So-net無料ブログ作成

二種類の汁で楽しむセイロ蕎麦 永坂更科 布屋太兵衛 キュービックプラザ新横浜店 [神奈川の蕎麦]

それはまだ朝さにうんざりしていた頃のこと
今回も在聞記事からです 


s500_IMG_5750_2479.JPG


浜松に出張となり、夕刻に新横浜から新幹線に乗ります
夕飯も済ませてしまおうと駅ビルの中にある蕎麦屋さんへ  


s500_IMG_5752_2480.JPG


店内は明るく、広々


s500_IMG_5760_2487.JPG


冷たい水で喉を潤したら品書きを確認します
季節的にも冷たい水なのでしょうが、蕎麦屋さんでは季節を問わず熱い蕎麦茶を期待してしまう 
おしぼりが紙なのはちょっと残念  


s500_IMG_5754_2481.JPG


初めての訪問ではモリと決めています
しかしここのモリは蕎麦の違いで三種類
御前そば、生粉打そば、太兵衛ざるとがあります 
生粉打は太打ちで他は細打ちだそう
生粉打そばの大盛りをオーダーしました


s500_IMG_5755_2482.JPG


大盛りは蕎麦の種類に関わらず426円増し  


s500_IMG_5756_2483.JPG


その他、セットものや種物  


s500_IMG_5757_2484.JPG


温かな蕎麦類  


s500_IMG_5758_2485.JPG


新幹線を待つ間に蕎麦飲みもいいですが、乗り過ごしが怖いのでやめておきましょう
飲んで電車に乗ると必ず寝ちゃうんだよね
酔っ払っていると電車の振動と音が不思議なくらい凄く心地いい
ついうとうとしてしまいますから
浜松で降りるつもりが新大阪まで行ってしまったら大変です  


s500_IMG_5765_2488.JPG


生粉打そば大盛りの到着
蕎麦汁は”あま汁”と”から汁”の二種類が付いてきます
蕎麦はしっかり太く、食べ応えがありそう  


s500_IMG_5767_2490.JPG


まず蕎麦のみて手繰ります 
太いですから心地よく啜れません
箸で口の中に送り込みます
啜れないせいで香りはあまり感じません
夏の蕎麦で香りが弱いのもありますから仕方ないですが
それでも噛めばしっかり香ります
ワシワシ噛んで食べる蕎麦
噛み応えもしっかりして適度な反力で潰れてゆきます 


s500_IMG_5770_2493.JPG


次に汁を味わいます
まずは”から汁”から
少量器に取り、それを唇に含んで舌先へ送ります
しっかり濃くて辛い汁
蕎麦を浸けて食べるのはかなり難しそうに感じます
極少量浸けて啜らないと蕎麦の香りが沈んでしまいそうな感じ
そして次に”あま汁”を試します 
味わうとめっちゃ甘々
しっかり甘く濃い汁
この汁も蕎麦を浸けるのは難しそうな感じ
どちらの汁を使っても満足いく感じになりそうにありません
どうしよう・・・・
あっ、そうだ! ( ̄▽ ̄*)ノ 


s500_IMG_5771_2494.JPG


ブレンドすればいいじゃん^^ 
1:1、1:2、2:1で試した結果、1:1が一番好みな感じ

s500_IMG_5759_2486.JPG


よくよく品書きを確認すると、汁はブレンドが前提だったようです^^;  


s500_IMG_5768_2491.JPG


蕎麦を汁に浸けていただきます
出汁の香りと汁の旨味が口いっぱいに広がり、それが徐々に引いてくるとぐっと湧き出る蕎麦が香り
生粉打ちの力強い風味 


s500_IMG_5766_2489.JPG


薬味はオーソドックスに葱と山葵
山葵は瑞々しく香りもいい感じ
葱のスライスは綺麗 


s500_IMG_5769_2492.JPG


山葵を少量舐め味覚をリフレッシュした後は一気に蕎麦を手繰ってフィニッシュ  


s500_IMG_5772_2495.JPG


最後は蕎麦湯を楽しみます  


s500_IMG_5773_2496.JPG


蕎麦湯はサラリタイプ  


s500_IMG_5774_2497.JPG


汁を蕎麦湯で割っていただきます
割って飲むには甘い汁の方が美味しい
あま汁を割っていただきます
一杯だけ飲んでおしまい
から汁、あま汁全部飲むと凄い塩分になりそうですから、流石にそれはしません
(やりたかったけれど^^;)  


s500hoshi .jpgs500hoshi .jpg 


永坂更科 布屋太兵衛 キュービックプラザ新横浜店
045-474-5584
横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ新横浜 9F
11:0023:00 
 boeder-001.gif 


 


m_emoji-1.gif


 


nice!(105)  コメント(29) 
共通テーマ:グルメ・料理