の前には黄色い彼岸花  


s500_DSC_3718_14605.JPG


そして彼岸花と言えばクロアゲハ
ひらひら舞う姿を見ていると思わず撮ってしまいます
でもベンチに座ったままで^^; 


s500_DSC_3719_14606.JPG


こんな感じで昼までまったりと^^  


s500_DSC_3720_14607.JPG


で、お腹が空いたのでウチに戻ります
外食でもいいのですが、ほら、2000円のランチが続いてお小遣いがショート気味なので^^;
昼ご飯の後はAudi君を車検に持ってゆきました
毎回、車検が近づく度に自分で車検を取ろうと思うのですが・・・・
なんだかんだと手付かずのまま期限が近付いてしまうのが毎度のパターン
で、今年も自分で取るのは諦めました 


s500_DSC_3724_14608.JPG


前回からDには持って行かず、近所にあるAudiのチューニングショップでお願いしています
AudiのDと違ってオシャレなショールームは無いけれど、こっちの方が落ちつくかも
今回の出費は保険・税金こみで17万円ぐらいで済みました 
Dよりリーズナブルなのも魅力的
お小遣いは大切に使わないとね 


s500_DSC_3728_14609.JPG


来月はZZRの車検もあるし・・・
車とバイクの車検W攻撃、これには毎回震えます 


1s500_DSC_3784_14637.JPG


しかも今回はブレーキ系統のオーバーホールもしようとしていて・・・・それだけで15万円の見積もり貰ったような^^;
で、車検費用とあわせると
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
恐ろしやぁ><


s500_DSC_3759_14617.JPG


ブレーキのオーバーホール、二年後に飛ばそうかな^^;
でもブレーキのタッチが結構フニャなんだよね
配管だけでも変えた方が良さそう
そうすると折角だからとマスターシリンダーもってなって・・・・--;)う~ん  

s500_DSC_3789_14640.JPG

そういえばそろそろクーリング周りの事も考えなきゃ
古くなってきたから彼方此方気になるところがーー)


s500_DSC_3760_14618.JPG


ZZRは96年モデルだから、もう22年選手
あと三年でエンスー入りです(25年目からエンスーに区分けされると駅員3さんが言っていたような)
多分、このまま乗り続けるだろうし
インジェクションよりキャブが好きなので新しいバイクにさほど食指が動かないのです


s500_DSC_3763_14619.JPG


それにZZRはシート高が低いのも有難い
なんと、べすちゃんより低いのです
今のバイクはみなシートが高くていけません
体が小さめの自分はちょっとね^^;  


s500_DSC_3765_14621.JPG


Audi君を車検に持って行ったら散歩がてら歩いて戻ります
途中、ジムに寄って筋トレ 
ジム通い、続いています
なので食欲旺盛^^;
最近揚げ物率が高いのもジム通いが原因かも
やたらお腹が空くんだよね 


s500_DSC_3788_14639.JPG


ジムを終えて戻ったら給食当番
この日の晩御飯は・・・・唐揚げです^^;
しっかり味が濃いやつでご飯がメチャ進む味^^;  
でも摂取カロリー制限中なのでご飯はおかわり禁止なのですーー;)


boeder-001.gif


ローソンスイーツ
今年も大きなシュークリームが登場
ホイップクリームとカスタードクリームのWクリームがびっしりと空洞無く詰まっていて凄くお気に入りのシュークリームなのです
 


s500IMG_7490.jpg


あれ?でも・・・何時もとちょっと違う
シュー生地が柔らかなのじゃない
パイシューになっているし  


s500IMG_7495.jpg


皮を変えたのかな
シュークリームの皮はハードタイプとか、パイとかいろいろあるけれど
やはり柔らかな、ぱふぱふのが好きだな  


s500IMG_7496.jpg


この大きさ♪
700kcalオーバーのシュークリームなのです 
ご飯を食べて更にこれを食べると摂取カロリー制限に引っかかるのでコレが昼ご飯^^;
これでも一応考えてはいるのです( ̄^ ̄)えっへん
えっ?栄養バランス?
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい


s500IMG_7501.jpg


一応お皿に乗せて 
空洞の無いところを見てもらう為にカットしてみましょう 


s500IMG_7505.jpg


空洞あるじゃん@@;)
しかもWクリームじゃないし
去年のデッカイシュークリームの方がよかった~
(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙ 


boeder-003.gif


m_emoji-1.gif


 


nice!(94)  コメント(39) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 日常のなかで(Diary) ブログトップ